對馬 康博

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/05 22:17
 
アバター
研究者氏名
對馬 康博
 
ツシマ ヤスヒロ
URL
http://www.office-tsussy.com/
所属
藤女子大学
部署
文学部英語文化学科
職名
講師
学位
博士(文学)(北海道大学)

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / 認知言語学(認知文法・構文文法)
  • 言語学 / 英語学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
藤女子大学文学部英語文化学科 講師
 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学 外国語教育センター 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
札幌大学 地域共創学群人間社会学域 准教授
 
2013年4月
 - 
2014年3月
札幌大学 地域共創学群人間社会学域 講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
札幌大学 外国語学部英語学科 講師
 

委員歴

 
2015年3月
 - 
現在
日本英文学会北海道支部  運営委員(大会企画)
 
2013年10月
 - 
2017年9月
日本認知言語学会  大会実行委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本英文学会北海道支部  事務局事務局員
 

Misc

 
記号的文法観としての認知文法の思考法―言語の記号的側面の再考―
對馬 康博
藤女子大学文学部紀要   (54) 57-98   2017年
認知文法におけるカテゴリー化研究の再考 ―主体化現象からの動機付けの射程―
對馬 康博
日本認知言語学会論文集   16 53-65   2016年   [査読有り]
福村虎治郎の言語観の回顧
對馬 康博
文化と言語   (84) to appear   2016年   [査読有り]
グローバル人材育成に向けたTOEIC®指導―札幌大学外国語学部英語学科の教育実践例―
對馬 康博
札幌大学総合研究      2015年12月
人間の認知能力からみた概念化の世界観の再考
對馬 康博
日本認知言語学会論文集   15    2015年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ラネカーの (間)主観性とその展開
對馬 康博 (担当:分担執筆, 範囲:第8章の執筆. 「英語の無生物主語構文と対応する日本語表現の認知文法的再考」)
開拓者   2017年11月   

講演・口頭発表等

 
The Cognitive Mechanism of the Genesis of Emergent and Bridge Constructions
對馬 康博
14th International Cognitive Linguistics Conference   2017年7月   
A COMPARISON OF THE EFFECTIVENESS OF SCHEMA-BASED INSTRUCTION AND CONVENTIONAL TRANSLATION-BASED INSTRUCTION TARGETING ENGLISH FORCE DYNAMICS
Charles M. Mueller and Yasuhiro Tsushima
14th International Cognitive Linguistics Conference   2017年7月   
共著
福村虎治郎の言語観の回顧
對馬 康博
日本英文学会北海道支部第60回大会語学部門シンポジアム   2015年11月   
認知文法におけるカテゴリー化研究の再考 ―主体化現象からの動機付けの射程―
對馬 康博
日本認知言語学会第16回全国大会   2015年9月   
人間の認知能力からみた概念化の世界観の再考
對馬 康博
日本認知言語学会第15回大会ワークショップ   2014年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
使用依拠モデルに基づく萌芽的構文・橋渡し的構文の創発に関する文法研究
科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 對馬 康博

社会貢献活動

 
【講師】  札幌大学教友会  札幌大学教友会第27回英語教育研修会  2010年8月 - 2010年8月
【講師】
平成23年度、26年度は札幌大学・北海道札幌平岸高等学校との連携
平成24年度、25年度は札幌大学・北海道札幌平岸高等学校・札幌新陽高等学校との連携