梅田 麻希

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/25 11:18
 
アバター
研究者氏名
梅田 麻希
 
ウメダ マキ
所属
聖路加国際大学
部署
保健医療福祉連携における看護領域
職名
准教授
学位
保健学博士(東京大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年7月
 - 
2015年3月
University College London Epidemiology and Public Health Visiting Academic
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 医学系研究科 特任助教
 
2005年10月
 - 
2007年3月
聖路加看護大学 地域看護学 助手
 

論文

 
Chiba R, Umeda M, Goto K, Miyamoto Y, Yamaguchi S, Kawakami N
BMC psychiatry   16 32   2016年2月   [査読有り]
Oshio T, Umeda M
BMC public health   16(1) 403   2016年5月   [査読有り]
Umeda M, Kataoka Y, Miller E
Health care for women international   1-15   2017年7月   [査読有り]
Umeda M, Oshio T, Fujii M
International journal for equity in health   14 145   2015年12月   [査読有り]
Umeda M, Kawakami N, Kessler RC, Miller E, World Mental Health Japan Survey Group 2002–2006
Journal of family violence   30(4) 515-527   2015年5月   [査読有り]
Sakakibara E, Homae F, Kawasaki S, Nishimura Y, Takizawa R, Koike S, Kinoshita A, Sakurada H, Yamagishi M, Nishimura F, Yoshikawa A, Inai A, Nishioka M, Eriguchi Y, Matsuoka J, Satomura Y, Okada N, Kakiuchi C, Araki T, Kan C, Umeda M, Shimazu A, Uga M, Dan I, Hashimoto H, Kawakami N, Kasai K
NeuroImage   142 590-601   2016年11月   [査読有り]
Imamura K, Sekiya Y, Asai Y, Umeda M, Horikoshi N, Yasumura S, Yabe H, Akiyama T, Kawakami N
BMC public health   16(1) 1144   2016年11月   [査読有り]
Does an advantageous occupational position make women happier in contemporary Japan? Findings from the Japanese Study of Health, Occupation, and Psychosocial Factors Related Equity (J-HOPE)
Maki Umeda, Anne McMunn, Noriko Cable, Hideki Hashimoto, Norito Kawakami, Michael Marmot
SSM - Population Health   1 8-15   2015年9月   [査読有り]
Yamaguchi S, Niekawa N, Maida K, Chiba R, Umeda M, Uddin S, Taneda A, Ito J
Journal of mental health (Abingdon, England)   24(2) 78-82   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
コミュニティ・アセスメントが切り拓く公衆衛生活動 新しいモデルの提案 PDCAサイクルを活かすコミュニティ・アセスメント
梅田 麻希
日本公衆衛生学会総会抄録集   75回 140-140   2016年10月
保健師基礎コースにおける放射線教育の意義と効果
永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
日本放射線看護学会学術集会講演集   5回 85-85   2016年7月
公衆衛生看護における放射線教育に関する文献検討 放射線事故・災害後の研究から
遠藤 直子, 江川 優子, 北宮 千秋, 小野 若菜子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 荒木田 美香子, 菊地 透
日本放射線看護学会学術集会講演集   5回 106-106   2016年7月
【保健師にとって根拠(エビデンス)とは何か?】 研究機関でつくるエビデンス
梅田 麻希
地域保健   47(3) 18-24   2016年3月
Multi-distantプローブを用いた近赤外線スペクトロスコピーによる左右大脳半球相同領域の安静時機能的結合の計測可能性の検討
榊原 英輔, 保前 文高, 川崎 真護, 西村 幸香, 滝沢 龍, 小池 進介, 木下 晃秀, 櫻田 華子, 山岸 美香, 西村 文親, 吉川 茜, 稲井 彩, 西岡 将基, 江里口 陽介, 松岡 潤, 里村 嘉弘, 岡田 直大, 垣内 千尋, 荒木 剛, 菅 知絵美, 梅田 麻希, 島津 明人, 橋本 英樹, 川上 憲人, 笠井 清登
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 208-208   2015年9月

書籍等出版物

 
堀内 成子 (担当:共訳)
エルゼビア・ジャパン   2006年12月   ISBN:4860348753

担当経験のある科目