ONO Masanori

J-GLOBAL         Last updated: Sep 21, 2019 at 09:56
 
Avatar
Name
ONO Masanori
Nickname
handle0129495
Affiliation
Kanazawa University
Section
Hospital
Job title
Associate Professor
Research funding number
70348712
ORCID ID
0000-0001-9249-6813

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Apr 2017
Best Reviewer’s Award
 
May 2013
President's Presenter Award, SRI (Society for Reproductive Investigation)
 

Published Papers

 
Mizumoto Y, Iwadare J, Nakade K, Obata T, Matsumoto T, Kagami K, Iizuka T, Matsuoka A, Ono M, Nakamura M, Fujiwara H
Surgical endoscopy      Sep 2019   [Refereed]
Iizuka T, Ono M, Masumoto S, Mitani Y, Yamazaki R, Fujiwara H
The journal of obstetrics and gynaecology research      Aug 2019   [Refereed]
Matsuoka A, Mizumoto Y, Ono M, Kagami K, Obata T, Terakawa J, Maida Y, Nakamura M, Daikoku T, Fujiwara H
Cancer science   110(8) 2658-2666   Aug 2019   [Refereed]
Sakai Y, Ono M, Iizuka T, Kagami K, Masumoto S, Nakayama M, Nakade K, Shitano Y, Yamazaki R, Fujiwara H
The journal of obstetrics and gynaecology research      Aug 2019   [Refereed]
Ishijima Y, Iizuka T, Kagami K, Masumoto S, Nakade K, Mitani Y, Niida Y, Watanabe A, Yamazaki R, Ono M, Fujiwara H
Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology   1-3   Jul 2019   [Refereed]
Fujiwara T, Nakata R, Ono M, Mieda M, Ando H, Daikoku T, Fujiwara H
Current developments in nutrition   3(4) nzy093   Apr 2019   [Refereed]
Suzuki T, Kagami K, Mitani Y, Yamazaki R, Ono M, Fujiwara H
The journal of obstetrics and gynaecology research   45(6) 1201-1204   Feb 2019   [Refereed]
Fujiwara H, Matsumoto H, Sato Y, Horie A, Ono M, Nakamura M, Mizumoto Y, Kagami K, Fujiwara T, Hattori A, Maida Y, Daikoku T, Imakawa K, Araki Y
Current pharmaceutical biotechnology   19(10) 764-770   Oct 2018   [Refereed]
Kagami K, Shinmyo Y, Ono M, Kawasaki H, Fujiwara H
Reproductive biology and endocrinology : RB&E   16(1) 72   Aug 2018   [Refereed]
Orisaka S, Kagami K, Mizumoto Y, Koda W, Ono M, Nakamura M, Fujiwara H
Molecular and clinical oncology   7(6) 1057-1060   Dec 2017   [Refereed]
Obata T, Nakamura M, Mizumoto Y, Iizuka T, Ono M, Terakawa J, Daikoku T, Fujiwara H
PloS one   12(11) e0188641   Nov 2017   [Refereed]
Tatsuhito Kanda, Takashi Iizuka, Rena Yamazaki, Junpei Iwadare, Masanori Ono, Hiroshi Fujiwara
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   43(11) 1769-1772   Nov 2017   [Refereed]
Matsumoto T, Mizumoto Y, Nakade K, Obata T, Matsuoka A, Myojo S, Ono M, Nakamura M, Fujiwara H
Molecular and clinical oncology   7(5) 820-824   Nov 2017   [Refereed]
Iizuka T, Wakae K, Nakamura M, Kitamura K, Ono M, Fujiwara H, Muramatsu M
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   78(4)    Oct 2017   [Refereed]
Ogawa T, Kimoto S, Nakashima Y, Furuse N, Ono M, Furokawa S, Okubo M, Yazaki T, Kawai Y
Clinical and experimental dental research   3(4) 154-159   Aug 2017   [Refereed]
Kagami K, Shinmyo Y, Ono M, Kawasaki H, Fujiwara H
Scientific reports   7(1) 5964   Jul 2017   [Refereed]
Moravek MB, Yin P, Coon JS 5th, Ono M, Druschitz SA, Malpani SS, Dyson MT, Rademaker AW, Robins JC, Wei JJ, Kim JJ, Bulun SE
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   102(5) 1588-1595   May 2017   [Refereed]
Koh Suginami, Yukiyasu Sato, Akihito Horie, Hisanori Matsumoto, Hirohiko Tani, Yasunari Mizumoto, Masanori Ono, Ayumi Matsuoka, Satoru Kyo, Yoshihiko Araki, Ikuo Konishi, Hiroshi Fujiwara
American Journal of Reproductive Immunology   77(4) e12641   Feb 2017   [Refereed]
当院で施行されたIVR症例についての検討
冨岡 紀子, 矢久保 和美, 白橋 真由, 渡辺 慶子, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 福井谷 達郎, 渡邉 浩美, 小黒 草太
埼玉県医学会雑誌   51(1) 438-441   Nov 2016   [Refereed]
2011年4月〜206年1月迄にinterventional radiology(IVR)を施行された17例(予防的10例、緊急7例)について後方視的に検討した。症例は25〜41歳で、初産10例、経産7例であった。不妊治療歴を5例で認め、3例は生殖補助治療(ART)を施行していた。婦人科手術歴は腹腔鏡下筋腫核出術が2例あった。疾患名は胎盤遺残6例、前置癒着胎盤3例、胎盤ポリープ2例、仮性動脈瘤・子宮動静脈奇形・頸管妊娠・絨毛性疾患各1例であった。いずれの症例においてもIVR施行により手術の...
Mayu Shirahashi, Masanori Ono, Nobu Yokoyama, Nobuhiko Okamoto, Yusuke Motomura, Toshiyuki Ikeda, Kazumi Yakubo
Gynecology and Minimally Invasive Therapy   5(2) 94-+   May 2016   [Refereed]
接触者検診で判明した結核合併妊娠の1例
渡辺 慶子, 福井谷 達郎, 小野 政徳, 白橋 真由, 冨岡 紀子, 前田 寿里亜, 西島 翔太, 天方 朋子, 池田 俊之, 川田 真幹, 舘野 博喜, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(1) 21-25   Mar 2016   [Refereed]
今回我々は結核接触者検診で肺結核が判明し、内服加療が開始された直後の妊娠36週4日に当院紹介、分娩に至った症例を経験したので報告する。症例は31歳、1経妊1経産、結核接触者検診で肺結核が判明し、妊娠35週3日から抗結核薬(イソニアジド、リファンピシン、エタンブトール)内服を開始した。妊娠36週4日に結核治療および周産期管理目的に当院紹介初診となった。妊娠37週0日に破水のため来院し、陰圧個室でオキシトシンによる分娩誘発を開始し、同日経腟分娩に至った。分娩後も隔離の必要性がないと判断したため...
Keiko Watanabe, Masanori Ono, Mayu Shirahashi, Toshiyuki Ikeda, Kazumi Yakubo
Case Reports in Obstetrics and Gynecology   2016 1   2016   [Refereed]
埼玉県で初めて産科セミオープンシステムを導入した効果について
白橋 真由, 野田 清香, 秋葉 洋平, 西島 翔太, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉県医学会雑誌   50(1) 273-277   Nov 2015   [Refereed]
Matthew T. Dyson, Toshiyuki Kakinuma, Mary Ellen Pavone, Diana Monsivais, Antonia Navarro, Saurabh S. Malpani, Masanori Ono, Serdar E. Bulun
Fertility and Sterility   104(4) 953-963.e2   Oct 2015   [Refereed]
野田清香, 小野政徳, 秋葉洋平, 宮越敬, 白橋真由, 西島翔太, 天方朋子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   45(2) 103-106   Sep 2015   [Refereed]
内臓逆位は発生頻度3,000〜10,000人に1人と比較的まれな疾患である。胎児の内臓逆位それ自体には病的意義はないが、心血管系奇形をはじめとして合併奇形は正常人の約10倍と報告されているため、特に緊急性を要する周産期においては慎重に診断・管理をする必要がある。症例は32歳、1経妊1経産。既往歴・家族歴に特記すべきことなし。胎児心軸異常にて当院紹介受診となった。経腹超音波検査では、完全内臓逆位、下大静脈の部分欠損による奇静脈連結を認め、その他の構造異常を認めなかった。経腟分娩の方針で外来管...
Masanori Ono, Takashi Kajitani, Hiroshi Uchida, Toru Arase, Hideyuki Oda, Sayaka Uchida, Kuniaki Ota, Takashi Nagashima, Hirotaka Masuda, Kaoru Miyazaki, Hironori Asada, Naoko Hida, Yo Mabuchi, Satoru Morikawa, Mamoru Ito, Serdar E. Bulun, Hideyuki Okano, Yumi Matsuzaki, Yasunori Yoshimura, Tetsuo Maruyama
Biology of Reproduction   93(2) 37   Aug 2015   [Refereed]
Masanori Ono, Tetsuo Maruyama
Seminars in Reproductive Medicine   33(05) 350-356   Aug 2015   [Refereed]
Molly Moravek, Ping Yin, Masanori Ono, John Coon V, Matthew Dyson, Antonia Navarro, Erica Marsh, Hong Zhao, Tetsuo Maruyama, Debabrata Chakravarti, J. Kim, Jian-Jun Wei, Serdar Bulun
Seminars in Reproductive Medicine   33(05) 357-365   Aug 2015   [Refereed]
丸山哲夫, 小野政徳
日本生殖内分泌学会雑誌   20 29-33   Aug 2015   [Invited]
Ping Yin, Masanori Ono, Molly B. Moravek, John S. Coon, Antonia Navarro, Diana Monsivais, Matthew T. Dyson, Stacy A. Druschitz, Saurabh S. Malpani, Vanida A. Serna, Wenan Qiang, Debabrata Chakravarti, J. Julie Kim, Serdar E. Bulun
The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism   100(4) E601-6   Apr 2015   [Refereed]
小野 政徳, 赤塚 誠哉, 白橋 真由, 野田 清香, 秋葉 洋平, 吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
関東連合産科婦人科学会誌   52(1) 69-73   Mar 2015   [Refereed]
子宮内膜症性卵巣嚢胞は悪性・境界悪性を含め多様な卵巣腫瘍との鑑別が必要であり,病変自体および手術が卵巣機能に直結すること,感染や破裂を来たしやすいことなど取扱いには注意を要する.さらに卵巣腫瘍において術前に良悪性を完全に判別することは不可能であり,また卵巣癌における病理学的な検討で子宮内膜症性卵巣嚢胞自体が卵巣癌の発生母地となっている可能性も注目されている.今回我々は子宮内膜症に対して子宮内膜症除去術を施行し,子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に境界悪性腫瘍が併存した症例を経験した.卵巣子宮内膜症...
吉浜智子, 櫻井友義, 西島翔太, 天方朋子, 小野政徳, 阿部礼子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   45(1) 50-54   Mar 2015   [Refereed]
【目的】当院での腹腔鏡下子宮筋腫核出術(Laparoscopic Myomectomy;LM)症例の適応基準を探る目的で、当院におけるLMおよび開腹子宮筋腫核出術(Open Myomectomy;OM)の手術成績を比較検討した。【方法】2009年7月から2013年10月までの期間に、当院にてLMを施行した38症例およびOM 57症例の診療録を、後方視的に検討した。【結果】LM症例vs OM症例で比較したところ、年齢は28〜43歳(36歳)vs 24〜54歳(37歳)、手術時間は62〜312...
Moravek MB, Yin P, Ono M, Coon JS 5th, Dyson MT, Navarro A, Marsh EE, Chakravarti D, Kim JJ, Wei JJ, Bulun SE
Human reproduction update   21(1) 1-12   Jan 2015   [Refereed]
Masanori Ono, Hideki Sato, Mayu Shirahashi, Noriko Tomioka, Julia Maeda, Keiko Watanabe, Tomoko Amagata, Toshiyuki Ikeda, Kazumi Yakubo, Tatsuro Fukuiya
Case Reports in Obstetrics and Gynecology   2015 1   2015   [Refereed]
Unno K, Ono M, Winder AD, Maniar KP, Paintal AS, Yu Y, Wei JJ, Lurain JR, Kim JJ
PloS one   9(12) e116064   Dec 2014   [Refereed]
Ono M, Bulun SE, Maruyama T
Biology of reproduction   91(6) 149   Dec 2014   [Refereed]
天方朋子, 西島翔太, 小野政徳, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉県医学会雑誌   49(1) 337-341   Nov 2014   [Refereed]
超緊急帝王切開について検討した。超緊急帝王切開を遂行するための対策として、周術期手術室の活用、手術器具のセット化およびスタッフ間の意識改革・シミュレーションなどのトレーニングを行った。超緊急帝王切開を見直し、取り組みを開始する前の19例(2009年)、取り組み開始後の60例(2010〜2013年)を対象とした。手術決定から児娩出までの時間の平均は2009年は46.6分、2010年29.2分2011年は25.7分、2012年23.4分、2013年21.4分であった。平日時間帯では2009年3...
Navarro A, Yin P, Ono M, Monsivais D, Moravek MB, Coon JS 5th, Dyson MT, Wei JJ, Bulun SE
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   99(11) E2437-45   Nov 2014   [Refereed]
Mittal N, Malpani S, Dyson M, Ono M, Coon JS, Kim JJ, Schink JC, Bulun SE, Pavone ME
PloS one   9(10) e110410   Oct 2014   [Refereed]
M.B. Moravek, P. Yin, M. Ono, V. Vidimar, J. Kim, S.E. Bulun
Fertility and Sterility   102(3) e38   Sep 2014   [Refereed]
D. Monsivais, M. T. Dyson, P. Yin, J. S. Coon, A. Navarro, G. Feng, S. S. Malpani, M. Ono, C. M. Ercan, J. J. Wei, M. E. Pavone, E. Su, S. E. Bulun
Molecular Endocrinology   28(8) 1304   Aug 2014   [Refereed]
The Presence of 5-Hmc Is an Epigenetic Feature Promoting Growth in Uterine Fibroids
Navarro Antonia, Yin Ping, Monsivais Diana, Ono Masanori, Bulun Serdar Ekrem
ENDOCRINE REVIEWS   35(3)    Jun 2014   [Refereed]
Differential Gene Expression in Fibroid Progenitor Cells: New Perspectives on Old Pathways
Moravek Molly Bennette, Yin Ping, Ono Masanori, Dyson Matthew T., Bulun Serdar Ekrem
ENDOCRINE REVIEWS   35(3)    Jun 2014   [Refereed]
Ono M, Yin P, Navarro A, Moravek MB, Coon V JS, Druschitz SA, Gottardi CJ, Bulun SE
Fertility and sterility   101(5) 1441-1449   May 2014   [Refereed]
Molecular Signatures of Fibroid Stem Cells: A Step toward New Therapeutic Targets
Moravek Molly B., Yin Ping, Ono Masanori, Feng Gilbert, Bulun Serdar E.
REPRODUCTIVE SCIENCES   21(3) 129A   Mar 2014   [Refereed]
Dyson MT, Roqueiro D, Monsivais D, Ercan CM, Pavone ME, Brooks DC, Kakinuma T, Ono M, Jafari N, Dai Y, Bulun SE
PLoS genetics   10(3) e1004158   Mar 2014   [Refereed]
Takashi Kajitani, Tetsuo Maruyama, Hironori Asada, Hiroshi Uchida, Hideyuki Oda, Sayaka Uchida, Kaoru Miyazaki, Toru Arase, Masanori Ono, Yasunori Yoshimura
Endocrine Journal   60(10) 1155-1164   Nov 2013   [Refereed]
Nerve growth factor (NGF) has been recently proposed as one of the key factors responsible not only for promotion of nerve fiber growth but also for the onset and maintenance of pain in a variety of diseases. The aim of this study was to investiga...
Ono M, Yin P, Navarro A, Moravek MB, Coon JS 5th, Druschitz SA, Serna VA, Qiang W, Brooks DC, Malpani SS, Ma J, Ercan CM, Mittal N, Monsivais D, Dyson MT, Yemelyanov A, Maruyama T, Chakravarti D, Kim JJ, Kurita T, Gottardi CJ, Bulun SE
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(42) 17053-17058   Oct 2013   [Refereed]
J. J. Ma, D. Monsivais, M. T. Dyson, J. S. Coon, S. Malpani, M. Ono, H. Zhao, H. Xin, M. E. Pavone, J. J. Kim, D. Chakravarti, S. E. Bulun
Hormones and Cancer   4(6) 358   Aug 2013   [Refereed]
Wnt/beta-Catenin: Paracrine Signaling between Stem Cells and Main Population in Uterine Fibroid Cell Growth
Ono Masanori, Yin Ping, Navarro Antonia, Coon John S., Brooks David C., Malpani Saurabh, Ma Jiajia, Mittal Navdha, Qiang Wenan, Serna Vanida A., Druschitz Stacy A., Kurita Takeshi, Gottardi Cara J., Bulun Serdar E.
REPRODUCTIVE SCIENCES   20(S3) 109A   Mar 2013   [Refereed]
T. Maruyama, K. Miyazaki, H. Masuda, M. Ono, H. Uchida, Y. Yoshimura
Placenta   34    Jan 2013   [Refereed]
The human uterus is composed of the endometrial lining and the myometrium. The endometrium, in particular the functionalis layer, regenerates and regresses with each menstrual cycle under hormonal control. A mouse xenograft model has been develope...
Maruyama T, Ono M, Yoshimura Y
Seminars in reproductive medicine   31(1) 77-81   Jan 2013   [Refereed]
Takashi Kajitani, Tetsuo Maruyama, Hironori Asada, Hiroshi Uchida, Hideyuki Oda, Sayaka Uchida, Kaoru Miyazaki, Toru Arase, Masanori Ono, Yasunori Yoshimura
Endocrine Journal   60(10) 1155   2013   [Refereed]
Antonia Navarro, Ping Yin, Diana Monsivais, Masanori Ono, Serdar E. Bulun
Biology of Reproduction   87(Suppl{\_}1) 318   Aug 2012   [Refereed]
Chen D, Zhao H, Coon JS 5th, Ono M, Pearson EK, Bulun SE
Molecular and cellular endocrinology   355(1) 114-120   May 2012   [Refereed]
Ono M, Qiang W, Serna VA, Yin P, Coon JS 5th, Navarro A, Monsivais D, Kakinuma T, Dyson M, Druschitz S, Unno K, Kurita T, Bulun SE
PloS one   7(5) e36935   May 2012   [Refereed]
上條慎太郎, 小野政徳, 井上陽子, 高木崇子, 上原一朗, 服部純尚, 倉橋崇, 田中京子, 中川博之
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 26-28   Oct 2011   [Refereed]
若年性子宮体癌の特徴としては、早期癌、高分化型類内膜腺癌の頻度が高いことが知られており、また肥満や不妊、高エストロゲン状態といった内分泌的因子が発癌に重要な役割を担っていると考えられている。今回2004年以降当院で管理した子宮体癌111例のうち40歳未満のいわゆる若年性体癌15例について、その背景や病型などについて、後方視的に検討を行った。今回の検討では、未経妊・月経不順が多く認められたが(73%)、肥満例は少なく(27%)、高分化型症例は53%と少なかった。若年で不正性器出血が認められる...
高木崇子, 小野政徳, 井上陽子, 上條慎太郎, 服部純尚, 倉橋崇, 中川博之
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 74-75   Oct 2011   [Refereed]
小野政徳, 服部純尚, 井上陽子, 上條慎太郎, 高木崇子, 倉橋崇, 中川博之
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 3-6   Oct 2011   [Refereed]
良性付属器腫瘍に対する外科手術として腹腔鏡下手術は広く行われるようになっている。より高い年齢層においてもその需要は高まっているが、卵巣腫瘍は、術前の診断確定が困難であり、たとえ良性腫瘍の可能性が高くても高年齢層に対しては、腹腔鏡下手術では腫瘍摘出術より破綻の可能性が少ない付属器切除術を選択することも多い。今回我々は当院で行われた腹腔鏡下付属器腫手術について過去6年間に遡って主に開腹手術と比較することにより検討した。当院において腹腔鏡下手術は開腹手術と比較して手術時間を約30分多く必要とした...
横田めぐみ, 小野政徳, 井上陽子, 上原一朗, 服部純尚, 倉橋崇, 中川博之
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   40 59-60   Dec 2010   [Refereed]
Ono M, Inoue Y, Yokota M, Uehara I, Kamijo S, Hattori Y, Kurahashi T, Shimada T, Nakagawa H
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   151(2) 225-226   Aug 2010   [Refereed]
M. Ono, T. Kajitani, H. Uchida, T. Arase, H. Oda, S. Nishikawa-Uchida, H. Masuda, T. Nagashima, Y. Yoshimura, T. Maruyama
Human Reproduction   25(8) 2059   Jun 2010   [Refereed]
T. Maruyama, H. Masuda, M. Ono, T. Kajitani, Y. Yoshimura
Reproduction   140(1) 11   May 2010   [Refereed]
T. Maruyama, H. Masuda, M. Ono, T. Kajitani, Y. Yoshimura
Reproduction   140(1) 11-22   May 2010   [Refereed]
Masuda H, Matsuzaki Y, Hiratsu E, Ono M, Nagashima T, Kajitani T, Arase T, Oda H, Uchida H, Asada H, Ito M, Yoshimura Y, Maruyama T, Okano H
PloS one   5(4) e10387   Apr 2010   [Refereed]
荒瀬透, 丸山哲夫, 内田浩, 梶谷宇, 小野政徳, 宮崎薫, 西川明花, 小田英之, 各務真紀, 浅田弘法, 吉村泰典
Horm Front Gynecol   16(4) 319-324   Dec 2009   [Invited]
小野政徳, 田中京子, 井上陽子, 横田めぐみ, 上原一朗, 松村聡子, 服部純尚, 倉橋崇, 島田哲也, 中川博之
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   39 28-32   Dec 2009   [Refereed]
卵巣は骨盤内臓器であるために腫瘍が発生しても自覚症状に乏しく、また適切な検診法がないことから、悪性卵巣腫瘍の多くの症例が進行癌で発見される。今回我々は、腫瘍径2.5cmで卵巣がんと診断し得た1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する。また、卵巣腫瘍の大きさという観点からみると、生殖年齢であれば腫瘍径が6〜7cmの場合は原則として手術が勧められている。当科において2003年6月〜2008年5月の5年間に当科で手術を行った卵巣腫瘍373例の腫瘍平均径を術前の画像診断より(A)49mm以...
小野政徳, 田中京子, 井上陽子, 上原一朗, 横田めぐみ, 松村聡子, 服部純尚, 倉橋崇, 島田哲也, 中川博之
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   39 13-17   Dec 2009   [Refereed]
卵巣明細胞腺癌は上皮性卵巣癌の中でも化学療法に抵抗性で、予後不良とされている。今回我々は術前化学療法後に試験開腹術を行ったがmacroscopicな残存腫瘍を有した卵巣明細胞腺癌III期に、irinotecan/cisplatin(CPT-P)療法を行いoptimal surgeryし得た1例を経験した。症例は56歳、2経妊2経産、腹部膨満感を主訴に当院受診した。初診時超音波検査にて、大量腹水、左右卵巣が一塊となった10cm大のsolid tumorを認め卵巣癌が疑われた。CT、MRI検査...
Ono M, Tanaka K, Ikezawa N, Kobayashi Y, Inoue Y, Yokota M, Matsumura S, Uehara I, Hattori Y, Kurahashi T, Shimada T, Nakagawa H
The Keio journal of medicine   58(4) 234-236   Dec 2009   [Refereed]
Arase T, Uchida H, Kajitani T, Ono M, Tamaki K, Oda H, Nishikawa S, Kagami M, Nagashima T, Masuda H, Asada H, Yoshimura Y, Maruyama T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182(11) 7074-7084   Jun 2009   [Refereed]
小野政徳, 丸山哲夫, 梶谷宇, 内田浩, 荒瀬透, 小田英之, 西川明花, 各務真紀, 浅田弘法, 升田博隆, 岡野栄之, 松崎有未, 吉村泰典
再生医療   8 187   Feb 2009   [Invited]
Ozawa Nobuaki, Maruyama Tetsuo, Nagashima Takashi, Ono Masanori, Arase Toru, Ishimoto Hitoshi, Yoshimura Yasunori
FERTILITY AND STERILITY   90(4) 1301-1304   Oct 2008   [Refereed]
妊娠子宮における子宮筋Side Population細胞の役割
小野 政徳, 丸山 哲夫, 梶谷 宇, 内田 浩, 荒瀬 透, 各務 真紀, 小田 英之, 西川 明花, 升田 博隆, 長島 隆, 太田 邦明, 伊藤 守, 浅田 弘法, 岡野 栄之, 松崎 有未, 吉村 泰典
日本生殖内分泌学会雑誌   13 25-29   Sep 2008   [Invited]
Nagashima Takashi, Maruyama Tetsuo, Uchida Hiroshi, Kajitani Takashi, Arase Toru, Ono Masanori, Oda Hideyuki, Kagami Maki, Masuda Hirotaka, Nishikawa Sayaka, Asada Hironori, Yoshimura Yasunori
ENDOCRINOLOGY   149(3) 1227-1234   Mar 2008   [Refereed]
N-cadherin regulates epithelio-mesenchymal transition and endometrial epithelial cell dynamics during human implantation
Uchida Hiroshi, Maruyania Tetsuo, Arase Toru, Ono Masanori, Kajitani Takashi, Kagami Maki, Oda Hideyuku, Nishikawa Sayaka, Yoshimura Yasunori
REPRODUCTIVE SCIENCES   15(2) 147A   Feb 2008   [Refereed]
UDP-glucose and its receptor P2Y14 as a new innate immune system in the female reproductive tract
Arase Toru, Maruyama Tetsuo, Uchida Hiroshi, Kajitani Takashi, Ono Masanori, Kagami Maki, Asada Hironori, Yoshimura Yasunori
REPRODUCTIVE SCIENCES   15(2) 184A   Feb 2008   [Refereed]
Ohta Kuniaki, Maruyama Tetsuo, Uchida Hiroshi, Ono Masanori, Nagashima Takashi, Arase Toru, Kajitani Takashi, Oda Hideyuki, Morita Mineto, Yoshimura Yasunori
MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION   14(1) 17-22   Jan 2008   [Refereed]
Masanori Ono, T Maruyama, Y Yoshimura
Stem Cells and Cloning: Advances and Applications   Volume 1 23   2008   [Refereed]
Ono Masanori, Maruyama Tetsuo, Masuda Hirotaka, Kajitani Takashi, Nagashima Takashi, Arase Toru, Ito Mamoru, Ohta Kuniaki, Uchida Hiroshi, Asada Hironori, Yoshimura Yasunori, Okano Hideyuki, Matsuzaki Yumi
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   104(47) 18700-18705   Nov 2007   [Refereed]
Uchida Hiroshi, Maruyama Tetsuo, Ohta Kuniaki, Ono Masanori, Arase Toru, Kagami Maki, Oda Hideyuki, Kajitani Takashi, Asada Hironori, Yoshimura Yasunori
HUMAN REPRODUCTION   22(10) 2615-2622   Oct 2007   [Refereed]
小野政徳, 丸山哲夫, 升田博隆, 梶谷宇, 長島隆, 荒瀬透, 太田邦明, 各務真紀, 田英之, 浅田弘法, 伊藤守, 内田浩, 岡野栄之, 松崎有未, 吉村泰典
J Reprod Dev   53(Supplement) J54-506   Sep 2007   [Invited]
Nagashima Takashi, Maruyama Tetsuo, Furuya Masataka, Kajitani Takashi, Uchida Hiroshi, Masuda Hirotaka, Ono Masanori, Arase Toru, Ozato Keiko, Yoshimura Yasunori
MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION   13(3) 141-148   Mar 2007   [Refereed]
Masuda H, Maruyama T, Hiratsu E, Yamane J, Iwanami A, Nagashima T, Ono M, Miyoshi H, Okano HJ, Ito M, Tamaoki N, Nomura T, Okano H, Matsuzaki Y, Yoshimura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104(6) 1925-1930   Feb 2007   [Refereed]
Uchida H, Maruyama T, Ono M, Ohta K, Kajitani T, Masuda H, Nagashima T, Arase T, Asada H, Yoshimura Y
Endocrinology   148(2) 896-902   Feb 2007   [Refereed]
T. Kajitani, S. Liu, T. Maruyama, H. Uchida, R. Sakurai, H. Masuda, T. Nagashima, M. Ono, T. Arase, Y. Yoshimura
Human Reproduction   23(2) 435   2007   [Refereed]
Uchida H, Maruyama T, Nagashima T, Ono M, Masuda H, Arase T, Sugiura I, Onouchi M, Kajitani T, Asada H, Yoshimura Y
Human cell   19(1) 38-42   Feb 2006   [Refereed]
Uchida H, Maruyama T, Arase T, Ono M, Nagashima T, Masuda H, Asada H, Yoshimura Y
Reproductive medicine and biology   4(2) 115-122   Jun 2005   [Refereed]
小野政徳, 甘彰華
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌   40(2) 83-88   Jan 2004   [Refereed]
小野政徳, 甘彰華
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌   40(2) 111-114   Jan 2004   [Refereed]
小野政徳, 甘彰華, 市川義一, 杉浦育子, 山本百合恵, 入江琢也, 清河薫, 雨宮清
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌   40(2) 97-100   Jan 2004   [Refereed]
86歳女.腹部膨満感を主訴とした.血液検査で貧血,低蛋白血症を,胸部X線で両側胸水を,超音波で腹水を認めた.また,MRIで骨盤腔内の充実性腫瘍を認め,terminal stageである卵巣悪性腫瘍による癌性腹膜炎が示唆された.しかし頻回の腹腔穿刺による腹水細胞診によっても明らかな悪性細胞が証明されないためMeigs症候群の可能性を考えた.腹水の排出が減少せず,徐々に低蛋白血症が進行し,呼吸困難等の全身状態の悪化を認めたため,十分なインフォームド・コンセントを得た上で手術を施行した.術中に採...
子宮頸部腺上皮病変(腺異形成Glandular dysplasiaと悪性腺腫Adenoma malignum)の診断及び治療方針に苦慮した症例の検討
小野 政徳, 甘 彰華
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌   40(2) 83-88   Jan 2004   [Refereed]
症例1:50歳女.不正出血を主訴とした.細胞診は腺異形成Glandular dysplasiaであり,MRIでナボット嚢胞を認めた.子宮頸部より腺系上皮を認め,子宮頸部腺癌を疑い,単純子宮全摘及び両側付属器切除術を施行した.病理学的所見は腺異形成Glandular dysplasiaで,中等度の核の腫大及びクロマチンの増量を認め,構造異型は軽度であった.症例2:43歳女.水様性帯下を主訴とした.頸管掻破組織診は悪性腺腫で,頸管腺類似の円柱状粘膜細胞よりなる腺管の増生を認め,MRIで4cm大...
小野政徳, 田中淳, 玉田裕, 杉原一広, 大柴葉子, 板倉紘一, 新井宏治
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌   51(3) 286-290   Sep 2002   [Refereed]
51歳(卵巣癌患者).高度腎障害,高血圧を伴っていた.腫瘍摘出術および大量輸血を行い,その6日後に突然の意識消失,痙攣発作を主徴とするRPLSを発症した.種々の臨床症状は浸透圧利尿剤を中心とした脳浮腫に対する対症療法で劇的改善をした.RPLSの発症機序は腎障害に重なる術中術後の大量輸血および輸血と考えられた.急速に増悪する高血圧や腎障害を合併している時,突然の意識障害や脳神経障害が出現したら,直ちに脳の画像検査を行い脳出血や脳梗塞だけでなく特徴的な後頭葉に局在した脳浮腫所見を有するRPLS...

Misc

 
舌野靖, 小野政徳
Hormone Frontier in Gynecology   26(2) 141‐143   Jun 2019
中山みどり, 小野政徳
Hormone Frontier in Gynecology   26(2) 139‐141   Jun 2019
明星須晴, 小野政徳, 藤原浩
産科と婦人科   86 79‐85   Apr 2019
【周産期再生医療の現状と未来-周産期医療はどこに向かうのか】 産婦人科領域 子宮筋幹細胞
小野 政徳
周産期医学   48(7) 818-822   Jul 2018
山崎玲奈, 藤原浩, 小野政徳, 藤原浩
Hormone Frontier in Gynecology   25(2) 156‐159   Jun 2018
ホルモンQ&A 非妊娠時の子宮収縮について教えてください
小野 政徳, 藤原 浩
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   25(2) 157-159   Jun 2018
腸炎との鑑別が困難であり診断に難渋した淋菌性腹膜炎の1例
小泉 和恵, 横田 めぐみ, 中山 真恵, 白橋 真由, 世良 亜紗子, 秋葉 洋平, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   48(1) 26-30   Mar 2018
若年女性の腹膜炎には種々の成因があるが、その診断は容易ではなく、症状や所見から明らかな原因の同定が困難なこともある。今回我々は、腸炎との鑑別が困難で診断に難渋した淋菌性腹膜炎の1例を経験したので報告する。症例は27歳。1経妊、0経産。3日前からの発熱、腹痛、下痢を主訴に当院受診。来院時所見は体温36.7℃、腹部は平坦、臍周囲から下腹部にかけて圧痛と筋性防御を認めた。1日10回程度の水溶性下痢があり、血液検査でWBC 33,920/μl、CRP 52.36mg/dlと著明な炎症所見を認めた。...
続発性無月経の診断と治療
小野 政徳
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 387-387   Feb 2018
マウス妊娠子宮の透明化と3次元画像構築
鏡 京介, 小野 政徳, 新明 洋平, 河崎 洋志, 藤原 浩
日本生殖医学会雑誌   62(4) 374-374   Oct 2017
当院で経験した前置血管の4症例
白橋 真由, 小野 政徳, 小泉 和恵, 中山 真恵, 世良 亜紗子, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   47(2) 115-120   Sep 2017
前置血管とは胎盤や臍帯に支持されていない胎児血管が内子宮口直上や卵膜上に存在するものである。前置血管は円形の胎盤に臍帯卵膜付着が合併し、その遊走血管が前置血管となるType1と、副胎盤や分葉胎盤間の卵膜を走行する血管が前置血管となるType2に分類される。今回我々が経験した出生前診断により良好な周産期予後を得た4症例を報告する。症例1、3、4は妊娠30週頃に前置血管と診断され管理入院を行い妊娠35〜37週で予定帝王切開となった。症例2は妊娠18週で前置血管が疑われ出血のため妊娠27週で管理...
腸炎との鑑別が困難であり診断に難渋した淋菌性腹膜炎の1例
小泉 和恵, 横田 めぐみ, 中山 真恵, 白橋 真由, 世良 亜紗子, 秋葉 洋平, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   47(2) 132-132   Sep 2017
子宮体部原発神経内分泌小細胞癌の1症例
中山 真恵, 池田 俊之, 小泉 和恵, 白橋 真由, 世良 亜紗子, 秋葉 洋平, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 小野 政徳, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   47(2) 132-133   Sep 2017
ホルモンQ&A 乳癌でホルモン治療中の若年女性患者を診察する際に留意すべきことを教えてください
小野 政徳, 藤原 浩
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   24(2) 152-154   Jun 2017
ホルモンQ&A ホルモン治療中の出血対策方法にはどのような方法がありますか?
小野 政徳, 藤原 浩
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   24(2) 154-156   Jun 2017
小野政徳, 小野政徳, 丸山哲夫, 田中守
臨床婦人科産科   71(5) 459‐463-463   May 2017
子宮は妊娠ごとに平滑筋細胞の増殖と肥大により著明な増大を示す.妊娠子宮におけるダイナミックな変化は生殖年齢を過ぎても人工的に再現することができる.このような子宮の高い再生能力は,子宮における幹細胞システムの存在を示唆している.単一細胞由来(モノクローナル)と考えられている子宮筋腫の発生起源に幹細胞が関与している.(著者抄録)
当院で経験した前置血管の4症例
白橋 真由, 小野 政徳, 宮城 長靖, 中山 真恵, 世良 亜紗子, 横田 めぐみ, 増田 健太, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   47(1) 59-60   Mar 2017
冨岡紀子, 矢久保和美, 白橋真由, 渡辺慶子, 天方朋子, 小野政徳, 池田俊之, 福井谷達郎, 渡邉浩美, 小黒草太
埼玉県医学会雑誌   51(1) 438‐441   Nov 2016
小野政徳, 小野政徳, 丸山哲夫, 田中守
産科と婦人科   83(11) 1323‐1327   Nov 2016
【子宮筋腫の最前線】 子宮筋腫の起源 幹細胞からの理解
小野 政徳, 丸山 哲夫, 田中 守
産科と婦人科   83(11) 1323-1327   Nov 2016
単一細胞由来(モノクローナル)であるとされている子宮筋腫の発生起源に関して、幹細胞の関与が示唆されている。子宮は妊娠時に子宮平滑筋細胞の増殖と肥大により著明な増大を示し、分娩後は退縮する。この子宮の増大と退縮は、生殖年齢さらには人工的に生殖年齢を過ぎても再現することができる。このような子宮の高い再生能力は、子宮における幹細胞システムの存在を示唆している。子宮筋腫についても、幹細胞生物学の観点から病因解明を試みる研究が活発化している。(著者抄録)
当院で施行されたIVR症例についての検討
冨岡 紀子, 矢久保 和美, 白橋 真由, 前田 寿里亜, 渡辺 慶子, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 福井谷 達郎, 渡邉 浩美, 小黒 草太
埼玉県医学会雑誌   51(1) 89-89   Nov 2016
横田めぐみ, 宮城長靖, 中山真恵, 世良亜紗子, 白橋真由, 増田健太, 小野政徳, 池田俊之, 矢久保和美
日本女性医学学会雑誌   24 144   Oct 2016
当院における女性三大漢方薬の使用状況とその適応・症状について
横田 めぐみ, 宮城 長靖, 中山 真恵, 世良 亜紗子, 白橋 真由, 増田 健太, 小野 政徳, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本女性医学学会雑誌   24(Suppl.) 144-144   Oct 2016
冨岡紀子, 小野政徳, 中野美和子, 白橋真由, 前田寿里亜, 渡辺慶子, 西島翔太, 天方朋子, 阿部礼子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(2) 166‐169   Sep 2016
白橋真由, 小野政徳, 冨岡紀子, 前田寿里亜, 渡辺慶子, 横山野武, 元村祐介, 天方朋子, 池田俊之, 富永紳一, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(2) 197   Sep 2016
小児外科術後の高度腹壁腸管癒着が予想された卵巣子宮内膜症性嚢胞の腹腔鏡下手術アプローチ方法についての検討
冨岡 紀子, 小野 政徳, 中野 美和子, 白橋 真由, 前田 寿里亜, 渡辺 慶子, 西島 翔太, 天方 朋子, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(2) 166-169   Sep 2016
近年産婦人科領域において、腹腔鏡下手術は増加傾向にある。既往開腹手術症例でも腹腔鏡下手術の施行例は増加している。しかし、強い癒着が予想される症例では臓器損傷のリスクが高いため十分な術前の検索が必要である。今回我々は乳児期に開腹既往のある卵巣子宮内膜症性嚢胞の一例を経験したので、手術アプローチを含め文献的考察を加えて報告する。症例は34歳、未経妊。既往に先天性胆道閉鎖症(0歳時に葛西手術)がある。下腹部痛を主訴に来院し、付属器炎および胆管炎と診断した。付属器炎治療後も左卵巣に約8cm大の嚢胞...
卵管が嵌頓した鼠径ヘルニアの成人症例
白橋 真由, 小野 政徳, 冨岡 紀子, 前田 寿里亜, 渡辺 慶子, 横山 野武, 元村 祐介, 天方 朋子, 池田 俊之, 富永 紳一, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(2) 197-197   Sep 2016
工藤裕実, 世良亜紗子, 宮城長靖, 中山真恵, 白橋真由, 横田めぐみ, 増田健太, 天方朋子, 小野政徳, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美
関東連合産科婦人科学会誌(Web)   53(3) 407 (WEB ONLY)   Aug 2016
巨大絨毛膜下血栓が原因と考えられる胎児発育不全をきたした一例
工藤 裕実, 世良 亜紗子, 宮城 長靖, 中山 真恵, 白橋 真由, 横田 めぐみ, 増田 健太, 天方 朋子, 小野 政徳, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美
関東連合産科婦人科学会誌   53(3) 407-407   Aug 2016
粘膜下から子宮壁を穿通し、子宮外で発育した子宮筋腫の一例
世良 亜紗子, 寺西 貴英, 宮城 長靖, 中山 真恵, 白橋 真由, 加藤 恵美子, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 増田 健太, 篠崎 悠, 樋口 元, 小野 政徳, 池田 俊之, 福庭 一人, 矢久保 和美
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Suppl.I) 234-234   Aug 2016
地域周産期母子医療センターにおける重症管理妊婦の検討
矢久保 和美, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 723-723   Jun 2016
妊娠初期に発症しWernicke's Encephalopathyとの鑑別を要したMiller-Fisher syndromeの1例
小野 政徳, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 732-732   Jun 2016
卵管嵌頓を認めた成人鼠径ヘルニアの症例
小野 政徳, 白橋 真由, 冨岡 紀子, 渡辺 慶子, 横山 野武, 岡本 信彦, 元村 祐介, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
超音波医学   43(Suppl.) S841-S841   Apr 2016
接触者検診で判明した結核合併妊娠の1例
渡辺 慶子, 福井谷 達郎, 小野 政徳, 白橋 真由, 冨岡 紀子, 前田 寿里亜, 西島 翔太, 天方 朋子, 池田 俊之, 川田 真幹, 舘野 博喜, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(1) 89-90   Mar 2016
小児外科術後の高度腹壁腸管癒着が予想された卵巣子宮内膜症性嚢胞の腹腔鏡下手術アプローチ方法についての検討
冨岡 紀子, 小野 政徳, 中野 美和子, 白橋 真由, 前田 寿里亜, 渡辺 慶子, 西島 翔太, 天方 朋子, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   46(1) 102-103   Mar 2016
埼玉県で初めて産科セミオープンシステムを導入した効果について
白橋 真由, 野田 清香, 秋葉 洋平, 西島 翔太, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉県医学会雑誌   50(1) 64-64   Nov 2015
出生前診断で胎児完全内臓逆位(Situs Inversus Totalis)と診断し、周産期管理を要した1症例
野田 清香, 小野 政徳, 秋葉 洋平, 宮越 敬, 白橋 真由, 西島 翔太, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   45(2) 142-142   Sep 2015
CTおよびMRIで術前診断しえた卵管嵌頓を伴う外鼡径ヘルニアの1例
元村 祐介, 渡邉 浩美, 山崎 裕哉, 冨永 紳一, 村田 健, 小野 政徳
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   51回 S564-S564   Sep 2015
小児外科術後の高度腹壁腸管癒着を有する卵巣子宮内膜症性嚢胞に対するPort挿入の工夫
小野 政徳, 中野 美和子, 白橋 真由, 冨岡 紀子, 前田 寿里亜, 渡辺 慶子, 西島 翔太, 天方 朋子, 阿部 礼子, 池田 俊之, 福井谷 達郎, 矢久保 和美
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   31(Suppl.I) 236-236   Aug 2015
小野政徳, 山崎玲奈, 明星須晴, 藤原浩
ホルモンと臨床   63(5) 333‐339   May 2015
性ステロイドはWNT/β-カテニンシグナルを介して子宮筋腫を発育させる
小野 政徳, 丸山 哲夫, セルダー・ブルン
日本内分泌学会雑誌   91(1) 299-299   Apr 2015
再生不良性貧血合併妊娠により周産期管理を要した一症例
小野 政徳, 白橋 真由, 野田 清香, 秋葉 洋平, 西島 翔太, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   45(1) 62-62   Mar 2015
Prader-Willi症候群が切迫早産の原因と考えられた1症例
秋葉 洋平, 小野 政徳, 白橋 真由, 野田 清香, 西島 翔太, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   45(1) 63-63   Mar 2015
小野政徳, 丸山哲夫, BULUN Sender
再生医療   14 265   Feb 2015
当院における5年間の腹腔鏡下子宮筋腫核出術の検討
吉浜 智子, 櫻井 友義, 西島 翔太, 天方 朋子, 小野 政徳, 落合 大吾, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   44(2) 206-206   Sep 2014
子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に境界悪性腫瘍が併存した1症例
小野 政徳, 赤塚 誠哉, 吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30(Suppl.I) 155-155   Aug 2014
妊娠中に発症し結節性紅斑を合併した肉芽腫性乳腺炎の一例
矢久保 和美, 西島 翔太, 天方 朋子, 小野 政徳, 池田 俊之, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 802-802   Jun 2014
再生不良性貧血合併妊娠の1例
小野 政徳, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 849-849   Jun 2014
境界悪性腫瘍が子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に存在した1症例
小野 政徳, 吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
関東連合産科婦人科学会誌   51(2) 297-297   May 2014
Aberrant Expression and Activity of DNA Methyltransferase 3B in Endometriotic Stromal Cells
Kakinuma Toshiyuki, Dyson Matthew T., Monsivais Diana, Pavone Mary Ellen, Malpani Saurabh S., Ono Masanori, Shozu Makio, Bulun Serdar E.
REPRODUCTIVE SCIENCES   20(S3) 146A   Mar 2013   [Refereed]
子宮内膜症におけるDNA methyltransferase(DNMTs)発現に関する検討
柿沼 敏行, Dyson Matthew, Monsivais Diana, 小野 政徳, Bulun Serdar, 生水 真紀夫
日本生殖医学会雑誌   57(4) 313-313   Oct 2012
子宮内膜症におけるDNA methyltransferase(DNMTs)、methylated DNA binding domain(MBDs)発現に関する検討
柿沼 敏行, Dyson Matthew T., Monsivais Diana, 小野 政徳, Bulun Serdar E., 生水 真紀夫
日本内分泌学会雑誌   88(2) 743-744   Sep 2012
Role of Stem Cells in Human Uterine Leiomyoma Growth.
Ono Masanori, Qiang Wenan, Serna Vanida Ann, Coon John V., Navarro Antonia, Yin Ping, Kakinuma Toshiyuki, Druschitz Stacy, Unno Kenji, Kurita Takeshi, Bulun Serdar
REPRODUCTIVE SCIENCES   19(S3) 100A-101A   Mar 2012   [Refereed]
当院における良性付属器腫瘍手術に関して腹腔鏡下と開腹手術の比較検討
小野 政徳, 服部 純尚, 井上 陽子, 上條 慎太郎, 高木 崇子, 倉橋 崇, 中川 博之
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 3-6   Oct 2011
良性付属器腫瘍に対する外科手術として腹腔鏡下手術は広く行われるようになっている。より高い年齢層においてもその需要は高まっているが、卵巣腫瘍は、術前の診断確定が困難であり、たとえ良性腫瘍の可能性が高くても高年齢層に対しては、腹腔鏡下手術では腫瘍摘出術より破綻の可能性が少ない付属器切除術を選択することも多い。今回我々は当院で行われた腹腔鏡下付属器腫手術について過去6年間に遡って主に開腹手術と比較することにより検討した。当院において腹腔鏡下手術は開腹手術と比較して手術時間を約30分多く必要とした...
当院における若年性子宮体癌症例に関する内分泌背景因子の検討
上條 慎太郎, 小野 政徳, 井上 陽子, 上原 一朗, 服部 純尚, 倉橋 崇, 島田 哲也, 田中 京子, 中川 博之
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 97-97   Oct 2011
子宮筋腫に合併した腹壁平滑筋腫を、腹腔鏡下に摘出した1例
井上 陽子, 小野 政徳, 上條 慎太郎, 高木 崇子, 横田 めぐみ, 上原 一朗, 服部 純尚, 倉橋 崇, 島田 哲也, 中川 博之
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   40 43-46   Dec 2010
子宮筋腫は婦人科良性腫瘍の中で頻度の高い疾患であるが、腹壁平滑筋腫は稀である。症例は37歳。近医にて子宮筋腫を指摘され、当院紹介となった。各種画像検査にて多発子宮筋腫を認めたため、Gonadotropin releasing hormone analog療法3コース施行の後、腹腔鏡下子宮筋腫核出術目的に入院となった。腹腔内所見にて多発子宮筋腫およびそれに接するように前腹壁に直径3.5cm大の腹壁腫瘤を認め、摘出術を施行した。腹壁腫瘤は薄い腹膜に覆われていたが、剥離は容易であった。病理診断結...
双胎妊娠に発生したhyperreactio luteinalisの一例
上原 一朗, 小野 政徳, 井上 陽子, 横田 めぐみ, 服部 純尚, 倉橋 崇, 中川 博之
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   40 64-64   Dec 2010
子宮筋腫に合併した腹壁平滑筋腫を腹腔鏡下に核出した1例
井上 陽子, 小野 政徳, 横田 めぐみ, 服部 純尚, 倉橋 崇, 中川 博之, 島田 哲也
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   40 74-74   Dec 2010
更年期医療および婦人科疾患 術前の種々のストレスにより婦人科手術後に精神症状および消化器症状を主体とした不定愁訴を認めた1例
牧田 和也, 倉橋 崇, 横田 めぐみ, 小野 政徳, 服部 純尚, 中川 博之
女性心身医学   15(1) 71-71   Jul 2010
腹腔鏡下付属器腫瘍手術についての考察 当院における6年間の症例検討
小野 政徳, 服部 純尚, 上條 慎太郎, 井上 陽子, 上原 一朗, 横田 めぐみ, 倉橋 崇, 中川 博之
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   26(1) 152-152   Jul 2010
術前の診断が困難であった腹膜偽粘液腫の一例
横田 めぐみ, 小野 政徳, 井上 陽子, 上原 一朗, 服部 純尚, 倉橋 崇, 中川 博之
日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌   47(2) 269-269   May 2010
【生殖器の感染防御機構】 子宮内膜における感染防御 P2RY14
荒瀬 透, 丸山 哲夫, 内田 浩, 梶谷 宇, 小野 政徳, 宮崎 薫, 西川 明花, 小田 英之, 各務 真紀, 浅田 弘法, 吉村 泰典
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   16(4) 319-324   Dec 2009
ヒトの雌性生殖器官は、生命を育む場として種の存続に欠かすことができない重要な臓器である。その中心的役割を担っている子宮では、月経により周期的に内膜を剥脱することで自身の生殖機能を温存するが、外的環境へ通ずる箇所に位置することから常に病原体侵入の危険に晒されており、そのため高度な免疫機構が求められる。今回、外的病原体の侵入に備えるべく自己の細胞障害が生じた時点で発動する新たな粘膜免疫機構が明らかとなった。このメカニズムは種を超えて存在することから、きわめて重要な役割を担う可能性が示唆される。...
側腹部痛および発熱により発見された腎血管筋脂肪腫合併妊娠の1例
服部 純尚, 松村 聡子, 小野 政徳, 倉橋 崇, 田中 京子
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   39 55-56   Dec 2009
腫瘍径2.5cmで卵巣癌と診断し得た1例
小野 政徳, 松村 聡子, 簡野 桂子, 杉山 重里, 服部 純尚, 倉橋 崇, 島田 哲也, 田中 京子
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   39 68-68   Dec 2009
当院における若年性子宮体癌症例に関する検討
小野 政徳, 田中 京子, 杉山 重里, 松村 聡子, 服部 純尚, 倉橋 崇, 島田 哲也
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   39 79-79   Dec 2009
外陰部に発生したAggressive Angiomyxoma(AAM)の1例
松村 聡子, 小野 政徳, 服部 純尚, 倉橋 崇, 田中 京子
日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌   46(2) 154-154   May 2009
ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤HC toxinによるhCG分泌および細胞増殖を標的にした絨毛性疾患の制御
太田 邦明, 丸山 哲夫, 内田 浩, 小野 政徳, 梶谷 宇, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本内分泌学会雑誌   85(1) 263-263   Apr 2009
The Role of Uterine Smooth Muscle Stem Cells, Isolated Based on Cell Surface Markers, in Myometrial Remodeling in the Pregnant Uterus
Ono Masanori, Maruyama Tetsuo, Kajitani Takashi, Uchida Hiroshi, Oda Hideyuki, Nishikawa Sayaka, Kagami Maki, Arase Toru, Nagashima Takashi, Masuda Hirotaka, Morikawa Satoru, Mabuchi Yo, Okano Hideyuki, Matsuzaki Yumi, Yoshimura Yasunori
REPRODUCTIVE SCIENCES   16(3) 296A-297A   Mar 2009   [Refereed]
新しい方法で単離された子宮平滑筋幹細胞の妊娠子宮リモデリングにおける役割
小野 政徳, 丸山 哲夫, 梶谷 宇, 内田 浩, 荒瀬 透, 小田 英之, 西川 明花, 升田 博隆, 岡野 栄之, 松崎 有未, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   61(2) 428-428   Feb 2009
Chemical abortionの既往を有する反復流産患者の病因および妊娠転帰に関する検討
西川 明花, 丸山 哲夫, 小田 英之, 各務 真紀, 荒瀬 透, 小野 政徳, 長島 隆, 内田 浩, 吉村 泰典
日本生殖医学会雑誌   53(4) 283-283   Oct 2008
不育症夫婦のストレスとメンタルヘルス その実態と男女間の差について
各務 真紀, 丸山 哲夫, 小泉 智恵, 西川 明花, 小田 英之, 小野 政徳, 荒瀬 透, 長島 隆, 内田 浩, 小澤 伸晃, 吉村 泰典
日本生殖医学会雑誌   53(4) 283-283   Oct 2008
着床期特異的蛋白glycodelinによる子宮内膜腺上皮細胞の増殖機能制御
太田 邦明, 丸山 哲夫, 内田 浩, 小野 政徳, 荒瀬 透, 長島 隆, 青木 大輔, 森田 峰人, 吉村 泰典
日本生殖内分泌学会雑誌   13 43-47   Sep 2008
グリコデリンの発現が、子宮内膜腺上皮に対して分化のほかに、分泌期の子宮内膜の増殖は増殖期に比較すると抑制されていることから、グリコデリンを介した子宮内膜の増殖抑制作用について検討した。ヒト子宮内膜腺癌細胞株Ishikawaにグリコデリンを遺伝子導入させたグリコデリン強制発現モデルを用い、グリコデリンの発現により、発現量依存性に子宮内膜腺上皮細胞の増殖能が抑制されることを見いだした。その増殖抑制のメカニズムが細胞周期に関与し、細胞周期回転抑制因子の発現量に関与した結果のメカニズムであることを...
ヒト子宮内膜幹様細胞の同定.分離とその幹細胞特性の機能解析
升田 博隆, 丸山 哲夫, 小野 政徳, 長島 隆, 梶谷 宇, 内田 浩, 浅田 弘法, 岡野 栄之, 松崎 有未, 吉村 泰典
日本内分泌学会雑誌   84(2) 626-627   Sep 2008
子宮内膜症・腺筋症由来疼痛に関連する遺伝子の発現解析
梶谷 宇, 丸山 哲夫, 浅田 弘法, 小野 政徳, 荒瀬 透, 小田 英之, 西川 明花, 内田 浩, 吉村 泰典
エンドメトリオージス研究会会誌   29 91-93   Jul 2008
卵巣子宮内膜症性嚢胞由来組織19例、子宮腺筋症由来組織4例、卵巣子宮内膜症性嚢胞以外の骨盤内子宮内膜症組織8例、正所性子宮内膜組織8例について検討した。RT-PCRでは、神経成長因子(NGF)遺伝子及び結合組織成長因子(CTGF)遺伝子が正所性子宮内膜に比して子宮内膜症ならびに腺筋症組織で高発現していた。リアルタイムPCRでは、NGF,CTGFは正所性内膜に比して病巣組織で有意に高発現していた。免疫組織化学では、正所性組織においてNGF,CTGFとも殆ど染色がみられなかった。更に、腹水中の...
【ハイポキシア生物学 酸素代謝からみる生命現象の方程式】 胎盤形成と酸素分圧
丸山 哲夫, 小野 政徳, 吉村 泰典
医学のあゆみ   225(13) 1323-1326   Jun 2008
胎盤は、妊娠高血圧症候群(pregnancy-induced hypertension:PIH)および子宮内胎児発育遅延(intrauterine growth restriction:IUGR)の病因を解明するための重要な臓器である。20世紀半ばまでPIHの病因論では、胎盤は妊婦の臓器から産生あるいは分泌された毒素が高血圧や蛋白尿を惹起させPIHを発症させると考えられていた。その後、子宮胎盤循環の障害があらたな病因として考えられるようになった。子宮胎盤循環の病態形成には、循環調節維持因子...
【生殖医療と再生医療における倫理】 ヒト雌性生殖器官の再生とモデル動物の確立
小野 政徳, 升田 博隆, 丸山 哲夫, 吉村 泰典, 松崎 有未, 岡野 栄之
再生医療   7(2) 137-141   May 2008
【産婦人科ホルモン療法マニュアル】 生殖内分泌・不妊 無月経
丸山 哲夫, 西川 明花, 小田 英之, 荒瀬 透, 小野 政徳, 各務 真紀, 内田 浩, 吉村 泰典
産科と婦人科   75(Suppl.) 8-14   Apr 2008
再生医療、最近のトピックス ヒト子宮内膜幹細胞の同定・分離の試み
升田 博隆, 丸山 哲夫, 小野 政徳, 岡野 栄之, 松崎 有未, 吉村 泰典
日本臨床細胞学会雑誌   47(Suppl.1) 111-111   Mar 2008
内田浩, 荒瀬透, 小野政徳, 各務真紀, 小田英之, 西川明花, 丸山哲夫, 吉村泰典
産婦人科治療   96(2) 163-168   Feb 2008
月経は、視床下部-下垂体-卵巣系で精密に調節された内分泌系路によって引き起こされる子宮内膜再生のアウトプットである。月経異常を主訴として来院し、臨床症状としては患者本人が気づかずにいた内分泌疾患が見つかることも珍しくない。本稿では、視床下部-下垂体-卵巣系とは別の経路による月経異常も含めた内分泌疾患につき、病因とその治療法を概説する。(著者抄録)
丸山哲夫, 升田博隆, 梶谷宇, 小野政徳, 吉村泰典
産科と婦人科   74(12) 1635-1643   Dec 2007
【生殖医学の新展開】 子宮内膜 子宮内膜と幹細胞
丸山 哲夫, 升田 博隆, 梶谷 宇, 小野 政徳, 吉村 泰典
産科と婦人科   74(12) 1635-1643   Dec 2007
丸山哲夫, 小田英之, 各務真紀, 小野政徳, 荒瀬透, 岩田荘吉, 浅田弘法, 内田浩, 吉村泰典
産婦人科の実際   56(11) 1597-1604   Oct 2007
【産婦人科診療Data Book】 続発性無月経(排卵障害)
丸山 哲夫, 小田 英之, 各務 真紀, 小野 政徳, 荒瀬 透, 岩田 荘吉, 浅田 弘法, 内田 浩, 吉村 泰典
産婦人科の実際   56(11) 1597-1604   Oct 2007
内田浩, 長島隆, 小野政徳, 荒瀬透, 各務真紀, 岩田壮吉, 丸山哲夫, 吉村泰典
産科と婦人科   74(4) 381-388   Apr 2007
【女性とメタボリックシンドローム】 PCOSを中心に PCOSの診断
内田 浩, 長島 隆, 小野 政徳, 荒瀬 透, 各務 真紀, 岩田 壮吉, 丸山 哲夫, 吉村 泰典
産科と婦人科   74(4) 381-388   Apr 2007
岡野栄之, 升田博隆, 丸山哲夫, 小野政徳, 松崎有未, 吉村泰典
再生医療   6 115   Feb 2007
丸山哲夫, 浅田弘法, 小野政徳, 荒瀬透, 吉村泰典
日本臨床   477-484   Jun 2006
[Uterine leiomyoma].
Maruyama T, Asada H, Ono M, Arase T, Yoshimura Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   Suppl 2 477-484   Jun 2006   [Refereed]
【内分泌症候群(第2版) その他の内分泌疾患を含めて】 女性性機能 子宮筋腫
丸山 哲夫, 浅田 弘法, 小野 政徳, 荒瀬 透, 吉村 泰典
日本臨床   別冊(内分泌症候群II) 477-484   Jun 2006
浅田弘法, 羽田智則, 升田博隆, 小野政徳, 梶谷宇, 内田浩, 浜谷敏生, 丸山哲夫, 吉村泰典, 岸郁子, 木挽貢慈
産婦人科の世界   58(4) 337-345   Apr 2006
【妊孕能温存のための内視鏡下手術】 子宮腺筋症に対する内視鏡手術
浅田 弘法, 羽田 智則, 升田 博隆, 小野 政徳, 梶谷 宇, 内田 浩, 浜谷 敏生, 丸山 哲夫, 吉村 泰典, 岸 郁子, 木挽 貢慈
産婦人科の世界   58(4) 337-345   Apr 2006
長島隆, 丸山哲夫, 内田浩, 升田博隆, 小野政徳, 荒瀬透, リュウ シュンユ, 浅田弘法, 吉村泰典
産科と婦人科   72 168-173   Mar 2005
【産婦人科 薬物処方の実際】 婦人科(内分泌・不妊) 視床下部性無月経
長島 隆, 丸山 哲夫, 内田 浩, 升田 博隆, 小野 政徳, 荒瀬 透, 柳 順玉, 浅田 弘法, 吉村 泰典
産科と婦人科   72(Suppl.) 168-173   Mar 2005

Conference Activities & Talks

 
桝本咲子, 小野政徳, 石島有華, 坂井友哉, 齋藤実穂, 鏡京介, 飯塚崇, 中出恭平, 中山みどり, 舌野靖, 三谷裕介, 谷内江昭宏, 山崎玲奈, 藤原浩
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2019   
水本泰成, 岩垂純平, 松本多圭夫, 小幡武司, 中出恭平, 飯塚崇, 吉越信一, 石島有華, 坂井友哉, 小野政徳, 中村充宏, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   4 Feb 2019   
中山みどり, 荒木皓光, 齊藤実穂, 桝本咲子, 鏡京介, 飯塚崇, 中出恭平, 舌野靖, 山崎玲奈, 小野政徳, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   4 Feb 2019   
飯塚崇, 若江亨祥, 中村充宏, 小野政徳, 村松正道, 藤原浩
日本性感染症学会誌   15 Oct 2018   
鏡京介, 小野政徳, 飯塚崇, 松本多圭夫, 小幡武司, 松岡歩, 藤原浩
日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集   29 Sep 2018   
異所性妊娠の診断における造影CT検査の有用性
飯塚 崇, 小野 政徳, 山崎 玲奈, 中出 恭平, 桝本 咲子, 吉田 耕太郎, 舌野 靖, 鏡 京介, 中山 みどり, 斎藤 実穂, 藤原 浩
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2018   
Trisomy 18との鑑別を要したPena-Shokeir症候群の一例
桝本 咲子, 小野 政徳, 濱 郁子, 三谷 裕介, 坂井 友哉, 齊藤 実穂, 鏡 京介, 飯塚 崇, 中山 みどり, 中出 恭平, 舌野 靖, 山崎 玲奈, 藤原 浩
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2018   
生殖生物学研究のためのイメージング技術と応用 マウス妊娠子宮の透明化と3次元画像構築によるfetomaternal interfaceの解析
鏡 京介, 小野 政徳, 飯塚 崇, 松本 多圭夫, 小幡 武司, 松岡 歩, 藤原 浩
日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集   Sep 2018   
鈴木拓馬, 鈴木拓馬, 鏡京介, 飯塚崇, 桝本咲子, 中出恭平, 山崎玲奈, 小野政徳, 藤原浩
日本生殖医学会雑誌   1 Aug 2018   
鏡京介, 小野政徳, 飯塚崇, 松本多圭夫, 松岡歩, 細野隆, 藤原浩
日本生殖医学会雑誌   1 Aug 2018   
水本泰成, 岩垂純平, 松本多圭夫, 小野政徳, 小幡武司, 山崎玲奈, 明星須晴, 折坂俊介, 飯塚崇, 鏡恭介, 松岡歩, 中出恭平, 茅橋佳代, 桝本咲子, 細野隆, 岩木友希菜, 鈴木拓馬, 舌野靖, 中村充宏, 藤原浩
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
小野政徳, 水本泰成, 岩垂純平, 中出恭平, 松本多圭夫, 小幡武司, 飯塚崇, 松岡歩, 鏡京介, 桝本咲子, 茅橋佳代, 細野隆, 齊藤実穂, 折坂俊介, 舌野靖, 山崎玲奈, 明星須晴, 中村充宏, 藤原浩
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
岩垂純平, 水本泰成, 小野政徳, 岩木友希菜, 鈴木拓馬, 細野隆, 茅橋佳代, 鏡京介, 飯塚崇, 桝本咲子, 松本多圭夫, 中出恭平, 松岡歩, 小幡武司, 折坂俊介, 山崎玲奈, 明星須晴, 中村充宏, 藤原浩
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
水本泰成, 岩垂純平, 松本多圭夫, 小野政徳, 小幡武司, 山崎玲奈, 明星須晴, 折坂俊介, 飯塚崇, 鏡恭介, 松岡歩, 中出恭平, 茅橋佳代, 桝本咲子, 細野隆, 岩木友希菜, 鈴木拓馬, 舌野靖, 中村充宏, 藤原浩
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
岩木友希菜, 飯塚崇, 鏡京介, 桝本咲子, 小幡武司, 中出恭平, 山崎玲奈, 小野政徳, 藤原浩
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
岩木友希菜, 飯塚崇, 鏡京介, 桝本咲子, 小幡武司, 中出恭平, 山崎玲奈, 小野政徳, 藤原浩
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
Secondary amennorhea [Invited]
ONO Masanori
10 May 2018   
小野政徳
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
石島有華, 飯塚崇, 小野政徳, 山崎玲奈, 保野由紀子, 桝本咲子, 鏡京介, 岩垂純平, 明星須晴, 水本泰成, 中村充宏, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
飯塚崇, 中村充宏, 小野政徳, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
鏡京介, 飯塚崇, 松本多圭夫, 小幡武司, 松岡歩, 折坂俊介, 岩垂純平, 山崎玲奈, 小野政徳, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
小幡武司, 中村充宏, 飯塚崇, 小野政徳, 水本泰成, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
高尾知佳, 丸山哲夫, 小野政徳, 内田浩, 升田博隆, 内田明花, 三木史恵, 片倉慧美, 吉政佑之, 藤原浩, 田中守, 青木大輔
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
鏡京介, 飯塚崇, 松本多圭夫, 小幡武司, 松岡歩, 折坂俊介, 岩垂純平, 山崎玲奈, 小野政徳, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
小幡武司, 中村充宏, 飯塚崇, 小野政徳, 水本泰成, 藤原浩
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
高尾知佳, 丸山哲夫, 小野政徳, 内田浩, 升田博隆, 内田明花, 三木史恵, 片倉慧美, 吉政佑之, 藤原浩, 田中守, 青木大輔
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2018   
出生前より周産期良性型低ホスファターゼ症を疑い,出生後早期より酵素補充療法を開始した一例 診断から生後8ヵ月の経過
石島 有華, 飯塚 崇, 小野 政徳, 山崎 玲奈, 保野 由紀子, 桝本 咲子, 鏡 京介, 岩垂 純平, 明星 須晴, 水本 泰成, 中村 充宏, 藤原 浩
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2018   
APOBEC3Gの発現は子宮頸部異形成の進行に伴い上昇する
飯塚 崇, 中村 充宏, 小野 政徳, 藤原 浩
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2018   
鏡京介, 小野政徳, 新明洋平, 河崎洋志, 藤原浩
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2017   
飯塚崇, 若江享祥, 喜多村晃一, 小野政徳, 村松正道, 藤原浩
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2017   
鈴木 拓馬, 小野 政徳, 鏡 京介, 飯塚 崇, 桝本 咲子, 保野 由紀子, 山崎 玲奈, 藤原 浩
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2017   
飯塚 崇, 山崎 玲奈, 保野 由紀子, 桝本 咲子, 三谷 裕介, 酒井 清祥, 岩崎 秀紀, 鏡 京介, 小野 政徳, 藤原 浩
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2017   
山崎玲奈, 桝本咲子, 岩垂純平, 保野由紀子, 飯塚崇, 鏡京介, 小野政徳, 藤原浩
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2017   
世良亜紗子, 小野政徳, 宮城長靖, 中山真恵, 白橋真由, 横田めぐみ, 天方朋子, 増田健太, 池田俊之, 矢久保和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   Mar 2017   
白橋真由, 小野政徳, 宮城長靖, 中山真恵, 世良亜紗子, 横田めぐみ, 増田健太, 天方朋子, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   Mar 2017   
横田めぐみ, 宮城長靖, 中山真恵, 世良亜紗子, 白橋真由, 増田健太, 小野政徳, 池田俊之, 矢久保和美
日本女性医学学会雑誌   1 Oct 2016   
渡辺慶子, 矢久保和美, 小野政徳, 白橋真由, 冨岡紀子, 前田寿里亜, 西島翔太, 天方朋子, 岡田雄大, 立山宏一, 池田俊之, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Sep 2016   
白橋真由, 小野政徳, 冨岡紀子, 前田寿里亜, 渡辺慶子, 横山野武, 元村祐介, 天方朋子, 池田俊之, 富永紳一, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Sep 2016   
冨岡紀子, 小野政徳, 中野美和子, 白橋真由, 前田寿里亜, 渡辺慶子, 西島翔太, 天方朋子, 阿部礼子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Sep 2016   
近年産婦人科領域において、腹腔鏡下手術は増加傾向にある。既往開腹手術症例でも腹腔鏡下手術の施行例は増加している。しかし、強い癒着が予想される症例では臓器損傷のリスクが高いため十分な術前の検索が必要である。今回我々は乳児期に開腹既往のある卵巣子宮内膜症性嚢胞の一例を経験したので、手術アプローチを含め文献的考察を加えて報告する。症例は34歳、未経妊。既往に先天性胆道閉鎖症(0歳時に葛西手術)がある。下腹部痛を主訴に来院し、付属器炎および胆管炎と診断した。付属器炎治療後も左卵巣に約8cm大の嚢胞...
工藤裕実, 世良亜紗子, 宮城長靖, 中山真恵, 白橋真由, 横田めぐみ, 増田健太, 天方朋子, 小野政徳, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美
関東連合産科婦人科学会誌(Web)   1 Aug 2016   
世良亜紗子, 寺西貴英, 宮城長靖, 中山真恵, 白橋真由, 加藤恵美子, 横田めぐみ, 天方朋子, 増田健太, 篠崎悠, 樋口元, 小野政徳, 池田俊之, 福庭一人, 矢久保和美
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2016   
矢久保和美, 天方朋子, 小野政徳, 池田俊之, 福井谷達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2016   
小野政徳, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2016   
小野政徳, 白橋真由, 冨岡紀子, 渡辺慶子, 横山野武, 岡本信彦, 元村祐介, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
超音波医学   15 Apr 2016   
冨岡紀子, 小野政徳, 中野美和子, 白橋真由, 前田寿里亜, 渡辺慶子, 西島翔太, 天方朋子, 阿部礼子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Mar 2016   
渡辺慶子, 福井谷達郎, 小野政徳, 白橋真由, 冨岡紀子, 前田寿里亜, 西島翔太, 天方朋子, 池田俊之, 川田真幹, 舘野博喜, 矢久保和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   Mar 2016   
白橋真由, 野田清香, 秋葉洋平, 西島翔太, 天方朋子, 小野政徳, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉県医学会雑誌   10 Nov 2015   
元村祐介, 渡邉浩美, 山崎裕哉, 冨永紳一, 村田健, 小野政徳
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   11 Sep 2015   
出生前診断で胎児完全内臓逆位(Situs Inversus Totalis)と診断し、周産期管理を要した1症例
野田 清香, 小野 政徳, 秋葉 洋平, 宮越 敬, 白橋 真由, 西島 翔太, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Sep 2015   
小野政徳, 中野美和子, 白橋真由, 冨岡紀子, 前田寿里亜, 渡辺慶子, 西島翔太, 天方朋子, 阿部礼子, 池田俊之, 福井谷達郎, 矢久保和美
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2015   
小野政徳, 丸山哲夫, セルダー ブルン
日本内分泌学会雑誌   1 Apr 2015   
秋葉洋平, 小野政徳, 白橋真由, 野田清香, 西島翔太, 天保朋子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Mar 2015   
小野政徳, 白橋真由, 野田清香, 秋葉洋平, 西島翔太, 天方朋子, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Mar 2015   
吉浜智子, 櫻井友義, 西島翔太, 天方朋子, 小野政徳, 落合大吾, 阿部礼子, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   Sep 2014   
小野政徳, 赤塚誠哉, 吉浜智子, 西島翔太, 天方朋子, 櫻井友義, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2014   
小野政徳, 西島翔太, 天方朋子, 櫻井友義, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   20 Jun 2014   
矢久保和美, 西島翔太, 天方朋子, 小野政徳, 池田俊之, 福井谷達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   20 Jun 2014   
小野政徳, 吉浜智子, 西島翔太, 天方朋子, 櫻井友義, 落合大吾, 池田俊之, 矢久保和美, 福井谷達郎
関東連合産科婦人科学会誌   1 May 2014   
柿沼敏行, DYSON Matthew, MONSIVAIS Diana, 小野政徳, BULUN Serdar, 生水真紀夫
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2013   
柿沼敏行, DYSON Matthew, MONSIVAIS Diana, 小野政徳, BULUN Serdar, 生水真紀夫
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2012   
柿沼敏行, DYSON Matthew T., MONSIVAIS Diana, 小野政徳, BULUN Serdar E, 生水真紀夫
日本内分泌学会雑誌   20 Sep 2012   
上條慎太郎, 小野政徳, 井上陽子, 上原一朗, 服部純尚, 倉橋崇, 島田哲也, 田中京子, 中川博之
埼玉産科婦人科学会雑誌   Oct 2011   
上原一朗, 小野政徳, 井上陽子, 横田めぐみ, 服部純尚, 倉橋崇, 中川博之, 島田哲也
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   Dec 2010   
井上陽子, 小野政徳, 横田めぐみ, 服部純尚, 倉橋崇, 中川博之, 島田哲也
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   Dec 2010   
牧田和也, 倉橋崇, 横田めぐみ, 小野政徳, 服部純尚, 中川博之
女性心身医学   15 Jul 2010   
小野政徳, 服部純尚, 上條慎太郎, 井上陽子, 上原一朗, 横田めぐみ, 倉橋崇, 中川博之
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Jul 2010   
更年期医療および婦人科疾患 術前の種々のストレスにより婦人科手術後に精神症状および消化器症状を主体とした不定愁訴を認めた1例
牧田 和也, 倉橋 崇, 横田 めぐみ, 小野 政徳, 服部 純尚, 中川 博之
女性心身医学   Jul 2010   
横田めぐみ, 小野政徳, 井上陽子, 上原一朗, 服部純尚, 倉橋崇, 中川博之
日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌   1 May 2010   
服部純尚, 松村聡子, 小野政徳, 倉橋崇, 田中京子
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   Dec 2009   
小野政徳, 田中京子, 杉山重里, 松村聡子, 服部純尚, 倉橋崇, 島田哲也
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   Dec 2009   
腫瘍径2.5cmで卵巣癌と診断し得た1例
小野 政徳, 松村 聡子, 簡野 桂子, 杉山 重里, 服部 純尚, 倉橋 崇, 島田 哲也, 田中 京子
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌   Dec 2009   
村松聡子, 小野政徳, 服部純尚, 倉橋崇, 田中京子
日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌   1 May 2009   
太田邦明, 丸山哲夫, 内田浩, 小野政徳, 梶谷宇, 青木大輔, 吉村泰典
日本内分泌学会雑誌   20 Apr 2009   
小野政徳, 丸山哲夫, 梶谷宇, 内田浩, 荒瀬透, 小田英之, 西川明花, 升田博隆, 岡野栄之, 松崎有未, 青木大輔, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2009   
各務真紀, 丸山哲夫, 小泉智恵, 西川明花, 小田英之, 小野政徳, 荒瀬透, 長島隆, 内田浩, 小澤伸晃, 吉村泰典
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2008   
西川明花, 丸山哲夫, 小田英之, 各務真紀, 荒瀬透, 小野政徳, 長島隆, 内田浩, 吉村泰典
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2008   
ヒト子宮内膜幹様細胞の同定.分離とその幹細胞特性の機能解析
升田 博隆, 丸山 哲夫, 小野 政徳, 長島 隆, 梶谷 宇, 内田 浩, 浅田 弘法, 岡野 栄之, 松崎 有未, 吉村 泰典
日本内分泌学会雑誌   Sep 2008   
梶谷 宇, 丸山 哲夫, 浅田 弘法, 小野 政徳, 荒瀬 透, 小田 英之, 西川 明花, 内田 浩, 吉村 泰典
エンドメトリオージス研究会会誌   Jul 2008   
卵巣子宮内膜症性嚢胞由来組織19例、子宮腺筋症由来組織4例、卵巣子宮内膜症性嚢胞以外の骨盤内子宮内膜症組織8例、正所性子宮内膜組織8例について検討した。RT-PCRでは、神経成長因子(NGF)遺伝子及び結合組織成長因子(CTGF)遺伝子が正所性子宮内膜に比して子宮内膜症ならびに腺筋症組織で高発現していた。リアルタイムPCRでは、NGF,CTGFは正所性内膜に比して病巣組織で有意に高発現していた。免疫組織化学では、正所性組織においてNGF,CTGFとも殆ど染色がみられなかった。更に、腹水中の...
子宮平滑筋幹細胞の新しい分離法とその機能解析
小野 政徳, 丸山 哲夫, 梶谷 宇, 内田 浩, 荒瀬 透, 小田 英之, 西川 明花, 長島 隆, 升田 博隆, 馬渕 洋, 森川 暁, 岡野 栄之, 松崎 有未, 吉村 泰典
日本内分泌学会雑誌   Apr 2008   
再生医療、最近のトピックス ヒト子宮内膜幹細胞の同定・分離の試み
升田 博隆, 丸山 哲夫, 小野 政徳, 岡野 栄之, 松崎 有未, 吉村 泰典
日本臨床細胞学会雑誌   Mar 2008   
小田英之, 丸山哲夫, 西川明花, 各務真紀, 小野政徳, 荒瀬透, 内田浩, 青木大輔, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2008   
太田邦明, 丸山哲夫, 内田浩, 小野政徳, 梶谷宇, 荒瀬透, 森田峰人, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2008   
内田浩, 丸山哲夫, 荒瀬透, 小野政徳, 各務真紀, 小田英之, 西川明花, 梶谷宇, 浅田弘法, 青木大輔, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2008   
ヒト雌性生殖器官における新しい感染防御システム G蛋白共役型受容体P2Y14とそのリガンドUDP-glucose
荒瀬 透, 丸山 哲夫, 内田 浩, 梶谷 宇, 小野 政徳, 小田 英之, 西川 明花, 各務 真紀, 浅田 弘法, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2008   
長島隆, 丸山哲夫, 内田浩, 梶谷宇, 小野政徳, 荒瀬透, 各務真紀, 浅田弘法, 吉村泰典
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2007   
内田浩, 丸山哲夫, 荒瀬透, 小野政徳, 小田英之, 浅田弘法, 吉村泰典
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2007   
小野政徳, 丸山哲夫, 升田博隆, 梶谷宇, 長島隆, 荒瀬透, 太田邦明, 各務真紀, 小田英之, 浅田弘法, 伊藤守, 内田浩, 岡野栄之, 松崎有未, 吉村泰典
日本内分泌学会雑誌   20 Sep 2007   
小田英之, 丸山哲夫, 各務真紀, 小野政徳, 荒瀬透, 内田浩, 岩田壮吉, 吉村泰典
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報   1 Aug 2007   
小野政徳, 丸山哲夫, 升田博隆, 梶谷宇, 長島隆, 荒瀬透, 太田邦明, 各務真紀, 小田英之, 浅田弘法, 伊藤守, 内田浩, 岡野栄之, 松崎有未, 吉村泰典
日本平滑筋学会雑誌   26 Jun 2007   
梶谷宇, 丸山哲夫, 浅田弘法, 内田浩, 升田博隆, 長島隆, 小野政徳, 荒瀬透, 各務真紀, 太田邦明, 吉村泰典
日本内分泌学会雑誌   20 Apr 2007   
長島隆, 丸山哲夫, 内田浩, 梶谷宇, 荒瀬透, 小野政徳, 各務真紀, 吉村泰典
日本内分泌学会雑誌   20 Apr 2007   
升田博隆, 丸山哲夫, 長島隆, 小野政徳, 梶谷宇, 内田浩, 浅田弘法, 岡野栄之, 松崎有未, 青木大輔, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2007   
内田浩, 丸山哲夫, 太田邦明, 小野政徳, 荒瀬透, 各務真紀, 長島隆, 浅田弘法, 青木大輔, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2007   
各務真紀, 丸山哲夫, 小野政徳, 荒瀬透, 長島隆, 内田浩, 石本人士, 青木大輔, 吉村泰典
日本産科婦人科学会雑誌   1 Feb 2007   
着床期特異的蛋白glycodelinによる子宮内膜腺上皮細胞の増殖機能制御
太田 邦明, 丸山 哲夫, 内田 浩, 小野 政徳, 荒瀬 透, 長島 隆, 青木 大輔, 森田 峰人, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2007   
アデノウイルスベクターによるSrcチロシンキナーゼを標的にしたヒト子宮内膜脱落膜化の制御
長島 隆, 丸山 哲夫, 内田 浩, 梶谷 宇, 荒瀬 透, 小野 政徳, 各務 真紀, 太田 邦明, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2007   
子宮内膜感染防御におけるG蛋白共役型受容体P2Y14/GPR105の役割
荒瀬 透, 丸山 哲夫, 内田 浩, 梶谷 宇, 小野 政徳, 長島 隆, 各務 真紀, 太田 邦明, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2007   
IL-8を介したG蛋白共役受容体GPR105/P2Y14の子宮内膜免疫防御機能への関与
荒瀬 透, 丸山 哲夫, 内田 浩, 小野 政徳, 梶谷 宇, 長島 隆, 太田 邦明, 各務 真紀, 吉村 泰典
Reproductive Immunology and Biology   Nov 2006   
子宮内膜症・子宮腺筋症における骨盤疼痛発症および疼痛慢性化に関与する遺伝子の解析
梶谷 宇, 丸山 哲夫, 浅田 弘法, 内田 浩, 升田 博隆, 小野 政徳, 荒瀬 透, 吉村 泰典
日本生殖医学会雑誌   Oct 2006   
ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の着床促進剤としての可能性
内田 浩, 丸山 哲夫, 太田 邦明, 小野 政徳, 長島 隆, 荒瀬 透, 梶谷 宇, 浅田 弘法, 吉村 泰典
日本生殖医学会雑誌   Oct 2006   

Research Grants & Projects

 
AMED: Wise
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021
AMED: BIRTHDAY
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020
Identification and isolatin of stem cells from female reproductive organ
Cooperative Research
Project Year: 2004 - 2007