若田部 昌澄

おとなりの研究者
削除

若田部 昌澄

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/01 03:18
 
アバター
研究者氏名
若田部 昌澄
 
ワカタベ マサズミ
eメール
wakatabewaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
政治経済学術院 政治経済学部
職名
教授
科研費研究者番号
00240440

研究キーワード

 
 

受賞

 
2004年11月
第47回日経・経済図書文化賞
 

論文

 
経済学における三つの立憲主義的契機
川岸令和編『立憲主義の政治経済分析』東洋経済新報社   139-59   2008年3月
経済政策における知識の役割—思想・政策・成果—
野口旭編『経済政策形成の研究——既得観念と経済学の相克』ナカニシヤ出版   59-91   2007年9月
Adam Smith, Buchanan and Classical Liberalism: An Interview with James M. Buchanan
Yong J. Yoon氏との共著
経済学史研究   第48巻第1号 124-38   2006年6月
回復と改革:米国ニューディール期の制度学派とマクロ経済学
馬場義久編『経済制度とマクロ経済学』早稲田大学出版部      2005年3月
「失われた13年」の経済政策論争
岩田規久男編『昭和恐慌の研究』、東洋経済新報社、第2章      2004年3月

書籍等出版物

 
再分配とデモクラシーの政治経済学
須賀晃一氏との共著
東洋経済新報社   2006年3月   
改革の経済学:回復をもたらす経済政策の条件
ダイヤモンド社   2005年11月   
経済学者たちの闘い—エコノミックスの考古学
東洋経済新報社   2003年1月   
Beyond the Canonical Growth Model: Knowledge and Learning in Classical Economics, 1815-1834
Forget, Evelyn L., and Sandra Peart (eds.) Reflections on the Classical Canon in Economics: Essays in Honor of Samuel Hollander, London and New York: Routledge、pp.75-124.   2000年10月   
『経済学入門』。早稲田大学政治経済学部薮下史郎・秋葉弘哉・永田良氏との共編著。執筆担当:第11章「経済成長と循環」。
東洋経済新報社   2000年4月   

競争的資金等の研究課題

 
経済危機と経済学:1990年代日本における経済政策と経済政策思想
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
経済危機と経済学 : 1970年代日本のマクロ経済思想と経済政策の歴史的考察
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
社会的正義の政治経済学をめざして:経済学・政治学・法学による総合的研究
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
経済危機の歴史政治経済学:大恐慌期の経済政策と経済学
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
帝国の遺産と東アジア共同体
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))

社会貢献活動

 
NHK
【】  NHK
日銀新総裁白川氏について
ブルームバーグTV
【】  ブルームバーグTV
日銀新総裁について