原田 康也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 03:34
 
アバター
研究者氏名
原田 康也
 
ハラダ ヤスナリ
eメール
haradawaseda.jp
URL
http://www.f.waseda.jp/harada/index-j.html
所属
早稲田大学
部署
法学学術院 法学部
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)
科研費研究者番号
80189711

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 人文科学研究科 英語英文学専門課程
 
 
 - 
1985年
東京大学 人文科学研究科 英語英文学専門課程
 

受賞

 
2001年9月
平成13年度山下記念研究賞
 

論文

 
芸術思考における2つのスピンについて
下郡啓夫・有賀三夏・原田康也
電子情報通信学会技術報告(信学技報)TL2018-42   118(271) 19-22   2018年10月
研修・留学等がもたらす行動変容・認識変容に関する効果測定指標の認知科学的検討
森下美和・有賀三夏・原田康也・阪井和男・富田英司
日本認知科学会第33回大会発表論文集   502-511   2018年8月
食感のオノマトペ・ワークショップ:食文化の固有性・共通性から考える翻訳可能性
原田康也・森下美和・平松裕子・福留奈美・佐良木昌
日本認知科学会第33回大会発表論文集   261-263   2018年8月
日本人英語学習者は未知の英語の食感形容詞を理解できるか?
森下美和・原田康也
日本認知科学会第33回大会発表論文集   274-277   2018年8月
観光地における中国語表記の課題
傅翔・康茗淞・張昭誼・伊藤篤・平松裕子・原田康也・佐々木陽・羽多野裕之
日本認知科学会第33回大会発表論文集   278-287   2018年8月

書籍等出版物

 
外国語運用能力はいかに熟達化するか:言語情報処理の自動化プロセスを探る
横川博一・定藤規弘・吉田晴世 (担当:共著)
松柏社   2014年3月   
polibits, Number 43 January - June 2011, Thematic Issuee: Computational Linguistics and Intelligent Text Processing
Yasunari Harada
Instituto Politecnico Nacional   2011年6月   
Proceedings of the 24th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation
Ryo Otoguro, Kiyoshi Ishikawa, Hiroshi Umemoto, Kei Yoshimoto & Yasunari Harada
Institute for Digital Enhancement of Cognitive Development of Waseda University   2010年11月   ISBN:978-4-905166-00-9
Studies in Korean and Japanese Linguistics and Natural Language Processing
Yasunari Harada & Jong-Bok Kim
WIT, Inc.   2006年6月   ISBN:4-9903142-0-4
Proceedings of IWLeL 2004: an Interactive Workshop on Language e-Learning
Laurence Anthony, Shinichi Fujita & Yasunari Harada
2005年3月   ISBN:4-921112-14-2C1837

講演・口頭発表等

 
芸術思考における2つのスピンについて
下郡啓夫・有賀三夏・原田康也
電子情報通信学会思考と言語研究会   2018年10月28日   電子情報通信学会思考と言語研究会
リフレクションを促す教育実践
阪井和男・森下美和・原田康也
第147回次世代大学教育研究会   2018年10月27日   次世代大学教育研究会
Impact of short-term Study Abroad and Internship Programs on Participants Multiple Intelligence Measures
Yasunari Harada, Miwa Morishita, Kazuo Sakai & Minatsu Ariga
ICPEAL17-CLDC9, The 17th Conference on the Processing of East Asian Languages and The 9th Conference on Language, Discourse, and Cognition   2018年10月21日   Graduate Institute of Linguistics, National Taiwan University,Department of Psychology, National Taiwan University,Imaging Center for Integrated Body, Mind and Culture Research, National Taiwan University
Syntactic priming in interactions between a Japanese EFL learner and a native speaker of English
Miwa Morishita, Mayumi Kawamura & Yasunari Harada
ICPEAL17-CLDC9, The 17th Conference on the Processing of East Asian Languages and The 9th Conference on Language, Discourse, and Cognition   2018年10月20日   Graduate Institute of Linguistics, National Taiwan University,Department of Psychology, National Taiwan University,Imaging Center for Integrated Body, Mind and Culture Research, National Taiwan University
信州エクスターンシップにおける市民性の創造に向けて:学生の不安分析と潜在連想テストによる意識の偽装
阪井和男・原田康也
第146回次世代大学教育研究会   2018年9月22日   次世代大学教育研究会

競争的資金等の研究課題

 
ネット社会におけるインバウンド観光客・定住者を意識した文化伝達の言語表現
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
雇用現場で求められる実用的英語スピーキング能力とは何か?:探索的研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
ICTによる観光資源開発支援:心理学的効果を応用した期待感向上
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
日本人英語学習者のインタラクション(相互行為)を通じた自律的相互学習プロセス解明
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月
平成28年度においては、当初の研究計画と補助金支給額と研究代表者・連携研究者の担当授業の実情などを勘案して以下の活動を中心に研究を進めた。早稲田大学におけるデータ収集については新入生3クラスの受講生90名ほどを主な調査対象として、大学入学までの英語学習経歴などについてのアンケート調査を行い、OQPT (Oxford Quick Placement Test)・VET (Versant English Test)・VWT (Versant Writing Test)・VEPT (Versan...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2019年

特許

 
2004-347805 : 学習管理システム
原田 康也, 楠元 範明, 前野 譲二
2002-342364 : 文献情報管理方法及びシステム
原田 康也, 楠元 範明