TOMOSUGI Naohisa

J-GLOBAL         Last updated: Sep 27, 2019 at 04:39
 
Avatar
Name
TOMOSUGI Naohisa
Affiliation
Kanazawa Medical University
Section
Medical Research Institute
Degree
Ph.D in Medicine

Education

 
 
 - 
Mar 1975
Faculty of Medicine, Kanazawa University
 

Published Papers

 
Effect of saikokeishito, a kampo medicine, on hydrogen peroxide-induced premature senescence of normal human dermal fibroblasts
T. Takata, Y. Motoo, N. Tomosugi
Journal of integrative medicine.   12:495-503    Nov 2014
鉄静注療法と不安定鉄
29:232-238    Aug 2014
A prospective study on the improvement of EPO resistance index by better iron cycling with lower ferritin management in hemodialysis patients(EPOCH study)
(T.Mochizuki), C.Tanji, K.Usui, S.Shoji, T.Shinomiya, M.Inaba, N.Tomosugi
47:313-321    May 2014
血液透析患者に対する経口鉄剤投与によるhepcidin-25の推移に関する検討
47(Suppl.1):769    May 2014
血液透析患者における長時間作動型ESAと鉄代謝について
47(Suppl.1):618    May 2014

Books etc

 
【適正透析 エビデンスをめぐる課題】 適正血液透析とエビデンス 貧血
Sep 2007   

Conference Activities & Talks

 
腎移植後の高血圧、高脂血症、糖尿病に対する治療目標達成に関する検討
2005   
カルシニューリン阻害薬(CI)長期投与の影響
2005   
当院における冠動脈造影時の予防的透析に関する検討
2005   
糸球体腎炎に対する抗炎症薬としてのスピロノラクトン
2005   
血液透析患者の造血指標としてのhepcidin
2005   

Works

 
プロテオーム解析技術を用いてのがん・生活習慣病の診断法ならびに治療法の開発
抗がん剤感受性に関わる新しい分子細胞機構の解明とその耐性克服への応用
プロテオーム解析技術用いての難治性疾患の診断法ならびに治療法の開発

Research Grants & Projects

 
IgG4関連疾患に関する調査研究
Project Year: 2012 - 2013
動脈硬化の予防&改善効果を有する機能性食品の開発
Project Year: 2011 - 2013
新規疾患,IgG4関連多臓器リンパ増殖性疾患(IgG4+MOLPS)の確立のための研究
Project Year: 2009 - 2011
慢性腎不全でのヘプシジン発現制御機構の解明-骨髄造血関連因子の影響-
Project Year: 2008 - 2010
間質性腎炎のマーカーの探索と臨床応用
Project Year: 2008 - 2008

Patents

 
特願2005-24551 : Certification of Sjogren's syndrome
特願2010-194326 : IgG4関連疾患診断用マーカー及びその利用