友杉 直久

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/27 04:39
 
アバター
研究者氏名
友杉 直久
 
トモスギ ナオヒサ
所属
金沢医科大学
部署
総合医学研究所 先端医療研究領域
職名
教授
学位
医学博士

研究キーワード

 
 

学歴

 
 
 - 
1975年3月
金沢大学 医学部 
 

論文

 
Effect of saikokeishito, a kampo medicine, on hydrogen peroxide-induced premature senescence of normal human dermal fibroblasts
T. Takata, Y. Motoo, N. Tomosugi
Journal of integrative medicine.   12:495-503    2014年11月
鉄静注療法と不安定鉄
友杉直久, 柴田央恵
日本透析医会雑誌   29:232-238    2014年8月
血液透析患者の貧血治療における最少至適フェリチン値とrHuEPO反応性の検討 EPOCHStudy
(望月隆弘), 丹治知恵, 碓井公治, 庄司繁市, 四宮敏彦, 稲葉雅章, 友杉直久
日本透析医学会雑誌   47:313-321    2014年5月
血液透析患者に対する経口鉄剤投与によるhepcidin-25の推移に関する検討
(高澤和也), 高枝知香子, 上田典司, 前田貞亮, 友杉直久
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1):769    2014年5月
血液透析患者における長時間作動型ESAと鉄代謝について
(大沼聖子), 本田浩一, 道端哲郎, 柴垣圭吾, 油座利貴, 平尾圭市, 友杉直久, 柴田孝則
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1):618    2014年5月

Misc

 
Tomohiro Arikawa, Eriko Simamura, Hiroki Shimada, Nozomu Nishi, Takanori Tatsuno, Yasuhito Ishigaki, Naohisa Tomosugi, Chizu Yamashiro, Toshiyuki Hata, Tsutomu Takegami, Tomonori Nakamura, Haruta Mogami, Ken Yamaguchi, Hiroki Otani, Toshihisa Hatta, Hi…
Placenta   2012 Aug 6. [Epub ahead of pri   2012年
Y.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Takehara, T.Kurihara, H.Koga, T.Takegami, H.Nakagawa, N.Nemoto, N.Tomosugi, S.Kuwabata, S.Miyazawa
Microsc. Res. Tech.   74 1104-1108   2011年
Y.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Takehara, T.Shimasaki, T.Tatsuno, F.Takano, Y.Ueda, Y.Motoo, T.Takegami, H.Nakagawa, S.Kuwabata, N.Nemoto, N.Tomosugi, S.Miyazawa
Microsc. Res. Tech.   74 1024-1031   2011年
Y.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Takehara, N.Nemoto, T.Kurihara, H.Koga, H.Nakagawa, T.Takegami, N.Tomosugi, S.Miyazawa, S.Kuwabata
Microsc. Res. Tech.   74 415-420   2011年
Ultraviolet B-induced expression of amphiregulin and growth differentiation factor 15 in human lens epithelial cells
H.Osada, Y.Yoshitake, T.Ikeda, Y.Ishigaki, T.Takata, N.Tomosugi, H.Sasaki, H.Yonekura
Mol. Vis.   17 159-169   2011年

書籍等出版物

 
【適正透析 エビデンスをめぐる課題】 適正血液透析とエビデンス 貧血
友杉直久
日本メディカルセンター   2007年9月   

講演・口頭発表等

 
腎移植後の高血圧、高脂血症、糖尿病に対する治療目標達成に関する検討
今村秀嗣, 石川 勲, 中川 卓, 浅香充宏, 友杉直久, 由利健久
第38回日本臨床腎移植学会   2005年   
カルシニューリン阻害薬(CI)長期投与の影響
浅香充宏, 近澤芳寛, 佐藤一賢, 中川 卓, 今村秀嗣, 羽山智之, 山谷秀喜, 友杉直久, 由利健久, 石川 勲
第50回日本透析医学会学術集会・総会   2005年   
当院における冠動脈造影時の予防的透析に関する検討
佐藤一賢, 近澤芳寛, 中川 卓, 今村秀嗣, 羽山智之, 山谷秀喜, 浅香充宏, 友杉直久, 由利健久, 石川 勲
第50回日本透析医学会学術集会・総会   2005年   
糸球体腎炎に対する抗炎症薬としてのスピロノラクトン
山谷秀喜, 友杉直久, 中川 卓, 近澤芳寛, 今村秀嗣, 由利健久, 石川 勲
第48回日本腎臓学会学術総会   2005年   
血液透析患者の造血指標としてのhepcidin
友杉直久, 山谷秀喜, 佐藤一賢, 羽山智之, 浅香充宏, 石川 勲
第48回日本腎臓学会学術総会   2005年   

Works

 
プロテオーム解析技術を用いてのがん・生活習慣病の診断法ならびに治療法の開発
抗がん剤感受性に関わる新しい分子細胞機構の解明とその耐性克服への応用
プロテオーム解析技術用いての難治性疾患の診断法ならびに治療法の開発

競争的資金等の研究課題

 
IgG4関連疾患に関する調査研究
厚生労働省: 
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 千葉 勉(京都大学)
動脈硬化の予防&改善効果を有する機能性食品の開発
その他省庁: 
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 友杉直久
新規疾患,IgG4関連多臓器リンパ増殖性疾患(IgG4+MOLPS)の確立のための研究
厚生労働省: 
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 梅原久範
慢性腎不全でのヘプシジン発現制御機構の解明-骨髄造血関連因子の影響-
文部科学省: 
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 友杉直久
間質性腎炎のマーカーの探索と臨床応用
その他公的機関: 
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 友杉直久

特許

 
特願2005-24551 : シェーグレン症候群患者の検定法
北川 和子,友杉 直久,
特願2010-194326 : IgG4関連疾患診断用マーカー及びその利用
梅原久範,正木康史,友杉直久,石垣靖人,