MURATA Satoshi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 22, 2018 at 16:04
 
Avatar
Name
MURATA Satoshi
URL
http://www.shiga-med.ac.jp/
Affiliation
Shiga University of Medical Science
Section
Undergraduate School of Medicine, Faculty of Medicine, Shiga University of Medical Science Undergraduate School of Medicine Faculty of Medicine
Job title
Assistant Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1999
Graduate School, Division of Medicine, Shiga University of Medical Science
 
 
 - 
1989
Faculty of Medicine, Shiga University of Medical Science
 

Published Papers

 
Yamamoto H, Maeda K, Arima H, Sonoda H, Shimizu T, Mekata E, Kaida S, Yamaguchi T, Murata S, Miura K, Kadowaki M, Tani M
Annals of surgical oncology   23(Suppl 4) 540-545   Aug 2016   [Refereed]
Pham Minh N, Murata S, Kitamura N, Ueki T, Kojima M, Miyake T, Takebayashi K, Kodama H, Mekata E, Tani M
International journal of cancer      Jan 2018   [Refereed]
Inoue A, Furukawa A, Yamamoto H, Ohta S, Linh NDH, Syerikjan T, Kaida S, Yamaguchi T, Murata S, Obata T, Tani M, Murata K
PloS one   13(1) e0191044   2018   [Refereed]
Murata S, Yamamoto H, Naitoh H, Yamaguchi T, Kaida S, Shimizu T, Shiomi H, Naka S, Tani T, Tani M
Journal of surgical oncology   116(8) 1159-1165   Dec 2017   [Refereed]
Murata S, Yamamoto H, Shimizu T, Naitoh H, Yamaguchi T, Kaida S, Takebayashi K, Miyake T, Tani T, Tani M
Journal of surgical oncology      Dec 2017   [Refereed]

Misc

 
村田聡, 谷眞至
外科   79(10) 907‐914   Oct 2017
当院の下咽頭喉頭食道切除術における遊離空腸再建24症例の検討
大竹 玲子, 山口 剛, 貝田 佐知子, 竹林 克士, 村田 聡, 清水 智治, 仲 成幸, 中多 祐介, 大脇 成広, 桑原 理充, 清水 猛史, 谷 眞至
滋賀医科大学雑誌   30(1) 97-101   May 2017
当院では1999年より遊離空腸再建術を37例施行しており、今回は電子カルテ上検証可能であった2010年1月から2016年12月までの27症例のうち、下咽頭喉頭食道切除術における遊離空腸再建術を施行した24症例について、疾患名、術前病期、術前治療の有無、術式、吻合法、術後合併症、経口摂取開始時期、退院時経口摂取カロリー、退院時経腸栄養併用の有無、術後在院日数について検討した。症例は全て男性で、平均年齢68.1±7歳であった。疾患は、下咽頭癌22例、甲状腺癌1例、喉頭癌1例であった。術前病期は...
滋賀医科大学外科の関連病院における食道癌手術の現況 アンケート結果報告
竹林 克士, 山口 剛, 貝田 佐知子, 村田 聡, 大竹 玲子, 三宅 亨, 園田 寛道, 清水 智治, 飯田 洋也, 北村 直美, 仲 成幸, 太田 裕之, 一瀬 真澄, 束田 宏明, 中村 一郎, 川崎 誠康, 小林 知恵, 井内 武和, 熊野 公束, 佐藤 浩一郎, 横田 徹, 長谷川 均, 若林 正人, 八木 俊和, 藤田 益嗣, 林 直樹, 龍田 健, 谷 眞至
滋賀医科大学雑誌   30(1) 116-118   May 2017
【目的】関連病院における食道癌手術症例数、組織型、施行術式について集計する。【対象と方法】関連病院において、2011年1月から2015年12月までに原発性食道癌に対して待機的手術を施行した症例数とそれぞれの組織型、施行術式をアンケートにて調査し結果を集計する。【結果】関連病院19施設のうち16施設から回答用紙を回収し、回収率は84.2%であった。16施設のうち食道癌手術を施行していた施設は6施設であり、総数は68例であった。術式の内訳は右開胸62例(91.2%)、左開胸1例(1.5%)、頸...
Tomoko Umeda, Mitsuaki Ishida, Satoshi Murata, Tsuyoshi Mori, Yuki Kawai, Naoko Itoi, Kaori Tomida, Akie Tanaka, Sachiko Sakai, Mina Kitamura, Yoshihiro Kubota, Ryoji Kushima, Masaji Tani
Breast Cancer   23 869-875   Nov 2016
© 2015, The Japanese Breast Cancer Society.Background: Invasive micropapillary carcinoma (IMPC) is a distinct histopathological variant of breast carcinoma and frequently develops lymph node metastases. CD44 is a family of transmembrane glycoprote...
腹膜播種再発の高リスク因子を有する進行大腸癌に対する腹腔内温熱化学療法の有効性についての検討
太田 裕之, 清水 智治, 園田 寛道, 植木 智之, 三宅 亨, 目片 英治, 遠藤 善裕, 山口 剛, 貝田 佐知子, 竹林 克士, 村田 聡, 山本 寛, 赤堀 浩也, 仲 成幸, 谷 眞至
癌と化学療法   43(12) 1440-1442   Nov 2016
目的:腹膜播種再発の高リスク因子を有する進行大腸癌に対する腹腔内温熱化学療法(hyperthermic intraperitoneal chemotherapy:HIPEC)の有効性を検証する。対象と方法:2009〜2014年までに当院で進行大腸癌に対してHIPECを施行した21例について短期および長期予後を後方視的に検討した。結果:初発大腸癌12例、再発大腸癌9例に対してHIPECを施行したが、HIPEC特有の周術期合併症は認めなかった。術後再発は17例(81%)に認め、うち腹膜播種再発...

Research Grants & Projects

 
Ductal access for the less invasive treatment of early breast cancer
Cancer immunotherapy besed on the regulation of immune evasion