Inoue Yasuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Oct 12, 2019 at 02:42
 
Avatar
Name
Inoue Yasuhiro
E-mail
spartanintl.hiroshima-cu.ac.jp
Affiliation
Hiroshima City University
Section
Faculty of International Studies, Faculty of International Studies
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(Michigan State University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1985
 - 
1994
毎日新聞社 記者
 
1995
 - 
1995
読売新聞社 記者
 
2002
   
 
広島市立大学 国際学部 助教授
 
2007
   
 
Professor, Hiroshima City University
 
Apr 2013
 - 
Mar 2014
Visiting researcher, Matsunata Institute for Peace & Conflict Resorution, University of Hawai'i, Manoa
 

Education

 
Aug 1998
 - 
Sep 2001
mass media, political communication, Mass Media Ph.D. Program, Michigan State University, Mass Media Ph.D. Program
 

Awards & Honors

 
Jun 2007
International Society for Universal Dialogue (ISUD), 7th Conference Paper Award
 

Published Papers

 
Editorial Reflections on Historical and Diplomatic Relations with Japan and the U.S.: International Newspaper Coverage of 60th Anniversary of Hiroshima Atomic Bombing.
Yasuhiro Inoue & Carol Rinnert
Keio Communication Review   29 59-83   2007   [Refereed]
News Content and American Perceptions of Japan and U.S.-Japanese Relations
Yasuhiro Inoue and Dennis Patterson
Harvard International Journal of Press/Politics   12 117-121   2007   [Refereed]
How Did the World Major Newspapers Report Hiroshima? International Comparative Study of Coverage on the 60th Anniversary of Atomic Bombing
INOUE Yasuhiro
Hiroshima Journal of International Studies   12 103-127   2006   [Refereed]
Kids and Crime: A comparative Study of Youth Coverage in Japan and the United States
Tom Brislin and Yasuhiro Inoue
Journal of Mass Media Ethics   22(1) 3-17   2007   [Refereed]
The Narratives and Understanding of Hiroshima in U.S. Newspapers: Analysis of Coverage on the 60th Anniversary of Atomic Bombing
井上泰浩
The Chu-Shikoku American Studies   3 79-94   2007   [Refereed]

Books etc

 
井上泰浩
朝日新聞出版   Jun 2018   ISBN:9784022630728
広島・長崎に投下された原爆について、いまなお多数のアメリカ国民が5つの神話――(1)事前に警告し軍事基地を破壊した(2)その衝撃で日本はすぐに降伏した(3)アメリカ人100万人、さらに多くの日本人の命を救った原爆は救世主だ(4)アメリカは神に託されて慈悲深い行いをした(5)原爆による放射能の影響は(ほとんど)ない――を信じている。
なぜこの根拠のない、嘘偽りの「神話」が信じ込まれることになったのか。世界で最も権威あるニューヨークタイムズ記者とハーヴァード大学長が、軍・政府と一体となって行な...
井上泰浩
講談社   Mar 2017   ISBN:978-4062952613
 本書ではリンカーンによる「ゲティスバーグの演説」に始まり、オバマの「広島演説」までの名演説を取り上げ、1冊にまとめました。今まであまり注目されていなかったものの、歴史的に重要な演説も取り上げます。
 歴代アメリカ大統領の演説を知ることで、アメリカの歴史、ひいては世界がたどってきた歴史も振り返ることができます。
Media Leteracy: Media and Information System (in Japanese)
Yasuhiro Inoue
Nihon Hyoronsha   2004   
Cyber Election Campaigning: U.S. Presidential Election 2000
INOUE Yasuhiro
Keisuisha   2003   
『ニュース報道と市民の対外国意識』
伊藤陽一・河野武司編著、井上泰浩他 (Part:Joint Work, 265-284)
慶應義塾大学出版会   2008   

Conference Activities & Talks

 
Missed points: The significance of President Obama Hiroshima speech
井上泰浩
トーストマスターズ秋季大会   13 Nov 2016   トーストマスターズ
米大統領が初めて被爆地訪問~平和報道は世界に伝わったのか
5 Aug 2016   日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)
オバマ大統領の広島演説とアメリカの原爆理解
井上泰浩
23 Jul 2016   広島市立大塚公民館
オバマ大統領と広島 ハワイ
井上泰浩
9 Jul 2016   広島市立大塚公民館
オバマ大統領広島訪問 中継解説 [Invited]
27 May 2016   FMちゅーピー、広島ケーブルテレビ
オバマ大統領の広島訪問とスピーチを生中継で解説

Research Grants & Projects

 
パブリック・ディプロマシーにおけるグローバル・メディアの役割と国家戦略の調査
科学研究費
Project Year: May 2005 - Mar 2008
HIROSHIMA and PEACEを発展させるための新しい平和研究と英語教育-被爆60年報道検証と討論能力養成に向けて
広島市立大学指定研究
Project Year: May 2005 - Mar 2008
アメリカにおける「原爆物語」の相違 -ヒロシマ・ナガサキはどのよう語られているのか
指定研究
Project Year: Jul 2008 - Mar 2011