廣森 友人

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 10:37
 
アバター
研究者氏名
廣森 友人
 
ヒロモリ トモヒト
所属
明治大学
部署
国際日本学部
職名
専任教授
学位
博士(国際広報メディア)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
愛媛大学英語教育センター 助教授/准教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
立命館大学経営学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
明治大学国際日本学部 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
明治大学国際日本学部 教授
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2003年3月
北海道大学大学院国際広報メディア研究科 博士前期課程 
 
2003年4月
 - 
2006年3月
北海道大学大学院国際広報メディア研究科 博士後期課程 
 

委員歴

 
2005年
 - 
2009年
大学英語教育学会(JACET)  北海道支部 紀要編集委員
 
2008年
 - 
現在
大学英語教育学会(JACET)  JACET Journal 査読委員
 
2011年
 - 
2015年
全国英語教育学会(JASELE)  事務局長
 
2013年
 - 
2017年
全国英語教育学会(JASELE)  ARELE 編集委員/査読委員
 
2014年
 - 
2018年
関東甲信越英語教育学会(KATE)  学会誌委員会 副委員長/委員長
 
2018年
 - 
現在
関東甲信越英語教育学会(KATE)  副会長
 

受賞

 
2002年
(財)日本英語検定協会(STEP)第15回「英検」研究助成入賞
 
2007年
大学英語教育学会(JACET)北海道支部20周年記念賞(支部賞)
 
2007年
大学英語教育学会(JACET)学会賞(新人賞)
 

論文

 
英語学習者のプロファイリングを利用した自律学習支援に関する研究
廣森 友人
明治大学人文科学研究所紀要   81    2018年   [査読有り]
Motivating EFL students through the use of project-based cooperative learning
Masahiro Yoshimura, Tomohito Hiromori, Ryo Kirimura, and Yasunori Nishina
ThaiTESOL Journal   30 41-57   2017年   [査読有り]
L2スピーチ・プロダクションの発達研究: ダイナミックシステム理論からのアプローチ
尾関 直子・廣森 友人
明治大学人文科学研究所紀要   79 1-28   2016年   [査読有り]
中高大における英語学習動機づけの発達プロセスとその背景要因
廣森 友人・泉澤 誠
明治大学国際日本学研究   8(1) 37-50   2015年   [査読有り]
自律的な学びを促す教育実践
廣森 友人
全国英語教育学会第40回研究大会記念特別誌:英語教育学の今-理論と実践の統合-   246-250   2014年   [招待有り]
ダイナミックシステム理論に基づいた新しい動機づけ研究の可能性
廣森 友人
The Language Teacher   38 15-18   2014年   [査読有り]
Individual differences in patterns of motivation and conditions that increase motivation in L2 acquisition: A Dynamic Systems Theory perspective
Tomohito Hiromori
JACET Journal   58 21-37   2014年   [査読有り]
An effective way to utilize Graded Readers in the EFL classroom: Reading Graded Readers comparatively with their original literary works
Masahiro Yoshimura, Tomohito Hiromori, Ryo Kirimura, and Yasunori Nishina
Proceedings of the International Conference on Language and Communication 2013   46-56   2014年   [査読有り]
自律学習の処方箋:自律した学習者を育てる視点
廣森 友人
中部地区英語教育学会紀要   42 289-296   2013年   [招待有り]
Toward a tripartite model of L2 reading strategy use, motivations, and learning beliefs
Hiroyuki Matsumoto, Tomohito Hiromori, and Akira Nakayama
System-An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics   41 38-49   2013年   [査読有り]
Exploring the development of individual difference profiles in L2 reading
Hiroyuki Matsumoto, Akira Nakayama, and Tomohito Hiromori
System-An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics   41 994-1005   2013年   [査読有り]
Profiling individual differences of successful and unsuccessful L2 readers
Tomohito Hiromori, Hiroyuki Matsumoto, and Akira Nakayama
The Journal of Asia TEFL   9 49-70   2012年   [査読有り]
The influence of goal orientation, past language studies, overseas experiences, and gender differences on Japanese EFL learners' beliefs, anxiety, and behaviors
Akira Nakayama, Hiroyuki Matsumoto, Neil Heffernan, and Tomohito Hiromori
Apples-Journal of Applied Language Studies   6 19-39   2012年   [査読有り]
英語学習者の動機づけを高める指導実践:動機づけ評価の診断的活用
廣森 友人
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   23 361-372   2012年   [査読有り]
大学の英語クラスで行う到達目標準拠型の指導と評価
廣森 友人
英語教育増刊号   61(8) 46-48   2012年   [招待有り]
動機づけ研究の成果は,外国語教師に何を教えてくれるのか?
廣森 友人
上智言語学会年報   25 110-127   2010年   [招待有り]
学習者の動機づけと英語熟達度が動機づけ方略への認識に与える影響
廣森 友人
立命館言語文化研究   22 159-167   2010年   [査読有り]
A process model of L2 learners' motivation: From the perspectives of general tendency and individual differences
Tomohito Hiromori
System-An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics   37 313-321   2009年   [査読有り]
愛媛大学版英語運用能力判断基準(CAN-DOリスト)の精緻化と妥当性の検証
廣森 友人
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   20 281-290   2009年   [査読有り]
Pilot lessons integrating learning strategy instruction into English activities at primary schools
Ryusuke Yamato, Takashi Kimura, Hiromi Tsuda, Junko Carreeira-Matsuzaki, and Tomohito Hiromori
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   20 231-240   2009年   [査読有り]

Misc

 
やる気は伝染する!? ペア/グループワークにおける動機づけ
廣森 友人
英語教育   67(3) 14-15   2018年   [依頼有り]
座談会:学習意欲を高める指導とは
根岸 雅史,廣森 友人,他
Teaching English Now   36 2-11   2017年   [依頼有り]
学習者の動機づけの「未来予想図」は描けるのか?
廣森 友人
英語教育   65(3) 13-15   2016年   [依頼有り]
書評:馬場今日子・新多了 (著) 『はじめての第二言語習得論講義-英語学習への複眼的アプローチ』
廣森 友人
英語教育   65(10) 90   2016年   [依頼有り]
やる気になれる家庭学習: WHY, WHAT, HOW?
廣森 友人
英語教育   65(7) 10-12   2016年   [依頼有り]
「動機づけ」理論を理解する5つのキーワード
廣森 友人
英語教育   64(2) 32-33   2015年   [依頼有り]
く文部科学省で検討中の「小学校英語教育の改革」に対する提言〉について
卯城祐司,廣森 友人,他
英語教育   63(7) 70-72   2014年
自律した学習者を育てる英語指導を考える
廣森 友人
青山学院英語教育研究センター2012年度報告書   12-15   2013年   [依頼有り]
書評:柴田美紀 (著) 『沖縄の英語教育と米軍基地-フェンスのうちと外での外国語教育』
廣森 友人
英語教育   62(5) 91-92   2013年   [依頼有り]
ペア・グループ活動を多用した学生主体型のリーディング授業
廣森 友人
高等教育における英語授業の研究: 学習者の自律性を高めるリメディアル教育   61-62   2012年   [査読有り]
書評:三森ゆりか (編) 『外国語で発想するための日本語レッスン』
廣森 友人
英語教育   55(8) 92   2006年   [依頼有り]
「やる気」をどう測るか
廣森 友人
英語教育   54(11) 24-26   2006年   [依頼有り]
"self-monitoring"を取り入れて-高校ライティング
廣森 友人
英語教育   53(7) 24-26   2004年   [依頼有り]
よりよい学級風土が育む有能感:中学生と高校生における英語学習の場合
廣森 友人,山森光陽
英語教育   52(7) 47-49   2003年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
「学ぶ・教える・考える」ための実践的英語科教育法
酒井英樹,廣森友人,吉田達弘 (担当:共編者)
大修館書店   2018年   
何が海外留学を成功に導くのか? 留学の効果を最大化する3つのヒント
廣森 友人 (担当:監修)
デザインエッグ社   2017年   
英語学習のメカニズム: 第二言語習得研究にもとづく効果的な勉強法
廣森 友人
大修館書店   2015年   
成長する英語学習者: 学習者要因と自律学習
小嶋 英夫,尾関 直子,廣森 友人 (担当:共編者)
大修館書店   2010年   
英語教師のための「学習ストラテジー」ハンドブック
大学英語教育学会学習ストラテジー研究会 (担当:編者)
大修館書店   2006年   
外国語学習者の動機づけを高める理論と実践
廣森 友人
多賀出版   2006年   
言語学習と学習ストラテジー: 自律学習に向けた応用言語学からのアプローチ
大学英語教育学会学習ストラテジー研究会 (担当:編者)
リーベル出版   2005年   
英語教師のための教育データ分析入門: 授業が変わるテスト・評価・研究
前田 啓朗,山森 光陽,磯田 貴道,廣森 友人 (担当:共著)
大修館書店   2004年   

講演・口頭発表等

 
第二言語習得における動機づけのメカニズム [招待有り]
廣森 友人
北海道英語教育学会第19回研究大会(基調講演)   2018年10月14日   
Profiling and tracing learner autonomy development through an integrated understanding of autonomous language learners
Tomohito Hiromori
The 51st annual meeting of the British Association of Applied Linguistics (BAAL)   2018年9月7日   
英語によるドラマ制作を通したプロジェクト型 協同学習が学習者の心理的側面に与える影響
吉村 征洋・廣森 友人・桐村 亮・仁科 恭徳
大学英語教育学会(JACET)第57回国際大会   2018年8月30日   
日本人大学生の英語学習における動機減退・回復プロセス:TEAを用いた質的調査
廣森 友人・實 諒人
全国英語教育学会(JASELE)第44回京都研究大会   2018年8月26日   
KATE Journalにおける査読プロセス:査読者と投稿者の立場から(KATE学会誌委員会企画) [招待有り]
廣森 友人
関東甲信越英語教育学会(KATE)第42回栃木研究大会   2018年8月19日   
英語学習者のプロファイリングに基づく自律学習支援の試み
廣森 友人
関東甲信越英語教育学会(KATE)第42回栃木研究大会   2018年8月18日   
The motivational effects of project-based film-making activity through cooperative learning in Japanese university
Masahiro Yoshimura・Tomohito Hiromori・Ryo Kirimura・Yasunori Nishina
The 10th International Conference on Language, Innovation, Culture, and Education (ICLICE)   2018年6月29日   
Smartphone fiming as a motivational output activity in a large-sized EFL class
Ryo Kirimura・Masahiro Yoshimura・Tomohito Hiromori・Yasunori Nishina
The ASEAN-ELT International Conference 2018   2018年3月17日   
The effects of task repetition on the development of L2 speech production: A Dynamic Systems Theory perspective
Tomohito Hiromori
The 16th Annual Hawaii International Conference on Education   2018年1月5日   
英語が学ばれるプロセスを意識してみよう! 第二言語習得研究から見た効果的な英語学習のヒント [招待有り]
廣森 友人
東海大学文学部「知のコスモス」講演会(招待講演)   2017年11月22日   
Mechanisms for learning a foreign language: Theory and practice from the perspective of second language acquisition research [招待有り]
Tomohito Hiromori
The 14th International Conference on Japanese Language Education in Malaysia (Keynote lecture)    2017年10月7日   
日本人英語学習者における動機付けと情意: 縦断的変化に関する実証研究
廣森 友人
外国語教育メディア学会(LET)第57回全国大会   2017年8月6日   
やる気は伝染する!? ペアやグループの動機づけから考える英語指導 [招待有り]
廣森 友人
関西英語教育学会2017年度(第22回)研究大会(招待講演)   2017年6月11日   
An alumni survey to affect students' awareness of English learning objectives in Japan
Ryo Kirimura・Yuko Shimizu・Tomohito Hiromori・Masahiro Yoshimura
The 19th International Conference and Workshop on TEFL & Applied Linguistics   2017年3月10日   
英語学習のメカニズム: 第二言語習得研究にもとづく効果的な学習法・指導法 [招待有り]
廣森 友人
平成28年度鳥取県英語教育推進フォーラム   2016年10月28日   
第二言語習得研究に基づく効果的な学習法 [招待有り]
廣森 友人
東京家政大学英語コミュニケーション学科主催 第14回英語教育シンポジウム   2016年10月23日   
英語学習のメカニズム: 第二言語習得研究にもとづく効果的な学習法・指導法
廣森 友人
英語授業研究学会第28回全国大会(基調講演)   2016年8月9日   
自律した英語学習者再考
廣森 友人
大学英語教育学会(JACET)関東支部第10回記念大会   2016年7月3日   
The effect of cooperative learning on EFL learners’ motivation
Masahiro Yoshimura・Tomohito Hiromori・Ryo Kirimura・Yasunori Nishina
The 14th Asia TEFL International Conference   2016年7月2日   
The relationship between L2 motivation and L3 motivation
Lei Lishan・Tomohito Hiromori
The 13th Asia TEFL International Conference   2015年11月7日   

競争的資金等の研究課題

 
日本の高校生における英語学習動機づけのモデル構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 廣森 友人
なぜ,学習意欲が低いのか-外国語学習者の動機づけを高める指導方略の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 廣森 友人
発信力を高めるスピーキング授業モデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 尾関 直子
自ら学ぶ姿勢を育てる小学校英語活動のための授業モデル構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 大和 隆介
動機づけ的視点を活用した到達目標準拠型英語プログラム
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 廣森 友人
外国語学習者のためのスピーチプロダクションモデルの開発と応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 尾関 直子
英語を学ぶ目的意識の自覚化を促進する英語プログラムの構築-ESP的視座から
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 桐村 亮
ダイナミックシステム理論を用いた動機づけの発達研究と第二言語学習・指導への示唆
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 廣森 友人
方略的介入は動機づけや学習観になぜ影響するのか-第二言語読解の成功感と自律から
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 松本 広幸
文学作品を用いた英語教育が学習者に齎す効果の実証的研究
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 吉村 征洋

社会貢献活動

 
文部科学省委託研究「少人数教育の効果に関する調査研究」委員
【調査担当, その他】  2006年 - 2007年
文部科学省委託研究「教職員配置に関する調査研究」委員
【調査担当, その他】  2007年 - 2008年
国立教育政策研究所「教育条件整備に関する総合的研究」委員
【調査担当, その他】  2008年 - 2010年
国立教育政策研究所「学級規模の及ぼす教育効果に関する研究」委員
【調査担当, その他】  2011年 - 2013年