細川 雅人

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/11 10:11
 
アバター
研究者氏名
細川 雅人
 
ホソカワ マサト
URL
http://www.igakuken.or.jp
所属
公益財団法人東京都医学総合研究所
部署
認知症・高次脳機能研究分野
職名
主席研究員
学位
博士(医学)(名古屋市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
   
 
東京都医学総合研究所 主席研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東京都精神医学総合研究所 主席研究員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
福岡大学 薬学部 臨床薬物治療学 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
福岡大学 薬学部 臨床薬物治療学 助手
 
2004年9月
 - 
2006年3月
Department of Pathology, Case Western Reserve Univeristy (USA) 研究員
 
2001年6月
 - 
2004年9月
Kinsmen Laboratory of Neurological Research, The University of British Columbia (Canada) ポストドクトラル フェロー
 
2001年4月
 - 
2001年6月
名古屋市立大学 分子医学研究所 生体高分子部門 研究員
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
名古屋市立大学 大学院 医学研究科 免疫病理学
 
1995年4月
 - 
1997年3月
名古屋市立大学 大学院 薬学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
名古屋市立大学 薬学部 薬学科
 

受賞

 
2018年12月
一般社団法人 せりか基金 第2回せりか基金賞 ALSモデルマウスの創出と治療薬開発
 
2017年6月
一般社団法人日本ALS協会 平成29年ALS基金研究奨励金
 
2015年10月
日本認知症学会 学会奨励賞(基礎部門) 前頭側頭葉変性症患者脳における神経変性疾患関連タンパク質の重複蓄積
 
2015年9月
大和証券ヘルス財団 第42回 調査研究助成 前頭側頭葉変性症患者脳における神経変性疾患関連タンパク質の重複蓄積
 
2012年8月
BioLegend/Tomy Digital Biology Young Scientist Research Award 新規認知症モデルマウスを用いた認知症の発症原因解明と治療薬開発
 

論文

 
Nonaka T, Masuda-Suzukake M, Hosokawa M, Shimozawa A, Hirai S, Okado H, Hasegawa M
Human molecular genetics      2018年5月   [査読有り]
Hosokawa M, Tanaka Y, Arai T, Kondo H, Akiyama H, Hasegawa M
Experimental animals      2017年8月   [査読有り]
Imamura K, Izumi Y, Watanabe A, Tsukita K, Woltjen K, Yamamoto T, Hotta A, Kondo T, Kitaoka S, Ohta A, Tanaka A, Watanabe D, Morita M, Takuma H, Tamaoka A, Kunath T, Wray S, Furuya H, Era T, Makioka K, Okamoto K, Fujisawa T, Nishitoh H, Homma K, Ichijo H, Julien JP, Obata N, Hosokawa M, Akiyama H, Kaneko S, Ayaki T, Ito H, Kaji R, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
Science translational medicine   9(391)    2017年5月   [査読有り]
Hosokawa M, Kondo H, Serrano GE, Beach TG, Robinson AC, Mann DM, Akiyama H, Hasegawa M, Arai T
Scientific reports   7(1) 1513   2017年5月   [査読有り]
Tanaka Y, Suzuki G, Matsuwaki T, Hosokawa M, Serrano G, Beach TG, Yamanouchi K, Hasegawa M, Nishihara M
Human molecular genetics      2017年1月   [査読有り]
Uyeda S, Sharmin T, Satho T, Irie K, Watanabe M, Hosokawa M, Hiramatsu Y, Koga T, Nakashima Y, Kashige N, Toda A, Mishima K, Miake F
Asian Pacific journal of allergy and immunology   34(4) 314-323   2016年12月   [査読有り]
Kimura T, Hosokawa T, Taoka M, Tsutsumi K, Ando K, Ishiguro K, Hosokawa M, Hasegawa M, Hisanaga S
Scientific reports   6 33479   2016年9月   [査読有り]
Kawakami I, Kobayashi Z, Arai T, Yokota O, Nonaka T, Aoki N, Niizato K, Oshima K, Higashi S, Katsuse O, Hosokawa M, Hasegawa M, Akiyama H
Acta neuropathologica communications   4 36   2016年4月   [査読有り]
Kimura T, Hatsuta H, Masuda-Suzukake M, Hosokawa M, Ishiguro K, Akiyama H, Murayama S, Hasegawa M, Hisanaga S
The American journal of pathology   186(2) 398-409   2016年2月   [査読有り]
Kondo D, Hino H, Shibuya K, Fujisawa K, Kosaka K, Hirayasu Y, Yamamoto R, Kasanuki K, Minegishi M, Sato K, Hosokawa M, Arai T, Arai H, Iseki E
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   35(3) 280-288   2015年6月   [査読有り]
Hosokawa M, Arai T, Masuda-Suzukake M, Kondo H, Matsuwaki T, Nishihara M, Hasegawa M, Akiyama H
Journal of neuropathology and experimental neurology   74 158-165   2015年2月   [査読有り]
Akitake Y, Katsuragi S, Hosokawa M, Mishima K, Ikeda T, Miyazato M, Hosoda H
Nutrition research (New York, N.Y.)   35 76-87   2015年1月   [査読有り]
Masuda-Suzukake M, Nonaka T, Hosokawa M, Kubo M, Shimozawa A, Akiyama H, Hasegawa M
Acta neuropathologica communications   2 88   2014年8月   [査読有り]
Yamashita M, Nonaka T, Hirai S, Miwa A, Okado H, Arai T, Hosokawa M, Akiyama H, Hasegawa M
Human molecular genetics   23 4345-4356   2014年8月   [査読有り]
Kawakami I, Hasegawa M, Arai T, Ikeda K, Oshima K, Niizato K, Aoki N, Omi K, Higashi S, Hosokawa M, Hirayasu Y, Akiyama H
Acta neuropathologica communications   2 40   2014年4月   [査読有り]
Kobayashi Z, Kawakami I, Arai T, Yokota O, Tsuchiya K, Kondo H, Shimomura Y, Haga C, Aoki N, Hasegawa M, Hosokawa M, Oshima K, Niizato K, Ishizu H, Terada S, Onaya M, Ikeda M, Oyanagi K, Nakano I, Murayama S, Akiyama H, Mizusawa H
Journal of the neurological sciences   335 89-95   2013年12月   [査読有り]
Hosokawa M, Arai T, Yamashita M, Tsuji H, Nonaka T, Masuda-Suzukake M, Tamaoka A, Hasegawa M, Akiyama H
The International journal of neuroscience      2013年10月   [査読有り]
Akitake Y, Nakatani Y, Kamei D, Hosokawa M, Akatsu H, Uematsu S, Akira S, Kudo I, Hara S, Takahashi M
Journal of neuroscience research   91 909-919   2013年7月   [査読有り]
Sharmin T, Satho T, Irie K, Watanabe M, Hosokawa M, Hiramatsu Y, Talukder P, Okuno T, Tsuruda S, Uyeda S, Fukmits Y, Tamura Y, Nakashima Y, Imoto M, Toda A, Kashige N, Miake F
Microbiology and immunology   57 316-322   2013年4月   [査読有り]
Masuda-Suzukake M, Nonaka T, Hosokawa M, Oikawa T, Arai T, Akiyama H, Mann DM, Hasegawa M
Brain : a journal of neurology   136 1128-1138   2013年4月   [査読有り]

Misc

 
細川雅人, 秋山治彦, 秋山治彦
実験医学   35(12) 1962‐1966   2017年8月
細川雅人, 新井哲明, 長谷川成人
大和証券ヘルス財団研究業績集   40 50‐55   2017年3月
細川雅人, 野中隆, 新井哲明, 新井哲明, 亀谷富由樹, 近藤ひろみ, 秋山治彦, 長谷川成人
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th ROMBUNNO.27I‐am09   2017年
細川雅人, 新井哲明, 新井哲明, 野中隆, 亀谷富由樹, 近藤ひろみ, 秋山治彦, 長谷川成人
Dementia Japan   30(4) 599   2016年10月
細川雅人, 長谷川成人
最新医学   71 529‐537   2016年3月
細川雅人, 新井哲明, 新井哲明, 近藤ひろみ, 長谷川成人, 秋山治彦
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   46th 230   2016年
細川雅人, 新井哲明, 新井哲明, 近藤ひろみ, 長谷川成人, 秋山治彦
Dement Jpn   29(3) 338   2015年9月
秋山治彦, 林禅, 河上緒, 青木直哉, 東晋二, 細川雅人, 池田研二, 女屋光基, 大島健一, 新里和弘, 長谷川成人
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成26年度 総括・分担研究報告書   28-31   2015年
長谷川成人, 鈴掛雅美, 野中隆, 下沢明希, 細川雅人, 秋山治彦
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成26年度 総括・分担研究報告書   15-20   2015年
細川雅人, 新井哲明, 増田(鈴掛)雅美, 近藤ひろみ, 松脇貴志, 西原真杉, 長谷川成人, 秋山治彦
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成26年度 総括・分担研究報告書   32-35   2015年
新井哲明, 東晋二, 細川雅人, 秋山治彦, 朝田隆
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成26年度 総括・分担研究報告書   36-39   2015年
細川雅人, 新井哲明, 増田(鈴掛)雅美, 近藤ひろみ, 松脇貴志, 西原真杉, 長谷川成人, 秋山治彦
Dement Jpn   28(4) 473   2014年10月
細川雅人, 新井哲明, 鈴掛雅美, 近藤ひろみ, 松脇貴志, 西原真杉, 長谷川成人, 秋山治彦
日本実験動物学会総会講演要旨集   61st 233   2014年5月
秋山治彦, 小林禅, 河上緒, 青木直哉, 東晋二, 細川雅人, 土谷邦秋, 村山繁, 横田修, 女屋光基, 池田学, 中野今治, 大島健一, 新里和弘
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成25年度 総括・分担研究報告書   17-20   2014年
細川雅人, 新井哲明, 鈴掛(増田)雅美, 野中隆, 山下万貴子, 長谷川成人, 秋山治彦
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成25年度 総括・分担研究報告書   21-23   2014年
新井哲明, 高橋晶, 近藤ひろみ, 大島健一, 新里和弘, 細川雅人, 秋山治彦, 朝田隆
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成25年度 総括・分担研究報告書   24-26   2014年
細川雅人, 新井哲明
Clin Neurosci   31(12) 1435-1437   2013年12月
近藤大三, 井関栄三, 笠貫浩史, 峯岸道子, 新井平伊, 細川雅人, 新井哲明, 日野博昭, 藤澤浩四郎, 小阪憲司
Dement Jpn   27(4) 496   2013年10月
秋山治彦, 下村洋子, 近藤ひろみ, 羽賀千恵, 細川雅人
Dement Jpn   27(4) 441   2013年10月
新井哲明, 河上緒, 小林禅, 野中隆, 長谷川成人, 細川雅人, 秋山治彦, 池田研二, 朝田隆
Dement Jpn   27(4) 456   2013年10月
末延竜哉, SHARMIN Tanjina, 佐藤朝光, 入江圭一, 細川雅人, 平松征洋, 上田紗織, 中島幸彦, 鹿志毛信広, 見明史雄, 渡邉峰雄, 福光由起, 井本真澄, 戸田晶久
J Tradit Med   30(Supplement) 95   2013年7月
新井哲明, 新井哲明, 細川雅人, 野中隆, 長谷川成人, 松脇貴志, 西原真杉, 秋山治彦
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書   38-46   2013年
新井哲明, 新井哲明, 新井誠, 糸川昌成, 吉田眞理, 玉岡晃, 小林禅, 細川雅人, 野中隆, 長谷川成人, 辻浩史, 川田明広, 山田正仁, 松井真, 和泉唯信, 梶龍兒, 中島健二, 桑野良三, 朝田隆, 秋山治彦
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   27-30   2013年
細川雅人, 新井哲明, 新井哲明, 野中隆, 増田(鈴掛)雅美, 山下万貴子, 辻浩史, 辻浩史, 長谷川成人, 秋山治彦
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書   31-37   2013年
細川雅人, 新井哲明, 新井哲明, 野中隆, 増田(鈴掛)雅美, 長谷川成人, 秋山治彦
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   23-26   2013年
大森果奈, SHARMIN Tanjina, 佐藤朝光, 入江圭一, 渡邉峰雄, 細川雅人, 平松征洋, 上田沙織, 福光由起, 中島幸彦, 井本真澄, 戸田晶久, 鹿志毛信広, 見明史雄
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd ROMBUNNO.30PMC-364   2013年
鈴掛雅美, 野中隆, 細川雅人, 笈川貴行, 新井哲明, MANN David M.A., 長谷川成人
日本生化学会大会(Web)   86th WEB ONLY 3T19P-12(3LBA-050)-050   2013年9月
鈴掛(増田)雅美, 笈川貴行, 細川雅人, 野中隆, 秋山治彦, 長谷川成人
Dement Jpn   26(4) 489   2012年10月
高橋晶, 高橋晶, 新井哲明, 新井哲明, 水上勝義, 近藤ひろみ, 大島健一, 新里和弘, 細川雅人, 秋山治彦, 朝田隆
Dement Jpn   26(4) 476   2012年10月
新井哲明, 新井哲明, 細川雅人, 野中隆, 長谷川成人, 秋山治彦, 朝田隆
Dement Jpn   26(3) 334-342   2012年9月
細川雅人, 新井哲明, 新井哲明, 野中隆, 山下万貴子, 鈴掛雅美, 辻浩史, 辻浩史, 長谷川成人, 秋山治彦
日本薬学会年会要旨集   132nd(3) 170   2012年3月
細川雅人
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   23-26   2012年
新井哲明, 松脇貴志, 長谷川成人, 秋山治彦, 野中隆, 細川雅人, 朝田隆, 西原真杉
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   20-22   2012年
細川雅人, 新井哲明, 野中隆, 山下万貴子, 鈴掛雅美, 辻浩史, 長谷川成人, 秋山治彦
Dement Jpn   25(3) 424   2011年10月
辻浩史, 野中隆, 新井哲明, 山下万貴子, 亀谷富由樹, 細川雅人, 初田裕幸, 高尾昌樹, 村山繁雄, 齋藤祐子, 長谷川成人, 秋山治彦, マン デービット, 詫間浩, 玉岡晃
Dement Jpn   25(3) 416   2011年10月
新井哲明, 新井哲明, 山下万貴子, 細川雅人, 野中隆, 小林禅, 小林禅, 長谷川成人, 秋山治彦, 朝田隆
Dement Jpn   25(2) 120-128   2011年9月
新井哲明, 新井哲明, 小林禅, 小林禅, 細川雅人, 長谷川成人, 秋山治彦
Clin Neurosci   29(9) 995-998   2011年9月
前頭側頭葉変性症の分子病理
新井哲明、山下万貴子、細川雅人、野中隆、小林禅、長谷川成人、秋山治彦、朝田隆
日本認知症学会誌   25 120-127   2011年9月   [依頼有り]
新井 哲明, 細川 雅人, 長谷川 成人, 秋山 治彦, 朝田 隆
精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   113(6) 574-583   2011年6月
新井哲明, 細川雅人, 長谷川成人, 秋山治彦, 朝田隆
精神神経学雑誌   113(6) 574-583   2011年6月
[A new dementia group caused by TDP-43 abnormality].
Arai T, Hosokawa M, Hasegawa M, Akiyama H, Asada T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   113 574-583   2011年   [査読有り]
細川雅人
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   26-29-29   2011年
長谷川成人, 山下万貴子, 野中隆, 亀谷富由樹, 細川雅人, 秋山治彦
筋萎縮性側索硬化症の病態に基づく画期的治療法の開発 平成22年度 総括研究報告書   44-47-47   2011年
小林禅, 秋山治彦, 新井哲明, 横田修, 土谷邦秋, 近藤ひろみ, 下村洋子, 羽賀千恵, 長谷川成人, 細川雅人, 大島健一, 新里和弘, 石津秀樹, 寺田整司, 女屋光基, 池田学, 小柳清光, 中野今治, 村山繁雄, 水澤英洋
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   52nd 255   2011年
長谷川成人, 野中隆, 山下万貴子, 亀谷富由樹, 新井哲明, 細川雅人, 秋山治彦
筋萎縮性側索硬化症の病態に基づく画期的治療法の開発 平成20−22年度 総合研究報告書   62-66-66   2011年
辻浩史, 長谷川成人, 野中隆, 亀谷富由樹, 山下万貴子, 増田雅美, 細川雅人, 秋山治彦, MANN David, 初田裕幸, 高尾昌樹, 村山繁雄, 齊藤祐子, 詫間浩, 冨所康志, 中馬越清隆, 石井亜紀子, 石井一弘, 渡邊雅彦, 新井哲明, 玉岡晃
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   52nd 335   2011年
細川雅人, 新井哲明, 秋山治彦, 朝田隆
老年精神医学雑誌   21(12) 1387-1398   2010年12月
Hasegawa M, Arai T, Nonaka T, Tsuji H, Yamashita M, Hosokawa M, Kametani F, Tamaoka A, Akiyama H
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   50(11) 937-939   2010年11月   [査読有り]
小林禅, 小林禅, 秋山治彦, 新井哲明, 新井哲明, 細川雅人, 長谷川成人, 横田修, 寺田整司, 土谷邦秋, 大島健一, 新里和弘, 近藤ひろみ, 羽賀千恵, 下村洋子, 池田学, 小柳清光, 石津秀樹, 村山繁雄, 中野今治, 水澤英洋
Dement Jpn   24(3) 193   2010年9月
山下万貴子, 野中隆, 亀谷富由樹, 細川雅人, 秋山治彦, 長谷川成人
Dement Jpn   24(3) 189   2010年9月

書籍等出版物

 
Progranulin and Central Nervous System Disorders
細川 雅人 (担当:共著, 範囲:Chapter 3, 4 and 7)
Springer Nature   2019年4月   ISBN:9811361851

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
認知症の新たな発症メカニズムの解明と新規治療薬の創出
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究(C)): 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 細川 雅人
運動神経特異的にTDP-43を蓄積するALSモデルマウスの創出と治療薬開発
日本ALS協会: 平成29年「ALS基金」研究奨励金
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 細川 雅人
アルツハイマー病の新たな発症メカニズムの解明と新規治療薬の創出
公益財団法人三井住友海上福祉財団: 研究助成
研究期間: 2016年11月 - 2017年10月    代表者: 細川 雅人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 細川 雅人
グラニュリン変異脳における神経変性疾患関連タンパクの重複蓄積
公益財団法人 大和証券ヘルス財団: 第42回調査研究助成
研究期間: 2015年9月 - 2016年9月    代表者: 細川 雅人
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発
日本医療研究開発機構 (AMED): 科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野))
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: (分担)細川 雅人
異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発
厚生労働省: 科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野))
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: (分担)細川 雅人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 細川 雅人
前頭側頭葉変性症(frontotemporal lobar degeneration: FTLD) の患者脳で観察される、タウ陰性ユビキチン陽性封入体の主要構成タンパクが、2006年、TAR DNA-binding protein of 43 kDa (TDP-43)であることが判明した。FTLDの発症メカニズムを明らかにしていくとともに、病態モデルマウスを用いた薬物のスクリーニングおよび薬物治療へつなげるために、TDP-43 proteinopathyモデルマウスの作製をおこなった。1)...
筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究
厚生労働省: 科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: (分担)細川 雅人
前頭側頭葉変性症の臨床診断法の開発
三井生命厚生事業団: 第43回 医学研究助成
研究期間: 2010年9月 - 2012年3月    代表者: 細川 雅人