Mirai So

J-GLOBAL         Last updated: Dec 4, 2019 at 15:11
 
Avatar
Name
Mirai So
Affiliation
Tokyo Dental College
Section
Department of Psychiatry, Ichikawa General Hospital
Job title
Associate Professor
Degree
M.D.(Asahikawa Medical college), Ph.D.(Saitama Medical College), M.B.A.(Cardiff Metropolitan University), M.Sc.(King's College London Institute of Psychiatry)
Other affiliation
Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine

Academic & Professional Experience

 
Aug 2019
 - 
Today
Associate Professor & Department Director, Department of Psychiatry, Ichikawa General Hospital, Tokyo Dental College
 
Apr 2018
 - 
Today
Lecturer, Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine
 
Apr 2014
 - 
Today
Visiting Researcher, Department of Developmental Research, Center for Cognitive Behavior Therapy and Research, National Center of Neurology and Psychiatry
 
Apr 2015
 - 
Mar 2018
Assistant Professor, Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine
 
Sep 2012
 - 
Nov 2014
Visiting researcher, Psychological Medicine, King's College London, Institute of Psychiatry
 
Apr 2008
 - 
Mar 2010
Assistant Professor, Department of Psychiatry, National Defense Medical College
 
Apr 2005
 - 
Mar 2008
Staff Doctor, Department of Alcoholism, National Alcoholism Center
 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
Staff Doctor, Department of Psychiatry, National Tokyo Medical Center
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
Resident Doctor, Department of Psychiatry, National Tokyo Medical Center
 
Apr 1999
 - 
Mar 2000
Resident Doctor, Department of Internal Medicine, Surgery and ER, National Tokyo Medical Center
 
Mar 1998
 - 
Mar 1999
Resident Doctor, Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine
 

Education

 
2013
 - 
2014
Epidemiology, Epidemiology, London School of Hygiene and Tropical Medicine
 
2012
 - 
2014
Executive MBA, Executive MBA, London School of Commerce(Cardiff Metropolitan University)
 
2010
 - 
2011
Mental Health Services Research (Epidemiology) with the Distinction Grade (President’s Award for Students), Institute of Psychiatry, King's College London
 
2008
 - 
2010
Doctoral Program, Medical School, Saitama Medical University
 
1992
 - 
1998
Medical School, Asahikawa Medical College
 

Awards & Honors

 
Jun 2017
人工知能フィードバック機能搭載型インターネット認知行動療法の抑うつに対する効果検証:無作為統制試験, 第113回日本精神神経学会学術総会優秀発表賞, 公益法人日本精神神経学会
Winner: 宗未来、関沢洋一、竹林由武、三村將
 
Jun 2017
Japan, 第113回日本精神神経学会学術総会優秀発表賞, 公益法人日本精神神経学会
Winner: 宗未来、関沢洋一、竹林由武、三村將
 

Published Papers

 
Six cases of cognitive behavioral therapy for anger burst among individuals with acquired brain injury: case report
1(24) 22-30   Oct 2019   [Invited]
An attempt to estimate depressive status from voice
Yasuhiro Omiya, Takeshi Takano, Tomotaka Uraguchi, Mitsuteru Nakamura, Masakazu Higuchi, Shuji Shinohara, Shunji Mitsuyoshi, Mirai So, Shinichi Tokuno
MindCare 2019 (Buenos Aires:República Argentina , 2009)      Apr 2019   [Refereed]
Two cases of cognitive behavioural therapy for anger burst among individuals with acquired brain injury: case report and review of literature
Mirai So, Shogo Hotta, Masaru Mimura
48(4)    Apr 2019   [Invited]
The current status and application to Japanese clinical settings of IPT (Interpersonal Psychotherapy) for depression: with reference to brief IPT (IPT-B)
Mirai So
21(7) 909-918   Jun 2018   [Invited]
A review of the latest trends in IPT(Interpersonal Psychotherapy)
Mirai So
日本臨牀   75(10) 1548-1555   Oct 2017
双極性障害Ⅱ型における精神療法(特集双極Ⅱ型障害をどう診るか):認知行動療法、社会リズム対人関係療法、家族焦点化療法
So Mirai
臨床精神医学   46(3) 271-278   Apr 2017
双極性障害は,薬物療法がその治療における主役だが,付加的な心理的アプローチの役割も国内外でのガイドラインにおいて高く期待されている。本稿では,双極性障害に対する精神療法の流れや,特にRCTを中心としたエビデンスを有する心理教育および高強度精神療法である認知行動療法,対人関係社会リズム療法,家族焦点化療法を中心に概説後,若干の考察を加える。心理教育は必要だが十分ではない上,他の高強度精神療法に比べて効果は劣るが,それでも他の疾患と比べると相対的に高い効果が期待される。認知行動療法は,最もエビ...
Interpersonal and social rhythm therapy―How to apply IPSRT in common clinical situations in Japan
So Mirai
精神科   30(4) 286-292   Apr 2017
Considering the Differential Use of Psychotherapies including CBT on the Basis of Case Series; Assessment and Therapeutic Strategy of Interpersonal Psychotherapy
Mirai So
精神科治療学   32(7) 913-918   Apr 2017   [Invited]
Effects of five-minute internet-based cognitive behavioral therapy and simplified emotion-focused mindfulness on depressive symptoms: a randomized controlled trial
Noguchi R, Sekizawa Y, So M, Yamaguchi S, Shimizu E
BMC Psychiatry   17(1) 017-1248   Mar 2017   [Refereed]
BACKGROUND: Notwithstanding a high expectation for internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) for reducing depressive symptoms, many of iCBT programs have limitations such as temporary effects and high drop-out rates, possibly due to their...
Can Artificial Intelligence heal human hearts? The effectiveness of internet-based cognitive behavioral therapy with artificial intelligence on depression: a randomized controlled trial.
Mirai So, Yoichi Sekizawa, Yoshitake Takebayashi
(独) 経済産業研究所(経済産業省)ディスカッション・ペーパー   16-J-059    Nov 2016   [Refereed]
背景と方法:増え続けると予測されるうつ病への対応策として、インターネットを使った自習式の認知行動療法(iCBT)による介入が期待されている。しかし、現在利用可能なiCBT では、短期的な抑うつは改善しても、効果が長期に持続しない、脱落率が高い、社会機能の改善につながらないといった課題が残されている。近年、AI 技術の一領域である「自然言語処理技術(NLP: natural language processing)」の進歩により、この技術をiCBT に応用して、実施者に共感を示したり適切なア...
声だけで、うつ病はどこまで診断できるか?~音声感情認識技術にアンサンブル型機械学習モデルを応用したうつ病スクリーニング機能に関する精度の検証
So Mirai, Yoshittake Takebayashi, Yoichi Sekizawa
RITIE[経済産業研究所(経済産業省)]・ディスカッション・ペーパー   16-J-054    Sep 2016   [Refereed]
Do Psychological Interventions for Better Mental Health Lead to Higher Expectations on Future Income and Living Conditions?
SEKIZAWA Yoichi, GOTO Yasuo/SO Mirai, NOGUCHI Remi, SHIMIZU Eiji
RIETI Discussion Paper Series   16-J-052    Sep 2016   [Refereed]
Recent economic studies maintain that people who expect an increase in their income and improved living conditions tend to be happier and mentally healthier at the moment. As a reverse causality, there are studies, especially in psychology, mainta...
Examining the Relationship between Trust and Psychological Variables: Do psychological interventions enhance trust?
SEKIZAWA Yoichi, NOGUCHI Remi, SO Mirai, YAMAGUCHI Sosei, SHIMIZU Eiji
RIETI Discussion Paper Series   16-J-050    Aug 2016   [Refereed]
Enhancing trust is known to be good for the economy through bringing about positive impacts on economic growth and stabilizing the macroeconomy, etc. Previous studies show that trust is associated with happiness and mental health. We examine wheth...
The application of iCBT (internet-based Cognitive Behavior Therapy) in the treatment of depression
Mirai So, Takashi Watanabe, Shigetsugu Nakao, Yasuhiro Todo, Noriko Kato, Kotaro Imamura, & Yoichi Sekizawa
Japanese Journal of Cognitive Therapy   9(2) 122-133   Aug 2016
Examining the Effects of Five-minute, Internet-based Cognitive Behavioral Therapy and Simplified Emotion Focused Mindfulness on Depressive Symptoms: A randomized controlled trial
Remi Noguchi, Yoichi Sekizawa, Mirai So, Sosei Yamaguchi, Eiji Shimizu
RIETI Discussion Paper Series   16-J-013   Mar 2016   [Refereed][Invited]
【摂食障害の治療update】 摂食障害治療における、対人関係療法の可能性 過食嘔吐を話題にせず、過食嘔吐が消える治療(解説/特集)
So Mirai
精神科   28(1) 46-51   Jan 2016
【国家的大規模研究から分かること、分からないこと】 英国のGP(家庭医)における電子カルテのデータベースを用いた研究 世界最速かつ最大の電子カルテ普及国における大規模データベース利用の実情(解説/特集)
So Mirai
臨床精神薬理   18(8) 993-1000   Aug 2015
英国居住者の約9割が利用する公的医療NHS(国営保険サービス)では、原則的に救急医療以外の全利用者には、入口でのGP(家庭医)受診が義務付けられている。そして、救急医療や専門医紹介を除いた患者はGPにより診療が行われる。結果的に、全NHS患者の約9割はGPのみの利用となっている。そんな、多くの患者に責任を負うGP診療所は、北米を含む諸外国と比較しても世界最速、かつ最大の普及率(現在は約99%)で知られている。この電子カルテで得られる標準化された情報は、大規模データベースとして世界中の研究者...
An introduction to IPT (interpersonal psychotherapy) for therapists who have little knowledge or experience of IPT : how to apply the fundamentals of IPT to daily clinical practice
So Mirai
精神科   25(4) 379-383   Oct 2014
Alcohol and other lifestyle determinants of high-density lipoprotein cholesterol among Russian working age men: Secondary data analysis of the Izhesvk Family Study 2 (IFS-2)
Mirai So, Sarah Cook, Pat Doyle, , David Leon
2013-2014 MSc Dissertation of London School of Hygiene and Tropical Medicine      Aug 2014   [Refereed]
Quality Control of CBT in England
Mirai So, Toshiaki Kikuchi, Toshiaki Furukawa, Masaru Horikoshi, Yuichi Imanaka & Hirokage Ushijima
認知療法研究   7(2) 159   Feb 2014
成人うつに対するコンピュータ認知行動療法(CCBT)の臨床効果、及び費用対効果についての系統的レビュー
So Mirai
(独) 経済産業研究所ディスカッション・ペーパー   14-J-003    Jan 2014   [Refereed][Invited]
Mirai So, Takashi Watanabe
RIETI Policy Discussion Paper Series   14-P-001    Jan 2014   [Refereed][Invited]
There is concern over non-clinical depression (NCD) which has some depressive symptoms but does not meet clinical criteria. Recent epidemic study suggests that the economic costs of mild depression including NCD are quite large, and the risk of de...
So Mirai, Sosei Yamaguchi
精神神経学雑誌別冊   115 SS691-SS700   Jul 2013
Recently, there has been a particular focus in the field of mental health on Complex Intervention (CI), a concept reflecting these complex elements in research design, such as in the anti-stigma project by the WHO, in which there many complex fact...
Mitsuru K., Tomohiro M., Sachio M., Mirai S., Susumu H.\
Alcohol Clin Exp Res.   35(11) 1923-7   2011   [Refereed]
【今日の精神科治療ガイドライン】 気分障害圏 単極性うつ病の精神療法(心理社会療法)(解説/特集)
So Mirai
精神科治療学   25(増刊) 126-129   Oct 2010
薬物治療抵抗性のうつ病性障害12例に対する対人関係療法の効果
So Mirai
防衛医科大学校雑誌   35(1) 48-55   Mar 2010
対人関係療法(IPT)は、欧米ではうつ病性障害に対して認知行動療法に匹敵するエビデンスが示されているものの本邦では学術誌水準での臨床報告が認められていない。今回、12例の薬物治療抵抗性うつ病性障害患者に対するIPT施行を経験したので報告する。平均17.5±1.5回にわたるセッションにより、BDI(Beck Depression Inventory)日本語版は介入前の37.8±9.62が、介入後には13.9±11.4と有意に低下(t(11)=6.71、p<.001)し、介入前のGAF(Glo...
【抗うつ薬治療における増強療法と併用療法】 抗うつ薬と認知行動療法の併用ストラテジー(解説/特集)
So Mirai
臨床精神薬理   12(2) 229-235   Feb 2009
我が国の精神医療においても、薬物療法に加えて認知行動療法を中心とした欧米でエビデンスの高い精神療法は、医療機関においても期待されていることが報告されている。特に、非メラコンリー型うつ病性障害のような従来型抗うつ薬治療への反応性が劣ると考えられている外来患者の増加が多く指摘される現状では、一層そのニーズは高まっていくと予測される。一方で、調査では精神療法を充実させられない上位3位の理由として、(1)時間不足、(2)診療報酬不足、(3)治療者不足が挙げられており、これは我が国の精神医療の現状を...
Mitsuhiro S., Martin K., Keita Y., Daisuke F., Mirai S., Atsuo N., Toshiaki K., Yutaka O.
Australian and New Zealand Journal of Psychiatry   43 539-547   2009   [Refereed]
我が国初のインターネット認知療法のセルフヘルプ効果 勤労者メンタルヘルスへの応用
So Mirai, Miyuki Tajima, Ataru Inagaki, Haruo Kashima
精神神経学雑誌   (2008特別) S-177   May 2008
薬物療法、認知療法に治療抵抗性の疲労倦怠残遺うつ病患者に対して行動活性化および有酸素運動が有効だった12例:うつ病は休むだけでは治らない?
So Mirai, Ataru Inagaki, Haruo Kashima
精神神経学雑誌   (特別) S-180   May 2008
【強迫性障害の研究】 神経性食欲不振症における強迫性障害の併存障害調査 慶應義塾大学-米国コロンビア大学共同摂食障害危険因子研究より-(原著論文/特集)
So Mirai, Tomoko Shimanouchi, Takako Sumioka, Rie Kobayashi, Hiroko Maekawa, Toshiaki Kikuchi, Maho Iba, Nana Sano, Kathleen Pike, Yutaka Ono
強迫性障害の研究   6 15-22   Apr 2005
神経性食思不振症49名(平均26.74歳)における強迫性障害(OCD)の併存障害について,構造化インタビューにより調査した.OCDの生涯有病率は28.6%で,その内訳はAN-BP 22.4%,AN-R 6.1%であった.強迫観念や強迫行為といったOCD傾向を示した者も含めた強迫性障害徴候(OCDS)まで広げてみると,併存は59.2%になった.AN-BPは42.8%となったが,AN-Rは16.3%,OCD,OCDSそれぞれについてみたところ,AN-BPとAN-Rの群間における人数に統計的な有...

Books etc

 
EAP-CIR(Critical Incident Response)
Robert Inobert (Part:Joint Translation, 5章 ストレス反応)
アマゾンオンデマンド出版   Sep 2016   
EAP(従業員支援プログラム)専門家が、企業のクライシスケアに関わる際に必要な知識や介入の進め方を具体的に記述している本である。惨事後のクライシスケア(CIS)に関する本で、EAP 専門家のために書かれた唯一の本である。著者の Robert Intvelt 氏は、オクラホマ連邦政府ビルの爆破事件や 9.11 米国同時多発テロをはじめとした多くの惨事後の従業員のケアに関わる中で、ミッチェルモデル(CISD)や PFA(サイコロジカルファーストエイド)などを EAP の現場に即した形に工夫して...
Putting Patients First
原書編集:Susan B. Frampton/Patrick A. Charmel 訳:平原 憲道/和田 ちひろ (Part:Supervisor, 第10章 患者中心のケアで病院経営を強化する(監修))
医学書院   2016   

Conference Activities & Talks

 
Pilot study to estimate depressive status based on vocal analysis
Yasuhiro Omiya, Takeshi Takano, Tomotaka Uraguchi, Mitsuteru Nakamura, Masakazu Higuchi, Shuji Shinohara, Shunji Mitsuyoshi, Mirai So, Shinichi Tokuno
2020 Anxiety and Depression Conference   20 Mar 2020   
The current status and forward perspective of the utilization of AI in the field of mental health [Invited]
So Mirai
24 Nov 2019   
An attempt to estimate depressive status from voice
Yasuhiro Omiya, Takeshi Takano, Tomotaka Uraguchi, Mitsuteru Nakamura, Masakazu Higuchi, Shuji Shinohara, Shunji Mitsuyoshi, Mirai So, Shinichi Tokuno
MindCare 2019   23 Jan 2019   
Yasuhiro Omiya, Masakazu Higuchi, Shunji Mitsuyoshi, Takeshi Takano, Shuji Shinohara, Mirai So, Tomotaka Uraguchi, Mitsuteru Nakamura, Shinichi Tokuno
International Conference on Bioinformatics and Biomedicine   3 Dec 2018   
指定討論:家族行動療法についてのこれから [Invited]
So Mirai
メリデン・ジャパン-ファミリーワークプロジェクト:キックオフ・イベント   24 Sep 2017   メリデン・ジャパン
第41回日本自殺予防学会認定研修会Ⅰ「自殺予防につなげる認知行動療法アプローチ」 [Invited]
So Mirai
第41回日本自殺予防学会   22 Sep 2017   日本自殺予防学会
大会企画シンポジウム2:アウトリーチ型CBTの普及可能性を考える:本当に困っている人は、診察室に来られない!? [Invited]
ファシリテーター:宗未来(演者・座長)、佐藤淳、演者:佐藤純、佐藤さやか、岸本泰士郎、斎藤環
第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会   21 Jul 2017   
シンポジウム51薬と個人精神療法だけでなく…~第3の柱「家族介入」の最先端
座長:宗未来、笠原麻里、演者:斎藤環、細金奈奈、佐藤純、井上雅彦、境泉洋
第113回日本精神神経学会学術総会   24 Jun 2017   
人工知能フィードバック機能搭載型インターネット認知行動療法の抑うつに対する効果検証(無作為統制試験):AIが参加脱落を低下させるか!?
宗未来、関沢洋一、竹林由武、三村將
第113回日本精神神経学会学術総会   23 Jun 2017   
音声感情認識技術にアンサンブル型機械学習モデルを応用したうつ状態スクリーニング機能に関する精度の検証
宗 未来、竹林由武、関沢洋一、三村將
第113回日本精神神経学会学術総会   22 Jun 2017   
インタラクティブセッション:人工知能フィードバック機能搭載型インターネット認知行動療法の抑うつに対する効果検証:無作為統制試験
宗 未来, 関沢洋一, 竹林由武
第31回人工知能学会全国大会   26 May 2017   
人工知能フィードバック機能搭載型インターネット認知行動療法の抑うつに対する効果検証:無作為統制試験
宗 未来, 関沢洋一, 竹林由武
第31回人工知能学会全国大会   25 May 2017   
家族とだけ会話できなくなった29 歳男性にUnified Protocol CBT を行い改善した一例
尾久守侑,宗未来,新井脩泰,藤井花,岩田朋大,田渕肇,三村將
日本総合病院精神医学会学術総会   26 Nov 2016   
受動から能動のメンタルヘルスへ: e-learningを用いた自習型認知行動療法(CBT)の現状と産業応用 [Invited]
So Mirai
第26回日本産業衛生学会全国協議会   10 Sep 2016   日本産業衛生学会
ストレスチェック制度導入後、産業保健に求められていくのは不調者の「見つけ方」から「助け方」によりシフトしつつある。しかし、心理社会的介入は医療行為とのグレーゾーンでもあり慎重な配慮を要する。そんな時、読めばクライアントが勝手に元気になってしまう、そんな優れた自助教材の利用は、解決の一助となりうる。現在、諸外国でエビデンスを蓄積しつつあるインターネット認知行動療法の我が国での最先端を垣間見ながら、職域における活用の方法を一緒に考える。
IPSRT(Interpersonal & Social Rhythm Therapy)
So Mirai
第13 回日本うつ病学会総会シンポジウム1 双極性障害の精神療法的関わりを考える   5 Aug 2016   日本うつ病学会
声だけで、うつ病はどこまで診断できるか?~音声感情認識技術にアンサンブル型機械学習モデルを応用したうつ病スクリーニング機能に関する精度の検証 [Invited]
So Mirai
経済産業研究所ディスカッションペーパー検討会   28 Jun 2016   RIETI(独立行政法人 経済産業研究所)
Can Artificial Intelligence heal human hearts? The effectiveness of internet-based cognitive behavioral therapy with artificial intelligence on depression: a randomized controlled trial [Invited]
So Mirai
経済産業研究所ディスカッションペーパー検討会   28 Jun 2016   RIETI(独立行政法人経済産業研究所)
ロンドン残酷物語 - メンタルヘルスで感じた英国医療の光と影 [Invited]
So Mirai
慶應義塾大学医学部精神神経科学教室 公開講座   10 Oct 2015   慶應義塾大学医学部精神神経科学教室
The application of iCBT (internet-based Cognitive Behavior Therapy) in the treatment of depression
So Mirai
第12 回日本うつ病学会総会・第15 回日本認知療法学会「大会企画シンポジウム4」   18 Jul 2015   日本うつ病学会&日本認知療法学会
対面CBTは、現実には種々の制約により恩恵に預かれるのは一部の利用者のみである。その解決として自助型のInternet CBT(iCBT)が世界的に期待されている。うつ病へのエビデンスはNICE指針に推奨される水準で、英国NHSでは既に公的医療における第一選択でもある。一方で、その高い短期効果に対して、脱落率、QOL改善への寄与、効果の長期持続性には懸念もある。英国でも利用者目線では不人気で、高いポテンシャリティは期待されつつもその質的向上は必須とされ、そこへの我が国の技術力やエンターテー...
So Mirai
第1回世界双極性障害デーフォーラム   28 Mar 2015   日本うつ病学会
未病うつ(Non-clinical depression)に対する低強度. メンタルヘルス・サービスにおける積極的な民間活力導入の提案:趣味を実益に変えて、医療費負担から戦略的事業へ [Invited]
So Mirai
経済産業研究所ポリシーディスカッションペーパー検討会   9 Sep 2014   RIETI(独立行政法人経済産業研究所)
成人うつに対するコンピュータ認知行動療法(CCBT)の臨床効果、及び費用対効果についての系統的レビュー [Invited]
So Mirai
経済産業研究所ディスカッションペーパー検討会   9 Sep 2014   RIETI(独立行政法人経済産業研究所)
Is computerized CBT really helpful for adult depression?-A meta-analytic re-evaluation of CCBT for adult depression in terms of clinical implementation and methodological validity [Invited]
Mirai S., Sosei Y., Sora H., Mitsuhiro S., Toshiaki A. F., Paul M.
The Oxford Sleep and Circadian Neuroscience Summer Schools   Jun 2014   
英国メンタルヘルスに学ぶ、戦略的民間活力導入の提案~みんなで進めるココロの健康ビジネス~ [Invited]
So Mirai
健康アライアンス4月勉強会   11 Apr 2014   新社会システム総合研究所
異常と正常の境界上にある未病(閾値下)うつのリスクが知られ始めている。
しかし、医療からは正常扱いされ、民間サービスからも敬遠され、医科学的根拠に基づいた対応が後手に回っている。未病対策を一足先に制度化した英国をモデルに経済産業省研究所に政策提言された「未病うつに対するメンタル・サービスにおける積極的な民活導入の提案:趣味を実益に変えて、医療負担から戦略的事業へ」に基づき6業界のレビューを通じて、世界的視点から本邦の課題に言及する。
シンポジウム「英国メリデン版訪問家族支援を実現するために」:日本初の訪問家族支援トレーナーズ・コース修了者の立場から [Invited]
So Mirai
みんなねっとフォーラム2014   6 Mar 2014   公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)
精神障害の方が家族と共に生きるということは、きれいごとだけでは済まず、甘いことだけではない。しかし、その関係性を上手に見つめ直していけたのならば、患者さんご本人の障害治療の予後にも極めて大きな効果を発揮するだけでなく、ご家族の心身の負担をも大いに軽減させ、本人の自立促進や家族関係の改善にも貢献する可能性がとても高まる。世界的に評価の高い英国の治療指針NICEでは、こころの病気の治療には、薬や本人へのカウンセリングだけでは不十分で、ファミリーワークが不可欠であるとトライアングル(三本柱)戦略...
英国に学ぶ日本のメンタルヘルス改革~民間活力導入でコストから戦略的投資へ~ [Invited]
So Mirai
戦略経営研究会   Sep 2013   戦略経営研究会
Case Series of Interpersonal Psychotherapy for the Medication Resistant Depressed Patients in Japan
Mirai S, Youko Y., Hiroko M.
International Society of Interpersonal Psychotherapy   Apr 2009   
Session “Eating Disorders in Japan: Risk Factors and Treatment”
Mirai S, Hiroko M., Hiroko M., Tomoko S, Kathleen M. P.
Pacific Rim College of Psychiatrists Scientific Meeting (PRCP)   Oct 2008   
The pilot study of self-help cognitive therapy program on the website for Japanese depressive workers
Mirai S., Takashi W., Sora H. ,Miyuki T., Yutaka O.
World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies   Jun 2007   
Comorbid Mood and Anxiety Disorders Associated with AN in Japanese Women
Mirai S, Hiroko M., Tomoko S, Takako S., Yoshiko H. Yutaka O., Kathleen M. P.
International Conference on Eating Disorders   Jun 2006   
アルコール依存症を併存したアスペルガー障害の強迫観念に対して、サルコフスキスの認知療法が有効であった1症例
So Mirai
第7回 OCD研究会   Nov 2005   OCD研究会
抗うつ薬への葉酸増強療法が有効であった難治性うつ病の3例
宗 未来, 稲垣 中、古茶 大樹、鹿島 晴夫
日本臨床精神神経薬理学会第15回大会   Aug 2005   
近年の欧米では抗うつ薬に難治性うつ病患者への葉酸付加投与により,抗うつ作用が増大することが注目されている 。本邦ではうつ病に対する葉酸付加投与に関して報告されたことはなく、われわれは葉酸付加投与が有効と考えられた難治性うつ病患者を3症例経験したので報告した。
Comorbid Mood and Anxiety Disorders Associated with AN in Japanese Women
Mirai S., Tomoko S., Nana S., Hiroko M., Takako S., Atsuo N., Yutaka O., Kathleen M. P.
Annual Meeting of Academy for Eating Disorders   Apr 2003   
Ⅰ型糖尿病併存の神経性過食症患者に 認知行動療法(CBT-BN)が有効だった1例
So Mirai
認知療法学会   2003   認知療法学会

Works

 
話題の医学「摂食障害の病態と対応」(テレビ東京)
The Others   Jul 2016
リアルTV「今だからわかった!日本を揺るがせた重大事件・出来事の真相」
The Others   Jun 2015 - Jun 2015
めざましテレビ特集「ネガティブ思考の長所」
The Others   Nov 2012 - Nov 2012
若者のアルコール問題(健康ライフ:NHKラジオ朝一番)
The Others   Nov 2007 - Nov 2007
摂食障害を考える(健康ライフ:NHKラジオ朝一番)
The Others   2006 - 2006

Research Grants & Projects

 
A Randomised Controlled Trial Investigating the Effectiveness of Peer-enhanced Internet Cognitive Behavioral Therapy (P-iCBT) for Adult Depression
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): So Mirai