久保 亮治

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/29 03:30
 
アバター
研究者氏名
久保 亮治
 
クボ アキハル
所属
慶應義塾大学
部署
医学部 皮膚科学教室
職名
准教授
学位
博士(医学)大阪大学(大阪大学)
科研費研究者番号
70335256

研究分野

 
 

経歴

 
1994年5月
 - 
1995年4月
大阪大学医学部 皮膚科学教室 研修医
 
1995年5月
 - 
1996年3月
大阪労災病院 大阪労災病院 研修医
 
2000年4月
 - 
2001年4月
科学技術振興事業団 月田細胞軸プロジェクト 研究員
 
2001年5月
 - 
2006年3月
京都大学大学院医学研究科 分子細胞情報学講座 助手
 
2006年7月
 - 
2007年3月
慶応義塾大学医学部 皮膚科学教室 助手
 

学歴

 
1994年3月
   
 
大阪大学 医学部 
 
2000年3月
   
 
大阪大学 医学研究科 
 

委員歴

 
2002年4月
 - 
現在
日本皮膚科学会  代議員
 
2015年12月
 - 
現在
日本研究皮膚科学会  理事
 
2014年12月
 - 
現在
日本研究皮膚科学会  若手セミナー委員
 
2012年12月
 - 
2015年12月
日本研究皮膚科学会  学術委員
 
2008年5月
 - 
現在
日本研究皮膚科学会  評議員
 

受賞

 
2015年1月
坂口光弘記念慶應義塾医学振興基金平成26年度慶應医学賞研究奨励賞受賞
 
新年祝賀式ならびに「坂口光弘記念慶應義塾医学振興基金」に基づく慶應医学賞研究奨励賞授賞式(於慶應義塾大学病院2号館11階大会議室)にて
2010年
平成22年度日本研究皮膚科学会・JSID's Fellowship SHISEIDO Award
 
2010年
日本皮膚科学会 平成22年度日本皮膚科学会・皆見省吾記念賞
 
「日本皮膚科学会皆見省吾記念賞」とは、昭和27年4月に皆見省吾先生(元九州大学名誉教授)の主催する財団法人皆見梅毒血清研究所が、皆見先生の個人的な基金をもとに性病に関する優秀な論文に対して皆見賞を授与したことが始まりです。その後、日本皮膚科学会に選考を委任し、学会事業として実施してきたことをふまえて検討した結果、平成24年には「皆見省吾記念賞」から「日本皮膚科学会皆見省吾記念賞」に名称を改めることが決定され、現在に至っております。
これまでの受賞者は81名(平成27年度現在)であり、皮膚科...

論文

 
Kobayashi K., Tanese K., Kubo A., Matsumoto-Mochimaru N., Sasaki A., Kameyama K., Amagai M., Umegaki-Arao N.
Journal of Dermatology   45(10) 1195-1198   2018年10月   [査読有り]
© 2018 Japanese Dermatological Association Human papillomavirus (HPV) has been detected in some cases of Bowen's disease, particularly on the fingers and genitalia. HPV-58 is classified as a high-risk mucosal type and accounts for a high percentag...
Murase C., Takeichi T., Shibata A., Nakatochi M., Kinoshita F., Kubo A., Nakajima K., Ishii N., Amano H., Masuda K., Kawakami H., Kanekura T., Washio K., Asano M., Teramura K., Akasaka E., Tohyama M., Hatano Y., Ochiai T., Moriwaki S., Sato T., Ishida-Yamamoto A., Seishima M., Kurosawa M., Ikeda S., Akiyama M.
Journal of Dermatological Science   Epub(2) 127-133   2018年9月   [査読有り]
© 2018 Japanese Society for Investigative Dermatology Background: Congenital ichthyoses (CIs) adversely affect quality of life (QOL) in patients. However, the effects of CIs on patient QOL have not been studied sufficiently. Objective: To investig...
Yokouchi M., Kubo A.
Experimental Dermatology   27(8) 876-883   2018年8月
© 2018 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd The skin forms a life-sustaining barrier between the organism and the physical environment. The physical barrier of the skin is mainly comprised of the stratum corneum (SC) and t...
Junctional epidermolysis bullosa without pyloric atresia due to a homozygous missense mutation in ITGB4
Yoshida, K. Sadamoto, M. Sasaki, T. Kubo, A. Ishiko, A.
J Dermatol   Epub    2018年8月   [査読有り]
Watanuki S., Fujita H., Kouyama K., Amagai M., Kubo A.
Journal of Dermatological Science   91(1) 9-18   2018年7月   [査読有り]
© 2018 Background: Centrosomes contain two centrioles: a pre-existing mature centriole and a newly formed immature centriole. Each centriole is duplicated once within a cell cycle, which is crucial for proper centrosome duplication and cell divisi...
Unique clinical and serological features of bullous pemphigoid associated with dipeptidyl peptidase-4 inhibitors
Horikawa, H. Kurihara, Y. Funakoshi, T. Umegaki-Arao, N. Takahashi, H. Kubo, A. Tanikawa, A. Kodani, N. Minami, Y. Meguro, S. Itoh, H. Izumi, K. Nishie, W. Shimizu, H. Amagai, M. Yamagami, J.
Br J Dermatol   178(6) 1462-1463   2018年6月   [査読有り]
Masunaga T., Kubo A., Ishiko A.
Journal of Dermatology   45(6) 742-745   2018年6月   [査読有り]
© 2018 Japanese Dermatological Association Dystrophic epidermolysis bullosa (DEB), pretibial, a rare subtype of epidermolysis bullosa (EB), is characterized by recurrent blisters and erosions predominantly on the pretibial region. We report the ca...
Kogame T., Kaku Y., Endo Y., Yamashita C., Horiguchi A., Kubo A., Kabashima K.
European journal of dermatology : EJD   Epub(4) 519-520   2018年6月   [査読有り]
Three cases of Nagashima-type palmoplantar keratosis associated with atopic dermatitis: A diagnostic pitfall
Yamauchi, A. Kubo, A. Ono, N. Shiohama, A. Tsuruta, D. Fukai, K.
J Dermatol   45(5) e112-e113   2018年5月   [査読有り]
Novel KRT9 missense mutation in a Japanese case of epidermolytic palmoplantar keratoderma
Fukunaga, Y. Kubo, A. Sasaki, T. Tsuruta, D. Fukai, K.
J Dermatol   45(4) e72-e73   2018年4月   [査読有り]
A familial case of nail patella syndrome with a heterozygous in-frame indel mutation in the LIM domain of LMX1B
Mukai, M. Fujita, H. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Yasuda-Sekiguchi, F. Isojima, T. Kitanaka, S. Amagai, M. Kubo, A.
J Dermatol Sci   90(1) 90-93   2018年4月   [査読有り]
Linear keratinocytic epidermal nevi on trunk skin caused by a somatic FGFR2 p.C382R mutation
Tanaka, R. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Aoki, S. Yoshida, K. Niizeki, H. Kubo, A.
J Dermatol   Epub    2018年4月   [査読有り]
皮膚バリアとアトピー性皮膚炎 表皮細胞のかたちと視点から
横内麻里子 久保 亮治
細胞   50(2) 60-62   2018年2月
Fukuchi K., Tatsuno K., Matsushita K., Kubo A., Ito T., Tokura Y.
Journal of Dermatology   45(2) 207-210   2018年2月   [査読有り]
© 2017 Japanese Dermatological Association Acanthosis nigricans (AN) is a pigmentary skin disorder, which may present in association with clinical disorders such as obesity and malignancy. Occasionally, this unique skin manifestation is seen in al...
Nishihara K., Tohyama M., Kubo A.
Pediatric Dermatology      2018年
© 2019 The Authors. Pediatric Dermatology Published by Wiley Periodicals, Inc. Woolly hair nevus is a rare syndrome that presents as woolly hair in restricted areas of the scalp and may be associated with pigmented macules or epidermal nevus on th...
アトピー性皮膚炎とフィラグリン
川崎洋 久保 亮治
小児科臨床   70(12) 1961-1968   2017年12月
手掌足蹠の悪臭を訴えた長島型掌蹠角化症の1例
林大輔 深井和吉 塩濱愛子 久保 亮治 格谷敦子 鶴田大輔
日本小児皮膚科学会雑誌   36(3) 190-193   2017年11月
E-cadherin integrates mechanotransduction and EGFR signaling to control junctional tissue polarization and tight junction positioning
Rubsam, M. Mertz, A. F. Kubo, A. Marg, S. Jungst, C. Goranci-Buzhala, G. Schauss, A. C. Horsley, V. Dufresne, E. R. Moser, M. Ziegler, W. Amagai, M. Wickstrom, S. A. Niessen, C. M.
Nat Commun   8(1) 1250   2017年11月   [査読有り]
Infiltration of mast cells in pachydermia of pachydermoperiostosis
Tanese, K. Niizeki, H. Seki, A. Nakabayashi, K. Nakazawa, S. Tokura, Y. Kawashima, Y. Kubo, A. Ishiko, A.
J Dermatol   44(11) 1320-1321   2017年11月   [査読有り]
Effects of glycolic acid peeling on the cutaneous manifestation of generalized acanthosis nigricans caused by FGFR3 mutation: A report of one sporadic and two familial cases
Ichiyama, S. Kubo, A. Matayoshi, T. Saeki, H. Funasaka, Y.
J Dermatol   44(10) e250-e251   2017年10月   [査読有り]
骨髄異形成症候群に生じた骨髄性プロトポルフィリン症の1例
山本紗規子 吉田哲也 齊藤優子 佐々木優 矢野優美子 井口豊崇 久保 亮治 佐藤友隆
臨床皮膚科   71(10) 837-841   2017年9月
皮膚バリア、最近の進歩 ケルビン14面体モデル
久保 亮治
皮膚病診療   39(8) 808-813   2017年8月
Successful treatment of widespread chronic gluteal hidradenitis suppurativa with combination of recycled skin graft and negative-pressure wound therapy
Kinoshita-Ise, M. Nakamura, Y. Kumagai, Y. Kubo, A. Nagao, K. Funakoshi, T.
J Dermatol   44(8) 973-975   2017年8月   [査読有り]
Novel frame-shift mutation in SERPINB7 in a Japanese patient with Nagashima-type palmoplantar keratosis
Nakajima, K. Ishiguro, M. Shiohama, A. Kubo, A. Sano, S.
J Dermatol   44(7) 841-843   2017年7月   [査読有り]
Novel nonsense mutation in SERPINB7 and the treatment of foot odor in a patient with Nagashima-type palmoplantar keratosis
Katsuno, M. Shiohama, A. Aoki, S. Kitamura, H. Sasaki, T. Amagai, M. Kubo, A.
J Dermatol   44(7) e146-e147   2017年7月   [査読有り]
Somatic HRAS p.G12S mosaic mutation causes unilaterally distributed epidermal nevi, woolly hair and palmoplantar keratosis
Honda, A. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Nakabayashi, K. Hata, K. Matsubara, Y. Tanikawa, A. Amagai, M. Kubo, A.
J Dermatol   44(6) e109-e110   2017年6月   [査読有り]
Multiple primary acral lentiginous melanoma on the feet developing in lesions of Nagashima-type palmoplantar keratoderma
Adachi, A. Komine, M. Maekawa, T. Murata, S. Shiohama, A. Kubo, A. Ohtsuki, M.
Acta Derm Venereol   97(6) 756-758   2017年6月   [査読有り]
遺伝外来における診療と遺伝カウンセリング
久保 亮治
臨床皮膚科   71(6) 386-387   2017年5月
Distinct phenotype of epidermolysis bullosa simplex with infantile migratory circinate erythema due to frameshift mutations in the V2 domain of KRT5
Kumagai, Y. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Nakamura, Y. Takahashi, H. Ashida, A. Tsunemi, Y. Kawashima, M. Shimizu, A. Ishiko, A. Nakamura, K. Tsuchihashi, H. Amagai, M. Kubo, A.
J Eur Acad Dermatol Venereol   31(5) e241-e243   2017年5月   [査読有り]
Inflammatory linear verrucous epidermal nevus with a postzygotic GJA1 mutation is a mosaic erythrokeratodermia variabilis et progressiva
Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Fujita, H. Aoki, S. Kameyama, K. Amagai, M. Seishima, M. Kubo, A.
J Invest Dermatol   137(4) 967-970   2017年4月   [査読有り]
12番短腕テトラソミーモザイク(Pallister-Killian症候群)の1例〜染色体異常モザイク疾患における診断名”hypomelanosis of Ito”の位置づけ〜
小野紀子 松井順子 小崎健次郎 田中勝 天谷雅行 久保亮治
日本皮膚科学会雑誌   127(3) 455-461   2017年3月
熊谷宜子 梅垣知子 久保亮治
Visual Dermatology   16(3) 267-269   2017年2月
Sakiyama, T. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Kosaki, K. Amagai, M. Kubo, A.
J Dermatol   44(1) 102-103   2017年1月   [査読有り]
Kinoshita-Ise, M. Kubo, A. Sasaki, T. Umegaki-Arao, N. Amagai, M. Ohyama, M.
Br J Dermatol   176(1) 138-144   2017年1月   [査読有り]
BACKGROUND: Autosomal recessive woolly hair/hypotrichosis (ARWH/H) is caused by mutations in LIPH. Homozygotes for the LIPH c.736T>A (p.C246S) mutation, the most prevalent genotype in Japanese patients, present varying degrees of hair loss; howeve...
Yokouchi, M. Atsugi, T. Logtestijn, M. V. Tanaka, R. J. Kajimura, M. Suematsu, M. Furuse, M. Amagai, M. Kubo, A.
eLife   2016(5) e19593   2016年11月   [査読有り]
In multicellular organisms, cells adopt various shapes, from flattened sheets of endothelium to dendritic neurons, that allow the cells to function effectively. Here, we elucidated the unique shape of cells in the cornified stratified epithelia of...
Mukai, M. Tanese, K. Umegaki-Arao, N. Kubo, A. Takahashi, H. Amagai, M.
J Dermatol   43(11) 1368-1370   2016年11月   [査読有り]
久保 亮治
Visual Dermatology   15(11) 1128-1129   2016年10月
電子顕微鏡でランゲルハンス細胞はこうみえる!
久保 亮治
Visual Dermatology   15(11) 1146-1147   2016年10月
後藤あかね 城光日 久保亮治 田中勝 布袋祐子
臨床皮膚科   70(9) 685-690   2016年8月
75歳,女性.初診の3年前より両側頸部・胸部・腋窩にそう痒を伴う黄白色の小丘疹が集簇多発してきた.精査にて眼病変,心血管病変の合併はなく.病理組織像では真皮乳頭層で弾性線維が減少している以外,特記すべき所見は認めなかった.以上よりpseudoxanthoma elasticum-like papillary dermal elastolysis(PXE-like PDE)と診断した.ダーモスコピーでは淡く境界不明瞭な黄白色の無構造領域が集簇・融合してみられた.臨床的にpseudoxanth...
皮膚バリアの破綻とアトピー性皮膚炎
横内麻里子 久保亮治 天谷雅行
Medical Science Digest   42(6) 22-25   2016年6月
久保 亮治
MB Derma   245 8-14   2016年6月
皮膚表皮には角質層とタイトジャンクション(TJ)の2つのバリアが存在する。ランゲルハンス細胞は表皮TJバリアの内側に通常は存在しているが、活性化するとTJバリアを越えて角質層直下まで樹状突起を延長し、TJバリアの外側で樹状突起の先端から抗原取得を行う。アトピー性皮膚炎の表皮では、表皮TJバリアを越えるランゲルハンス細胞が増加しており、表皮バリアの脆弱性により免疫応答が亢進している可能性がある。皮膚バリアをよい状態に保ち、外来抗原の侵入を抑えることにより、新たな経皮感作やIgEを介したアレル...
KID症候群の1例 感染コントロールの重要性
角田梨沙 大山学 池田政身 加藤りか 戸田郁子 坪田一男 久保亮治
臨床皮膚科   70(4) 347-352   2016年4月
26歳,女性.出生時より頭部無毛,耳介・爪甲の変形,掌蹠過角化,重度の感音性難聴を認めた.後に両眼角膜混濁をきたし,小児期より皮膚感染症・膿皮症を頻回に繰り返した.当院受診時,略全身の角化性紅斑,掌蹠のびまん性の潮紅と過角化,足底の牡蠣殻状角質付着,手指爪甲部に難治性潰瘍を認めた.GJB2がコードするコネキシン26にp.D50N変異を認め,KID症候群と診断した.直接鏡検でいずれの皮疹からも真菌要素が検出され,テルビナフィンの内服を開始し,体幹・四肢の角化性紅斑は略治した.角質肥厚の強い顔...
久保 亮治
臨床皮膚科   70(5) 53-56   2016年4月
CHILD(congenital hemidysplasia with ichthyosiform erythroderma and limb defects)症候群は,コレステロール生合成系の酵素をコードするNSDHLの機能欠失性変異による伴性優性遺伝性疾患である.NSDHLの活性低下により,コレステロール生合成系の反応が,NSDHLが司る反応の手前で止まってしまうことで,毒性を持った中間代謝物が蓄積し,皮膚症状を起こしていると考えられている.スタチンとコレステロールの外用により,コレス...
Hereditary palmoplantar keratoderma "clinical and genetic differential diagnosis"
Sakiyama, T. Kubo, A.
J Dermatol   43(3) 264-274   2016年3月
Effective treatment by glycolic acid peeling for cutaneous manifestation of familial generalized acanthosis nigricans caused by FGFR3 mutation
Ichiyama, S. Funasaka, Y. Otsuka, Y. Takayama, R. Kawana, S. Saeki, H. Kubo, A.
J Eur Acad Dermatol Venereol   30(3) 442-446   2016年3月   [査読有り]
Roles of wnt signaling in the neurogenic niche of the adult mouse ventricular-subventricular zone
Hirota, Y. Sawada, M. Huang, S. H. Ogino, T. Ohata, S. Kubo, A. Sawamoto, K.
Neurochem Res   41(1-2) 222-230   2016年2月   [査読有り]
Identification and characterization of a recessive missense mutation p.P277L in SERPINB7 in Nagashima-type palmoplantar keratosis
Shiohama, A. Sasaki, T. Sato, S. Sakabe, J. I. Ito, T. Isoda, H. Zenke, Y. Nakano, T. Maeda, T. Ishiko, A. Kabashima, K. Tokura, Y. Mitsuhashi, Y. Amagai, M. Kubo, A.
J Invest Dermatol   136(1) 325-328   2016年1月   [査読有り]
Japanese recurrent mutation c.6216+5G>T in COL7A1 leads to a mild phenotype of dystrophic epidermolysis bullosa
Masunaga, T. Saito, M. Sasaki, T. Kubo, A. Amagai, M. Ishiko, A.
J Dermatol Sci   80(3) 220-223   2015年12月   [査読有り]
皮膚タイトジャンクションバリアとアトピー性皮膚炎
久保 亮治
アレルギーの臨床   35(10) 931-935   2015年9月
体表面バリアの進化と皮膚
久保 亮治
Visual Dermatology   14(9) 1022-1027   2015年8月
皮膚バリアとランゲルハンス細胞
吉田和恵 久保 亮治 天谷雅行
臨床免疫・アレルギー科   64(1) 26-32   2015年7月
小児皮膚疾患の遺伝カウンセリング
久保 亮治
皮膚科の臨床   57(6) 1044-1051   2015年5月
Sakiyama, T. Kubo, A. Sasaki, T. Yamada, T. Yabe, N. Matsumoto, K. Futei, Y.
J Dermatol   42(5) 511-514   2015年5月   [査読有り]
経皮感作とアレルギー疾患
吉田和恵 久保 亮治
Mebio   32(4) 16-22   2015年4月
表皮バリア不全と経皮感作が招くアレルギー疾患
久保 亮治 天谷雅行
実験医学   33(4) 563-569   2015年3月
Kasai, H. Sasaki, T. Matsuzaki, H. Yoshioka, T. Nagao, K. Amagai, M. Ishiko, A. Kubo, A.
J Dermatol   42(3) 323-325   2015年3月   [査読有り]
Yokouchi, M. Kubo, A. Kawasaki, H. Yoshida, K. Ishii, K. Furuse, M. Amagai, M.
J Dermatol Sci   77(1) 28-36   2015年1月   [査読有り]
角層の形成機構と先天性角層バリア破綻疾患
久保 亮治
日本皮膚科学会雑誌・臨時増刊号   124(4) 2672-2674   2014年12月
長島型掌蹠角化症
久保 亮治
別冊 BIO Clinica:慢性炎症と疾患   3(2) 109-113   2014年11月
単純ヘルペスウイルスの再活性化による口腔内・食道潰瘍を呈した薬剤性過敏症症候群の1例
森本亜里 舩越建 福島彩乃 久保亮治 海老原全 林田哲 真杉洋平 亀山香織 永尾圭介
臨床皮膚科   68(11) 873-878   2014年10月
Yoshida, K. Kubo, A. Fujita, H. Yokouchi, M. Ishii, K. Kawasaki, H. Nomura, T. Shimizu, H. Kouyama, K. Ebihara, T. Nagao, K. Amagai, M.
J Allergy Clin Immunol   134(4) 856-864   2014年10月   [査読有り]
長島型掌蹠角化症 遺伝子解析も含めて
仁木真理子 広瀬憲志 塩濱愛子 久保亮治
皮膚病診療   36(8) 749-752   2014年8月
A Japanese case of Mal de Meleda with SLURP1 mutation
Sakabe, J. Kabashima-Kubo, R. Kubo, Akiharu Sasaki, Takashi Tokura, Yoshiki
J Dermatol   41(8) 764-765   2014年8月   [査読有り]
皮膚バリアとタイトジャンクション
久保 亮治
炎症と免疫   22(4) 12-23   2014年7月
皮膚バリア構造・機能のイメージング手法
久保 亮治
感染・炎症・免疫   44(2) 120-130   2014年7月
長島型掌蹠角化症ものがたり 疾患概念の確立から、原因遺伝子SERPINB7の同定にいたるまで
久保 亮治
皮膚病診療   36(6) 486-493   2014年6月
皮膚表皮が持つバリア構造と機能からみたアレルギー疾患治療戦略
久保 亮治
薬学雑誌   134(2) 623-627   2014年5月
A homozygous nonsense mutation in the gene for Tmem79, a component for the lamellar granule secretory system, produces spontaneous eczema in an experimental model of atopic dermatitis
Sasaki, T. Shiohama, A. Kubo, A. Kawasaki, H. Ishida-Yamamoto, A. Yamada, T. Hachiya, T. Shimizu, A. Okano, H. Kudoh, J. Amagai, M.
J Allergy Clin Immunol   132(5) 1111-1120   2013年11月   [査読有り]
Mutations in SERPINB7, encoding a member of the serine protease inhibitor superfamily, cause Nagashima-type palmoplantar keratosis
Kubo, A. Shiohama, A. Sasaki, T. Nakabayashi, K. Kawasaki, H. Atsugi, T. Sato, S. Shimizu, A. Mikami, S. Tanizaki, H. Uchiyama, M. Maeda, T. Ito, T. Sakabe, J. Heike, T. Okuyama, T. Kosaki, R. Kosaki, K. Kudoh, J. Hata, K. Umezawa, A. Tokura, Y. Ishiko, A. Niizeki, H. Kabashima, K. Mitsuhashi, Y. Amagai, M.
Am J Hum Genet   93(5) 945-956   2013年11月   [査読有り]
Functional tight junction barrier localizes in the second layer of the stratum granulosum of human epidermis
Yoshida, K. Yokouchi, M. Nagao, K. Ishii, K. Amagai, M. Kubo, A.
J Dermatol Sci   71(2) 89-99   2013年8月   [査読有り]
Collapse of the keratin filament network through the expression of mutant keratin 6c observed in a case of focal plantar keratoderma
Kubo, A. Oura, Y. Hirano, T. Aoyama, Y. Sato, S. Nakamura, K. Takae, Y. Amagai, M.
J Dermatol   40(7) 553-557   2013年7月   [査読有り]
The stratum corneum comprises three layers with distinct metal-ion barrier properties
Kubo, A. Ishizaki, I. Kubo, A. Kawasaki, H. Nagao, K. Ohashi, Y. Amagai, M.
Sci Rep   3 1731   2013年4月   [査読有り]
乳癌の放射線治療部位に生じた限局性水疱性類天疱瘡の1例
松崎ひとみ, 山上淳, 久保亮治, 永尾圭介, 大山学, 海老原全, 天谷雅行
臨床皮膚科   66(19) 757-760   2012年9月
Stress-induced production of chemokines by hair follicles regulates the trafficking of dendritic cells in skin
Nagao K, Kobayashi T, Moro K, Ohyama M, Adachi T, Kitashima DY, Ueha S, Horiuchi K, Tanizaki H, Kabashima K, Kubo A, Cho YH, Clausen BE, Matsushima K, Suematsu M, Furtado GC, Lira SA, Farber JM, Udey MC, Amagai M
Nat Immunol   13(8) 744-752   2012年8月   [査読有り]
Altered stratum corneum barrier and enhanced percutaneous immune responses in filaggrin-null mice
Kawasaki H, Nagao K, Kubo A, Hata T, Shimizu A, Mizuno H, Yamada T, Amagai M
J Allergy Clin Immunol,   129(6) 1538-1546   2012年6月   [査読有り]
Skin barrier disruption: a requirement for allergen sensitization?
De Benedetto, Anna Kubo, Akiharu Beck, Lisa A
J Invest Dermatol   132 949-963   2012年6月   [査読有り][招待有り]
Mutations in the SASPase gene (ASPRV1) are not associated with atopic eczema or clinically dry skin
Sandilands A, Brown SJ, Goh CS, Pohler E, Wilson NJ, Campbell LE, Miyamoto K, Kubo A, Irvine AD, Thawer-Esmail F, Munro CS, McLean WH, Kudoh J, Amagai M, Matsui T
J Invest Dermatol   132(5) 1507-1510   2012年5月   [査読有り]
Epidermal barrier dysfunction and cutaneous sensitization in atopic diseases
Kubo, A. Nagao, K. Amagai, M
J Clin Invest   122(2) 440-447   2012年2月   [査読有り][招待有り]
Langerhans cell antigen capture through tight junctions confers preemptive immunity in experimental staphylococcal scalded skin syndrome
Ouchi, T Kubo, A Yokouchi, M Adachi, T Kobayashi, T Kitashima, DY Fujii, H Clausen, BE Koyasu, S Amagai, M Nagao, K.
J Exp Med   208(13) 2607-2613   2011年12月   [査読有り]
SASPase regulates stratum corneum hydration through profilaggrin-to-filaggrin processing
Matsui, Takeshi Miyamoto, Kenichi Kubo, Akiharu Kawasaki, Hiroshi Ebihara, Tamotsu Hata, Kazuya Tanahashi, Shinya Ichinose, Shizuko Imoto, Issei Inazawa, Johji Kudoh, Jun Amagai, Masayuki
EMBO Mol Med   3(6) 320-333   2011年6月   [査読有り]
ランゲルハンス細胞による抗原の補捉機序
久保亮治 天谷雅行
臨床免疫・アレルギー科   54(6) 701-709   2010年12月
特別講演:未来皮膚科学:Molecular Barriology of the Skin
久保 亮治
日本皮膚科学会雑誌   120(13) 2521-2523   2010年11月
ランゲルハンス細胞による外来抗原捕捉機構
久保亮治 天谷雅行
感染・炎症・免疫   40(3) 267-270   2010年10月
手術瘢痕部位に初発した落葉状天疱瘡の1例
綿貫沙織 石橋正史 山本享子 久保亮治 陳科榮
臨床皮膚科   64(11) 835-839   2010年10月
2回の生検により診断確定に至ったDuhring疱疹状皮膚炎の1例
松本悠子 吉田和恵 久保亮治 石井健 天谷雅行 石河晃
臨床皮膚科   64(7) 464-467   2010年6月
Flaky Tail Mouse Denotes Human Atopic Dermatitis in the Steady State and by Topical Application with Dermatophagoides pteronyssinus Extract
Moniaga, C. S. Egawa, G. Kawasaki, H. Hara-Chikuma, M. Honda, T. Tanizaki, H. Nakajima, S. Otsuka, A. Matsuoka, H. Kubo, A. Sakabe, J. I. Tokura, Y. Miyachi, Y. Amagai, M. Kabashima, K.
Am J Pathol   176(5) 2385-2393   2010年5月   [査読有り]
External antigen uptake by Langerhans cells with reorganization of epidermal tight junction barriers
Kubo, A. Nagao, K. Yokouchi, M. Sasaki, H. Amagai, M.
J Exp Med   206(13) 2937-2946   2009年12月
抗デスモグレイン1抗体陽性IgG/IgA 天疱瘡の1例
星野洋良 林裕嘉 森布衣子 木花いづみ 久保亮治 石井健 天谷雅行
臨床皮膚科   63(12) 927-931   2009年11月
Periungual squamous cell carcinoma induced by human papillomavirus type 59 in an immunosuppressed patient
Tanese, K. Akiyoshi, A. Saito, M. Kubo, A. Takanashi, M. Ishiko, A.
J Am Acad Dermatol   61(1) 167-169   2009年7月
A homozygous frameshift mutation in the mouse Flg gene facilitates enhanced percutaneous allergen priming
Fallon, P. G.Sasaki, T.Sandilands, A.Campbell, L. E.Saunders, S. P.Mangan, N. E.Callanan, J. J.Kawasaki, H.Shiohama, A.Kubo, A.Sundberg, J.P.Presland, R. B.Fleckman, P.Shimizu, N.Kudoh, J.Irvine, A. D.Amagai, M.McLean, W H I
Nat Genet   41 602-608   2009年4月
Sentan: a novel specific component of the apical structure of vertebrate motile cilia
Kubo, A. Yuba-Kubo, A. Tsukita, S. Tsukita, S. Amagai, M.
Mol Biol Cell   19(12) 5338-5346   2008年12月
Recruitment of PCM1 to the centrosome by the cooperative action of DISC1 and BBS4: a candidate for psychiatric illnesses
Kamiya, A. Tan, P. L. Kubo, K. Engelhard, C. Ishizuka, K. Kubo, A. Tsukita, S. Pulver,A.E. Nakajima,K. Cascella,N.G. Katsanis,N. Sawa, A.
Arch Gen Psychiatry   65(9) 996-1006   2008年9月
Functional involvement of TMF/ARA160 in Rab6-dependent retrograde membrane traffic
Yamane, J. Kubo, A. Nakayama, K. Yuba-Kubo, A. Katsuno, T. Tsukita, S.
Exp Cell Res   313(16) 3472-3485   2007年10月
Odf2-deficient mother centrioles lack distal/subdistal appendages and the ability to generate primary cilia
Ishikawa, Hiroaki Kubo, Akiharu Tsukita, Shoichiro
Nat. Cell Biol.   7(5) 517-524   2005年   [査読有り]
A peculiar internalization of claudins, tight junction-specific adhesion molecules, during the intercellular movement of epithelial cells
Matsuda, Miho Kubo, Akiharu Furuse, Mikio Tsukita, Shoichiro
J. Cell Sci.   117(7) 1247-1257   2004年
Non-membranous granular organelle consisting of PCM-1: subcellular distribution and cell-cycle-dependent assembly/disassembly
Kubo, Akiharu Tsukita, Shoichiro
J. Cell Sci.   116(5) 919-928   2003年   [査読有り]
Claudin-based tight junctions are crucial for the mammalian epidermal barrier: a lesson from claudin-1-deficient mice
Furuse, M Hata, M Furuse, K Yoshida, Y Haratake, A Sugitani, Y Noda, T Kubo, A Tsukita, S
J. Cell Biol.   156(6) 1099-1111   2002年   [査読有り]
Centriolar satellites: molecular characterization, ATP-dependent movement toward centrioles and possible involvement in ciliogenesis
Kubo, Akiharu Sasaki, H Yuba-Kubo, A Tsukita, Shoichiro Shiina, N
J. Cell Biol.   147(5) 969-980   1999年   [査読有り]
Epidermolysis bullosa acquisita exacerbated by systemic estrogen and progesterone treatment and pregnancy
Kubo, Akiharu Hashimoto, K Inoue, C Hashimoto, T Yoshikawa, K
J. Am. Acad. Dermatol.   36(5) 792-794   1997年   [査読有り]
Herpetiform pemphigus showing reactivity with pemphigus vulgaris antigen (desmoglein 3)
Kubo, Akiharu Amagai, M Hashimoto, T Doi, T Higashiyama, M Hashimoto, K Yoshikawa, K
Br. J. Dermatol.   137(1) 109-113   1997年   [査読有り]

Misc

 
Yoshida K., Sadamoto M., Sasaki T., Kubo A., Ishiko A.
Journal of Dermatology   46(2) e61-e63   2019年2月
Satake M., Kudo K., Sasaki T., Furue M., Kubo A.
Journal of Dermatology      2019年
Tanaka R., Umegaki-Arao N., Sasaki T., Aoki S., Yoshida K., Niizeki H., Kubo A.
Journal of Dermatology   45(11) e302-e303   2018年11月
Nomura H., Kurihara Y., Saito M., Fukushima A., Shintani Y., Shiiyama R., Toshima S., Kamata A., Yamagami J., Funakoshi T., Kameyama K., Amagai M., Kubo A., Umegaki-Arao N.
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   32(10) e386-e389   2018年10月
Horikawa H., Kurihara Y., Funakoshi T., Umegaki-Arao N., Takahashi H., Kubo A., Tanikawa A., Kodani N., Minami Y., Meguro S., Itoh H., Izumi K., Nishie W., Shimizu H., Amagai M., Yamagami J.
British Journal of Dermatology   178(6) 1462-1463   2018年6月

書籍等出版物

 
専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問
久保 亮治
メディカルレビュー社   2017年6月   
専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問
久保 亮治
メディカルレビュー社   2017年6月   
皮膚科研修ノート「正常皮膚の構造と機能」
久保 亮治
診断と治療社   2016年4月   
水虫
久保 亮治
講談社   2015年12月   
皮膚科臨床アセット19「水疱性皮膚疾患」
久保 亮治 (担当:分担執筆, 範囲:skin fragility症候群の病因、診断、治療)
中山書店   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
Tight but dynamic: the sophisticated barrier system of mammalian skin
Kubo, A.
3rd Singapore International Conference on Skin Research & 9th Pan Asian-Pacific Skin Barrier Symposium   2018年3月21日   
乾癬様の爪病変を伴った好酸球性膿疱性毛包炎の2例
梅垣知子 種本紗枝 久保 亮治 高橋勇人 栗原佑一 髙杉亜里紗 柳澤絵里加 齋藤昌孝 天谷雅行
第466回日本皮膚科学会大阪地方会(片山一朗教授退官記念地方会)   2018年3月10日   
アザチオプリン内服で汎血球減少と成長期脱毛を生じた尋常性天疱瘡の1例
鎌田亜紀 福島彩乃 野村尚志 栗原佑一 舩越建 梅垣知子 山上淳 久保 亮治 天谷雅行
第876回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区)   2017年12月16日   
A familial case of nail patella syndrome with a heterozygous indel mutation of LMX1B detected by sequencing and luciferase reporter assay
Mukai, M. Fujita, H. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Yasuda-Sekiguchi, F. Isojima, T. Kitanaka, S. Amagai, M. Kubo, A.
42nd Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   2017年12月15日   
Rhabdomyomatous mesenchymal hamartoma(RMH)の1例
椎山理恵 栗原佑一 小野紀子 大内健嗣 石橋正史 天谷雅行 久保 亮治
第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会   2017年11月18日   

担当経験のある科目

 

Works

 
慶應義塾医学部新聞「横内麻里子君(82回)平成29年日本皮膚科学会皆見省吾記念賞を受賞」
久保亮治、横内麻里子   その他   2017年9月
日刊工業新聞「遺伝性の手足角質硬化症」
その他   2013年10月
日本の研究.com「慶應など、原因不明の「長島型掌蹠角化症」の原因遺伝子異変を究明」
その他   2013年10月
日経電子版「慶大、皮膚の遺伝/長島型掌蹠角化症の原因遺伝子を同定」
その他   2013年10月
マイナビニュース「慶応大など、原因不明の「長島型掌蹠角化症」の原因遺伝子異変を究明」
久保亮治   その他   2013年10月

競争的資金等の研究課題

 
皮膚タイトジャンクションバリア破綻が誘発する痒みと皮膚炎発症の分子メカニズム解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 久保 亮治
TJ構成蛋白クローディン(CLDN)1をタモキシフェン誘導性に皮膚特異的に成体マウスにおいてノックアウトすることが可能なCldn1 flox/flox・K14-creERTマウスを作成した。本マウスを用いて、成体マウスにおいて表皮特異的にCLDN1欠損を誘導し、表皮タイトジャンクションバリアの漏洩を引き起こすことにより、マウス皮膚に起こるフェノタイプの解析を行った。特に、タイトジャンクションバリア漏洩が引き起こす痒み刺激に着目して解析を行った。
[難治性疾患等実用化研究事業 難治性疾患実用化研究事業] 成人における未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究
AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 水澤英洋
[挑戦的萌芽研究] 15K15422 皮膚タイトジャンクションバリア破綻が誘発する痒みと皮膚炎発症の分子メカニズム解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 久保亮治
表皮バリアの形成・維持機構の解明とバリア構築に関わる新規因子の探索
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 久保 亮治
皮膚表皮のバリアをうまく保ちながら、バリアを作っている表皮細胞自身はどうやって新陳代謝して入れ替わっているのでしょうか?我々は、この謎を解く鍵が、ひとつひとつの細胞の形にあることが初めて明らかにしました。皮膚の細胞は、ケルビン14面体と呼ばれる、空間を効率良く埋めるために最適な多面体が平たくなった形をしていました。この形をうまく利用して、規則的な順序で細胞が入れ替わることにより、丈夫な皮膚バリアを保ったまま、次々と古い細胞を垢として捨て、常に瑞々しい皮膚を保つことができることが、詳細な顕微...
[基盤研究 B] 26293259 表皮バリアの形成・維持機構の解明とバリア構築に関わる新規因子の探索
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 久保亮治

特許

 
特許第5959235号 : 自然発症皮膚炎の新規原因因子及び皮膚疾患モデル動物
天谷雅行 佐々木貴史 塩濱愛子 工藤純 久保亮治
特許第5606907号 : アレルギー疾患モデル動物
天谷雅行 久保亮治
US 8350118 : Allergic Disease Model Animals
天谷雅行 久保亮治

社会貢献活動

 
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
【】  2015年 - 2016年
日本学術振興会 科学研究費助成事業審査委員
【】  2013年 - 2014年