HONAGA Kaoru

J-GLOBAL         Last updated: Sep 25, 2019 at 16:36
 
Avatar
Name
HONAGA Kaoru
Affiliation
Keio University
Section
School of Medicine, School of Medicine
Job title
Assistant Professor
ORCID ID
0000-0003-0885-2876

Published Papers

 
Matsuura D, Otaka Y, Kamigaichi R, Honaga K, Kondo K, Liu M
Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine   15(6) 891-897   Jun 2019   [Refereed]
Nishimoto A, Kawakami M, Fujiwara T, Hiramoto M, Honaga K, Abe K, Mizuno K, Ushiba J, Liu M
Journal of rehabilitation medicine   50(1) 52-58   Jan 2018   [Refereed]
Takahashi Y, Fujiwara T, Yamaguchi T, Matsunaga H, Kawakami M, Honaga K, Mizuno K, Liu M
Restorative neurology and neuroscience      2018   [Refereed]
Tanuma A, Fujiwara T, Yamaguchi T, Ro T, Arano H, Uehara S, Honaga K, Mukaino M, Kimura A, Liu M
The International journal of neuroscience   127(1) 73-79   Jan 2017   [Refereed]
Takahashi Y, Fujiwara T, Yamaguchi T, Matsunaga H, Kawakami M, Honaga K, Mizuno K, Liu M
Restorative neurology and neuroscience   36(1) 99-105   2018   [Refereed]

Misc

 
中尾桂子, 補永薫, 須田万豊, 山田祐歌, 森直樹, 近藤国嗣
Journal of Clinical Rehabilitation   28(10) 1029‐1034   Sep 2019
武田さより, 補永薫, 荒井果菜子, 濱田洋子, 坂田祥子
総合リハビリテーション   47(5) 469‐476   May 2019
回復期リハビリテーション病棟における更衣動作評価尺度「Functional Dressing Assessment(FDA)」の作成と信頼性・妥当性の検討
武田 さより, 補永 薫, 荒井 果菜子, 濱田 洋子, 坂田 祥子
総合リハビリテーション   47(5) 469-476   May 2019
<文献概要>【背景】更衣動作の難易度は動作工程ごとに異なり,動作能力は介助者からの手がかりや環境により変化する.今回,動作工程ごとに能力を評価する新たな更衣動作評価尺度を作成した.【対象】2015年11月〜2017年8月の間に東京湾岸リハビリテーション病院(以下,当院)回復期病棟に入院した患者のうち,更衣動作の非自立者53名.【方法】評価尺度の素案を作成し,当院作業療法士38名へのアンケート調査により内容妥当性を検討した.その後作成した評価尺度を用いて対象者の更衣動作を評価し,信頼性と妥当...
増田雄亮, 補永薫, 伊藤麻起子, 沢田宏美, 武田さより, 道願正歩, 坂田祥子, 近藤国嗣
総合リハビリテーション   47(4) 365‐372   Apr 2019
IVES併用下で修正CI療法を実施した回復期脳卒中患者の上肢麻痺に対する介入効果
増田 雄亮, 補永 薫, 伊藤 麻起子, 沢田 宏美, 武田 さより, 道願 正歩, 坂田 祥子, 近藤 国嗣
総合リハビリテーション   47(4) 365-372   Apr 2019
<文献概要>【背景】随意運動介助型電気刺激装置(integrated volitional control electrical stimulator;IVES)併用下でmodified Constraint-Induced Movement Therapy[修正CI療法(以下,本介入)]を実施した東京湾岸リハビリテーション病院(以下,当院)回復期脳卒中患者の上肢麻痺に対する介入効果を検討した.【対象】2014年5月〜2016年12月の期間で,当院が定める修正CI療法の適応基準を満たした者...