OTAKA YOHEI

J-GLOBAL         Last updated: Dec 19, 2018 at 13:51
 
Avatar
Name
OTAKA YOHEI
Affiliation
Fujita Health University
Section
School of Medicine Faculty of Medicine
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-6797-2782

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Instructor, Keio University School of Medicine, School of Medicine
 

Published Papers

 
Fujita N, Sakurai A, Miyamoto A, Michikawa T, Tsuji O, Nagoshi N, Okada E, Yagi M, Otaka Y, Tsuji T, Kono H, Ishii K, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association      Sep 2018   [Refereed]
Ishikawa A, Otaka Y, Kamisako M, Suzuki T, Miyata C, Tsuji T, Matsumoto H, Kato J, Mori T, Okamoto S, Liu M
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer      Aug 2018   [Refereed]
Tsujikawa M, Otaka Y, Hasegawa R, Kondo K, Muraoka K, Liu M
Journal of rehabilitation medicine   50(6) 499-504   Jun 2018   [Refereed]
Kamitani T, Malliaropoulos NG, Omiya M, Otaka Y, Inoue K, Onidani N
British journal of sports medicine   51(22) 1581-1582   Nov 2017   [Refereed]
Tatemoto T, Tsuchiya J, Numata A, Osawa R, Yamaguchi T, Tanabe S, Kondo K, Otaka Y, Sugawara K
Behavioural brain research   335 185-190   Sep 2017   [Refereed]

Misc

 
回復期脳卒中患者の歩行関連動作の難易度と転倒との関係
井上 靖悟, 大高 洋平, 大八木 怜美, 溝部 聡士, 近藤 国嗣
総合リハビリテーション   46(10) 965-971   Oct 2018
<文献概要>【目的】安全な歩行自立には,歩行と関連する周辺動作もあわせて自立する必要がある.歩行関連動作の難易度とその可否による転倒発生の危険性について,脳卒中片麻痺患者を対象に検討した.【対象】2014年4月〜2015年3月に,東京湾岸リハビリテーション病院(以下,当院)に入院した脳卒中患者387名のうち,入院後に歩行が自立となった105名を分析対象とした.【方法】当院で独自に作成し使用している歩行能力評価表の結果より各関連動作の難易度を後方視的に解析した.また,各関連動作の可否とその後...
地域在住高齢者における転倒リスク評価としてのTimed Up and Go Test
加藤 啓祐, 大高 洋平, 森田 光生, 小林 凌, 入山 渉, 川島 雄太, 安岡 義人, 倉上 光市, 吉永 美穗, 三村 聡男
日本転倒予防学会誌   5(2) 86-86   Sep 2018
高齢者の転倒における外的要因の事前認識についての検討
森田 光生, 大高 洋平, 加藤 啓祐, 吉永 美穂, 安岡 義人, 倉上 光市, 小林 凌, 三村 聡男
日本転倒予防学会誌   5(2) 132-132   Sep 2018
脳卒中回復期における小脳灰白質の容積変化
大須 理英子, 森田 とわ, 田中 悟志, 磯谷 悠子, 倉重 宏樹, 近藤 国嗣, 大高 洋平, 荒牧 勇
日本心理学会大会発表論文集   82回 620-620   Aug 2018
【老年医学(上)-基礎・臨床研究の最新動向-】 高齢者の症候 転倒
大高 洋平
日本臨床   76(増刊5 老年医学(上)) 691-694   Jun 2018