Agata, Mari

J-GLOBAL         Last updated: Oct 1, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
Agata, Mari
E-mail
agatamarikeio.jp
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Letters Department of Humanities and Social Science (Library and Information Science)
Job title
Professor
Degree
Master of Arts(Keio University), MA History of the Book(University of London), Ph. D.(Keio University)
Research funding number
70433729

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Mar 2011
助手, 慶應義塾大学文学部
 
Apr 2011
 - 
Mar 2019
准教授, 慶應義塾大学文学部
 
Apr 2019
 - 
Today
教授, 慶應義塾大学文学部
 

Education

 
Mar 2001
   
 
Graduate School of Library and Information Science, Faculty of Letters, Keio University
 
Sep 2003
   
 
MA History of the Book, Institute of English Studies, School of Advanced Study,, University of London
 
Mar 2005
   
 
Library and Information Science, Graduate School, Division of Letters, Keio University
 
Mar 1999
   
 
Library and Information Science, Faculty of Literature, Keio University
 

Committee Memberships

 
2018
 - 
Today
図書館情報学用語辞典第5版編集委員
 
Dec 2017
 - 
Jun 2018
JCDL (ACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries) 2018 program committee
 
Apr 2017
 - 
Mar 2020
日本図書館情報学会 理事
 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
日本図書館情報学会  図書館情報学用語辞典第4版編集委員
 
Jun 2010
 - 
Dec 2012
ISIC(The Information Behaviour Conference)local secretary
 

Awards & Honors

 
Nov 2014
ゲスナー賞(銀賞), 主催: 株式会社 雄松堂書店、協力:明治大学図書館、協賛:社団法人 日本図書館協会
 
第7回ゲスナー賞「本の本」部門:『西洋活字の歴史』(翻訳)。http://www.yushodo.co.jp/gesner/bosyuu.html
May 2013
日本図書館情報学会優秀発表賞
 
平成25年度日本図書館情報学会春期研究集会(筑波大学筑波キャンパス春日エリア)第2回優秀発表賞
Nov 2006
"グーテンベルク聖書と写本の伝統". Library and Information Science. no.54, 2005, p.19-41., 三田図書館・情報学会学会賞
Winner: AGATA Mari
 

Published Papers

 
インキュナブラの製本が与えてくれる手がかり
安形 麻理
製本倶楽部会報   81 3-6   2019
日本の図書館における一般資料の保存の現状
安形 麻理, 小島 浩之, 矢野 正隆, 佐野 千絵, 森脇 優紀, 上田 修一
日本図書館情報学会研究大会発表論文集   2018 57-60   Nov 2018
デジタルアーカイブの動向と研究者の関わり
安形 麻理
漢字文献情報処理研究   17 20-22   2018
科学は贋作を判定できるか
安形 麻理
書物學   14    2018
デジタルアーカイブの動向と研究者の関わり
安形 麻理
漢字文献情報処理研究   17 20-22   2018

Misc

 
インキュナブラの時代:慶應義塾の初期印刷本コレクションとその広がり(慶應義塾図書館貴重書展示会目録)
AGATA Mari
   2018
安形 麻理
人文情報学月報   60    Jul 2016   [Invited]
書評:Mendelsund, Peter著, 『本を読むときに何が起きているのか: ことばとビジュアルの間,目と頭の間』
AGATA Mari
日本図書館情報学会誌   61(4) 271-272   2015

Books etc

 
書物の装い:平成30年度極東証券寄附講座「文献学の世界」
安形麻理編 (Part:Editor)
慶應義塾大学文学部   Mar 2019   
書物の境界:平成29年度極東証券寄附講座「文献学の世界」
安形麻理編 (Part:Editor)
慶應義塾大学文学部   Mar 2018   
書物から見る知のネットワーク:平成28年度極東証券寄附講座「文献学の世界」
慶應義塾大学文学部   Mar 2017   
図書館情報学 第2版
上田修一編著, 倉田敬子編著 (Part:Contributor, 2.2(1),(2)/2.6(3)/4.4(1) ,(3))
勁草書房   Mar 2017   ISBN:9784326000432
図書館は市民と本・情報をむすぶ
Nozomi Ikeya, AGATA Mari, Chie Suga (Part:Joint Editor)
勁草書房   Mar 2015   ISBN:9784326000401
慶應義塾大学教授・田村俊作退職記念、図書館をめぐる最新の動向を伝える論集

Conference Activities & Talks

 
Yasuharu Otani (Japan Women’s University), Teru Agata (Asia University), Akiko Hashizume (Keio University), Masaki Eto (Gakushuin Women’s College), Mari Agata (Keio University), Noriko Sugie (Toyo University)
2019 ACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries (JCDL)   3 Jun 2019   
Yasuharu Otani (Japan Women’s University), Teru Agata (Asia University), Akiko Hashizume (Keio University), Masaki Eto (Gakushuin Women’s College), Mari Agata (Keio University), Noriko Sugie (Toyo University)
2019 ACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries (JCDL)   3 Jun 2019   
読書はどのように描かれてきたのか:画像から見る社会とリーディングの関係 [Invited]
安形 麻理
リーディングのこれから(青山学院大学教育人間科学部創立10周年記念シンポジウム)   16 Mar 2019   
書誌学者の立場から見たボーダレスなデータ利活用のための情報組織化とは
安形 麻理
慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム「メタデータ再考」   20 Nov 2018   
米国議会図書館における日本のマンガの所蔵
大谷康晴(日本女子大学); 安形輝(亜細亜大学); 橋詰秋子(慶應義塾大学大学院); 江藤正己(学習院女子大学); 安形麻理(慶應義塾大学); 杉江典子(東洋大学)
第66回日本図書館情報学会研究大会   4 Nov 2018   日本図書館情報学会

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
A comprehensive study of changes to the 'ideal' appearance of the book in early print culture
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022    Investigator(s): 安形 麻理
日本の洋式製本の技術伝播に関する歴史的研究 : 洋装本資料保存のための基盤整備 研究課題
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 森脇 優紀
「図書館資料保存論」に関する基礎的研究 研究課題
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 小島 浩之
文化資産としてのマイクロフィルム保存に関する基礎研究:実態調査からの実証的分析 研究課題
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015    Investigator(s): 小島 浩之
XMLによる初期刊本の本文記述の方法論の確立と印刷史研究への応用 研究課題
Project Year: Apr 2008 - Mar 2015