篠田 大基

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/24 12:04
 
アバター
研究者氏名
篠田 大基
 
シノダ ヒロキ
URL
http://hshinoda.info/
所属
水戸芸術館
部署
音楽部門
職名
学芸員
Twitter ID
hshinoda

研究分野

 
 

論文

 
篠田 大基
哲学(特集:論集 美学・芸術学:美・芸術・感性をめぐる知のスパイラル(旋回))   (132) 343-366   2014年3月   [査読有り][招待有り]
As Steve Reich (1936– ) admits, his essay "Music as a Gradual Process"(1968), in which he describes the basic idea of minimal music, has some analogies with the claims of sculptor/painter Sol LeWitt(1928–2007) in "Paragraphs on Conceptual Art"(196...
篠田 大基
Aesthetics   (16) 66-77   2012年4月   [査読有り]
Steve Reich (1936- ), in his essay “Music as a Gradual Process” (1968), wrote that “a compositional process and a sounding music [...] are one and the same thing.” His aesthetic creed of “perceptible processes,” indicated in these words, is known ...
篠田 大基
Oxalis:音楽資料デジタル・アーカイヴィング研究   (3) 21-26   2010年3月   [招待有り]
篠田 大基
美学   60(2) 56-69   2009年12月   [査読有り]
Steve Reich (1936- ), in his essay "Music as a Gradual Process" (1968), wrote that "a compositional process and a sounding music […] are one and the same thing." His aesthetic creed of "perceptible processes," indicated in these words, is known as...

Misc

 
篠田 大基
慶應義塾大学三田哲学会所属大学院生論文集   (12) 34-41   2001年3月

講演・口頭発表等

 
音楽資料のデジタル化 現状と課題
美山 良夫、篠田 大基
日本音楽学会関東支部第327回定例研究会   2007年12月8日   日本音楽学会
スティーヴ・ライヒの「プロセスとしての音楽」とポストミニマリズムの美術
篠田 大基
第57回美学会全国大会   2006年10月7日   美学会
スティーヴ・ライヒ《砂漠の音楽》における劇場性の様態
篠田 大基
日本音楽学会関東支部第309回定例研究会   2004年5月8日   日本音楽学会