KANNO Emi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 16, 2019 at 17:51
 
Avatar
Name
KANNO Emi
E-mail
ekannomed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/0556a0abf8017b0b120735278dfd33c0.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine Health Sciences Advanced Nursing Practice and Health Development Nursing Science Science of Nursing Practice
Job title
Lecturer
Degree
医学博士(Tohoku University), 看護学修士(Yamagata University)
Research funding number
10431595
ORCID ID
0000-0003-2339-122X

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 2018
 - 
Today
東北大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授
 
Apr 2013
 - 
Oct 2018
東北大学大学院医学系研究科保健学専攻
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
助教, 東北大学大学院医学系研究科保健学専攻
 

Education

 
Apr 2007
 - 
Mar 2011
Graduate School, Division of Medical Sciences, Tohoku University
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
看護学専攻, Graduate School, Division of Medical Sciences, Yamagata University
 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
看護学科, Faculty of Medicine, Yamagata University
 

Published Papers

 
Kobayashi S, Sakurai T, So T, Shiota Y, Asao A, Phung HT, Tanaka R, Kawabe T, Maruyama T, Kanno E, Kawakami K, Owada Y, Ishii N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   203(6) 1447-1456   Sep 2019   [Refereed]
Miura T, Kawakami K, Kanno E, Tanno H, Tada H, Sato N, Masaki A, Yokoyama R, Kawamura K, Kitai Y, Takagi N, Yamaguchi K, Yamaguchi N, Kyo Y, Ishii K, Imai Y, Saijo S, Iwakura Y, Tachi M
The Journal of investigative dermatology      Oct 2018   [Refereed]
Toyama M, Kudo D, Aoyagi T, Miyasaka T, Ishii K, Kanno E, Kaku M, Kushimoto S, Kawakami K
Microbiology and immunology   62(2) 111-123   Feb 2018   [Refereed]
Experimental wound ischemia does not promote Pseudomonas aeruginosa biofilm formation.
Emi Kanno, Hiromasa Tanno, Kenji Yamaguchi, Ayako Sasaki, Ryoko Maruyama, Masahiro Tachi
Journal of Dermatology and Dermatologic Surgery   22 68-71   2018   [Refereed]
Kanno E, Kawakami K, Tanno H, Suzuki A, Sato N, Masaki A, Imamura A, Takagi N, Miura T, Yamamoto H, Ishii K, Hara H, Imai Y, Maruyama R, Tachi M
Experimental dermatology   26(11) 1097-1104   Nov 2017   [Refereed]

Misc

 
褥瘡の部位・状態による創傷被覆材の選び方と使い分け.
菅野恵美、館 正弘
薬局   64(12) 106-112   2013
皮膚の構造と機能.
菅野恵美、館 正弘
理学療法   30(4) 387-393   2013
だいじょうぶ? 静脈注射 4. 静脈注射の部位, , 22(8), 25-26, 2007. (Nursing Today)
菅野恵美
Nursing Today   22(8) 25-26   Jul 2007
皮膚潰瘍創における緑膿菌バイオフィルム形成. (PCEM (Tohoku Univ. Med. School))
菅野恵美
PCEM (Tohoku Univ. Med. School)   27 21-25   Jan 2007

Books etc

 
Visual Dermatology 研究者の目から見た皮膚科学の面白さ!-創傷治癒過程の華麗なるバトンパスに魅了されて-.
秀潤社   2018   
看護技術 第1特集 創部感染の予防とケア.
KANNO Emi
2017   
ナースのためのアドバンスド創傷ケア
真田弘美 大浦紀彦 溝上祐子 市岡滋 ed. 菅野恵美 館正弘 (Part:Joint Work, Part?アドバンスド創傷ケアの実際 2. 実際編 創傷病態生理学: 各論 慢性創傷の病態学, 135-141)
照林社   Aug 2012   
創傷のすべて
市岡滋 ed. 菅野恵美 館正弘 (Part:Joint Work, 第5章 感染症 2. 慢性感染症 Critical colonization, 256-257)
克誠堂出版   Aug 2012   
創傷ケアの基礎知識と実践
溝上祐子 ed. 菅野恵美 館 正弘 (Part:Joint Work, 第1章4 慢性創傷に関する知識, 31-37)
メディカ出版   May 2011   

Conference Activities & Talks

 
皮膚創傷治癒過程におけるCARD9遺伝子欠損の影響に関する研究
鈴木 愛子, 菅野 恵美, 川上 和義, 丹野 寛大, 上松野 りな, 石井 恵子, 丸山 良子, 館 正弘
第43回日本創傷治癒学会   14 Nov 2013   
創傷治癒におけるサイトカイン, ケモカイン産生とNKT細胞の関与
丹野 寛大, 川上 和義, 鈴木 愛子, 中山 史子, 菅野 恵美, 高木 尚之, 石井 恵子, 古和田 雪, 丸山 良子, 館 正弘
第43回日本創傷治癒学会   14 Nov 2013   
創傷治癒におけるIL-17欠損の影響に関する研究
高木 尚之, 川上 和義, 丹野 寛大, 菅野 恵美, 石井 恵子, 館 正弘
第43回日本創傷治癒学会   14 Nov 2013   
マウス圧迫創におけるHMGB1陽性細胞の経時的変化
松田 友美, 石田 陽子, 菅野 恵美
第43回日本創傷治癒学会   14 Nov 2013   
性差から見た体位と自律神経活動および循環動態
佐藤 遥, 佐々木 康之輔, 芳賀 麻有, 菅野 恵美, 丸山 良子
第12回日本看護技術学会学術集会   14 Sep 2013   

Research Grants & Projects

 
ラット創傷における緑膿菌およびQS機構の影響
Project Year: Jan 2009 - Today
褥瘡・慢性皮膚潰瘍における局所管理法の確立
Project Year: Apr 2006 - Today

Social Contribution

 
[日本国内] 褥瘡管理方法の指導
[Others]  Oct 2011 - Today
仙台富沢病院のスタッフを対象に、褥瘡管理方法の実際について伝達した
[日本国内] 褥瘡管理方法の伝達
[Others]  Apr 2012 - Mar 2013
仙台富沢病院において、褥瘡管理方法の実際について伝達した
[日本国内] 褥瘡管理方法の伝達
[Others]  Apr 2010 - Mar 2011
仙台富沢病院において、褥瘡管理方法の実際について伝達した
[日本国内] 褥瘡管理方法の指導
[Others]  Apr 2009 - Mar 2010
仙台富沢病院にて、主に看護師・介護士・栄養士を対象に、褥瘡の局所および全身管理方法に関する情報提供および技術指導を実施
[日本国内] 褥瘡管理方法の指導
[Others]  Apr 2008 - Mar 2009
仙台富沢病院において、主に看護師・介護士・栄養士を対象とし、褥瘡の局所および全身管理方法について、情報提供と技術指導を実施

Others

 
Oct 2009   安静臥床における心拍変動の変化-安楽性の検証-
安静臥床における心拍変動の変化-安楽性の検証-
Oct 2009
日本褥瘡学会 褥瘡認定師資格 取得
Jul 2008   皮膚潰瘍創における緑膿菌と創傷治癒との関連性
皮膚潰瘍創における緑膿菌と創傷治癒との関連性