小林 篤史

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/07 14:26
 
アバター
研究者氏名
小林 篤史
 
コバヤシ アツシ
所属
北海道大学
部署
獣医学研究院
職名
准教授
学位
博士(医学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
北海道大学 大学院獣医学研究院比較病理学教室 准教授
 
2013年4月
 - 
2014年10月
東北大学 大学院医学系研究科病態神経学分野 講師
 
2006年4月
 - 
2013年3月
東北大学 大学院医学系研究科病態神経学分野 助教
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年3月
東北大学 大学院医学系研究科 
 
1996年4月
 - 
2002年3月
北海道大学 獣医学部 
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
Asian Pacific Society of Prion Research  評議員
 
2018年4月
 - 
現在
獣医学研究院  共同利用機器施設運営委員会委員
 
2018年8月
 - 
2020年3月
北海道大学  学生相談総合センター運営委員会委員
 
2016年11月
 - 
2020年3月
獣医学研究院  動物実験委員会委員
 
2018年2月
 - 
2020年3月
獣医学研究院  獣医学教育改革室運営委員会委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
獣医学研究院  広報委員会委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
北海道大学  高等教育研究専門委員会委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
獣医学研究院  国際交流委員会委員
 
2016年4月
 - 
2019年3月
獣医学部  共用試験委員会委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
北海道大学  動物実験委員会委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
獣医学研究院  獣医標本施設運営委員会委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
獣医学研究科  FD委員会委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本医療研究開発機構  日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症の分子病態解明・治療法開発に関する調査研究」班員
 
2006年4月
 - 
2015年3月
厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究」班員
 

受賞

 
2016年1月
東北大学医学部 平成27年度医学部奨学賞銀賞 獲得性クロイツフェルト・ヤコブ病の確定診断法の確立
 
2016年1月
公益社団法人 宮城県医師会 平成27年度医学奨励賞 獲得性クロイツフェルト・ヤコブ病の確定診断法の確立
 
2010年5月
艮陵医学振興会 平成22年度匂坂記念賞 プリオン病感染防止へ向けた基礎的研究―プリオン病の感染源同定法の確立
 
2008年8月
プリオン研究会 2008年ベストポスター賞 プリオン蛋白遺伝子のGPIアンカーシグナル配列における1アミノ酸置換と配列の長さがプリオン蛋白の異常化に与える影響
受賞者: 日詰正樹, 小林篤史, 水澤英洋, 北本哲之
 
2007年8月
プリオン研究会 2007年ベストポスター賞 孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病プリオンのcross-sequence transmissionは新たなプリオン株を生みだす
受賞者: 小林篤史, 浅野昌宏, 毛利資郎, 北本哲之
 

論文

 
Kato Y, Takei J, Sayama Y, Sano M, Konnai S, Kobayashi A, Harada H, Yamada S, Kaneko MK
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.      2019年   [査読有り]
High drug efflux pump capacity and low DNA damage response induce doxorubicin resistance in canine hemangiosarcoma cell lines
Morita A, Aoshima K, Onishi S, Shibata Y, Yasui H, Kobayashi A, Kimura T
Res Vet Sci      2019年   [査読有り]
Iwasaki Y, Hiraga K, Ito S, Ando T, Akagi A, Riku Y, Mimuro M, Miyahara H, Kobayashi A, Kitamoto T, Yoshida M
Neuropathology      2019年   [査読有り]
Sajiki Y, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Goto S, Watari K, Minato E, Kobayashi A, Kohara J, Yamada S, Kato Y, Takahashi H, Terasaki N, Takeda A, Yamamoto K, Toda M, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K
J Immunol   203(5) 1313-1324   2019年9月   [査読有り]
Minato E, Aoshima K, Kobayashi A, Ohnishi N, Sasa N, Kimura T
Vet Pathol   56(5) 703-710   2019年9月   [査読有り]
Takei J, Furusawa Y, Yamada S, Nakamura T, SayamaY, Sano M, Konnai S, Kobayashi A, Harada H, Kaneko MK, Kato Y
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.   38(4) 171-174   2019年6月   [査読有り]
Yamada S, Itai S, Takei J, Konnai S, Kobayashi A, Nakagun S, Kobayashi Y, Kaneko MK, Kato Y
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.   38(3) 104-107   2019年6月   [査読有り]
Kobayashi A, Iwasaki Y, Takao M, Saito Y, Iwaki T, Qi Z, Torimoto R, Shimazaki T, Munesue Y, Isoda N, Sawa H, Aoshima K, Kimura T, Kondo H, Mohri S, Kitamoto T
Am J Pathol   189(6) 1276-1283   2019年6月   [査読有り]
Iwasaki Y, Kato H, Ando T, Akagi A, Mimuro M, Miyahara H, Kobayashi A, Kitamoto T, Yoshida M
Neuropathology   39(3) 240-247   2019年6月   [査読有り]
Kobayashi A, Matsuura Y, Takeuchi A, Yamada M, Miyoshi I, Mohri S, Kitamoto T.
Brain Pathol   29(2) 155-163   2019年3月   [査読有り]
Kobayashi A, Qi Z, Shimazaki T, Munesue Y, Miyamoto T, Isoda N, Sawa H, Aoshima K, Kimura T, Mohri S, Kitamoto T, Yamashita T, Miyoshi I.
Am J Pathol   189(3) 677-686   2019年3月   [査読有り]
Kato Y, Yamada S, Itai S, Kobayashi A, Konnai S, Kaneko MK
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.   37(6) 272-274   2018年12月   [査読有り]
Kato Y, Yamada S, Itai S, Konnai S, Kobayashi A, Kaneko MK
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.   37(6) 269-271   2018年12月   [査読有り]
Kato Y, Yamada S, Itai S, Kobayashi A, Konnai S, Kaneko MK
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.   37(6) 265-268   2018年12月   [査読有り]
Furukawa F, Sanjo N, Kobayashi A, Hamaguchi T, Yamada M, Kitamoto T, Mizusawa H, Yokota T.
Prion   12(5-6) 315-319   2018年11月   [査読有り]
Aoshima K, Fukui Y, Gulay KCM, Erdemsurakh O, Morita A, Kobayashi A, Kimura T.
BMC Vet Res   14(1) 301   2018年10月   [査読有り]
Ishizawa K, Mitsufuji T, Shioda K, Kobayashi A, Komori T, Nakazato Y, Kitamoto T, Araki N, Yamamoto T, Sasaki A
Brain Behav   8(10) e01117   2018年10月   [査読有り]
Rahpaya SS, Tsuchiaka S, Kishimoto M, Oba M, Katayama Y, Nunomura Y, Kokawa S, Kimura T, Kobayashi A, Kirino Y, Okabayashi T, Nonaka N, Mekata H, Aoki H, Shiokawa M, Umetsu M, Morita T, Hasebe A, Otsu K, Asai T, Yamaguchi T, Makino S, Murata Y, Abi AJ, Omatsu T, Mizutani T.
J Vet Sci   19(3) 350-357   2018年5月   [査読有り]
Shimamoto Y, Nio-Kobayashi J, Watarai H, Nagano M, Saito N, Takahashi E, Higuchi H, Kobayashi A, Kimura T, Kitamura H
Vet Immunol Immunopathol   198 6-13   2018年4月   [査読有り]
Tomoya Morita, Kensuke Nakamura, Osuga Tatsuyuki, Atsushi Kobayashi, Osamu Ichii, Akira Yabuki, Mitsuyoshi Takiguchi
J Vet Med Sci   80(6) 939-944   2018年4月   [査読有り]
Munesue Y, Shimazaki T, Qi Z, Isoda N, Sawa H, Aoshima K, Kimura T, Mohri S, Kitamoto T, Kobayashi A
Neurosci Lett   668 43-47   2018年3月   [査読有り]
Ito Y, Sanjo N, Hizume M, Kobayashi A, Ohgami T, Satoh K, Hamaguchi T, Yamada M, Kitamoto T, Mizusawa H, Yokota T.
Biochem Biophys Res Commun   496(4) 1055-1061   2018年2月   [査読有り]
Maharani A, *Aoshima K, Oonishi S, Gulay KCM, Kobayashi A, Kimura T
Journal of Veterinary Medical Science   80(2) 213-218   2018年2月   [査読有り]
Iwasaki Y, Saito Y, Aiba I, Kobayashi A, Mimuro M, Kitamoto T, Yoshida M.
Neuropathology   37(3) 241-248   2017年6月   [査読有り]
Application of protein misfolding cyclic amplification for the rapid diagnosis of acquired Creutzfeldt-Jakob disease
Takeuchi A, Kobayashi A, Morita M, Kitamoto T
Med Res Arch   5(4)    2017年4月   [査読有り]
Sehgal A, Kobayashi A, Donaldson DS, Mabbott NA.
Immunobiology   222(2) 316-326   2017年2月   [査読有り]
Yamazaki M, Fukuda T, Kobayashi A, Takubo H.
Brain Nerve   68(10) 1229-1238   2016年10月   [査読有り][招待有り]
Kobayashi A, Parchi P, Yamada M, Mohri S, Kitamoto T
Neuropathology   36(3) 305-310   2016年6月   [査読有り][招待有り]
Takeuchi A, Kobayashi A, Parchi P, Yamada M, Morita M, Uno S, Kitamoto T.
Lab Invest   96(5) 581-587   2016年5月   [査読有り]
Kobayashi A, Matsuura Y, Iwaki T, Iwasaki Y, Yoshida M, Takahashi H, Murayama S, Takao M, Kato S, Yamada M, Mohri S, Kitamoto T
Brain Pathol   26(1) 95-101   2016年1月   [査読有り]
Kobayashi A, Teruya K, Matsuura Y, Shirai T, Nakamura Y, Yamada M, Mizusawa H, Mohri S, Kitamoto T
Acta Neuropathol   130(2) 159-170   2015年8月   [査読有り]
Kobayashi A, Parchi P, Yamada M, Brown P, Saverioni D, Matsuura Y, Takeuchi A, Mohri S, Kitamoto T
J Virol   89(7) 3939-3946   2015年4月   [査読有り]
Mabbott NA, Kobayashi A, Sehgal A, Bradford BM, Pattison M, Donaldson DS.
Biogerontology   16(2) 133-145   2015年4月   [査読有り]
Araki K, Nakano Y, Kobayashi A, Matsudaira T, Sugiura A, Takao M, Kitamoto T, Murayama S, Obi T
Neuropathology   34(6) 541-546   2014年7月   [査読有り]
Qina T, Sanjo N, Hizume M, Higuma M, Tomita M, Atarashi R, Satoh K, Nozaki I, Hamaguchi T, Nakamura Y, Kobayashi A, Kitamoto T, Murayama S, Murai H, Yamada M, Mizusawa H
BMJ open   4 e004968   2014年5月   [査読有り]
Kobayashi A, Matsuura Y, Mohri S, Kitamoto T
Acta Neuropathol Commun   2 32   2014年3月   [査読有り]
Shirai T, Saito M, Kobayashi A, Asano M, Hizume M, Ikeda S, Teruya K, Morita M, Kitamoto T
Structure   22(4) 560-571   2014年2月   [査読有り]
Kobayashi A, Iwasaki Y, Otsuka H, Yamada M, Yoshida M, Matsuura Y, Mohri S, Kitamoto T
Acta Neuropathol Commun   1 74   2013年11月   [査読有り]
Takeuchi A, Kobayashi A, Ironside JW, Mohri S, Kitamoto T
J Biol Chem   288(30) 21659-21666   2013年7月   [査読有り]
Kobayashi A* Donaldson DS* Erridge C Kanaya T Williams IR Ohno H Mahajan A Mabbott NA (*equal contribution)
Mucosal Immunol   6(5) 1027-1037   2013年1月   [査読有り]
Kobayashi A, Donaldson DS, Kanaya T, Fukuda S, Baillie JK, Freeman TC, Ohno H, Williams IR, Mabbott NA
DNA Res   19(5) 407-422   2012年9月   [査読有り]
Kobayashi A* Donaldson DS* Ohno H Yagita H Williams IR Mabbott NA (*equal contribution)
Mucosal Immunol   5(2) 216-225   2012年2月   [査読有り]
Kobayashi A, Mizukoshi K, Iwasaki Y, Miyata H, Yoshida Y, Kitamoto T
Am J Pathol   178(3) 1309-1315   2011年3月   [査読有り]
Mabbott NA, Kenneth Baillie J, Kobayashi A, Donaldson DS, Ohmori H, Yoon SO, Freedman AS, Freeman TC, Summers KM
Immunology   133(4) 482-498   2011年1月   [査読有り]
Kobayashi A, Sakuma N, Matsuura Y, Mohri S, Aguzzi A, Kitamoto T
J Virol   84(7) 3230-3238   2010年4月   [査読有り]
Hizume M, Kobayashi A, Mizusawa H, Kitamoto T
Biochem Biophys Res Commun   391(4) 1681-1686   2010年1月   [査読有り]
Kobayashi A, Asano M, Mohri S, Kitamoto T
Neuropathology   29(5) 619-624   2009年7月   [査読有り]
Hiraga C, Kobayashi A, Kitamoto T
Biochem Biophys Res Commun   382(4) 715-719   2009年5月   [査読有り]
Hizume M, Kobayashi A, Teruya K, Ohashi H, Ironside JW, Mohri S, Kitamoto T
J Biol Chem   284(6) 3603-3609   2009年2月   [査読有り]
Kobayashi A Hizume M Teruya K Mohri S Kitamoto T.
Prion   3(1) 27-30   2009年1月   [査読有り]
Kobayashi A, Arima K, Ogawa M, Murata M, Fukuda T, Kitamoto T
Acta Neuropathol   116(5) 561-566   2008年8月   [査読有り]
Ikeda S, Kobayashi A, Kitamoto T
Biochem Biophys Res Commun   369(4) 1195-1198   2008年3月   [査読有り]
Kobayashi A, Asano M, Mohri S, Kitamoto T
J Biol Chem   282(41) 30022-30028   2007年8月   [査読有り]
Kobayashi A, Satoh S, Ironside JW, Mohri S, Kitamoto T
J Gen Virol   86(Pt1) 237-240   2005年1月   [査読有り]
Kobayashi A, Katagiri S, Kimura T, Ochiai K, Umemura T
J Vet Med Sci   64(9) 773-777   2002年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Handbook of Clinical Neurology, Vol. 153, Human Prion Diseases.
Kobayashi A, Kitamoto T, Mizusawa H. (担当:共著, 範囲:Chapter 12. Iatrogenic Creutzfeldt-Jakob disease.)
Elsevier.   2018年6月   ISBN:978-0-444-63945-5
Kobayashi A, Kitamoto T, Mizusawa H. Iatrogenic Creutzfeldt-Jakob disease. In: Pocchiari M, Manson J, eds. Human Prion Diseases. San Diego: Elsevier BV, 2018: 207-218.
Clinical Neuroscience, ニューロジェネティクス新時代-次世代シークエンサーが拓く新しい世界.
小林篤史 (担当:共著, 範囲:筋疾患・神経疾患のジェネティクス-プリオン病.)
中外医学社   2018年2月   
小林靖編

講演・口頭発表等

 
Characterization of “sporadic CJD” with history of neurosurgery to identify potentially iatrogenic cases
*Tsuyoshi Hamaguchi,1 Kenji Sakai,1 Atsushi Kobayashi,2 Tetsuyuki Kitamoto,3 Ryusuke Ae,4 Yosikazu Nakamura,4 Nobuo Sanjo,5 Kimihito Arai,6 Mizuho Koide,6 Fumiaki Katada,7 Masafumi Harada,8 Hiroyuki Murai,9 Shigeo Murayama,10 Tadashi Tsukamoto,11 Hidehiro Mizusawa,11 Masahito Yamada.1
Asian Pacific Prion Symposium 2019   2019年10月3日   
A novel combination of prion strain co-occurrence in patients with sporadic Creutzfeldt-Jakob disease
*Atsushi Kobayashi1, Yasushi Iwasaki2, Masaki Takao3, Yuko Saito4, Toru Iwaki5, Shirou Mohri6, Tetsuyuki Kitamoto6
Asian Pacific Prion Symposium 2019   2019年10月3日   
鉛散弾の経口投与によるバルバリーガモの鉛の血中濃度の経時変化および体内分布 の解析
佐藤裕、石井千尋、中山翔太、一瀬貴大、齊藤慶輔、渡邊有希子、小笠原浩平、鳥本亮太、小林篤史、木村亨史、池中良徳、石塚真由美
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月11日   
孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病におけるプリオン株混在の新規組み合わせ
小林 篤史、岩崎 靖、高尾 昌樹、齊藤 祐子、岩城 徹、毛利 資郎、北本 哲之
第60回日本神経病理学会総会学術研究会   2019年7月16日   
死亡雄アフリカゾウ生殖器における繁殖および病理学的検査
鳥居佳子,Sittinee Kulprasertsri, 小林篤史, 永野昌志, 片桐成二, 栁川洋二郎
第3回野生動物保全繁殖研究会   2019年7月4日   
Potentiation of High Fat Diet-induced Diabetogenesis by Neonicotinoid insecticides: Elucidation of the Mechanistic Pathways using Invivo Assays
Collins Nimako, Yoshinori Ikenaka, Yukiko OKAMATSU, Atsushi KOBAYASHI
International CHEMICAL HAZARD Symposium 2019   2019年3月20日   
3P-0570 Analysis of the KDM2B-Mediated Regulation of the Growth, Development, and Maintenance of Canine Hemangiosarcoma
Kevin Christian Montecillo Gulay、青島 圭佑、小林 篤史、木村 享史
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   
遺伝性CJD-V180Iの脳に蓄積するプリオン蛋白の解明
三條伸夫、日詰正樹、伊藤陽子、小林篤史、佐藤克也、大上哲也、浜口毅、山田正仁、北本哲之、水澤英洋、横田隆徳
第37回日本認知症学会学術集会   2018年10月13日   
Characterization of “sporadic CJD” with history of neurosurgery to identify iatrogenic cases
Tsuyoshi Hamaguchi, Kenji Sakai, Atsushi Kobayashi, Tetsuyuki Kitamoto, Ryusuke Ae, Yosikazu Nakamura, Nobuo Sanjo, Kimihito Arai, Mizuho Koide, Fumiaki Katada, Masafumi Harada, Hiroyuki Murai, Shigeo Murayama, Tadashi Tsukamoto, Hidehiro Mizusawa, Masahito Yamada.
EuroCJD meeting 2018   2018年10月1日   
What is abnormal prion protein (PrPSc)? [招待有り]
Atsushi Kobayashi
19th International Congress of Neuropathology   2018年9月27日   
ドキソルビシン耐性イヌ血管肉腫細胞株の樹立と薬剤耐性機構の解析
森田敦也、青島圭祐、小林篤史、木村享史
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
ホッキョクグマの雌雄生殖器の検査および配偶子採取
栁川洋二郎,鳥居佳子,大野晃治,田口清太朗,木谷良平,森田敦也,小林篤史,永野昌志,片桐成二
第2回野生動物保全繁殖研究会   2018年7月12日   
Notch2 シグナルはイヌ血管肉腫がん幹細胞様細胞の増殖に必要である
青島 圭佑,福井 佑基,小林 篤史,木村 享史
第5回日本獣医病理学専門家協会学術集会   2018年3月30日   
Neuropathological and biochemical criteria for a new subtype of acquired Creutzfeldt-Jakob disease (MMiK) [招待有り]
Atsushi Kobayashi, Masahito Yamada, Atsuko Takeuchi, Shirou Mohri, and Tetsuyuki Kitamoto
第36回日本認知症学会学術集会   2017年11月24日   
Diagnosis of MMiK type acquired Creutzfeldt-Jakob disease with cell- protein misfolding amplification (PMCA) [招待有り]
Atsuko Takeuchi, Atsushi Kobayashi, Masanori Morita, and Tetsuyuki Kitamoto
第36回日本認知症学会学術集会   2017年11月24日   
Diagnostic approach for a novel acquired CJD subgroup, acquired CJD-MMiK [招待有り]
Atsushi Kobayashi
Asian Pacific Prion Symposium 2017   2017年10月21日   
脳外科手術歴を有するCreutzfeldt-Jakob病の特徴
浜口毅, 坂井健二, 小林篤史, 北本哲之, 阿江竜介, 中村好一, 三條伸夫, 新井公人, 小出瑞穂, 片多史明, 塚本 忠, 水澤英洋, 山田正仁
第22回日本神経感染症学会総会・学術大会   2017年10月13日   
Investigation of clinical and pathological features of “sporadic Creutzfeldt-Jakob disease” with history of neurosurgery to identify iatrogenic cases
Tsuyoshi Hamaguchi,1 Kenji Sakai,1 Atsushi Kobayashi,2 Tetsuyuki Kitamoto,3 Ryusuke Ae,4 Yosikazu Nakamura,4 Nobuo Sanjo,5 Kimihito Arai,6 Mizuho Koide,6 Fumiaki Katada,7 Tadashi Tsukamoto,8 Hidehiro Mizusawa,8 Masahito Yamada.1
XXIII World Congress of Neurology   2017年9月17日   
イヌ血管肉腫におけるCXCR7シグナル伝達機構の解析
大西慎一、青島圭祐、小林篤史、木村享史
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
Iatrogenic Creutzfeldt-Jakob disease related to dura mater grafts [招待有り]
Masahito Yamada, Tsuyoshi Hamaguchi, Kenji Sakai, Moeko Noguchi-Shinohara, Ichiro Nozaki, Yu Taniguchi, Atsushi Kobayashi, Atsuko Takeuchi, Tetsuyuki Kitamoto, Yosikazu Nakamura, Nobuo Sanjo, Tadashi Tsukamoto, Masaki Takao, Shigeo Murayama, Yasushi Iwasaki, Mari Yoshida, Hiroshi Shimizu, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Hiroyoshi Suzuki, Hironobu Naiki, Hidehiro Mizusawa
PRION2017   2017年5月26日   
Clinical and pathological characterization of “sporadic Creutzfeldt-Jakob disease” with histories of neurosurgery to identify iatrogenic cases
Tsuyoshi Hamaguchi, Kenji Sakai, Atsushi Kobayashi, Tetsuyuki Kitamoto, Ryusuke Ae, Yosikazu Nakamura, Nobuo Sanjo, Tadashi Tsukamoto, Hidehiro Mizusawa, Masahito Yamada.
PRION2017   2017年5月25日   
遺伝性プリオン病の病型毎のPrPScとAβの沈着パターンに関する病理学的解析
古川迪子、三條伸夫、小林篤史、浜口毅、山田正仁、北本哲之、水澤英洋、横田隆徳
第35回日本認知症学会学術集会   2016年12月2日   
ウマ主要組織適合遺伝子複合体クラスI遺伝子導入マウスのウマヘルペスウイルス1型に対する感受性の検討
港江利奈, 青島圭祐, 小林篤史, 木村享史
第159回日本獣医学会学術集会   2016年9月6日   
Colocalization of Aβ42 with PrPSc-plaques in the brain of the Gerstmann-Sträussler-Scheinker disease with the P105L mutation.
Fumiko Furukawa, Nobuo Sanjo, Atsushi Kobayashi, Tsuyoshi Hamaguchi, Masahito Yamada, Tetsuyuki Kitamoto, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota
Alzheimer's Association International Conference   2016年7月24日   
Mechanisms of transmission of prion diseases [招待有り]
Atsushi Kobayashi
第57回日本神経学会学術大会   2016年5月20日   
Iatrogenic transmission of Creutzfeldt-Jakob disease [招待有り]
Atsushi Kobayashi, Piero Parchi, Masahito Yamada, Paul Brown, Daniela Saverioni, Yuichi Matsuura, Atsuko Takeuchi, Shirou Mohri, Tetsuyuki Kitamoto
PRION2016   2016年5月11日   
Identification of the origin of Creutzfeldt-Jakob disease after cadaver-sourced pituitary growth hormone treatment using an amplification property in protein misfolding cyclic amplificatiton.
Takeuchi A, Yamamoto M, Parchi P, HaïK S, Morita M, Kobayashi A, Kitamoto T
PRION2016   2016年5月11日   
Differential association of amyloid-β with PrPSc pathology in each genetic prion disease.
Fumiko Furukawa, Nobuo Sanjo, Atsushi Kobayashi, Tsuyoshi Hamaguchi, Masahito Yamada, Tetsuyuki Kitamoto, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota
PRION2016   2016年5月11日   
ヒト化プリオン蛋白ノックインマウスモデルの有用性 ― 医原性プリオン感染の同定法の確立
小林篤史, 山田正仁, 松浦裕一, 毛利資郎, 北本哲之
第158回日本獣医学会学術集会   2015年9月7日   
Cell-PMCA of acquired Creutzfeldt-Jakob disease
Atsuko Takeuchi, Atsushi Kobayashi, Piero Parchi, Masahito Yamada, Masanori Morita, Shuusei Uno, Tetsuyuki Kitamoto
Asian Pacific Prion Symposium 2015   2015年9月4日   
Neuropathological and biochemical criteria to identify acquired Creutzfeldt-Jakob disease among presumed sporadic cases
Atsushi Kobayashi, Masahito Yamada, Yuichi Matsuura, Shirou Mohri, and Tetsuyuki Kitamoto
Asian Pacific Prion Symposium 2015   2015年9月4日   
Amyloid-β42 deposition in the brain of the Gerstmann-Sträussler-Scheinker disease with the P105L mutation.
Fumiko Furukawa, Nobuo Sanjo, Atsushi Kobayashi, Tsuyoshi Hamaguchi, Masahito Yamada, Tetsuyuki Kitamoto, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota
Asian Pacific Prion Symposium 2015   2015年9月4日   
ゲルストマン・シュトロイスラー・シャインカー病P105L一家系3例でのプリオン、タウ、βアミロイドの免疫組織化学的検討
光藤尚、石澤圭介、塩田敬、本間琢、小林篤史、小森隆司、中里良彦、北本哲之、佐々木惇、荒木信夫、山元敏正
第56回日本神経病理学会総会学術研究会   2015年6月5日   
プリオン病の感染実験 [招待有り]
小林 篤史
第56回日本神経病理学会総会学術研究会   2015年6月4日   
V180I変異遺伝性クロイツフェルト・ヤコブ病の病理学的、生化学的特徴の解析
古川迪子, 三條伸夫, 日詰正樹, 小林篤史, 北本哲之, 山田正仁, 水澤英洋, 横田隆徳
第56回日本神経学会学術大会   2015年5月20日   
プリオン病 Update [招待有り]
小林 篤史
NeuroCPC   2015年3月6日   
V180I変異遺伝性プリオン病の臨床・病理解析
三條伸夫、テムチナ、日詰正樹、新竜一郎、佐藤克也、小林篤史、北本哲之、山田正仁、水澤英洋
第33回日本認知症学会学術集会   2014年11月29日   
プリオン蛋白遺伝子コドン105変異(P105L)によるGerstmann-Sträussler- Scheinker 症候群(GSS)の臨床像 ―GSS(P102L)との比較解析―
古川迪子, 三條伸夫, 日熊麻耶、日詰正樹、小林篤史, 北本哲之, 中村好一, 村山繁雄、山田正仁、水澤英洋
第19回日本神経感染症学会総会学術集会   2014年9月4日   
Involvement of the dorsal root ganglion in GSS with P105L mutation
Furukawa F, Sanjo N, Kobayashi A, Shiraishi A, Ishikawa K, Yamada M, Kitamoto T, Eishi Y, Mizusawa H.
Asian Pacific Prion Symposium 2014   2014年7月6日   
Distinct origins of dura mater graft-associated Creutzfeldt-Jakob disease: past and future problems.
Kobayashi A, Matsuura Y, Mohri S, Kitamoto T.
Asian Pacific Prion Symposium 2014   2014年7月6日   
非プリオン病脳におけるプリオンの凝集について
鈴木奈穂美、浅川美果、鈴木-香山絵美、武井洋一、木下通亨、小林篤史、北本哲之、小柳清光
第55回日本神経病理学会総会学術研究会   2014年6月5日   
皮質や基底核に及ぶ広範囲な海綿状変性と小脳にkuru斑を認めた孤発性Creutzfeldt-Jakob病MV2型の1剖検例
荒木邦彦、中野雄太、小林篤史、松平敬史、杉浦明、高尾昌樹、北本哲之、村山繁雄、小尾智一
第55回日本神経病理学会総会学術研究会   2014年6月5日   
孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病MV2の新分類
小林篤史、岩崎靖、大塚浩之、山田正仁、吉田眞理、松浦裕一、毛利資郎、北本哲之
第55回日本神経病理学会総会学術研究会   2014年6月5日   
Further characterization of PK-resistant PrPsc core fragments in sporadic CJD brains carrying VV or MV at PRNP codon 129
Saverioni D, Capellari S, Kobayashi A, Kitamoto T, Parchi P.
PRION 2014   2014年5月27日   
Clinical features of Gerstmann-Sträussler-Scheinker syndrome with a P105L mutation and a valine-encoding polymorphic codon 129 in the prion protein gene.
Furukawa F, Sanjo N, Kobayashi A, Kitamoto T, Shiraishi A, Ishikawa K, Honda H, Yamada M, Mizusawa H.
PRION 2014   2014年5月27日   
Immunohistochemical and neuropathological analyses of the prion protein in genetic Creutzfeldt-Jakob disease with V180I mutation.
Hizume M, Sanjo N, Satoh K, Hamaguchi T, Yamada M, Iwasaki Y, Kobayashi A, Kitamoto T, Mizusawa H.
PRION 2014   2014年5月27日   
Revision of Sporadic Creutzfeldt-Jakob Disease with MV2 prions
Asian Pacific Prion Symposium 2013   2013年   
脊髄円錐・馬尾に病変を認めた抗アクアポリン4抗体陽性視神経脊髄炎の2症例
高井良樹、三須建郎、中島一郎、高橋利幸、小林篤史、北本哲之、藤原一男、糸山泰人
第52回日本神経学会学術大会   2011年5月19日   
Histidine residues in octapeptide repeats are not essential for the conversion of PrP
Asia-Oceania Symposium on Prion Diseases   2010年   
Experimental verification of a traceback phenomenon in prion infection
Asia-Oceania Symposium on Prion Diseases   2010年   
ヒト異常型プリオン蛋白特異的抗体の作製
2009年 プリオン研究会   2009年   
硬膜移植後CJDの感染源 [招待有り]
小林 篤史
第49回日本神経病理学会総会学術研究会   2008年5月21日   
プリオン蛋白遺伝子のGPIアンカーシグナル配列における1アミノ酸置換と配列の長さがプリオン蛋白の異常化効率に与える影響
2008年プリオン研究会   2008年   
プリオン蛋白中のオクタペプチドリピート数が異常化に及ぼす影響
2008年プリオン研究会   2008年   
Cross-sequence transmission of sporadic Creutzfeldt-Jakob disease creates a new prion strain
Transmissible Spongiform Encephalopathies The definitive American TSE Meeting   2008年   
PrP異常化に対するN-結合型糖鎖結合部位のアミノ酸置換の影響
プリオン研究会   2007年   
219Lysプリオン蛋白はvCJD感染において簡単に異常化する
プリオン研究会   2007年   
孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病プリオンのcross-sequence transmissionは新たなプリオン株を生み出す
プリオン研究会   2007年   
Type 1 and type 2 human PrPSc have different aggregation sizes in methionine homozygotes with sporadic, iatrogenic and variant Creutzfeldt-Jakob disease
International symposium PRION DISEASES   2004年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
鼻疽菌潜伏感染場の摘発に向けた新規血清診断法の開発
日本中央競馬会: 平成31年度日本中央競馬会畜産振興事業
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 木村享史
プリオン蛋白の異常化機構解明研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 小林 篤史
プリオン病におけるプリオンメカニズムの解明
公益信託加藤記念難病研究助成基金: 第32回(平成30年度)研究助成
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 小林 篤史
GPIアンカーのシアル化が遺伝性プリオン病を引き起こすのか?
公益財団法人 寿原記念財団: 第32回研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 小林 篤史
プリオン蛋白GPIアンカーのシアル化が遺伝性プリオン病を引き起こすのか?
公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団: 第32回基礎医学医療研究助成金
研究期間: 2017年11月 - 2018年10月    代表者: 小林 篤史
成熟プリオン蛋白には存在しないアミノ酸変異がプリオン蛋白異常化をおこす機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手(B)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 小林 篤史
GPIアンカリング不全がプリオン蛋白の異常化を引き起こすか?
公益財団法人 武田科学振興財団: 2016年度医学系研究奨励
研究期間: 2016年11月 - 2017年10月    代表者: 小林 篤史
プリオン病自然発病モデル動物を利用したプリオン蛋白異常化メカニズムの研究
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団: 2016年度研究助成<一般>
研究期間: 2016年9月 - 2017年9月    代表者: 小林 篤史
獲得性プリオン病の診断法の開発
公益財団法人 難病医学研究財団: 平成27年度医学研究奨励助成金
研究期間: 2016年1月 - 2017年3月    代表者: 小林 篤史
難治性疾患実用化研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症の分子病態解明・治療法開発に関する調査研究」 研究分担者
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 山田 正仁
難治性疾患等政策研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究」 研究分担者
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 山田 正仁
プリオン病自然発病モデル動物を用いたプリオン蛋白異常化メカニズムの研究
三菱財団: 自然科学研究助成
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 北本 哲之
濾胞樹状細胞からのプリオン神経侵入経路の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 小林 篤史
難治性疾患克服研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究」 研究分担者
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 山田 正仁
トレースバック実験によるプリオンの由来の同定
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 小林 篤史
難治性疾患克服研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究」 研究分担者
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 水澤 英洋
培養細胞を用いたPMCA法によるヒトプリオンの増幅
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 小林 篤史

特許

 
特開2011-46698 : 変異タンパク質の製造方法
北本哲之, 堂浦克美, 小林篤史, 照屋健太, 竹内敦子, 森田将典, 山本幸, 白澤映子
特開WO/2008/099451 : 網羅的アミノ酸置換による高機能蛋白の設計方法
北本哲之, 小林篤史, 浅野昌宏