井上 貴史

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:52
 
アバター
研究者氏名
井上 貴史
 
イノウエ タカシ
通称等の別名
INOUE Takashi
eメール
inoue.takashinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生物資源科学部一般教養
職名
教授
学位
学士(物理学)(東京工業大学), 修士(理学)(東京工業大学), 博士(理学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
80407353

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
東京大学 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
 
2001年1月
 - 
2002年6月
スペイン・バレンシア大学 素粒子物理学研究所 研究員
 
2002年7月
 - 
2004年7月
ドイツ・チュービンゲン大学 理論物理学研究所 研究員
 
2004年8月
 - 
2005年3月
台湾・国立台湾大学 物理学教室 研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
上智大学 理工学部 助手
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京工業大学 理学部 物理学科
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京工業大学 理工学研究科 物理学
 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京工業大学 理工学研究科 物理学
 

委員歴

 
2016年4月
   
 
日本物理学会  会誌編集委員
 

論文

 
Akinobu Dote, Takashi Inoue, Takayuki Myo
Physics Letters   B(784) 405-410   2018年9月   [査読有り]
C. McIlroy, C. Barbieri, T. Inoue, T. Doi, and T. Hatsuda
Physical Review   C(97) 021303(R)   2018年2月   [査読有り]
Takumi Iritani (Nishina Ctr., RIKEN) , Sinya Aoki (Kyoto U., Yukawa Inst., Kyoto & Tsukuba U., CCS) , Takumi Doi (Nishina Ctr., RIKEN) , Testuo Hatsuda (Nishina Ctr., RIKEN & Wako, RIKEN) , Yoichi Ikeda (Osaka U., Res. Ctr. Nucl. Phys.) , Takashi Inoue (Nihon U., Fujisawa) , Noriyoshi Ishii (Osaka U., Res. Ctr. Nucl. Phys.) , Hidekatsu Nemura (Tsukuba U., CCS) , Kenji Sasaki (Kyoto U., Yukawa Inst., Kyoto)
Physical Review   D96(3) 034521   2017年8月   [査読有り]
Akinobu Doté (KEK, Tsukuba) , Takashi Inoue (Nihon U., Fujisawa) , Takayuki Myo (Osaka Inst. Tech.)
JPS Conf. Proc.   17 082006   2017年7月
Akinobu Doté (KEK, Tsukuba) , Takashi Inoue (Nihon U., Fujisawa) , Takayuki Myo (Osaka Inst. Tech.)
Physical Review   C95(6) 062201   2017年6月   [査読有り]

Misc

 
井上貴史
原子核研究   57(1) 61-68   2012年9月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Takashi Inoue
The 13th International Conference on Hypernuclear and Strange Particle Physics   2018年6月25日   Hampton University and Thomas Jefferson National Accelerator Facility (JLab)
井上貴史
日本物理学会第73回年次大会   2018年3月23日   日本物理学会
井上貴史 for HALQCD Collaboration
素粒子・原子核・宇宙「京からポスト京に向けて」シンポジウム   2017年12月28日   計算基礎科学連携拠点(JICFuS)、ポスト「京」重点課題9「宇宙の基本法則と進化の解明」
Takashi Inoue
2nd EMMI Workshop on anti-matter, hyper-matter and exotica production at the LHC   2017年11月9日   EMMI
井上貴史
日本物理学会2017年秋季大会   2017年9月12日   日本物理学会

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
格子QCD数値計算に基づいた中性子星ハイペロン問題への挑戦
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 井上貴史
格子QCDを用いた中性子星におけるハイペロン超流動の研究
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 井上貴史
格子QCDを用いたHダイバリオンの存在を探る研究
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 井上貴史
負パリティーラムダハイペロンに対するペンタクォーク模型の研究
研究期間: 2006年 - 2007年