橋口 泰一

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/02 03:23
 
アバター
研究者氏名
橋口 泰一
 
ハシグチ ヤスカズ
通称等の別名
HASHIGUICHI Yasukazu
eメール
hashiguchi.yasukazunihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
松戸歯学部歯学科
職名
准教授
科研費研究者番号
90434068

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本大学 文理学部 ティーチングアシスタント(野外教育論)
 
2003年4月
 - 
2004年3月
日本大学 文理学部 ティーチングアシスタント(スポーツ情報処理演習)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
千葉日本大学第一中学・高等学校 保健体育・家庭科 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本福祉教育専門学校 非常勤講師
 
2005年4月
 - 
2006年3月
目白大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2002年
日本大学 文理学部(文科系) 体育学科
 
 
 - 
2004年
日本大学大学院 文学研究科 教育学専攻
 

委員歴

 
2017年11月
   
 
スポーツ庁  大規模な国際競技大会でのハイパフォーマンスサポート拠点の設置に向けた連携協議会委員
 
2017年4月
   
 
日本パラリンピック委員会  強化委員
 
2016年6月
   
 
千葉県体育学会  編集委員
 
2015年10月
   
 
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会  科学委員
 
2015年4月
   
 
千葉県松戸市  松戸市2020年東京オリンピック・パラリンピックやさシティおもてなシティ推進会議
 

受賞

 
2016年11月
The 2nd Asia‐Pacific Conference on Coaching Science Young Coaching Scientist’s Award Qualitative analysis on communication of goalkeeper in Blind football
受賞者: Yasukazu Hashiguchi, Masato Otake, Ryoji Isano, Shuji Sakamoto, Shintaro Kanno, Akira Yoshida
 

論文

 
大学ラグビーチームの強化に適した組織変革論の検討
吉田明,大嶽真人,橋ロ泰一
ラグビーフォーラム   11 49-65   2018年3月   [査読有り]
ブラインドサッカーにおける心理
橋口泰一,大嶽真人,伊佐野龍司
フットボールの科学   13(1) 11-19   2018年3月
ラグビー競技の戦略的なパントキックに関する基礎的分析 ~ラグビーワールカップ 2015 上位 4 カ国を対象として~
吉田明,大嶽真人,橋口泰一,坂本宗司,小圷昭仁
ラグビーフォーラム   10 21-28   2017年3月   [査読有り]
ブラインドサッカーのシュート角度および距離からみた攻撃スタイルについての基礎的分析ーロンドン2012パラリンピックを対象としてー
坂本宗司,大嶽真人,橋口泰一,伊佐野龍司,菅野慎太郎,橋口泰武
バイオ・メディカル・ファジィ・システム学会誌   17(2) 59-66   2015年12月   [査読有り]
歯学部テニス選手を対象とした目標達成に向けたスポーツメンタルトレーニングの試み
橋口泰一,菅野慎太郎,鈴木典
日大口腔科学   41(3・4合併) 110-118   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
平成26年度障がい者競技スポーツ 医・科学・情報サポート推進事業実施報告書(心理サポート)
(公財)日本障がい者スポーツ協会・日本パラリンピック委員会
平成26年度障がい者競技スポーツ 医・科学・情報サポート推進事業実施報告書   11-24, 48-50, 248-249, 268-269-280-281, 284-289, 294, 304-305   2015年3月
平成25年度障害者競技スポーツ 医・科学・情報サポート推進事業実施報告書(心理サポート)
橋口泰一・荒木雅信・吉田聡美・直井愛里・荒井弘和・内田若希・齊藤茂・中山正教・永尾雄一・山﨑将幸・伊藤真之介・松本和典・永田直也(公益財団法人 日本障害者スポーツ協会・日本パラリンピック委員会編)
平成25年度障害者競技スポーツ 医・科学・情報サポート推進事業実施報告書   -7-18,29-30,46-92   2014年3月
ロンドン2012パラリンピック競技大会報告書本部役員報告(心理サポート)
ロンドン2012パラリンピック競技大会報告書   42-44   2013年3月
平成23年度障害者競技スポーツ強化事業 競技別強化事業実施報告書(心理サポート)
橋口泰一・荒木雅信・吉田聡美・直井愛里・荒井弘和・内田若希・齊藤茂・中山正教・永尾雄一・山﨑将幸・伊藤真之介・松本和典・永田直也
平成23年度障害者競技スポーツ強化事業 競技別強化事業実施報告書   211-238   2012年3月
科学支援事業実施報告書「代表選手のコンディショニング支援,メンタル指導」
荒木雅信・吉田聡美・荒井弘和・内田若希・橋口泰一・山﨑将幸・松本和典・永尾雄一・齊藤茂・直井愛里・中山正教・伊藤真之助
平成21年度障害者スポーツ科学的サポート事業 科学支援事業実施報告書   -90-112,113-120,159-167   2010年3月

書籍等出版物

 
これから学ぶスポーツ心理学 改訂版
荒木雅信 編著 (担当:共著, 範囲:第Ⅳ部4章 パラリンピック選手への心理サポートの現状と課題)
大修館書店   2018年3月   
スポーツメンタルトレーニング指導士活用ガイドブック
ベースボール・マガジン社   2010年8月   ISBN:978-4-583-10290-0
コーチと選手のためのコーチング戦略
編著 Neville Cross, John Lyle 翻訳監修 川井昂,澤村博,小山裕三 監訳 水落文夫,安井年文,高橋正則 訳者 青山清英,野口智博,大嶽真人,重城哲,橋口泰一,青山亜紀,川井明,田端健児,森永正樹,水上博司,佐藤佑介 (担当:共著, 範囲:111-125)
八千代出版株式会社   2008年5月   

講演・口頭発表等

 
ブラインドサッカー選手に対する全身振動刺激のトレーニングがステップ運動の成果に及ぼす影響
伊佐野龍司,大嶽真人,橋口泰一,坂本宗司,小林法爾実
東京体育学会第10回学会大会   2019年3月10日   
ブラインドサッカーにおける競技力向上に向けた分析 ‒クラブチームの攻撃と守備の傾向から‒
大嶽 真人,橋口 泰一,伊佐野 龍司,坂本 宗司,吉田 明
日本フットボール学会 16th Congress   2018年12月23日   
ブラインドサッカーにおけるガイドの意思伝達に関する定性的分析
橋口 泰一,大嶽 真人,伊佐野 龍司,坂本 宗司,菅野 慎太郎
日本フットボール学会 16th Congress   2018年12月23日   
Analysis of movement characteristics of Blind Football players by GPS
Masato Otake(Nihon University),Yasukazu Hashiguchi(Nihon University),Ryouji Isano(Nihon University),Shuji Sakamoto(Nihon University),Woo young Lee(Senshu University),Nobuo Kikuhara(Saitama University)
2018 KNSU International Conference -Asia-Pacific Conference on Coaching Science-   2018年10月25日   
歯科衛生専門学校授業におけるグループエクササイズフィットネスの心理的効果:運動強度と心理状態の変化に着目して
菅野慎太郎,橋口泰一,鈴木典
日大口腔科学会   2018年9月21日   

競争的資金等の研究課題

 
ブラインドサッカーにおける動作特性に着目した探索的研究
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大嶽真人
ブラインドサッカーのコーチングシステム構築に向けた言語教示内容の分析
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 橋口泰一
視覚障がい児童のスポーツの効果測定事業
特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会: 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 橋口泰一
大学生の社会的スキルに及ぼすスポーツ活動の効果-メタ分析及び大規模調査-
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 磯貝浩久
ブラインドサッカーにおけるゲーム分析からのコーチングシステムの構築
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 大嶽真人