若林 裕之

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
若林 裕之
 
ワカバヤシ ヒロユキ
eメール
hwakacs.ce.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
工学部情報工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(北海道大学)
科研費研究者番号
30434070

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
2006年3月
宇宙開発事業団 (現在 宇宙航空研究開発機構)
 
1991年11月
 - 
1992年11月
アラスカ大学地球物理研究所 客員研究員
 
1998年4月
 - 
2001年3月
佐賀大学 科学技術共同開発センター客員教授
 
2001年10月
 - 
2003年3月
第43次南極地域観測隊
 
2006年4月
   
 
日本大学 工学部 情報工学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
北海道大学 大学院工学研究科電子工学専攻 
 

委員歴

 
2014年5月
 - 
2018年5月
日本リモートセンシング学会  表彰委員
 
2014年5月
 - 
2016年5月
日本リモートセンシング学会  理事 (副会長)
 
2009年5月
 - 
2014年3月
日本リモートセンシング学会  RS教科書編集委員
 
2009年5月
 - 
2010年5月
日本リモートセンシング学会  研究委員会委員長
 
2008年5月
 - 
2010年5月
日本リモートセンシング学会  理事
 

受賞

 
2007年12月
日本リモートセンシング学会論文賞
 
1995年5月
日本リモートセンシング学会論文賞
 
1999年5月
日本リモートセンシング学会優秀論文発表賞
 
2009年9月
電子情報通信学会ソサイエティ活動功労賞
 

論文

 
小型UAV搭載用可視近赤外カメラシステムの開発
照井敬晶, 角張龍平, 若林裕之
日本リモートセンシング学会誌   37(5) 442-452   2017年11月   [査読有り]
Sea ice detection in the sea of Okhotsk using PALSAR and MODIS data
Hiroyuki Wakabayashi, Yuta Mori, and Kazuki Nakamura
IEEE Journal of Selected Topics in Applied Earth Observations and Remote Sensing   6(3)    2013年6月   [査読有り]
Polarimetric characteristics of sea ice in the Sea of Okhotsk observed by airborne L-band SAR
Hiroyuki Wakabayashi, Takeshi Matsuoka, Kazuki Nakamura and Fumihiko Nishio
IEEE Trans. on Geo-science and Remote Sensing   42(11) 2412-2425   2004年11月   [査読有り]
PALSARデータを使用したオホーツク海の海氷検出に関する研究
森 裕太, 若林裕之, 中村和樹
日本リモートセンシング学会誌   34(1) 10-21   2014年1月   [査読有り]
ERS-2による南極リュツォ・ホルム湾の海氷後方散乱特性
若林裕之, 河村俊行, 牛尾収輝 , 西尾文彦
日本リモートセンシング学会誌   26(2) 138-145   2006年4月   [査読有り]

Misc

 
GPUを用いたリモートセンシング画像解析の並列化手法の提案
八鍬杏平, 若林裕之
日本リモートセンシング学会誌   36(1)    2018年1月
多偏波合成開口レーダを使用した海氷モニタリング
若林裕之
東北の雪と生活   200-204   2011年2月
合成開口レーダデータを使用した地球環境モニタリング
若林裕之
福島の進路   33-36   2010年8月   [依頼有り]
合成開口レーダによる南極リュツォ・ホルム湾における一年氷・多年氷の氷厚推定の可能性
中村和樹, 若林裕之, 宇都正太郎 , 西尾文彦
月刊海洋   35(10) 699-705   2003年10月
合成開口レーダによる海氷観測の現状と将来展望 -サロマ湖及びオホーツク海の観測実験から-
若林裕之, 中村和樹, 西尾文彦
月刊海洋   30 45-48   2002年12月

書籍等出版物

 
地球観測の将来構想に関わる世界動向の分析
TF地球科学研究高度化ワーキンググループ (担当:共著, 範囲:第1,2章担当)
日本気象学会   2017年11月   ISBN:978-4-904129-17-3
Remote Sensing An Introductory Text Book
Maruzen Planet   2013年12月   ISBN:978-4-86345-185-8
基礎からわかるリモートセンシング 日本リモートセンシング学会編
理工図書   2011年5月   ISBN:978-4-8446-0779-3
資源・環境リモートセンシング実用シリーズ4 地球観測データの応用(1)
若林裕之, 中村和樹, 小澤 拓 (担当:共著, 範囲:83-112)
資源・環境観測解析センター   2004年3月   
GISの基礎と応用電気学会空間情報統合化技術調査専門委員会編集
オーム社   2001年2月   ISBN:4-274-07919-8

講演・口頭発表等

 
Monitoring freezing and thawing of shallow lakes in northern Alaska using Sentinel-1 data
Hiroyuki Wakabayashi and Kazushige Motohashi
Proceedings of International Geoscience and Remote Sensing Symposium   2018年7月26日   IEEE
Full Polarimetric ALOS-2/PALSAR-2 analysis for shoreline detection
Tomohito Asaka, Takashi Nonaka, Yuuki Uchida, Keishi Iwashita, Toshiro Sugimura, and Hiroyuki Wakabayashi
The 42nd COSPAR Scientific Assembly   2018年7月   COSPAR
Sea ice thickness measurement by ground penetrating radar for ground truth of microwave remote sensing data
M. Matsumoto, M. Yoshimura, K. Naoki, K. Cho, and H. Wakabayashi
The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences   2018年5月7日   ISPRS
Polarimetric characteristics of ice on Lake Saroma observed by Pi-SAR-L2
Hiroyuki Wakabayashi and Kohei Cho
International Geoscience and Remote Sensing Symposium   2017年7月27日   IEEE
Tropical forest disaster monitoring with multi-scale sensors from Terrestrial laser, UAV to satellite radar
Akira Kato, Hiroyuki Wakabayashi, Yuichi Hayakawa, Matt Bradford, Manabu Watanabe and Yoshio Yamaguchi
International Geoscience and Remote Sensing Symposium   2017年7月26日   IEEE

競争的資金等の研究課題

 
食糧安全保障を目指した気候変動適応策としての農業保険における損害評価手法の構築と社会実装
国立研究開発法人科学技術振興機構: 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
衛星観測と現地調査による被災地の環境再生モニタリングと地球環境教育の高度化
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 長 幸平(東海大学)
レーダを用いた北極域ツンドラ湖の環境変動に関する研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
小型無人飛行機(UAV)を用いたリモートセンシングの応用研究
工学部研究費(研究用機械・装置費)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月
レーザ計測に基づく大規模実環境に忠実な3次元モデルの全自動構築技術
研究期間: 2010年 - 2011年

特許

 
特開2003-149332 : 海氷の観測方法