中川 達功

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/02 03:03
 
アバター
研究者氏名
中川 達功
 
ナカガワ タツノリ
URL
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~biken/index/index.htm
所属
日本大学
部署
生物資源科学部生命化学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(首都大学東京(旧 東京都立大学))
科研費研究者番号
40434104

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
 - 
2004年3月
(独) 海洋研究開発機構 極限環境生物圏研究センター日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2004年4月
 - 
2005年3月
東北大学 大学院 理学研究科 地学専攻日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2005年4月
 - 
2006年3月
(独) 製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジー本部研究職員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本大学 生物資源科学部 農芸化学科助手
 
2009年4月
 - 
2014年3月
日本大学 生物資源科学部 生命化学科専任講師
 

学歴

 
 
 - 
2003年
首都大学東京(旧 東京都立大学) 大学院 理学研究科 生物科学専攻
 

論文

 
A. Nakaya, Y. Onodera, T. Nakagawa, K. Satoh, R. Takahashi, S. Sasaki, T. Tokuyama
24(2) 168-174   2009年5月   [査読有り]
Y. Ando, T. Nakagawa, R. Takahashi, K. Yoshihara, and T. TOKUYAMA
24(1) 21-27   2009年3月   [査読有り]
Y. Higashioka, H. Kojima, T. Nakagawa, S. Sato, and M. Fukui
20 383-390   2009年6月   [査読有り]
Nakagawa,T., Sato,S. and Fukui,M.
19(6) 909-913   2008年11月   [査読有り]
Iino, T., T. Nakagawa, K. Mori, S. Harayama, K. Suzuki.
58(7) 1675-1679   2008年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
微生物を数える3-分子生物学的手法 「環境と微生物の辞典」日本微生物生態学会 編
中川達功
朝倉書店   2014年6月   
硫黄と微生物 「環境と微生物の辞典」 日本微生物生態学会 編
中川達功
朝倉書店   2014年6月   
土壌微生物法実験法 第3版 日本土壌微生物学会編
高橋令二、中川達功
養賢堂   2013年6月   

講演・口頭発表等

 
16S rDNAに基づくメタゲノム解析による厚岸湖アマモ群落における亜酸化窒素低減微生物の探索
Yee Sai Kiat, 神宮寺賢、冨澤璃乃、梅沢和寛、上田眞吾、高橋令二、福井学、中川達功
日本微生物生態学会第31回大会   2016年10月24日   
微生物凝集体ソーティングによる未培養な亜硝酸酸化細菌Nitrotogaの獲得と生存戦略
石井拳人、藤谷拓嗣、中川達功、高橋令二、常田聡
日本微生物生態学会第31回大会   2016年10月24日   
アマモ群落の泥に生息する脱窒菌による温室効果ガスN2Oの削減
中川達功
共同利用共同研究拠点研究集会『環境微生物学最前線』プログラム   2016年2月19日   
N2O production by ammonia-oxidizing bacteria from mesotrophic sediments in coastal environments
Daisuke Imaizumi, Kentaro Soo, Reiji Takahashi, Shingo Ueda, Manabu Fukui, Tatsunori Nakagawa
第30回日本微生物生態学会大会   2015年10月18日   
アマモ群落に生息する微生物による地球温暖化ガスN2O固定の可能性
中川達功
北海道大学低温科学研究所 共同利用・共同研究拠点研究集会 微生物から捉える陸および水環境の物質循環と環境保全(2)   2015年2月20日