杉本 憲彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/24 02:51
 
アバター
研究者氏名
杉本 憲彦
 
スギモト ノリヒコ
eメール
noriphys-h.keio.ac.jp
URL
http://user.keio.ac.jp/~nori/
所属
慶應義塾大学
部署
法学部
職名
准教授
学位
理学博士(京都大学)
科研費研究者番号
10402538

プロフィール

地球流体力学を専門に研究しています。地球流体というのは、流体の中でも回転(自転)と成層の効果が効く流れで、偏西風や高低気圧、黒潮などの特徴的な流れが生じます。主な研究手法は、数値計算と理論的解釈です。最近では、金星の大気の流れにも興味があり、金星探査機「あかつき」の観測データを金星大気の大循環モデル「金星AFES」に同化する研究も行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
名古屋大学大学院 工学研究科 計算理工学専攻 COE研究員(常勤)
 
2008年4月
 - 
2015年3月
慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 専任講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学大講座 客員共同研究員
 
2014年3月
 - 
2016年3月
エコーポリテクニーク 気象力学研究室(LMD) 訪問研究員
 
2015年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 准教授
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 理学部 
 
2000年4月
 - 
2002年3月
京都大学 理学研究科 地球惑星科学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
京都大学 理学研究科 地球惑星科学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本流体力学会 年会2018 「成層・回転」  オーガナイザー
 
2018年1月
 - 
現在
International Venus Conference 2018, “Akatsuki” Novel Development of Venus Science,  Local organizing committee
 
2017年4月
 - 
現在
JpGU-AGU Joint Meeting 2017-2018 「海洋と大気の波動・渦・流体力学」  コンビーナー
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本物理学会 領域11(応用数学・力学・流体物理分野)  役員
 
2017年1月
 - 
2017年12月
Theoretical and Applied Mechanics Japan  editor
 

受賞

 
2016年3月
日本流体力学会 竜門賞 地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究
 
2008年9月
Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS) Young Researcher Award from IEEE Computational Intelligence Society Application of high speed spherical self-organizing map to climate research
受賞者: 杉本 憲彦
 
2008年3月
電子情報通信学会 2008年総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」 優秀ポスター賞 幾何情報処理を用いるデータマイニングに関する研究
受賞者: Pham Minh Tuan, (杉本 憲彦共著分)
 
2007年3月
名古屋大学 21世紀COEプログラム「計算科学フロンティア」 平成18年度FCSコンテスト 優秀賞 地球流体における渦(バランス)モードと重力波(非バランス)モードの非線形相互作用の研究
受賞者: 杉本 憲彦
 

論文

 
Kashimura H., Sugimoto N., Takagi M., Matsuda Y., Ohfuchi W., Enomoto T., Nakajima K., Ishiwatari M., Sato T., Hashimoto G., Satoh T., Takahashi Y., Hayashi Y.
Nature Communications   10(1)    2019年12月
© 2019, The Author(s). Cloud patterns are important clues for revealing the atmospheric circulation of Venus. Recently, a planetary-scale streak structure has been discovered in middle- and lower-cloud images of Venus’ night-side taken by IR2, the...
Sugimoto N., Takagi M., Matsuda Y.
Geophysical Research Letters   46(3) 1776-1784   2019年2月
©2019. American Geophysical Union. All Rights Reserved. Fully developed superrotation is reproduced for the first time in very long term simulations with a dynamical Venus general circulation model (GCM) driven by a zonally averaged component of ...
Ando H., Takagi M., Fukuhara T., Imamura T., Sugimoto N., Sagawa H., Noguchi K., Tellmann S., Pätzold M., Häusler B., Murata Y., Takeuchi H., Yamazaki A., Toda T., Tomiki A., Choudhary R., Kumar K., Ramkumar G., Antonita M.
Journal of Geophysical Research: Planets   123(JE005640) 11pp-2280   2018年7月   [査読有り]
©2018. American Geophysical Union. All Rights Reserved. Temperature profiles of the Venus atmosphere obtained by the Akatsuki radio occultation measurements showed a prominent local time dependence above 65-km altitude at low latitudes equatorward...
Takagi M., Sugimoto N., Ando H., Matsuda Y.
Journal of Geophysical Research: Planets   123(JE005449) 18pp-352   2018年1月   [査読有り]
©2018. American Geophysical Union. All Rights Reserved. Thermal tides in the Venus atmosphere are investigated by using a GCM named as AFES-Venus. The three-dimensional structures of wind and temperature associated with the thermal tides obtained ...
Miyamoto Y., Nolan D., Sugimoto N.
Journal of the Atmospheric Sciences   75(11) 3965-3986   2018年   [査読有り]
© 2018 American Meteorological Society. This study proposes that secondary eyewall formation (SEF) of tropical cyclones (TCs) can be attributed to an instability of flow in the free atmosphere coupled with Ekman pumping. Unstable solutions of a 1....

Misc

 
宇宙科学最前線「観測データを同化し金星の大気の謎に迫る」
杉本 憲彦
ISASニュース   438 1-3   2017年9月   [依頼有り]
渦からの自発的な重力波放射とその反作用 –海洋のエネルギー収支の再考-
杉本 憲彦, PLOUGONVEN Riwal
月間海洋 総特集「海洋循環に果たすスケール間相互作用の理解 / 南北・上下から見た日本の気象と気候」   49 295-302   2017年
竜門賞受賞記念解説「地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究」
杉本 憲彦
ながれ   36 181-185   2017年   [依頼有り]
計算科学フロンティアの展開 その3 –地球流体力学における大規模数値計算-
杉本 憲彦
名古屋大学情報連携基盤センターニュース   6(3) 274-281   2007年
第13回地球環境流体サマースクール参加報告
杉本 憲彦
天気   51 155-157   2004年

書籍等出版物

 
杉本 憲彦ほか6名 (担当:共著, 範囲:1-164)
慶應義塾大学出版会   2017年8月   ISBN:978-4-7664-2446-1
環境問題の3つの重要なテーマ(循環型社会、生物多様性、気候変動と温暖化対策)について、いま何が問題で、どう解決すべきかを、法学・経済学・自然科学の各分野から解説。また各章の最後では、ディスカッションの形式で、身近な問題について多面的に考えていく。
杉本 憲彦
ベレ出版   2015年5月   ISBN:978-4-8606-4433-8
風は直接、目に見える現象ではありませんが、私たちの生活を大きく左右する天気の要素のひとつです。本書では、そんな風が吹く仕組みを解説します。海風・陸風やフェーン、ビル風といった身近な風から、やませやだし、おろしといった地域特有の風、偏西風などの地球規模の風、低気圧や台風の風、気候と風の関係、風の利用や予測など、風に関する話が満載。捉えどころのなさそうな、大気の流れを調べている研究者が、風の「姿」を捉える旅に招待します。
自己組織化マップとそのツール
橘完太, 杉本 憲彦 (担当:共著, 範囲:147-160)
シュプリンガージャパン   2008年   

講演・口頭発表等

 
Introduction of the data assimilation for the Venusian atmosphere [招待有り]
杉本 憲彦
Lecture at the Akatsuki science working team meeting #9   2018年7月   
データ同化の現状と将来展望 [招待有り]
杉本 憲彦
第19回 惑星圏研究会   2018年2月   
Introduction of the Venus GCM (AFES-Venus) and its data assimilation system (VALEDAS) [招待有り]
杉本 憲彦
Seminar at the Airborne Science Program   2018年2月   
金星GCMへのデータ同化の広がりと今後の展望 [招待有り]
杉本 憲彦
第8回 データ同化ワークショップ   2018年1月   
Cyclone-anticyclone asymmetry in gravity wave radiation from vortical flows in f-plane shallow water [招待有り]
杉本 憲彦
Meteorological colloquium and Institute seminar at the Institute for Atmospheric and Environmental sciences   2016年1月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
「金星の風の不思議」, 慶應義塾大学グローバルサイエンスキャンパス事業講演会
杉本 憲彦   その他   2018年9月
特別講演会 「金星の大気大循環」, 日本気象予報士会 第91回神奈川支部例会
杉本 憲彦   その他   2018年4月
「UAVの飛行原理と地表風の特性」,測量調査分野におけるUASの安全運航に関する講習会
杉本 憲彦   その他   2017年7月
体験講座 「お天気の不思議 –みんなで雲を作ってみよう!-」, 科学とあそぶ幸せな一日
杉本 憲彦   その他   2010年9月
特別講義 II 「数値シミュレーションのお話 -計算物理学入門と地球温暖化について-」
杉本 憲彦   その他   2010年1月

競争的資金等の研究課題

 
階層的数値モデルによる金星大気重力波の励起、伝播、散逸過程の解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 杉本 憲彦
光化学結合GCMと地上観測による金星上層大気の運動と物質循環の解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 高木征弘
あかつき・地上観測と数値モデリングの連携による金星大気力学の研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 松田佳久
新理論に基づく大気大循環の3次元描像の解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 佐藤薫
大気重力波の自発的な放射過程の解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月

社会貢献活動

 
日本気象予報士会
【】  2006年4月 - 現在