大下和茂

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/22 12:06
 
アバター
研究者氏名
大下和茂
 
オオシタカズシゲ
所属
九州共立大学
部署
スポーツ学部 スポーツ学科
職名
准教授
学位
博士(学術)(神戸大学)
科研費研究者番号
10615826
ORCID ID
0000-0002-8049-1174

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
九州共立大学大学院 スポーツ学研究科 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
九州共立大学 スポーツ学部 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
九州共立大学 スポーツ学部 専任講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
九州共立大学 スポーツ学部 助教
 
2011年4月
 - 
2012年3月
九州共立大学 スポーツ学部 助手
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2011年3月
神戸大学 人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
 

受賞

 
2017年6月
日本生理人類学会 2016年度 論文奨励賞
 
2014年9月
ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 優秀プレゼンテーション賞
 
2014年2月
北九州市 北九州市民スポーツ賞
 
2013年9月
九州体育・スポーツ学会 第62回大会 若手優秀発表賞
 

論文

 
Oshita K., Yano S.
IFMBE Proc.   67 101-106   2017年12月   [査読有り]
大下和茂,ほか
体育学研究   62 679-690   2017年12月   [査読有り]
大下和茂
Oshita K., Matsuzaki T., Hikita A., Miyazaki R., Hagiwara G., Tashiro T., Tsuno T., Higuchi Y., Funatsu K.   176 613-624   2017年11月   [査読有り]
Oshita K., Yano S.
Hum Mov Sci   55 94-99   2017年10月   [査読有り]
大下和茂,矢野澄雄
Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc   2017 2526-2529   2017年7月   [査読有り]
大下和茂, 矢野澄雄
生体医工学   54(4) 177‐183-183   2016年8月   [査読有り]
大下和茂
Movement, Health & Exercise   5(2) 23-29   2016年11月   [査読有り]
Oshita K, Yano S
Journal of physiological anthropology   35(1) 14   2016年5月   [査読有り]
萩原 悟一, 秋山 大輔, 瀧 豊樹, 木村 公喜, 大下 和茂, 佐久間 智央, 神力 亮太, 磯貝 浩久
スポーツ産業学研究   26(1) 1_151-1_158   2016年   [査読有り]
    The purpose of this study was to longitudinally examine the modification of students' consciousness about the connections between study and occupation by implementing introductory education for improving willingness for study and future occup...
大下 和茂, 萩原 悟一, 門間 貴史, 津野 天兵, 小泉 和史, 大山 泰史, 山口 恭平, 田代 智紀, 船津 京太郎, 有吉 晃平
体力科学   65(4) 421-429   2016年   [査読有り]
The aim of the present study was to investigate the consciousness among young people (n = 494) of training body part(s) by showing participants a picture of an exercise, through a questionnaire-based survey. Participants were shown a picture of a ...
萩原 悟一, 磯貝 浩久, 大下 和茂
九州体育・スポーツ学研究 = Kyushu journal of physical education and sport   30(1) 1-11   2015年11月   [査読有り]
大下和茂, 矢野澄雄
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.2506P   2015年9月
Kazushige Oshita, Sumio Yano
The Open Biomedical Engineering Journal   9(1) 146-150   2015年7月   [査読有り]
大山 泰史, 大下 和茂, 川面 剛, ハ板 昭仁
九州共立大学研究紀要 = Study journal of Kyushu Kyoritsu University   5(2) 113-120   2015年
大下 和茂, 山口 恭平, 大山 泰史, 萩原 悟一, 船津 京太郎
スポーツ産業学研究   25(1) 1_39-1_48   2015年   [査読有り]
    The purpose of the present study was to investigate the perception regarding TAIKAN (which means the trunk or torso, including the core) exercise training among young adults. A questionnaire-based survey was performed on university students (n...
大下 和茂, 萩原 悟一, 門間 貴史, 津野 天兵, 小泉 和史, 大山 泰史, 山口 恭平, 田代 智紀, 船津 京太郎
体育学研究   60(2) 539-550   2015年   [査読有り]
  The aim of the present study was to investigate the effect of experience or inexperience with weight-training under appropriate supervision on knowledge of squatting exercises among university students. A questionnaire-based survey was conducted...
樋口 行人, 大下 和茂
九州共立大学研究紀要 = Study journal of Kyushu Kyoritsu University   6(1) 63-66   2015年
大下 和茂, 山口 恭平
Strength & conditioning journal : 日本ストレングス&コンディショニング協会機関誌   21(10) 15-19   2014年12月   [査読有り]
大下 和茂, 山口 恭平, 大山 泰史, 萩原 悟一, 船津 京太郎
日本生理人類学会誌   19(4) 239-245   2014年11月   [査読有り]
萩原 悟一, 中田 征克, 大下 和茂
教育医学 = The journal of education and health science   60(2) 143-147   2014年10月   [査読有り]
大下和茂, 矢野澄雄
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.1510P   2014年9月
大下 和茂, 小泉 和史
九州共立大学研究紀要   4(2) 121-128   2014年
The purpose of this article is to introduce CMAS (Confédération Mondiale des ActivitésSubaquatiques; World Underwater Federation in English), a body that governs underwater science, andsports. CMAS is an international federation that represents un...
Oshita K., Ross M., Koizumi K., Tsuno T., Yano S.
Asian J Sports Med   4(4) 256-262   2013年12月   [査読有り]
Oshita K, Ross M, Koizumi K, Tsuno T, Yano S, Asian journal of sports medicine, 2013, vol. 4, no. 4, pp. 256-262
Oshita K., Yano S.
Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc   2013 7459-7462   2013年7月   [査読有り]
Kazushige Oshita, Sumio Yano
Perceptual and Motor Skills   115(1) 143   2012年8月   [査読有り]
Oshita K, Yano S
Percept Mot Skills   115(1) 143-152   2012年8月   [査読有り]
Kazushige Oshita, Sumio Yano
   2012年3月   [査読有り]
大下 和茂, 湯浅 安理, ロス みさき, 小泉 和史, 川上 雅之, 矢野 澄雄
九州共立大学研究紀要   2(2) 83-93   2012年
Finswimming is a speed competition sport practiced on the surface or underwater, by using monofinsor normal swimfins (called bi-fins or stereo-fins). The swimming style is based on whole-body oscillationscalled "waving." In surface events (SF), co...
Oshita K, Yano S
Perceptual and motor skills   112(3) 860-870   2011年6月   [査読有り]
KAZUSHIGE OSHITA, SUMIO YANO
Perceptual and Motor Skills   112(3) 860   2011年6月   [査読有り]
大下和茂,矢野澄雄
臨床スポーツ医学   28(1) 79-84   2011年1月   [査読有り]
Oshita K, Yano S
Journal of physiological anthropology   30(6) 233-239   2011年   [査読有り]
大下和茂, ロス みさき, 小泉和史, 矢野澄雄, 樫本俊兵, 高橋康輝, 川上雅之
体育学研究   55(2) 471-480   2010年12月   [査読有り]
The present study was performed to investigate the energetics of surface events (SE) in finswimming by analyzing the concepts of critical velocity (Vcri) and anaerobic swimming capacity (ASC). Ten finswimmers (five males and five females, aged 24±...
大下 和茂, 矢野 澄雄
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME   48(4) 377-382   2010年8月   [査読有り]
The purpose of this study was to investigate the asymmetry of force fluctuation during low-intensity isometric plantar flexion. Twelve healthy males (21 ± 1 years) performed unilateral force matching tasks. Tasks were performed to maintain isometr...
Oshita K, Yano S
International journal of sports medicine   31(5) 342-346   2010年5月   [査読有り]
Oshita K, Yano S, International journal of sports medicine, 2010, vol. 31, no. 5, pp. 342-346
Asymmetry of force fluctuation during low intensity isometric contraction in leg muscle
Oshita K, Yano S
Int J Exerc Sci   3 68-77   2010年   [査読有り]
Oshita K, Yano S
Journal of physiological anthropology   29(3) 89-93   2010年   [査読有り]
Oshita K, Yano S
IFMBE Proc   31 309-312   2010年   [査読有り]
Oshita K. and Yano S.
Int J Sports Med   31 342-346   2010年   [査読有り]
Oshita K, Ross M, Koizumi K, Kashimoto S, Yano S, Takahashi K, Kawakami M
International journal of sports medicine   30(8) 598-601   2009年8月   [査読有り]
Oshita K, Ross M, Koizumi K, Kashimoto S, Yano S, Takahashi K, Kawakami M, International journal of sports medicine, 2009, vol. 30, no. 8, pp. 598-601
大下 和茂, 矢野 澄雄
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME   47(2) 250-254   2009年4月   [査読有り]
This study aimed to investigate the laterality and influence of contraction time during low-intensity isometric contraction (20% maximum voluntary contraction) in the case of upper limb physiological tremor (PT) . The PT signal was measured in 9 h...
大下和茂, ロス みさき, 小泉和史, 矢野澄雄, 樫本俊兵, 高橋康輝, 川上雅之
体育の科学   59(2) 131-135   2009年2月   [査読有り]
Oshita K., et al.
Int. J. Sports Med.   30(8) 598-601   2009年   [査読有り]
大下和茂,他
トレーニング科学   20(2) 137-143   2008年6月   [査読有り]
大下和茂,他
体育の科学   58(3) 207-211   2008年3月   [査読有り]
A study about the variable of WAVING in Japanese finswimmers in the 50-m Surface and Apnea
Oshita K., et al.
The Book of Proceedings of the International Scientific Conference of Aquatic Space Activities. Nomura T and Bado EU (Eds.)   403-408   2008年
大下和茂,他
水泳水中運動科学   11(1) 14-18   2008年   [査読有り]
The aim of present study was to quantify the Waving techniques, such as Waving rate (WR; Waving per second), Waving length (WL; distance per Waving), and swimming time (ST), in the finalists and the non-finalists in Finswimming world championships...
大下和茂, 大下和茂, 大下和茂, 柳本有二, 川上雅之, 戎利光, 押田芳治
体力科学   55(5) 513-519-519   2006年10月   [査読有り]
The purpose of this study was to investigate the circulation responses (heart rate (HR), systolic blood pressure (SBP) and second derivative of photoplethysmogram waveform index (|d/a|)) during 90 seconds continuous isometric contraction on trunk ...
大下 和茂, 柳本 有二, 川上 雅之
岡山体育学研究   0(13) 21-24   2006年3月   [査読有り]
大下和茂,他
ウォーキング研究   10(10) 147-151   2006年   [査読有り]

Misc

 
大下和茂, 矢野澄雄
人類働態学会会報(Web)   (103) 44 (WEB ONLY)   2016年3月

書籍等出版物

 
Applied Biological Engineering -Principles and Practice- (Eds: Ganesh R. Naik)
Oshita K, Yano S (担当:分担執筆, 範囲:Functional significance of force fluctuation during voluntary muscle contraction (chap. 11, pp 261-282))
Intech   2012年   
生活習慣病対策および健康維持・増進のための運動療法と運動処方(佐藤祐造 編著)
大下和茂,他 (担当:分担執筆, 範囲:バランスディスクとコア・トレーニング(pp 248-))
文光堂   2005年   
生活習慣病対策および健康維持・増進のための運動療法と運動処方(佐藤祐造 編著 )
大下和茂,他 (担当:分担執筆, 範囲:シューズ(pp 251-))
文光堂   2005年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
衣類の着用による触覚情報を利用した日常生活動作向上に繋がる方策について
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2021年4月    代表者: 大下和茂
発育期における下肢および大腰筋の発育と疾走能力の発達との関係
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年4月    代表者: 船津京太郎
布を介した触覚情報入力によるヒトの動作向上に繋がる方策の検討
科学研究費補助金: 若手研究B
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 大下和茂
手部の感覚情報を利用したバランス能力向上に繋がる方策の検討
科学研究費補助金: 若手研究B
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 大下和茂
筋収縮時における生理的振戦の特徴と振戦発生時の循環応答
科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 大下和茂