藤田 尚志

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/04 16:35
 
アバター
研究者氏名
藤田 尚志
 
フジタ ヒサシ
URL
http://sites.google.com/site/pratiquestheoriques/
所属
九州産業大学
部署
国際文化学部
職名
准教授
学位
博士(リール第三大学), 修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
九州産業大学 国際文化学部 准教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
九州産業大学 国際文化学部 講師
 
2008年
   
 
- 東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター( UTCP )」共同研究員
 
2007年
 - 
2010年
 科研費科研費プロジェクト「ベルクソン『創造的進化』の総合的研究-受容史的背景を踏まえた西洋哲学研究の再構築」(基盤研究(B)19320006)研究協力者、2009年より連携研究者
 
2006年
 - 
2009年
 独立行政法人日本学術振興会・特別研究員(PD)
 

学歴

 
 
 - 
2007年
リール第三大学(博士) 博士課程修了 哲学
 
 
 - 
2006年
東京大学 人文社会科学研究科 フランス語フランス文学
 
 
 - 
2001年
リール第三大学  DEA課程修了(哲学)
 
 
 - 
1999年
東京大学 人文社会科学研究科 フランス語フランス文学
 
 
 - 
1997年
京都大学 文学部 フランス語学フランス文学科
 

受賞

 
2010年
日本フランス語フランス文学会2010年度学会奨励賞
 

書籍等出版物

 
安孫子 信, 藤田 尚志, 杉村 靖彦 (担当:共編者)
Verlag Georg Olms   2018年2月   ISBN:9783487156545
岩野卓司, 合田正人, 郷原佳以, 坂本尚志, 澤田 直, 藤田尚志, 増田一夫, 宮﨑裕助 (担当:共著)
書肆心水   2017年11月   ISBN:4906917747
檜垣立哉, 兼本浩祐, バリー・デイントン, ほか (担当:共編者)
書肆心水   2017年10月   ISBN:4906917739
Considérations inactuelles. Bergson et la philosophie française du XIXe siècle
安孫子 信, 藤田 尚志, 杉村 靖彦 (担当:共編者)
Verlag Georg Olms   2017年8月   
藤本 夕衣, 古川 雄嗣, 渡邉 浩一, 井上 義和, 児島 功和, 坂本 尚志, 佐藤 真一郎, 杉本 舞, 高野 秀晴, 二宮 祐, 藤田 尚志, 堀川 宏, 宮野 公樹 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   2017年6月   ISBN:4779510813
郡司ペギオ幸夫, 河野哲也, バリー・デイントンほか (担当:共編者)
書肆心水   2016年11月   ISBN:4906917607
リクール読本
藤田 尚志 (担当:共著, 範囲:22「リクールとベルクソン 生の哲学の影」、228‐243頁。)
法政大学出版局   2016年7月   
澤田 直, 岩野卓司, 湯浅博雄, 合田正人, 増田一夫, 坂本尚志, 藤田尚志 (担当:共著)
書肆心水   2016年4月   ISBN:4906917534
藤田尚志, 宮野真生子 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   2016年4月   ISBN:4779510104
藤田尚志, 宮野真生子 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   2016年4月   ISBN:4779510090
藤田尚志, 宮野真生子 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   2016年4月   ISBN:4779510082
ジャック・デリダDerrida Jacques, 西山 雄二, 立花 史, 馬場 智一, 宮崎 裕助, 藤田 尚志, 津崎 良典 (担当:共訳)
みすず書房   2015年11月   ISBN:4622078759
Bergson et Freud, Paris : PUF
Brigitte Sitbon (éd.), 藤田 尚志, et al. (担当:共著, 範囲:"Télépathie : la recherche psychique de Bergson et la métapsychologie de Freud", pp.141-154.)
PUF   2014年4月   
Fragments & Wholes. Thoughts on the dissolution of the human mind
田母神顕二郎(ed.), 藤田 尚志 (担当:共著, 範囲:"Déjà vu: Force of the False and Idleness of Memory (Bergson or Deleuze III)", p. 81-112.)
Editions L'improviste   2013年9月   
『人文学と制度』
西山雄二(編)、藤田尚志他 (担当:共著, 範囲:「耳の約束――ニーチェ『われわれの教養施設の将来について』における制度の問題」、306-340頁。)
未來社   2013年3月   
Annales bergsoniennes, tome VI
Frédéric Worms (éd.), 藤田 尚志 (担当:共著, 範囲:"L'immémorial. Bergson avec Lévinas", "Bergson ou Deleuze. A quoi reconnaît-on le vitalisme ?")
PUF   2013年2月   ISBN:9782130617631
Bergson
藤田 尚志 (担当:共著, 範囲:L'Université manque à sa place dans la philosophie française, ou De la politesse de Bergson (pp. 223-238))
Cerf, coll. "Les Cahiers d'Histoire de la Philosophie"   2012年12月   
哲学の挑戦
西日本哲学会編 (担当:共著, 範囲:記憶を絶したもの―ベルクソンとレヴィナス(299-343頁))
春風社   2012年11月   
ABIKO Shin, FUJITA Hisashi, SUGIYAMA Naoki (担当:共編者, 範囲:Avertissement (pp. 5-6) et article "De l'industrie de l'être vivant": l'organologie bergsonienne" (pp. 59-73))
Georg Olms   2012年5月   ISBN:9783487147727
マルセル・ゴーシェ (担当:共訳, 範囲:後半部の翻訳および「訳者解説II:I――フランス現代思想におけるゴーシェの位置」(209-227頁))
トランスビュー   2010年2月   ISBN:4901510797
金森 修, 近藤 和敬, 原田 雅樹, 中村 大介, 米虫 正己, 藤田 尚志, 林田 愛 (担当:共著, 範囲:生命哲学の二つの岐路―ベルクソンとドゥルーズにおける形而上学・科学・政治(323‐407頁))
慶應義塾大学出版会   2013年1月   ISBN:4766420055
安孫子 信, 藤田 尚志, 合田 正人 (担当:共編者)
Verlag Georg Olms   2015年10月   ISBN:9783487153582
哲学と大学
西山雄二編 (担当:共著, 範囲:第10章「条件付きの大学――フランスにおける哲学と大学」(224-248頁))
未來社   2009年3月   ISBN:978-4-624-01179-6
Philosophie et Education II. Le droit à la philosophie
Yasuo Kobayashi and Yuji Nishiyama (eds.)
UTCP   2009年3月   ISBN:ISSN 1882-742X
mars 2009
Annales bergsoniennes, vol. IV
Frédéric Worms (ed.) (担当:共著, 範囲:"Le tremplin et la table. La matérialité chez Bergson et Levinas" (pp. 269-283))
PUF   2008年12月   ISBN:978-2-13-057230-5
décembre 2008
Annales bergsoniennes, vol. III
Frédéric Worms (ed.) (担当:共著, 範囲:article "Cassirer, lecteur de Bergson" (pp. 53-70) et tr.fr. de "L'éthique et la philosophie de la religion de Bergson" d'Ernst Cassirer (pp. 71-97))
PUF   2007年5月   ISBN:978-2-13-055711-1
mai 2007
ベルクソン読本
安孫子信・久米博・中田光雄 (担当:共著, 範囲:「世界におけるベルクソン研究の現在」の項(312-317頁))
法政大学出版局   2006年4月   ISBN:4-588-15044-8

論文

 
ベルクソンからハイデガーへ――リズムと場所(内在的感性論と内在的論理学)
藤田 尚志
『西日本哲学年報』   (25) 117-139   2017年10月   [招待有り]
“Bergson(-ism) Remembered: A Roundtable”
Curated by Mark William Westmoreland with Brien Karas (Villanova University, USA) Featuring Jimena Canales (University of Illinois-UC, USA), Stephen Crocker (Memorial University of Newfoundland, Canada), Charlotte De Mille (The Courtauld Gallery, UK), Souleymane Bachir Diagne (Columbia University, USA), Michael Foley (University of Westminster, UK), Hisashi Fujita (Kyushu Sangyo University, Japan), Suzanne Guerlac (University of California, Berkeley, USA), Melissa McMahon (Independent Scholar, Australia), Paulina Ochoa Espejo (Haverford College, USA), and Frédéric Worms (L’École Normale Supérieure, France)
Journal of French and Francophone Philosophy - Revue de la philosophie française et de langue française   XXIV(2) 221-258   2016年12月   [招待有り]
藤田 尚志
仏語仏文学研究   (49) 451-458   2016年10月   [査読有り]
塩川徹也先生古希記念特集号
「役に立つ」とはどういうことか?――デリダ、プラグマティズムから考える哲学的大学教育論
藤田 尚志
大学コンソーシアム京都編『2015年度 第21回FDフォーラム 報告集』   236-246   2016年6月   [招待有り]
分人主義的結婚は可能か?――ドゥルーズ=ガタリの『アンチ・オイディプス』を読み直す
藤田 尚志
玉川大学人文科学研究センター年報『Humanitas』   (7) 129-143   2016年3月   [招待有り]
結婚の形而上学とその脱構築――契約・所有・人格概念の再検討
藤田 尚志
北海道大学大学院文学研究科 応用倫理研究教育センター編『応用倫理――理論と実践の架橋』vol. 8 別冊『結婚という制度 その内と外――法学・社会学・哲学からのアプローチ』   (8) 24-40   2015年3月   [招待有り]
藤田 尚志
哲学論文集(九州大学哲学会編)   50 75-102   2014年12月   [招待有り]
藤田 尚志
九州産業大学国際文化学部紀要   0(52) 140-148   2012年9月
藤田 尚志
The Southern Journal of Philosophy (University of Memphis), 50th anniversary Special Issue: "Continental Philosophy: What and Where Will It Be?"   50(2) 250-272   2012年6月   [招待有り]
Politiques de l'émotion. Une lecture des Deux Sources de la morale et de la religion (1932) I. La portée de la voix : l'appel et la personnalité
FUJITA Hisashi
Croisements (Revue francophone de sciences humaines d'Asie de l'Est, sous l'égide des sociétés savantes francophones chinoise, coréenne, japonaise et taïwanaise)   (1) 208-236   2011年4月   [査読有り][招待有り]
デジャヴをめぐって:偽なるものの力と記憶の無為―ドゥルーズか、ベルクソンかⅢ
藤田 尚志
『記憶と実存〜フランス近現代文学におけるネオ・ジャクソニスム的傾向〜』(科学研究費補助金中間報告書)   55-81   2010年3月   [招待有り]
藤田 尚志
九州産業大学国際文化学部紀要   0(45) 181-193   2010年3月
藤田 尚志
九州産業大学国際文化学部紀要   0(43) 113-133   2009年9月
藤田 尚志
フランス語フランス文学研究   0(94) 119-131   2009年3月
Parmi les contemporains de Bergson, non seulement la droite nationaliste, conservatrice, adversaire du systeme parlementaire mais egalement la gauche antiparlementaire, revolutionnaire ou anarchisante manifesterent chacune leur faveur pour un berg...
言葉の暴力―ベルクソン哲学における比喩(トロープ)の問題―
フランス語フランス文学研究(日本フランス語フランス文学会)   (92) 182-197   2008年3月   [査読有り]
texte et conférence-vidéo prononcé le 20 avril 2007 à l'Université Toulouse      2007年4月
Bergson's Hand: Toward a History of (Non)-Organic Vitalism
SubStance (University of Wisconsin Press) Issu 114 "Henri Bergson's Creative Evolution 100 Years Later"   36(3) 115-130   2007年11月   [査読有り]
藤田 尚志
フランス哲学・思想研究   0(12) 121-132   2007年
藤田 尚志
フランス語フランス文学研究   0(91) 168-183   2007年9月   [査読有り]
Dans son tout premier article, Bergson en remarquant << la simulation inconsciente dans l'etat d'hypnotisme >>dissout le faux probleme de la << suggestion mentale >>. Ce qui interesse Bergson dans la suggestion hypnotique, c'est sa rythmicite d'un...
藤田 尚志
仏語仏文学研究   0(35) 167-190   2007年9月   [査読有り]
藤田 尚志
仏語仏文学研究   0(34) 97-121   2007年3月   [査読有り]
Fujita Hisashi
フランス哲学・思想研究   0(11) 146-155   2006年8月   [査読有り]
藤田 尚志
フランス語フランス文学研究   0(89) 74-89   2006年7月
Fujita Hisashi
仏語仏文学研究   0(31) 165-189   2005年6月   [査読有り]
Fujita Hisashi
仏語仏文学研究   0(30) 135-159   2004年12月   [査読有り]
Fujita Hisashi
仏語仏文学研究   0(29) 307-331   2004年5月   [査読有り]

Misc

 
踏切板と石板――ベルクソンとレヴィナスにおける物質性の概念
九州産業大学国際文化学部紀要   (第43号) 113-133   2009年9月
言葉の暴力II:アナーキーとアナロジー――ベルクソンとソレルにおける言語の経済
フランス語フランス文学研究(日本フランス語フランス文学会)   (no. 94) 119-131   2009年3月
藤田 尚志
フランス語フランス文学研究   92(0) 182-198   2008年
Images, figures, metaphores ou analogies - l'imagerie de Bergson est d'une richesse remarquable. Pour la duree : <<si je veux me preparer un verre d'eau sucree, j'ai beau faire, je dois attendre que le sucre fonde>> ; ou bien, la memoire se repres...
「大いなる生の息吹…」 ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』における呼びかけ・情動・二重狂乱(中)火の領分:情動と共同体
仏語仏文学研究(東京大学仏語仏文学研究会)   (第35号) 167-190   2007年9月

講演・口頭発表等

 
Deux signes du réel : "déjà-vu" bergsonien et "membre fantôme" merleau-Pontien
Vie et mémoire - débat sur le "déjà-vu" chez Bergson et Deleuze (28 octobre 2009)   2009年   
Désir et joie : deux philosophies politiques de la vie. Deleuze ou Bergson II
Colloque international "Tout ouvert. L'Evolution créatrice en tous sens", à l'Université Meiji (25 octobre 2009)   2009年   
場所の記憶、記憶の場所―『物質と記憶』における図式論の問題
第68回日本哲学会大会(2009年5月17日、慶応大学・三田キャンパス)   2009年   
言葉の暴力―ベルクソン哲学における言語の問題
《ベルクソン哲学総検証――生誕百五十年を前に》第5回「ベルクソンにおける生命・技術・言語」(合田正人先生・金森修先生と共に)(2008年12月12日、朝日カルチャーセンター)   2008年   
L'Université manque à sa place dans la philosophie française; ou de La Politesse de Bergson
Le 3e forum "Philosophie et Éducation": "Le droit à la philosophie. La déconstruction des institutions de recherche et d'enseignement à l'époque de la globalisation" à l'ENS (24 novembre 2008)   2008年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』の総合的研究-国際協働による西洋哲学研究の再構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 安孫子 信
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 西山 雄二
平成22年度は、1)ドイツ、フランス、アメリカ各班に分かれて研究活動を展開し、過去の哲学者たちが大学の全体像や教育の理念、学問の可能性をいかに構想したのかについて考察を深めた。アメリカ班によって、12月26日に公開ワークショップ「哲学と大学」が一橋大学で開催され、藤本夕衣(京都大学)氏を交えて、アメリカの大学における教養教育論争について討議した。ポスト・モダン時代の大学論の糸口をつかむために、リチャード・ローティとアラン・ブルームの古典論から教養教育の意義が再検討されたことは貴重な成果とな...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 藤田 尚志
一年目は近現代フランスのさまざまな思想家の著作を読み、そこに現れる身体観を、愛・性・家族の諸問題を通じて解き明かすことに努めた。この準備作業を経て、二年目の秋に国際シンポジウム「結婚の脱構築-レヴィ=ストロース、ボーヴォワール、クロソウスキー、デリダ」を開催し、海外の研究者らとともに、20世紀フランス思想に現れる身体の諸問題を、「結婚」という具体的な例に即して思考することを試みた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 安孫子 信
生の哲学,生政治,生命倫理といった諸分野が今日,全人類的広がりで考究している生命の行く末をめぐる議論に,ベルクソン哲学がなお不可欠の指針を与えていることを,日本における西洋思想研究としては画期的なことであるが,世界のベルクソン哲学研究者を動員し,それぞれの研究の伝統をぶつけ合う,経年の,開かれた共同研究を通じて提示していくことができた.
近現代フランス思想における身体概念の変遷
科学研究費補助金