山口 英峰

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 13:07
 
アバター
研究者氏名
山口 英峰
 
ヤマグチ ヒデタカ
URL
http://www.kiui.ac.jp/~hide/
所属
吉備国際大学
部署
社会科学部 スポーツ社会学科
職名
教授
学位
博士(健康科学)(川崎医療福祉大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2004年
東北大学未来科学技術共同研究センター 特別研究員
 
2004年
 - 
2009年
吉備国際大学 社会福祉学部 健康スポーツ福祉学科 講師
 
2009年
 - 
2011年
吉備国際大学 社会学部 スポーツ社会学科 講師
 
2011年
 - 
2013年
吉備国際大学 社会学部 スポーツ社会学科 准教授
 
2013年
 - 
2017年
吉備国際大学 社会科学部 スポーツ社会学科 准教授
 
2017年
 - 
現在
吉備国際大学 社会科学部 スポーツ社会学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科
 
 
 - 
2000年
川崎医療福祉大学大学院 医療技術学研究科 健康体育学専攻
 
 
 - 
2003年
川崎医療福祉大学大学院 医療技術学研究科 健康科学専攻
 

論文

 
Circannual variations in physiological response during unsteady-workload exercise.
Nishimura K., Yamaguchi H., Nagasaki K., Onodera S., Takamoto N.
Cogent Medicine.   30(6)    2018年9月   [査読有り]
Effect of circulatory system response to motor control in one-sided contractions.
Takahara T., Yamaguchi H., Seki K., Murata M., Onodera S.
Eur J Appl Physiol.   118(9) 1773-1780   2018年9月   [査読有り]
Changes in physiological response to tandem Bicycle exercise during the 5 hour endurance race in okayama international circuit.
Onodera S., Wada T., Tamari Y., Yoshida N., Hayashi S., Yamaguchi H., Saito T., Wakimoto T., Hamada H.
Kawasaki journal of Medical Welfare.   23(2) 65-70   2018年4月   [査読有り]
身体活動量増加を目的とした健康教室の有効性
山口英峰,天岡寛,村田めぐみ,高原皓全,倉知典弘,高藤順,竹内研.
吉備国際大学紀要論文(医療・自然科学系)   18 25-30   2018年3月
Effects of gait training with non-paretic knee immobilization on patients with hemiplegia : Three single-case studies.
Morishita M., Yamaguchi H., Yamagami S., Kobayashi M.
Physiotherapy Theory and Practice   22 1-10   2018年2月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
等尺性掌握運動時における上肢筋群の誘発筋電図F波および体性感覚誘発電位の変化
高原皓全,山口英峰,関和俊,村田めぐみ,小野寺昇
第71回日本体力医学会大会   2016年9月   
短時間仮眠が日中の眠気および集中力に及ぼす影響
山口英峰,木村有希、塩田稔樹、永見邦篤.
平成27年度岡山体育学会究発表会   2016年3月26日   
和気富士登山時の生体応答について
山口英峰,斎藤辰哉,吉岡哲,高橋康輝,西村一樹,椎葉大輔,天岡寛,飯田智行,枝松千尋,早田剛,飯塚智之,関和俊,荒谷友里恵,小野寺昇.
第76回日本体力医学会中国・四国地方会   2015年11月22日   
朝の軽運動が夕刻の最大筋力および脊髄の興奮性に及ぼす影響
山口英峰,高原皓全,村田めぐみ,関和俊,西村一樹,小野寺昇,永見邦篤.
第70回日本体力医学大会   2015年9月20日   
朝の軽運動が夕刻の最大筋力に及ぼす影響
山口英峰,西村一樹,小野寺昇,永見邦篤.
第66回日本体育学会   2015年8月26日   

競争的資金等の研究課題

 
体温と神経・筋機能の日内変動におけるピーク時刻後退に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 山口 英峰
生活習慣の乱れによる体温ピーク時刻の後退は神経・筋機能のピーク時刻を後退させ る
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 山口英峰
朝の軽運動は概日リズムを整える
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山口英峰
運動単位の動員閾値にサーカディアンリズムは存在するのか
財団法人石本記念デサントサポーツ科学振興財団: 
研究期間: 2009年       代表者: 山口英峰
日内変動における心臓自律神経系活動と反射機能との関係
明治生命安田厚生事業団: 健康医科学研究助成金
研究期間: 2008年       代表者: 山口 英峰
加齢に伴う脊髄α運動神経群に対する抑制性の適応に関する研究
その他の研究制度
代表者: 山口英峰