川村 和也

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 18:09
 
アバター
研究者氏名
川村 和也
 
カワムラ カズヤ
URL
http://www.tms.chiba-u.jp/~kawamura
所属
千葉大学
部署
フロンティア医工学センター
職名
助教
学位
博士(工学)(早稲田大学)
その他の所属
千葉大学千葉大学

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
早稲田大学 次世代ロボット研究機構 研究院客員講師
 
2012年4月
 - 
2015年9月
早稲田大学 ASMeW 招聘研究員
 
2012年4月
 - 
現在
千葉大学 フロンティア医工学センター 助教
 
2012年8月
 - 
2012年10月
SSSA (Italy) 客員研究員
 
2010年
 - 
2012年
早稲田大学 理工学術院 助手
 
2008年10月
 - 
2010年3月
早稲田大学 客員研究助手
 
2006年6月
 - 
2008年3月
早稲田大学 理工学術院 客員研究助手
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
早稲田大学 理工学研究科(博士後期課程) 生命理工学専攻
 

受賞

 
2017年
日本コンピュータ外科学会 日本コンピュータ外科学会論文賞(医学賞) f-NIRSを用いた手術支援ロボットにおける操作性の定量化
受賞者: 三浦智,小林洋,川村和也,関雅俊,中島康貴,野口建彦,横尾勇樹,藤江正克
 
2016年12月
2016 IEEE Conference on Robotics and Biomimetics Finalists of T.J. Tarn Best Paper in Robotic Award Pupil Variation for Use in Zoom Control
 
2013年3月
日本機械学会 日本機械学会賞(論文賞) 心拍同期機能を有したマスタ・スレーブ型手術ロボットシステムの開発 (位置同期性能および同期縫合操作性の評価)
受賞者: 豊田和孝,岡本淳,川村和也,小林洋,竹村博文,藤江正克
 
2013年
千葉大学 千葉大学工学部社会貢献賞 疑似診療・手術体験を通じた中高生への医療機器・医工学教育活動
受賞者: 中村亮一,川平洋,山口匡,伊藤公一,五十嵐辰夫,大沼和彦,高橋応明,斎藤一幸,菅幹生,中口俊哉,川村和也,大西峻
 
2010年
日本コンピュータ外科学会 講演論文賞 術空間再現シミュレータを用いた手術支援ロボットの設計手法に 関する基礎的検討
受賞者: 瀬能洸冬,川村和也,小林洋,藤江正克
 
2006年
日本機械学会 三浦賞 遠隔ロボット手術の最適環境構築を目指したリアルタイムシミュレーション技術の開発
 
2015年
IPCAI Best Paper Award Finalist Brain Activation in Parietal area during Manipulation with a Surgical Robot Simulator
 

論文

 
Miura S, Kawamura K, Kobayashi Y, Fujie MG
IEEE transactions on bio-medical engineering      2018年12月   [査読有り]
Cao Y, Liu L, Miura S, Seki M, Kobayashi Y, Kawamura K, Fujie MG
International journal of computer assisted radiology and surgery   12(11) 2003-2013   2017年11月   [査読有り]
小池友和, 藤谷順子, 西垣有希子, 安藤武, 關口相和子, 山下祥平, 川村和也, 藤江正克
理学療法‐臨床・研究・教育   24(1) 36‐39-39   2017年3月
呼吸リハビリテーションにおいては胸郭可動域を改善させることによる換気量の増大が期待されている。胸郭拡張差と肺活量の関係は諸家により検討されているが、胸郭拡張差と一回換気量に関しての報告は少ない。今回我々は、胸郭計測システムを用いて胸郭可動域と深呼吸時の換気量の関係について検討した。胸郭拡張差と最大吸気量には相関が認められ、胸郭拡張差1cmあたり剣状突起高では男性約168.8ml、女性約458.9ml換気量が増えており、第10肋骨高では男性約229.0ml、女性では約326.0ml換気量が増...
井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
電気学会論文誌 C   137(3) 452‐458(J‐STAGE)-458   2017年1月
© 2017 The Institute of Electrical Engineers of Japan. In this report, we discuss about walker which use for crutch walking exercises for hemiplegia by way of illustration. We developed the new walker which enable person have hemiplegia to crutch ...
Cao Yang, Miura Satoshi, Liu Quanquan, Kobayashi Yo, Kawamura Kazuya, Sugano Shigeki, Fujie Masakatsu G.
MECHANICAL ENGINEERING JOURNAL   4(4)    2017年   [査読有り]
Yang Cao, Satoshi Miura, Quanquan Liu, Yo Kobayashi, Kazuya Kawamura, Shigeki Sugano, Masakatsu G. Fujie
ROBOMECH Journal   3    2016年12月
© 2016, Cao et al. Increased attention has been focused on laparoscopic surgery because of its minimal invasiveness and improved cosmetic properties. However, the procedure of laparoscopic surgery is considerably difficult for surgeons, thus pavin...
Yuta Koreeda,Yo Kobayashi,Satoshi Ieiri,Yuya Nishio,Kazuya Kawamura,Satoshi Obata,Ryota Souzaki,Makoto Hashizume,Masakatsu G. Fujie
Int. J. Computer Assisted Radiology and Surgery   11(10) 1927-1936   2016年10月   [査読有り]
Kazuya Kawamura,Hiroto Seno,Yo Kobayashi,Satoshi Ieiri,Makoto Hashizume,Masakatsu G. Fujie
Advanced Robotics   30(7) 476-488   2016年4月   [査読有り]
Yang Cao 0006,Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Shigeki Sugano,Masakatsu G. Fujie
IEEE Robotics and Automation Letters   1(1) 531-538   2016年1月   [査読有り]
Yang Cao 0006,Yo Kobayashi,Satoshi Miura,Kazuya Kawamura,Masakatsu G. Fujie,Shigeki Sugano
2016 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2016, Qingdao, China, December 3-7, 2016   479-484   2016年   [査読有り]
2016 WORLD AUTOMATION CONGRESS (WAC)      2016年   [査読有り]
K. Murakami, M. Tsukune, Y. Kobayashi, M. Fujie, R. Kishimoto, T. Obata, K. Kawamura, K. Yoshida, T. Yamaguchi
2015 IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS 2015      2015年11月
© 2015 IEEE. The frequency dependence of shear wave velocity provides significant information for evaluating viscoelastic character of tissue relating to liver fibrosis. Although Voigt model has been often used in viscoelastic analysis, several st...
Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Yasutaka Nakashima,Masakatsu G. Fujie
Int. J. Computer Assisted Radiology and Surgery   10(6) 783-790   2015年6月   [査読有り]
SEKINE Masashi, XIE Le, KAWAMURA Kazuya, YU Wenwei
Int J Adv Robot Syst (Web)   12(Feb) WEB ONLY   2015年2月   [査読有り]
© 2015 The Author(s). Transhumeral and shoulder disarticulation amputees find it difficult to move their prostheses for goal-oriented movement using only their small residual limbs. Thus, spatial accessibility is especially important for shoulder ...
Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Masatoshi Seki,Yasutaka Nakashima,Takehiko Noguchi,Yuki Yokoo,Masakatsu G. Fujie
JACIII   19(1) 143-151   2015年1月   [査読有り]
Y. Koreeda,S. Obata,Yuya Nishio,Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,R. Souzaki,Satoshi Ieiri,Makoto Hashizume,Masakatsu G. Fujie
Int. J. Computer Assisted Radiology and Surgery   10(5) 619-628   2015年   [査読有り]
Satoshi Miura,Yuya Matsumoto,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Yasutaka Nakashima,Masakatsu G. Fujie
37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2015, Milan, Italy, August 25-29, 2015   2015 17-20   2015年   [査読有り]
Yang Cao,Quanquan Liu,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Shigeki Sugano,Masakatsu G. Fujie
2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2015, Zhuhai, China, December 6-9, 2015   1637-1642   2015年   [査読有り]
中島康貴, 渡邉峰生, 井上淳, 川村和也, 藤江正克
バイオメカニズム   22 237-248   2014年7月
三浦智, 小林洋, 川村和也, 関雅俊, 中島康貴, 野口建彦, 横尾勇樹, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   16(2) 61-69   2014年7月
Surgical robots have undergone considerable improvement by only mechanical performance in recent years, but the intuitive operability has not been quantitatively evaluated. This paper presents the brain activity measurement method to determine int...
Jun Inoue, Kazuya Kawamura, Masakatsu G. Fujie
Proceedings of the IASTED International Conference on Biomedical Engineering, BioMed 2014   260-266   2014年1月
In this paper, we performed biodynamic verification of a muscular activity model using Bayes estimation. In creating this model, we aimed to enable quantitative selection of lower foot orthoses based on a patient's muscular activity in the lower f...
安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 井上剛伸, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   79(802) WEB ONLY 2037-2047-2047   2013年7月
Learning is essential for human being. In this article, we analyzed the human learning strategy in the multi-movement discrimination by learning machine. Especially, the leg movements' discrimination using Self Organizing Mapping was taken as an e...
OKAMOTO Jun, KUMASAKA Yu, KAWAMURA Kazuya, MATSUMOTO Tomoyuki, KUBO Seiji, MURATSU Hirotsugu, KUROSAKA Masahiro, FUJIE Masakatsu G.
J Adv Mech Des Syst Manuf (Web)   7(2) 125-139 (J-STAGE)-139   2013年6月   [査読有り]
We have been developing the Orthopaedic physical examination assisting system using magnetic position tracker to quantitate knee laxity diagnosis. In this study, to investigate the influence of anatomical landmark sampling error for bone coordinat...
Nishigaki Y, Mizuguchi H, Takeda E, Koike T, Ando T, Kawamura K, Shimbo T, Ishikawa H, Fujimoto M, Saotome I, Odo R, Omoda K, Yamashita S, Yamada T, Omi T, Matsushita Y, Takeda M, Sekiguchi S, Tanaka S, Fujie M, Inokuchi H, Fujitani J
Journal of neuroengineering and rehabilitation   10 45   2013年5月   [査読有り]
豊田和孝, 岡本淳, 岡田薫, 梅田剛史, 川村和也, 小林洋, 竹村博文, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   79(800) WEB ONLY 1066-1078-1078   2013年5月
In this study, we developed a robotic heartbeat simulator which is able to simulate a heartbeat for quantitative evaluation of availability and safety of the master-slave surgical robot system with heartbeat synchronization mechanism. We got a des...
Yo Kobayashi,Akinori Onishi,Hiroki Watanabe,Takeharu Hoshi,Kazuya Kawamura,Masakatsu G. Fujie
Advanced Robotics   27(6) 417-430   2013年4月   [査読有り]
Myagmarbayar Nergui, Nevrez Imamoglu, Yuki Yoshida, Jose Gonzalez, Masashi Sekine, Kazuya Kawamura, Wenwei Yu
Communications in Computer and Information Science   362 CCIS 159-172   2013年4月
Our research is focused on the home healthcare support system for motor function impaired persons (MIPs) whose motor function should be closely monitored during either in-hospital or at-home training therapy process. Especially, for the at-home mo...
Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Masatoshi Seki,Yasutaka Nakashima,Takehiko Noguchi,Masahiro Kasuya,Yuki Yokoo,Masakatsu G. Fujie
JRM   25(1) 162-171   2013年2月   [査読有り]
Surgical robots have undergone considerable improvement in recent years. But intuitive operability, which represents user interoperability, has not been quantitatively evaluated. With the aim of designing a robot with intuitive operability, we thu...
WATANABE Takao, TONO Tatsuya, NAKASHIMA Yasutaka, KAWAMURA Kazuya, INOUE Jun, KIJIMA Yoshifumi, TOYONAGA Yuki, YUJI Tadahiko, HIGASHI Yuji, FUJIMOTO Toshiro, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2013 Vol.4 2663-2668   2013年   [査読有り]
KASUYA Masahiro, SEKI Masatoshi, KAWAMURA Kazuya, KOBAYASHI Yo, FUJIE Masakatsu G., YOKOI Hiroshi
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2013 Vol.1 93-98   2013年   [査読有り]
MIURA Satoshi, KOBAYASHI Yo, KAWAMURA Kazuya, SEKI Masatoshi, NAKASHIMA Yasutaka, NOGUCHI Takehiko, YOKOO Yuki, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2013 Vol.6 4356-4362   2013年   [査読有り]
Satoshi Miura, Yo Kobayashi, Masatoshi Seki, Yasutaka Nakashima, Takehiko Noguchi, Yuki Yokoo, Masakatsu G. Fujie, Kazuya Kawamura
6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and 13th International Symposium on Advanced Intelligence Systems, SCIS/ISIS 2012   1195-1200   2012年12月   [査読有り]
Surgical robot has been considerable improvement in recent years, but their intuitive operability, representing user interoperability, has yet to be quantitatively evaluated. Thus, we propose a method for measuring brain activity to determine intu...
安藤 健, 小島 康史, 関 雅俊, 川村 和也, 二瓶 美里, 佐藤 春彦, 辰巳 友佳子, 大野 ゆう子, 井上 剛伸, 藤江 正克
日本ロボット学会誌   30(9) 873-880   2012年11月
The mobility-aid is important for the people with severe disability, especially, the child with sever cerebral palsy. In this article, interactive learning system between human and robot is applied for an electric powered wheelchair of the person ...
Kazuya Kawamura,Yuya Morita,Jun Okamoto,Kohei Saito,Salvatore Sessa,Massimiliano Zecca,Atsuo Takanishi,Shin-ichiro Takasugi,Masakatsu G. Fujie
JRM   24(5) 828-837   2012年10月   [査読有り]
In gait rehabilitation, achieving a gait analysis method using a simple system during long-distance walking is important. This method is required to measure all gait parameters in a single measurement. In addition, it is required that the measurem...
Jun Inoue, Kazuya Kawamura, Masakatsu G. Fujie
Proceedings of the IEEE RAS and EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics   431-436   2012年10月   [査読有り]
The objective of this study is to develop an estimation model of foot-ankle muscular activity for designing an ankle-foot orthosis with a training function. We built a Bayesian network model [1] and chose three muscles to confirm its effectiveness...
KOBAYASHI Yo, KATO Atsushi, WATANABE Hiroki, HOSHI Takeharu, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G.
J Biomech Sci Eng (Web)   7(2) 177-187 (J-STAGE)-187   2012年9月
We present a material model to represent the viscoelastic and material, nonlinear properties of liver tissue for needle insertion simulation. Material properties of liver tissue were measured using a rheometer and modeled from the measured data. T...
ANDO Takeshi, KAWAMURA Kazuya, FUJITANI Junko, KOIKE Tomokazu, NISHIGAKI Yukiko, MIZUGUCHI Hiroko, FUJIMOTO Masashi, FUJIE Masakatsu G.
J Biomech Sci Eng (Web)   7(3) 328-334 (J-STAGE)-334   2012年9月
Improvement of thoracic mobility is important for patients with diseases such as chronic obstructive pulmonary disease (COPD). Chest expansion training is often conducted to increase the thoracic excursion. However, it is difficult for the patient...
Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Masatoshi Seki,Yasutaka Nakashima,Takehiko Noguchi,Masahiro Kasuya,Yuki Yokoo,Masakatsu G. Fujie
Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2012, San Diego, CA, USA, August 28 - September 1, 2012   2012 337-343   2012年8月   [査読有り]
Jun Inoue,Kazuya Kawamura,Masakatsu G. Fujie
Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2012, San Diego, CA, USA, August 28 - September 1, 2012   2012 6446-6450   2012年8月   [査読有り]
INOUE Jun, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Syst Man Cybern   2012 Vol.4 3257-3262   2012年   [査読有り]
Takehiko Noguchi,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Hiroki Watanabe,Yu Tomono,Yuta Sekiguchi,Hiroto Seno,Kazutaka Toyoda,Makoto Hashizume,Masakatsu G. Fujie
2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2012, Vilamoura, Algarve, Portugal, October 7-12, 2012   1270-1276   2012年   [査読有り]
OKAMOTO Jun, KUMASAKA Yu, KAWAMURA Kazuya, MATSUMOTO Tomoyuki, KUBO Seiji, MURATSU Hirotsugu, KUROSAKA Masahiro, FUJIE Masakatsu G.
J Adv Mech Des Syst Manuf (Web)   5(4) 358-371 (J-STAGE)-148   2011年12月
In this study, to improve accuracy and reproducibility of knee laxity diagnosis, Orthopaedic physical examination assisting system was developed. The system enables the surgeon to monitor the force vector added by himself and the posture of the kn...
豊田 和孝, 岡本 淳, 川村 和也, 小林 洋, 竹村 博文, 藤江 正克
日本機械学会論文集 C編   77(778) 2363-2375   2011年
In this paper, a master-slave surgical robot system with heartbeat synchronization mechanism for off-pump CABG suturing operation is developed. This robot system is composed of a master manipulator, a slave manipulator, a heartbeat sensing system ...
岡本 淳, 熊坂 悠, 川村 和也, 松本 知之, 久保 晴司, 村津 裕嗣, 黒坂 昌弘, 藤江 正克
日本機械学会論文集 C編   77(782) 3780-3793   2011年
We have been developing the Orthopaedic physical examination assisting system using magnetic position tracker to quantitate knee laxity diagnosis. In this study, to investigate the influence of anatomical landmark sampling error for bone coordinat...
岡本淳, 熊坂悠, 川村和也, 松本知之, 久保晴司, 村津裕嗣, 黒坂昌弘, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   77(773) WEB ONLY 138-148-148   2011年
In this study, to improve accuracy and reproducibility of knee laxity diagnosis, Orthopaedic physical examination assisting system was developed. The system enables the surgeon to monitor the force vector added by himself and the posture of the kn...
Inoue J, Yu W, Liu KZ, Kawamura K, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 8141-8145   2011年   [査読有り]
Seno H, Kawamura K, Kobayashi Y, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 4542-4545   2011年   [査読有り]
Kawamura K, Seno H, Kobayashi Y, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 4538-4541   2011年   [査読有り]
Kasuya M, Seki M, Kawamura K, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 4116-4119   2011年   [査読有り]
Ando T, Kawamura K, Fujitani J, Koike T, Fujimoto M, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 1272-1274   2011年   [査読有り]
T. Watanabe, K. Kawamura, K. Harada, K. Harada, E. Susilo, E. Susilo, A. Menciassi, P. Dario, M. G. Fujie
2010 3rd IEEE RAS and EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics, BioRob 2010   114-119   2010年12月
A reconfigurable master device has been proposed for a reconfigurable modular surgical robot. A simulation-based experimental setup was developed to evaluate the feasibility of the master device. The time spent to perform a given task, the workloa...
Kobayashi Y, Onishi A, Watanabe H, Hoshi T, Kawamura K, Hashizume M, Fujie MG
Computerized medical imaging and graphics : the official journal of the Computerized Medical Imaging Society   34(1) 9-18   2010年1月   [査読有り]
Kawamura K, Kobayashi Y, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2010 2308-2312   2010年   [査読有り]
Kobayashi Y, Onishi A, Hoshi T, Kawamura K, Hashizume M, Fujie MG
International journal of computer assisted radiology and surgery   4(1) 53-63   2009年1月   [査読有り]
遠隔ロボット手術の操作性評価を目指したリアルタイムシミュレーション技術に関する研究
川村 和也
早稲田大学      2009年   [査読有り]
KOBAYASHI Yo, ONISHI Akinori, WATANABE Hiroki, HOSHI Takeharu, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2009 Vol.7 3886-3893   2009年   [査読有り]
Kawamura K, Kobayashi Y, Fujie MG
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2009 5106-5109   2009年   [査読有り]
Yo Kobayashi,Atsushi Kato,Takeharu Hoshi,Kazuya Kawamura,Masakatsu G. Fujie
2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, October 11-15, 2009, St. Louis, MO, USA   2155-2161   2009年   [査読有り]
Yo Kobayashi, Akinori Onishi, Hiroki Watanabe, Takeharu Hoshi, Kazuya Kawamura, Masakatsu G. Fujie
Proceedings of the 2nd Biennial IEEE/RAS-EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics, BioRob 2008   469-476   2008年12月
Needle insertion treatments require accurate placement of the needle tip into the target cancer. However, it is difficult to insert the needle into the cancer because of cancer displacement due to the organ deformation. Then, a path planning using...
Kazuya Kawamura,Yo Kobayashi,Masakatsu G. Fujie
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   5128 311-319   2008年   [査読有り]
Yo Kobayashi,Akinori Onishi,Takeharu Hoshi,Kazuya Kawamura,Masakatsu G. Fujie
2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, September 22-26, 2008, Acropolis Convention Center, Nice, France   1433-1440   2008年   [査読有り]
遠隔ロボット手術の最適環境構築を目指したリアルタイムシミュレーション技術の開発
川村 和也
早稲田大学      2006年   [査読有り]
川村 和也, 田島 孝重, 岡本 淳, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   7(1) 7-14   2005年6月   [査読有り]
ロボット手術用リアルタイムシミュレーション技術の開発
川村 和也
早稲田大学      2004年   [査読有り]

Misc

 
田村俊世, 井上淳, 安藤健, 川村和也
電気学会技術報告   (1398) 27p   2017年7月

講演・口頭発表等

 
佐々木勇哉, 川村和也
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018年6月1日   
関根雅, 関根雅, 塩田耕己, LIU Enbo, 川村和也, YU Wenwei
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018年6月1日   
吉村俊昭, 井上淳, 川村和也
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018年6月1日   
田形裕輔, 川村和也
日本コンピュータ外科学会誌   2017年10月20日   
志村悠麻, 川村和也
日本コンピュータ外科学会誌   2017年10月20日   
上原瑠哉, 三浦智, 川村和也, 藤江正克, 菅野重樹, 宮下朋之
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   2017年9月11日   
飯岡俊光, 井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
LIFE講演概要集(CD-ROM)   2017年9月5日   
飯岡俊光, 井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
電気学会システム研究会資料   2017年6月3日   
医工連携を考える これからのものつくりのあり方 WaFLESのロボット化に向けた空間確保機能を有するロボットシステムの提案と開発
川村 和也, 五十嵐 辰男
日本内視鏡外科学会雑誌   2016年12月   
鈴木祥慶, 石井啓介, 川村和也
日本コンピュータ外科学会誌   2016年11月1日   
川村和也
日本コンピュータ外科学会誌   2016年11月1日   
飯岡俊光, 井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
LIFE講演概要集(CD-ROM)   2016年9月4日   
三浦智, 川村和也, 小林洋, 宮下朋之, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2016年6月8日   
<p>This paper presents a novel evaluation method for an intuitive operability of master-slave surgical robot. Surgical robot is controlled to match the posture of the arm tip between master-slave, however, it's impossible to match the posture beca...
村上顕央, 吉田憲司, 川村和也, 築根まり子, 小林洋, 藤江正克, 岸本理和, 小畠隆行, 山口匡
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2016年2月24日   
川村和也, 田中佑弥, 荻野嵩人, 五十嵐辰男
日本コンピュータ外科学会誌   2015年10月31日   
三浦智, 太田隆太郎, YANG Cao, 川村和也, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   2015年10月31日   
荻野嵩人, 田中佑弥, 川村和也, 五十嵐辰男
日本コンピュータ外科学会誌   2015年10月31日   
関将輝, 小幡聡, 三浦智, 是枝祐太, 小林洋, 川村和也, 宗崎良太, 家入里志, 橋爪誠, 宮下朋之, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   2015年10月31日   
荻野嵩人, 田中佑弥, 川村和也, 五十嵐辰男
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2015年8月26日   
井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2015年8月26日   
三浦智, 高澤純一, 川村和也, 小林洋, 中島康貴, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年5月16日   
井上淳, 山口浩志, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年5月16日   
杉本浩章, 石井琢郎, 川村和也, 坂本信一, 納谷幸男, 山口匡, 五十嵐辰男
泌尿器外科   2015年5月15日   
村上顕央, 吉田憲司, 川村和也, 築根まり子, 小林洋, 藤江正克, 山口匡
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2015年3月6日   
田中佑弥, 荻野嵩人, 川村和也, 五十嵐辰男
日本コンピュータ外科学会誌   2014年10月31日   
CAO Y., 三浦智, 是枝祐太, 西尾祐也, 小林洋, 川村和也, 家入里志, 橋爪誠, 菅野重樹, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   2014年10月31日   
井上淳, 山口浩志, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 東祐二, 湯地忠彦, 藤元登四郎
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月10日   
三浦 智, 小林 洋, 川村 和也, 中島 康貴, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014年9月7日   
This Paper presents a novel evaluation method for surgical robotics operation by analyzing user's brain activity. In this paper, the objective is to validate that the intraparietal sulcus which is the brain area activated significantly according t...
三浦智, 小林洋, 川村和也, 中島康貴, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月6日   
片麻痺患者に対する杖歩行練習用歩行補助器の開発
井上 淳, 山口 浩志, 花崎 泉, 川村 和也, 貴嶋 芳文, 東 祐二, 湯地 忠彦, 藤元 登四郎
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集   2014年9月   
Mechanical Design of Forceps Manipulator Using Surgical Robot Simulation and Operability Evaluation [招待有り]
川村 和也
36th Annual International IEEE EMBS Conference   2014年8月   
井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014年5月24日   
In this paper, we performed biodynamic verification of a normal gait muscular activity model gait with lower foot orthosis muscular activity model and using Bayes estimation. In creating this model, we aimed to enable quantitative selection of low...
三浦 智, 小林 洋, 川村 和也, 中島 康貴, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014年5月24日   
This Paper presents a novel evaluation method for surgical robotics operation by analyzing user's brain activity. In this paper, we evaluated the operability as how strongly the user perceives that the robot belongs to the user's body. In experime...
三浦智, 小林洋, 川村和也, 中島康貴, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2014年5月24日   
井上淳, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2014年5月24日   
小山晃広, 川村和也, 五十嵐辰男
医工学治療   2014年3月   
西尾慧祐, 石井琢郎, 川村和也, 五十嵐辰男
電子情報通信学会技術研究報告   2014年1月19日   
【背景・目的】腹腔鏡下手術における操作性に内視鏡の位置と運動は大きく関与すると考えられる.本研究では従来のスコピストによるカメラ操作に代わる,固定広角カメラを利用した術野自動提示システムの開発を行った.【手法】広角画像における鉗子先端を画像処理によって自動検出し,挿入された二本の鉗子先端の中心がその時刻における術者の関心領域であるという仮定の下にその領域を術者に提示した.【結果】自動検出は誤差約11pixelsで行われた.また,評価実験から提案システムがスコピストによる内視鏡操作と同等の操...
杉本浩章, 石井琢郎, 川村和也, 坂本信一, 山口匡, 五十嵐辰男
電子情報通信学会技術研究報告   2014年1月19日   
前立腺癌治療後の患者のQOL維持のため,癌部位の局所的治療を目的とした詳細な癌部位の検出手法が求められている.本研究では,超音波画像診断法の精度の向上を目的として前立腺組織の癌組織を含む前立腺組織切片から,病理診断を元に癌部と非癌部を抽出し,超音波顕微鏡を用いて各部位の細胞レベルでの音響特性を計測した.癌組織と正常組織には,組織内の音速および減衰特性に統計的に有意差が認められ,超音波画像診断法における前立腺癌の精密な検出の可能性が示唆された.
井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013年9月8日   
The objective of this study is building the systems which can prescript desirable leg orthosis for leg paralyzed patients. In this paper we build leg muscular estimate model by using Bayesian network. Our method can estimate activity level of musc...
井上淳, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2013年9月7日   
小池友和, 西垣有希子, 水口寛子, 安藤健, 川村和也, 新保卓郎, 藤江正克, 藤谷順子
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   2013年9月4日   
是枝 祐太, 三浦 智, 西尾 祐也, 小林 洋, 川村 和也, 家入 里志, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2013年8月27日   
是枝祐太, 三浦智, 西尾祐也, 小林洋, 川村和也, 家入里志, 富川盛雅, 橋爪誠, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   2013年8月27日   
中島康貴, 中島康貴, 渡邉峰生, 東野達也, 井上淳, 川村和也, 貴嶋芳文, 東祐二, 湯地忠彦, 藤本登四郎, 藤江正克
ロボティクスシンポジア予稿集   2013年3月14日   
安藤健, 安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 辰巳友佳子, 大野ゆう子, 井上剛伸, 藤江正克
日本ロボット学会誌   2012年11月15日   
The mobility-aid is important for the people with severe disability, especially, the child with sever cerebral palsy. In this article, interactive learning system between human and robot is applied for an electric powered wheelchair of the person ...
小峯悠司, 渡邉峰生, 井上淳, 中島康貴, 川村和也, 貴嶋芳文, 豊永勇樹, 手島健夫, 東祐二, 湯地忠彦, 藤元登四朗, 藤江正克
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012年11月   
西尾 祐也, 野口 建彦, 小林 洋, 川村 和也, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2012年10月5日   
西尾 慧祐, 石井 琢郎, 川村 和也, 五十嵐 辰男
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2012年10月5日   
川村 和也, 瀬能 洸冬, 小林 洋, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2012年10月5日   
粕谷昌宏, 関雅俊, 関雅俊, 川村和也, 小林洋, 藤江正克, 横井浩史
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   2012年9月17日   
三浦 智, 小林 洋, 川村 和也, 関 正俊, 中島 康貴, 野口 建彦, 横尾 勇樹, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012年9月9日   
Surgical robot needs the intuitive operability. However conventional method cannot evaluate user inter-operability. We propose the evaluation method using brain activity measurement to design the robot which perceive user to be part of user's own ...
三浦智, 小林洋, 川村和也, 関正俊, 中島康貴, 野口建彦, 横尾勇樹, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2012年9月8日   
西尾 拓也, 小林 洋, 川村 和也, 瀬能 洸冬, 野口 建彦, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012年5月27日   
Recently, small incision pediatric surgeries have been widely performed due to their minimally invasiveness. However, they make it difficult for surgeons to manipulate surgical tools. Robotic assist is required to reduce the workload for surgeons....
井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012年5月27日   
In this paper we develop an estimation model of foot-ankle muscular activity for designing an ankle-foot orthosis. We used Baysian network for building the model and evaluate the model. Especially we talk about conformity with actual muscle activi...
西尾祐也, 小林洋, 川村和也, 瀬能洸冬, 野口建彦, 豊田和孝, 家入里志, 橋爪誠, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012年5月27日   
井上淳, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012年5月27日   
宮原孝寛, 宮原孝寛, 後藤哲哉, 小山淳一, 柿澤幸成, 田中雄一郎, 本郷一博, 河合俊和, 菅和俊, 藤江正克, 豊田和孝, 川村和也, 岡本淳, 藤江正克
久留米医学会雑誌   2012年4月25日   
Study of Design Method for Surgical Robot Using Surgeon's Operation Manner
Seno Hiroto, Kawamura Kazuya, Kobayashi Yo, Fujie Masakatsu G.
COMPUTER AIDED SURGERY   2012年   
INOUE Jun, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G..
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2012年   
瀬能 洸冬, 川村 和也, 小林 洋, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2011年11月22日   
東野達也, 渡邉峰生, 川村和也, 井上淳, 中島康貴, 貴嶋芳文, 東祐二, 湯地忠彦, 藤元登四郎, 藤江正克
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年11月   
安藤 健, 川村 和也, 藤谷 順子, 小池 友和, 西垣 有希子, 水口 寛子, 藤本 雅史, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2011年9月11日   
Patients with diseases such as chronic obstructive pulmonary disease (COPD) need to improve their thorax mobility. Thoracic excursion is one of the simplest and most useful indexes to evaluate the respiratory function. In this paper, we have propo...
安藤健, 安藤健, 川村和也, 藤谷順子, 小池友和, 西垣有希子, 水口寛子, 藤本雅史, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集   2011年9月10日   
粕谷昌宏, 関雅俊, 川村和也, 藤江正克
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   2011年9月7日   
安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 井上剛伸, 藤江正克
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   2011年9月7日   
安藤健, 安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 井上剛伸, 藤江正克
リハ工学カンファレンス講演論文集(CD-ROM)   2011年8月   
野口 建彦, 小林 洋, 川村 和也, 渡辺 広樹, 伴野 裕, 関口 雄太, 豊田 和孝, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2011年5月26日   
Recently, robotic systems assisting single port endoscopic surgery (SPS) was developed. Our laboratory also developed a SPS assisting robot. It enables surgeons to manipulate position and posture of the endoscope. Joystick and foot switches are us...
Hiroto Seno,Kazuya Kawamura,Yo Kobayashi,Masakatsu G. Fujie
Computer Aided Surgery - 7th Asian Conference on Computer Aided Surgery, ACCAS 2011, Bangkok, Thailand, August 2011, Proceedings   2011年   
川村 和也, 瀬能 洸冬, 小林 洋, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2010年11月2日   
瀬能 洸冬, 川村 和也, 小林 洋, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2010年11月2日   
森田祐也, 岡本淳, 川村和也, 関雅俊, SESSA Salvatore, ZECCA Massimiliano, LIN Zhuohua, 石井裕之, 高杉紳一郎, 高西淳夫, 藤江正克
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2010年9月18日   
岡本淳, 野村真理子, 森田裕也, 川村和也, 剣持一, 高杉紳一郎, 橋爪誠, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2010年6月13日   
岡本 淳, 野村 真理子, 森田 裕也, 川村 和也, 剣持 一, 高杉 紳一郎, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2010年   
To realize convenient and long distance gait analysis, a geostationary satellite type gait analysis system is developed. Proposed system is composed of a mobile robot and magnetic three dimension positional measurement device (LATUS by POLHEMUS). ...
Hiroki Watanabe, Yo Kobayashi, Takeharu Hoshi, Kazuya Kawamura, Masakatsu G. Fujie, Makoto Hashizume
2009 IEEE/SICE International Symposium on System Integration: SI International 2008 - The 2nd Symposium on System Integration   2009年12月1日   
We are developing integrated robotic system with needle insertion robot and biomechanical simulator to realize localized RFA therapy. In this paper, we introduce the following three key systems: Needle insertion robot, biomechanical physical liver...
岡田 薫, 豊田 和孝, 川村 和也, 岡本 淳, 竹村 博文, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2009年11月21日   
川村 和也, 小林 洋, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2009年11月21日   
野村 真理子, 熊坂 悠, 川村 和也, 岡本 淳, 剣持 一, 高杉 紳一郎, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2009年5月25日   
To realize the long distance gait analysis, the gait analysis system is developed. Proposed system is composed of a mobile robot and three dimension positional measurement device(LATUS^[○!R]). This system follows to the subject who attached marker...
川村 和也, 小林 洋, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2009年5月25日   
In recently year, disparity in medical treatments between different domains is a serious problem of the elderly dominated society. So realization of robotic tele-surgery would be expected for elimination of the disparity in medical treatments betw...
小林 洋, 加藤 篤, 星 雄陽, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2009年5月25日   
Research concerning a control method intended for a surgical robot, which prevents the overload of fragile tissues is shown in this paper. In particular, we proposed that the simulation based parameter setting method to ensure the robustness of th...
小林洋, 加藤篤, 星雄陽, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2009年5月24日   
川村和也, 小林洋, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2009年5月24日   
野村真理子, 熊坂悠, 川村和也, 岡本淳, 剣持一, 高杉紳一郎, 橋爪誠, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2009年5月24日   
野村 真理子, 熊坂 悠, 川村 和也, 岡本 淳, 剣持 一, 高杉 紳一郎, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
We are developing a geostationary satellite type gait analysis system that consists of a mobile robot and a magnetic three dimensional position measurement device. But in the indoor environment, there are many objects which distort the magnetic fi...
岡本 淳, 野村 真理子, 熊坂 悠, 川村 和也, 剣持 一, 高杉 紳一郎, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
To realize the long distance gait analysis, the geostationary satellite type gait analysis system is developed. Proposed system is composed of a mobile robot (walking support machine) and three dimension positional measurement device (FASTRAK). Th...
小林 洋, 尾西 晃典, 星 雄陽, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
This paper shows the development of ultrasound-guided needle insertion manipulator driven by flexible rack. The manipulator holds an ultrasound probe and unifying it. The manipulator has three degree of freedom and realizes the positioning on Ultr...
岡田 薫, 加藤 篤, 野口 豊弘, 豊田 和孝, 川村 和也, 小林 洋, 岡本 淳, 宮下 朋之, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
This paper presents the development of robot capable to simulate heartbeat. It is difficult to operate off-pump coronary-artery bypass surgery. Consequently, we develop the surgical robot system with heart-beat compensation. In the process of deve...
井上 慎太郎, 野口 豊弘, 加藤 篤, 豊田 和孝, 川村 和也, 小林 洋, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
To prevent accidents during a surgery using a master-slave surgical robot, we proposed an autonomous avoidance algorithm of danger area. This proposed algorithm generates avoidance motion with manual operation by an operator and autonomous operati...
小林 洋, 尾西 晃典, 星 雄陽, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
This paper shows validation of viscoelastic and nonlinear physical model of liver. In vitro experiment using biomaterial in previous works shows the nonlinear response of force loaded on the needle and the velocity dependency of needle displacemen...
井上慎太郎, 野口豊弘, 加藤篤, 豊田和孝, 川村和也, 小林洋, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年6月5日   
岡田薫, 加藤篤, 野口豊弘, 豊田和孝, 川村和也, 小林洋, 岡本淳, 宮下朋之, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年6月5日   
野村真理子, 熊坂悠, 川村和也, 岡本淳, 剣持一, 高杉紳一郎, 橋爪誠, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年6月5日   
岡本淳, 野村真理子, 熊坂悠, 川村和也, 剣持一, 高杉紳一郎, 橋爪誠, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年6月5日   
小林洋, 尾西晃典, 星雄陽, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年6月5日   
小林洋, 尾西晃典, 星雄陽, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年6月5日   
Yo Kobayashi,Akinori Onishi,Takeharu Hoshi,Kazuya Kawamura,Makoto Hashizume,Masakatsu G. Fujie
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   2008年   
尾西 晃典, 小林 洋, 星 雄陽, 川村 和也, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2007年12月30日   
尾西晃典, 小林洋, 星雄陽, 川村和也, 橋爪誠, 藤江正克
コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集   2007年11月2日   
岡本 淳, 梅田 剛史, 大浦 光宏, 川村 和也, 小林 洋, 福与 恒夫, 竹村 博文, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2007年5月11日   
Purpose of this study is the development of surgical robot system with heartbeat compensation. By driving manipulator using the sensing data of the heartbeat, the position and orientation of heart and that of the manipulator are synchronized and r...
川村 和也, 小林 洋, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2007年5月11日   
In recent year, robotics and computer technology introduced in surgical domain allow surgery to be performed more precise medical care. In particular, computer technology enables precise surgical simulation using virtual reality or computer graphi...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 川村 和也
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 川村 和也
本研究では,手術支援ロボットの設計段階において操作性に基づく評価を導入するためシミュレーションを利用した設計手法の提案を行った.これまで開発を進めてきた術空間再現シミュレーションを利用し,術具先端部において異なる機構を有する術具マニピュレータを対象に,医師の操作の下で,その機構の変化に応じた操作精度や操作範囲に与えられる影響の検証を実施した.結果として,狭小空間における手技を想定した場合に,術具先端における屈曲関節間距離に応じた作業の精度と空間の大きさの変化にトレードオフの関係が生じた.狭...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 藤江 正克
本研究の目的はマスタ・スレーブ型手術支援ロボットの機構と操作者の脳活動の関係性を導出し,直感的に操作可能な手術支援ロボットの構造を設計することである.初年度は研究実施計画に沿って,手術支援ロボットと脳活動の関係性を導出した.手術支援ロボットの直感的な操作にはhand-eye coordinationが求められる.hand-eye coordinationを高めるため,内視鏡とスレーブの最適な位置関係を脳活動から導出した.実験構成として仮想空間内にてロボットアームとターゲットとなるボックスを...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 川村 和也
手術支援ロボットの設計段階において、操作者である医師の感じる操作性や操作軌跡などの検証・評価を導入した、より使いやすく早期の臨床応用を臨める手術支援ロボットの設計開発手法の構築を目的とした。(1)術空間再現シミュレーションの構築、(2)空間を効率よく利用する機構検証手法の構築、(3)医師による操作性能検証を行った。構築したシミュレーションシステムを用いた操作実験により、操作時におけるロボットの構造の変化に伴う操作の変化を確認し、評価指標の策定に向けたデータを蓄積した。

特許

 
藤江 正克, 小林 洋, 川村 和也, 瀬能 洸冬, 西尾 祐也, 橋爪 誠, 家入 里志, 豊田 和孝
藤江 正克, 岡本 淳, 川村 和也, 熊坂 悠, 野村 真理子, 高杉 紳一郎, 剣持 一, 橋爪 誠, 岩本 幸英
藤江 正克, 岡本 淳, 川村 和也, 熊坂 悠, 野村 真理子, 高杉 紳一郎, 剣持 一, 橋爪 誠, 岩本 幸英
藤江 正克, 小林 洋, 川村 和也, 瀬能 洸冬, 西尾 祐也, 橋爪 誠, 家入 里志, 豊田 和孝
川村 和也, 井上 淳, 花崎 泉, 藤元 登四郎, 貴嶋 芳文