神島 裕子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:20
 
アバター
研究者氏名
神島 裕子
 
カミシマ ユウコ
所属
立命館大学
部署
総合心理学部総合心理学科
職名
教授
学位
博士号(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年9月
 - 
2010年3月
 早稲田大学国際教養学部 助手
 
2010年4月
 - 
2011年3月
 中央大学商学部 助教
 
2011年4月
 - 
2016年3月
 中央大学商学部 准教授
 
2016年4月
   
 
 立命館大学総合心理学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
2007年
東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学(相関社会科学)
 

論文

 
Yuko Kamishima, Bart Gremmen, Hikari Akizawa
Philosophy of Management   17(1)    2018年
構造的不正義としてのハラスメントーーヤングの責任モデルによる、大学におけるセクハラ問題の考察ーー
哲学   69 21-31   2018年4月
公共文化における「女」――私たちの恐怖心を取り除くのは誰の責務かーー
神島裕子
思想   1118    2017年6月
書評 マーサ・ヌスバウム『良心の自由—アメリカの宗教的平等の伝統』慶応義塾大学出版会、2011年
神島裕子
週刊読書人(2012年2月3日)      2012年2月
CSRとグローバルな正義
創文   (534)    2010年9月

書籍等出版物

 
正義とは何かーー現代政治哲学の6つの視点
中央公論新社   2018年9月   
正義の境界
みすず書房   2016年2月   
ポスト・ロールズの正義論―ポッゲ・セン・ヌスバウムー
ミネルヴァ書房   2015年6月   
政治概念の歴史的展開 第7巻
晃洋書房   2015年3月   
必要の理論
2014年10月   

講演・口頭発表等

 
Political Agency and the Sense of Justice: A detour path to an inclusive society
Human Development & Capability Association   2018年8月31日   
Capability to Responsibility For Democratic Justice
The XXIV World Congress of Philosophy   2018年8月15日   
政治的責任とケイパビリティ
アメリカ哲学フォーラム第四回大会   2017年6月25日   
How Not to Blame the Victim: Rethinking Young's model of Responsibility
Colloque international Iris Marion Young   2017年6月2日   
マーサ・ヌスバウムの正義論
科学研究費 基盤(B)「西洋中世の「正義論」がもつ哲学史的意味と現代的意義に関する基礎研究」主催「第1回 正義論ワークショップ」   2017年3月9日   

担当経験のある科目