小泉 利恵

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 20:28
 
アバター
研究者氏名
小泉 利恵
 
コイズミ リエ
eメール
rkoizumijuntendo.ac.jp
URL
http://www7b.biglobe.ne.jp/~koizumi/KoizumiHP.html
所属
順天堂大学
部署
医学部
職名
准教授
学位
博士(筑波大学)
科研費研究者番号
70433571
Twitter ID
@KoizumiRie

プロフィール

Thank you for your interest. If you are interested in my past and current work, please visit the following:
http://www7b.biglobe.ne.jp/~koizumi/Koizumi_research.html
https://www.researchgate.net/profile/Rie_Koizumi

研究分野

 
 

経歴

 
2012年9月
 - 
現在
順天堂大学 医学部 准教授
 
2006年4月
 - 
2012年8月
常磐大学 国際学部 専任講師
 
1997年4月
 - 
1999年3月
栃木県那須郡小川町立小川中学校 教諭
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
Language Testing (SAGE Publications, U.K.)  Editorial Board メンバー
 
2018年4月
 - 
現在
関東甲信越英語教育学会 (KATE)  学会誌委員会 査読委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本言語テスト学会 (JLTA)  事務局長、運営委員
 
2013年7月
 - 
現在
日本テスト学会 (JART)  編集出版委員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
関東甲信越英語教育学会 (KATE)  学会誌委員会 編集委員
 

受賞

 
2004年6月
公益財団法人 日本英語検定協会 第17回 (平成16年度)「英検」研究助成(研究部門) 入選 日本人英語学習者における発表語彙知識の広さと深さの関係
 

論文

 
倉元直樹・小泉利恵
Assessment in Education: Principles, Policy & Practice   25(4) 415-433   2018年8月   [査読有り][招待有り]
小泉 利恵
Learner Corpus Studies in Asia and the World: Vol. 3 Papers from LCSAW2017   3 27-42   2018年3月
In’nami, Y., Koizumi, R., Sawaki, Y., & Watanabe, Y.
Language Assessment Quarterly   14 189-191   2017年10月   [査読有り]
In’nami, Y., & Koizumi, R.
Language Assessment Quarterly   14 274-293   2017年10月   [査読有り]
Sawaki, Y., & Koizumi, R.
Language Assessment Quarterly   14 234-256   2017年10月   [査読有り]
Koizumi, R., Okabe, Y., & Kashimada, Y.
Annual Review of English Language Education in Japan   28 241-256   2017年3月   [査読有り]
日本人大学生のためのペア型オーラルテストの開発
Koizumi, R., In’nami, Y., & Fukazawa, M.
British Council New Directions in Language Assessment: JASELE Journal Special Edition   103-121   2016年10月   [査読有り]
Koizumi, R., In’nami, Y., & Fukazawa, M.
Q. Zhang (Ed.), Pacific Rim Objective Measurement Symposium (PROMS) 2015 Conference Proceedings   89-106   2016年9月
Koizumi, R., In’nami, Y., Asano, K., & Agawa, T.
Language Testing in Asia   6(5) 1-26   2016年7月   [査読有り]
Language Testing in Asia   6(3) 1-23   2016年2月   [査読有り]
小泉 利恵
Vocabulary Learning and Instruction   4(1) 36-46   2015年10月   [査読有り][招待有り]
Koizumi, R., In'nami, Y., Azuma, J. Asano, K., Agawa, T., & Eberl, D.
Shiken   19(1) 3-15   2015年4月   [査読有り]
小泉 利恵
Annual Review of English Language Education in Japan   26 109-124   2015年3月   [査読有り]
言語化がL2リスニング・テスト・パフォーマンスに与える影響
In’nami, Y., & Koizumi, R.
Journal of Shinawatra University   1(1) 22-41   2014年   [査読有り]
Koizumi, R., & In’nami, Y.
JALT (Japan Association for Language Teaching) Journal   36 25-46   2014年   [査読有り]
In’nami, Y., & Koizumi, R.
English Teaching & Learning   38(3) 1-27   2014年   [査読有り]
Koizumi, R., & In’nami, Y.
Journal of Language Teaching and Research   4 900-913   2013年   [査読有り]
Hirai, A., & Koizumi, R.
Language Assessment Quarterly   10 398-422   2013年   [査読有り]
外国語教育メディア学会 (LET) 関西支部メソドロジー研究部会2011年度報告論集   2 15-40   2012年
Koizumi, R., & Hirai, A.
JALT (Japan Association for Language Teaching) Journal   34 35-59   2012年   [査読有り]
Kasahara, K., & Koizumi, R.
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   23 329-344   2012年   [査読有り]
In’nami, Y., & Koizumi, R.
Language Testing   29 131-152   2012年   [査読有り]
In’nami, Y., & Koizumi, R.
Asian EFL Journal   14(3) 214-265   2012年   [査読有り]
Koizumi, R., & In’nami, Y.
System   40 522-532   2012年   [査読有り]
Koizumi, R., & Mochizuki, M.
JACET (Japan Association of College English Teachers) Journal   53 35-55   2011年   [査読有り]
In’nami, Y., & Koizumi, R.
Language Assessment Quarterly   8 250-276   2011年   [査読有り]
小泉 利恵他
日本テスト学会誌   7 99-119   2011年   [査読有り]
小泉 利恵
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   22 153-168   2011年   [査読有り]
小泉 利恵
常磐国際紀要   15 1-15   2011年   [査読有り]
藤森千尋・小泉利恵
関東甲信越英語教育学会研究学会誌   25 21-31   2011年   [査読有り]
小泉 利恵他
Language Assessment Quarterly   8 53-72   2011年   [査読有り]
小泉 利恵
大学英語教育とTOEIC®テスト―2010シンポジウム発表論文集―   99-115   2010年3月   [査読有り][招待有り]
小泉 利恵
常磐国際紀要   14 213-220   2010年
小泉利恵・飯村英樹
JLTA (Japan Language Testing Association) Journal   13 91-109   2010年   [査読有り]
In'nami, Y., & Koizumi, Y.
International Journal of Testing   10 262-273   2010年   [査読有り]
Koizumi, R., & Fujimori, C.
JACET (Japan Association of College English Teachers) Journal   50 81-91   2010年   [査読有り]
Koizumi, R., & Hirai, A.
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   21 211-220   2010年3月   [査読有り]
In'nami, Y., & Koizumi, R.
TESOL Quarterly (Teachers of English to Speakers of Other Languages/Ingenta, USA)   44 169-184   2010年   [査読有り]
Koizumi, R., & Katagiri, K.
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   20 51-60   2009年3月   [査読有り]
Hirai, A., & Koizumi, R.
Language Assessment Quarterly   6 151-167   2009年   [査読有り]
Hirai, A., & Koizumi, R.
JLTA (Japan Language Testing Association) Journal   11 1-20   2008年   [査読有り]
Koizumi, R., & Katagiri, K.
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   18 81-90   2007年   [査読有り]
Koizumi, Rie
JLTA (Japan Language Testing Association) Journal   7 1-20   2005年   [査読有り]
スピーキングパフォーマンスの流暢さ・正確さ・統語的複雑さ・語彙的複雑さの指標
Koizumi, Rie
JABAET (Japan-Britain Association for English Teaching) Journal   9 5-33   2005年   [査読有り]
小泉利恵
STEP Bulletin   17 63-80   2005年
Koizumi, Rie
(Japan Language Testing Association) Journal   7 31-50   2005年   [査読有り]
背景知識がL2読解へ与える影響:背景知識測定テスト方法に注目して
Ushiro, Y., Koizumi, R., In'nami, Y., Shimizu, M., Hijikata, Y., Kikuchi, K., Nakagawa, C., Naya, M., Ohkubo, A., & Murata, E.
JACET Bulletin   38 63-77   2004年   [査読有り]
Ushiro, Y., Shimizu, M., Koizumi, R., In'nami, Y., & Hijikata, Y.
Annual Review of English Language Education in Japan   15 149-158   2004年3月   [査読有り]
小泉利恵、山内逸美
関東甲信越英語教育学会研究紀要   17 33-44   2003年   [査読有り]
日本人英語初級者のための発表語彙知識テスト:妥当性と採点方法
Koizumi, Rie
JABAET (Japan-Britain Association for English Teaching) Journal   7 23-52   2003年   [査読有り]
Koizumi, Rie., & Kurizaki, Itsumi.
Annual Review of English Language Education in Japan   13 51-60   2002年   [査読有り]
小泉利恵、栗嵜逸美
関東甲信越英語教育学会研究紀要   16 17-28   2002年   [査読有り]
Koizumi, Rie
Japan Language Testing Association Journal   5 91-110   2002年   [査読有り]
日本人中学生における態度・コミュニケーション不安・テスト不安
Koizumi, Rie
Tsukuba Review of English Language Teaching   22 125-145   2001年   [査読有り]
教師作成到達度テストと教師作成オーラル・インタビューテストの比較:2つのテストの関連と分析的尺度の観点から
Koizumi, Rie
Tsukuba Review of English Language Teaching   21 21-39   2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
英語4技能テストの選び方と使い方―妥当性の観点から―
小泉 利恵
アルク   2018年4月   
実例でわかる英語テスト作成ガイド
小泉利恵・印南洋・深澤真 (編) (担当:共編者)
大修館書店   2017年8月   
教育・心理系研究のためのデータ分析入門―理論と実践から学ぶSPSS活用法 (第2版)
平井明代 (編著) (担当:共著, 範囲:メタ分析―複数の研究を統合する(印南洋・小泉利恵・平井明代))
東京図書   2017年2月   
http://www.tokyo-tosho.co.jp/kikan/01/index.html
Telephone Standard Speaking Test (TSST) の妥当性検証
小泉利恵・アルク教育総合研究所 (担当:共著)
アルク教育総合研究所   2017年   
https://www.alc.co.jp/company/report/
日本言語テスト学会誌 20周年記念特別号
渡部良典・小泉利恵・飯村英樹・髙波幸代 (編) (担当:共編者, 範囲:テストの使用目的と構成概念 (小泉利恵, pp. 50-55), Feedback on test results to stakeholders (Koizumi, R., pp. 94-98))
千葉:日本言語テスト学会   2016年   
言語研究と量的アプローチ
石川有香・石川慎一郎・清水裕子・田畑智司・長加奈子・前田忠彦(編) (担当:共著, 範囲:受験者の言語評価リタラシー:言語評価のコースを取る前と取った後のテストに対する見方(小泉利恵・印南洋))
金星堂   2016年3月   
グローバル教育を考える
アルク教育総合研究所編 (担当:共著, 範囲:グローバル社会で通用する英語(小泉利恵))
東京:アルク   2015年   
英語4技能評価の理論と実践―CAN-DO・観点別評価から技能統合的活動の評価まで
望月昭彦・深澤真・印南洋・小泉利恵 (担当:共編者, 範囲:スピーキングの評価――スピーキングテスト作成・実施を中心に(小泉利恵))
東京:大修館書店   2015年   
全国英語教育学会第40回研究大会記念特別誌 英語教育学の今―理論と実践の統合―
斉田智里(編) (担当:共著, 範囲:スピーキング評価の実際(小泉利恵))
東京:全国英語教育学会   2014年   
http://www.jasele.jp/2015/08/04/kinen-tokubetsushi-web/
The encyclopedia of applied linguistics [online edition]
C. A. Chapelle (担当:共著, 範囲:語彙とスピーキング(小泉 利恵))
West Sussex, UK: John Wiley and Sons   2013年10月   
doi:10.1002/9781405198431.wbeal1431
Applications of Structural equation modelling in educational research and practice
M. S. Khine (Ed.) (担当:共著, 範囲:教育研究に向けた共分散構造分析の紹介(印南洋・小泉利恵))
Rotterdam, the Netherlands: Sense Publishers.   2013年   
The companion to language assessment (Vol. II: Approaches and Development, Part 7: Assessment Development)
A. Kunnan (Ed.) (担当:共著, 範囲:テスト改訂のための統計(印南洋・小泉利恵))
Hoboken, NJ: Wiley-Blackwell.   2014年   
英語リーディングテストの考え方と作り方
卯城祐司 (編) (担当:共著, 範囲:テキストの難易度の尺度 (小泉 利恵, pp. 20-24).)
研究社   2012年9月   
英語教育学体系第13巻 テスティングと評価―4技能の測定から大学入試まで―
石川祥一・西田正・斉田智里 (編) (担当:共著, 範囲:リスニングの測定・評価 (小泉 利恵, pp. 173-187))
大修館書店   2011年   
英語語彙指導の実践アイディア集
相澤一美・望月正道 (編) (担当:共著, 範囲:「第4.1節 実践例34: 1課ごとのリーディング型テスト、4.1節実践例35: 1課ごとのライティング型テスト、4.2節実践例36: 筆記版語彙サイズテスト、4.2節実践例37: パソコン版語彙サイズテスト、4.2節実践例38: 語彙サイズの自己テスト」「付録Tip 7: 推定語彙サイズの解釈で注意すべき点とは?」(小泉利恵, pp. 208-231, 246-247)
大修館   2010年   ISBN:ISBN-10: 4469245569
言語テスト:目標の到達と未到達
大友賢二, 中村洋一, & 小泉利恵 (編著), 柳田恵美子, 渡邊真由美, 飯村英樹 (著) (担当:共編者, 範囲:「これまでの分割点設定方法」 (大友賢二・小泉利恵, pp. 69-81),「分割点設定の具体的手順」 (小泉利恵, pp. 120-129),「おわりに」 (中村洋一・小泉利恵, p. 134))
NPO法人 英語運用能力評価協会 (ELPA)   2009年   
英語リーディングの科学
卯城祐司(編) (担当:共著, 範囲:英文読解と語彙知識 (小泉利恵, pp. 17-32).)
研究社   2009年   ISBN:ISBN-10: 4327410721
新しい英語文法診断テストの提案
金谷憲 (監修) (担当:共著, 範囲:EDiT文法診断テストの診断後に何ができるか―指導法とワークブックの提案―(酒井英樹 & 小泉利恵, pp. 24-31), EDiT文法診断テストの妥当性 (小泉利恵, pp. 43-53))
NPO法人 英語運用能力評価協会 (ELPA)   2008年   
日本言語テスト学会 言語テスティング用語集 日本言語テスト学会 テスティングの実施規範
JLTA Language Testing 用語集委員会 (片桐一彦, 小泉利恵, 中村洋一, 柳瀬陽介, 執筆・編集) (担当:共著)
日本言語テスト学会事務局   2006年   
「英語診断テスト」開発プロジェクトの軌跡 英語診断テスト開発への道
ELPA (担当:共著, 範囲:文法(井戸聖宏、太田洋、木村恵、小泉利恵、酒井英樹、佐藤正俊、根本章子))
英語運用能力評価協会(ELPA)   2006年   ISBN:4-903656-00-4

競争的資金等の研究課題

 
スピーキング能力測定に向けたロールプレイテストの開発と妥当性検証
日本学術振興会: 平成26, 27, 28, 29, 30年度科学研究費補助金, 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 小泉 利恵
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-26370737/
日本人英語学習者におけるスピーキング能力の発達―メタ分析による先行研究の統合
日本学術振興会: 平成22, 23, 24, 25年度科学研究費補助金, 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 小泉 利恵
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-22720216/
日本人英語学習者における英語発話の分析方法:談話分析的指標の特徴
日本学術振興会: 平成19, 20, 21年度科学研究費補助金, 若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 小泉 利恵
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19720141/
日本人英語学習者における発表語彙知識の広さと深さの関係
日本英語検定協会 (英検): 第17回「英検」研究助成
研究期間: 2004年       代表者: 小泉 利恵
小泉利恵. (2005). 「日本人中高生における発表語彙知識の広さと深さの関係」. STEP Bulletin, 17, 63-80. として発行
語彙知識によるスピーキング能力の予測可能性
日本言語テスト学会: 2003年度日本言語テスト学会研究助成
研究期間: 2003年       代表者: 小泉利恵
後に、Koizumi, R. (2005). Predicting speaking ability from vocabulary knowledge [語彙知識によるスピーキング能力の予測可能性]. JLTA (Japan Language Testing Association) Journal, 7, 1-20. として発行