神野 健哉

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 13:52
 
アバター
研究者氏名
神野 健哉
 
ジンノ ケンヤ
URL
http://www.comm.tcu.ac.jp/nel/
所属
東京都市大学
部署
知識工学部 情報通信工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(法政大学), 修士(工学)(法政大学)
その他の所属
法政大学東京理科大学

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京都市大学 知識工学部情報通信工学科 教授
 
2011年
 - 
2018年3月
日本工業大学 工学部電気電子工学科 教授
 
2009年
 - 
2011年
日本工業大学 工学部電気電子工学科 准教授
 
2008年
 - 
2009年
ERATO Aihara 複雑数理モデルプロジェクト 研究員
 
1994年
 - 
1996年
日本学術振興会 特別研究員DC
 

学歴

 
 
 - 
1993年
法政大学 工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1996年
法政大学 工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1991年
法政大学 工学部 電気工学科・電気電子専攻
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  NOLTAソサイエティ会長
 
2016年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  非線形問題専門委員会顧問
 
2017年6月
 - 
2018年6月
電子情報通信学会  NOLTAソサイエティ次期会長
 
2017年5月
 - 
2018年5月
信号処理学会  2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Signal Processing, and Communications, General Chair
 
2015年6月
 - 
2016年6月
電子情報通信学会  非線形問題専門委員会委員長
 
2014年5月
 - 
2015年5月
電子情報通信学会  非線形問題専門委員会副委員長
 
2012年5月
 - 
2014年5月
電子情報通信学会  基礎・境界ソサイエティ 事業担当幹事
 
2012年5月
 - 
2014年5月
電子情報通信学会  非線形問題専門委員会幹事
 
2012年
 - 
現在
信号処理学会  編集委員会副編集長
 
1996年
 - 
現在
電子情報通信学会査読委員
 
2010年
 - 
2012年
IEICE  2011 International Conference on Nonlinear Theory and Its Applications, General Secretary
 
2000年
 - 
2004年
情報処理学会  学会誌編集委員
 
2000年
 - 
現在
IEEE Circuits and System Society, Nonlinear Circuits and System Committee
 
2000年
 - 
2006年
電子情報通信学会  回路とシステム(軽井沢)ワークショップ 実行委員
 
2003年
 - 
2004年
電子情報通信学会  学生会顧問
 
2004年
 - 
現在
電子情報通信学会  非線形問題専門委員会委員
 
2004年
 - 
2007年
電子情報通信学会  非線形理論とその応用 サブソサイエティ 会計幹事
 
2004年
 - 
2007年
電子情報通信学会 非線形理論とその応用研究学術研究集会 会計幹事
 
2008年
 - 
現在
電子情報通信学会  非線形理論とその応用研究学術研究集会運営委員
 
2000年
 - 
2003年
IEICE  2002 International Symposium on Nonlinear Theory and its Application, Finance Chair
 
2003年
 - 
2005年
信号処理学会  RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Finance Chair
 
2005年
 - 
2012年
信号処理学会  Journal of Signal Processing 編集協力者
 
2007年
 - 
2009年
IEICE  2008 International Symposium on Nonlinear Theory and its Application, General Secretary
 
2007年
 - 
2009年
電子情報通信学会  第三種研究会ネットワークダイナミックス研究会幹事
 

受賞

 
1996年
電子情報通信学会 平成7年度 学術奨励賞
 
1996年
回路とシステム軽井沢ワークショップ 研究奨励賞
 
2007年
電気学会 平成18年度電子・情報・システム部門大会企画賞
 
2014年9月
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ 貢献賞
 

論文

 
Yuki Hoshino, Kenya Jin'no
Journal of Signal Processing (JSP)   22(4) 153-156   2018年8月   [査読有り]
Honami Tsushima, Takafumi Matsuura, Kenya Jin'no
Journal of Signal Processing (JSP)   22(4) 157-160   2018年7月   [査読有り]
Takuya Shindo, Jianze Xiao ,Takuya Kurihara, Kenya Jin'no
International Journal of Swarm Intelligence Research (IJSIR)   8(4) 18-33   2017年7月   [査読有り]
2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC 2015): BIG DATA ANALYTICS FOR HUMAN-CENTRIC SYSTEMS   1758-1763   2015年10月   [査読有り]
proceedings of 2016 IEEE International Symposium on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2016)      2016年10月   [査読有り]
Morita Kazuya, Kurihara Takuya, Shindo Takuya, Jin'no Kenya
IEICE NONLINEAR THEORY AND ITS APPLICATIONS   6(4) 512-519   2015年10月   [査読有り]
Proceedings of 2016 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2016)      2016年10月   [査読有り]
電子情報通信学会 和文論文誌A      2016年8月   [査読有り]
Journal of Signal Processing      2016年7月   [査読有り]
Proceedings of 2016 IEEE World Congress on Computational Intelligence (IEEE WCCI 2016 (CEC2016))      2016年7月   [査読有り]
IEICE Transaction on Fundamentals      2016年6月   [査読有り]
Electrical Engineering in Japan,      2016年6月   [査読有り]
2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   2110-2115   2016年   [査読有り]
Ogawa Toshiyuki, Hiraguri Takefumi, Nishimori Kentaro, Yoshino Hideaki, Jin'no Kenya
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E97B(11) 2534-2542   2014年11月   [査読有り]
2014 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN AND CYBERNETICS (SMC)   2440-2445   2014年   [査読有り]
2013 IEEE 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON POWER ELECTRONICS AND DRIVE SYSTEMS (IEEE PEDS 2013)   569-574   2013年   [査読有り]
Ryosuke Sano,Takuya Shindo,Kenya Jin'no,Toshimichi Saito
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2012, Seoul, Korea (South), October 14-17, 2012   2012 Vol.1 530-535   2012年   [査読有り]
Takuya Kurihara,Kenya Jin'no
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2013, Cancun, Mexico, June 20-23, 2013   976-981   2013年   [査読有り]
Takefumi Hiraguri,Kengo Nagata,Toshiyuki Ogawa,Takahiro Ueno,Kenya Jin'no,Kentaro Nishimori
Wireless Personal Communications   70(2) 985-1000   2013年   [査読有り]
Ogawa Toshiyuki, Hiraguri Takefumi, Jin'no Kenya
IEICE Communications Express   1(2) 60-65   2012年
This paper proposes an access control protocol method for multicast transmission to reduce packet loss caused by collisions and/or interferences in WLAN (wireless local area network) systems. Multicast transmission may achieve effective bandwidth ...
Suefuji Mamoru, Shindou Takuya, Fujiwara Kantaro, Jin'no Kenya, Ikeguchi Tohru
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE   3(4) 621-628   2012年
In this study, we analyzed the kind of psychological effects that were caused by nonlinear, possibly chaotic vibrations as compared to regular vibrations. For this analysis, we produced a chaotic low-frequency electrical therapy device to generate...
Takuya Shindo,Takuya Kurihara,Hiroyuki Taguchi,Kenya Jin'no
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2011, New Orleans, LA, USA, 5-8 June, 2011   2501-2505   2011年   [査読有り]
Takahiro Tsujimoto,Takuya Shindo,Takayuki Kimura,Kenya Jin'no
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2012, Brisbane, Australia, June 10-15, 2012   1-6   2012年   [査読有り]
Ryosuke Sano,Takuya Shindo,Kenya Jin'no,Toshimichi Saito
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2012, Brisbane, Australia, June 10-15, 2012   1-7   2012年   [査読有り]
Takahiro Tsujimoto,Takuya Shindo,Kenya Jin'no
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2011, New Orleans, LA, USA, 5-8 June, 2011   1811-1817   2011年   [査読有り]
Shindo Takuya, Jin'no Kenya
信号処理   15(6) 407-416   2011年11月
Kenya Jin'no,Takuya Shindo
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2010, Barcelona, Spain, 18-23 July 2010      2010年   [査読有り]
ONO Katsuma, JIN'NO Kenya, SAITO Toshimichi
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   94(1) 430-433   2011年1月
This letter studies application of the growing PSO to the design of DC-AC inverters. In this application, each particle corresponds to a set of circuit parameters and moves to solve a multi-objective problem of the total harmonic distortion and de...
Takefumi Hiraguri,Toshiyuki Ogawa,Takahiro Ueno,Kentaro Nishimori,Kenya Jin'no
Proceedings of 20th International Conference on Computer Communications and Networks, ICCCN 2011, Maui, Hawaii, July 31 - August 4, 2011   1-5   2011年   [査読有り]
Katsuma Ono,Kenya Jin'no,Toshimichi Saito
IEICE Transactions   94-A(1) 430-433   2011年   [査読有り]
Kenya Jin'no,Yoshihiko Horio,Ryosuke Domae,Kazuyuki Aihara
International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2009), 24-17 May 2009, Taipei, Taiwan   2850-2853   2009年   [査読有り]
Chihiro Kurosu,Toshimichi Saito,Kenya Jin'no
Neural Information Processing, 16th International Conference, ICONIP 2009, Bangkok, Thailand, December 1-5, 2009, Proceedings, Part II   234-241   2009年   [査読有り]
YAMAMOTO Takao, JIN'NO Kenya, HIROSE Haruo
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   86(4) 740-745   2003年4月
In a previous study about a combinatorial optimization problem solver using neural networks, since the Hopfield method, convergence to the optimum solution sooner and with more certainty is regarded as important. Namely, only static states are con...
A Dynamical N-Queen Problem Solver using Hysteresis Neural Networks
Takao Yamamoto, Kenya Jin'no, Haruo Hirose
IEICE Transaction on Fundamentals   E86-A(4) 740-745   2003年
Kenya Jin'no,Hiroshi Taguchi,Takao Yamamoto,Haruo Hirose
ISCAS (5) 2003   737-740   2003年   [査読有り]
時変結合を有するニューラルネットによる多層チャネル配線問題の解法
山本孝夫、神野健哉、廣瀬治男
Journal of Signal Processing   6(6) 411-420   2002年
NAKAGUCHI Toshiya, ISOME Shinya, JIN'NO Kenya, TANAKA Mamoru
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   84(9) 2173-2181   2001年9月
We propose hysteresis neural network solving combinatorial optimization problems, Box Puzzling Problem. Hysteresis neural network searches solutions of the problem with nonlinear dynamics. The output vector becomes stable only when it corresponds ...
Kenya Jin'no
International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2001), 6-9 May 2001, Sydney, Australia   684-687   2001年   [査読有り]
大西美穂, 池上宗光, 丹治裕一, 神野健哉, 田中衛
J Signal Process   3(6) 491-498   1999年11月
NAKAGUCHI Toshiya, JIN'NO Kenya, TANAKA Mamoru
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   82(9) 1851-1859   1999年9月
We propose a hysteresis neural network system solving NP-Hard optimization problems, the N-Queens Problem. The continuous system with binary outputs searches a solution of the problem without energy function. The output vector corresponds to a com...
KOBAYASHI Yuji, JIN'NO Kenya, SAITO Toshimichi
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   82(1) 167-172   1999年1月
We consider an algorithm for finding all solutions in order to clarify all the stable equilibrium points of a hysteresis neural network. The algorithm includes sign test, linear programming test and a novel subroutine that divides the solution dom...
An algorithm for finding all solutions of a hysteresis neural network
Yuji Kobayashi, Kenya Jin'no, Toshimichi Saito
IEICE Trans., on Fundamentals   E82-A(1) 167-172   1999年
離散時間セルラニューラルネットワークを用いた静止画像の中間調表現
大西美穂、池上宗光、丹治裕一、神野健哉、田中衞
Journal of Signal Processing   3(6) 491-498   1999年
Hysteresis Neural Networks for N-Queens Problems
Toshiya Nakaguchi, Kenya Jin'no, Mamoru Tanaka
IEICE Trans. Fundamentals   E82-A(9) 1851-1859   1999年
Kenya Jin'no, Takahiko Nakamura, Toshimichi Saito
IEEE Trans. Circuits and Systems Part I:Fundamental Theory and Applications   46(7) 851-857   1999年
神野 健哉, 田中 衛
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   81(6) 980-987   1998年6月
本論文では簡素なヒステリシスネット(Simple Hysteresis Network以下SHNと略す)を基にした量子化器を提案する.SHNはヒステリシス特性を有したニューロンを相互結合させたヒステリシスニューラルネットを用いたA-D変換器では初期値依存性が高く, 任意に与えられた入力に対して必ずしも適切な出力結果が得られない等の問題があった.本量子化器は任意のアナログ入力に対して最適な出力を保証することができる.またHopfieldらが提案したA-D変換器と比べ本量子化器ではNビットの出...
神野健哉, 田中衛
電子情報通信学会論文誌 A   J81-A(6) 980-987   1998年6月
JIN'NO Kenya, SAITO Toshimichi
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   79(6) 873-882   1996年6月
We analyze dynamics of a simple hysteresis network (ab. SHN) which has only two parameters. We classify the periodic orbits and clarify the number of attractors and their domain of attraction. The SHN is a piecewise linear system, and therefore we...
JIN'NO Kenya
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   79(3) 402-414   1996年3月
This paper proposes a tool to analyze complicated phenomena from a simple hysteresis network. The simple hysteresis network is described by a piecewise linear ordinal differential equation and has only two parameters: self feedback and DC term. Th...
Chaos and related bifurcation from a simple hysteresis network
Kenya JIN'NO
IEICE Trans. on Fundamentals   E79-A(3) 402-414   1996年
Analysis of Periodic Attractors in a Simple Hysteresis Network
Kenya JIN'NO and Toshimichi SAITO
IEICE Trans. on Fundamentals   E79-A(6) 873-882   1996年
Toshimichi SAITO, Kenya JIN'NO and Hiroyuki TORIKAI
International Journal of Electronics   79(6) 797-806   1995年
Toshimichi Saito,Hiroyuki Torikai,Kenya Jin'no
ISCAS 1995   1013-1016   1995年   [査読有り]
Kenya Jin'no
ISCAS 1995   1001-1004   1995年   [査読有り]
理想的な情報の記憶再現機能を有するヒステリシス連想メモリ
神野健哉、 斉藤利通
電子情報通信学会論文誌   J77-A(11) 1486-1493   1994年
Kenya Jin'no,Toshimichi Saito
ISCAS 1994   21-24   1994年   [査読有り]
神野 健哉, 斉藤 利通
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理   76(10) 2233-2239   1993年10月
2値ヒステリシス素子を含む連続時間人工ニューラルネットを用いた連想メモリの以下のような特徴をもつ新合成法を提案する.(1)任意に与えられた任意の個数の所望記憶を安定出力とする.(2)結合係数行列の非対角要素を所望記憶の自己相関行列と一般化逆行列との混合行列により決定する.混合比は一つのパラメータαで制御する.(3)振動解の存在を許容する.そして13セルおよび128セルのネットに対して厳密解を用いた数値解析を行い以下を確認した.(1)αを適切に設定すると偽安定出力の発生個数と初期出力から所望...
連続時間ヒステリシス連想メモリの新合成法
神野健哉、 斉藤利通
電子情報通信学会論文誌   J76-DII(10) 2233-2239   1993年
Kenya Jin'no,Toshimichi Saito
ISCAS 1993   2172-2175   1993年   [査読有り]
神野健哉, 斉藤利通
電子情報通信学会論文誌 A   75(3) 552-556   1992年3月
連続時間ヒステリシスニューラルネットの解析と合成
神野健哉、 斉藤利通
電子情報通信学会論文誌   J75-A(3) 552-556   1992年
神野 健哉, 斉藤 利通
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   75(3) 552-556   1991年3月

Misc

 
神野健哉
日本工業大学研究報告(Web)   47(4) 27‐28 (WEB ONLY)   2018年2月
神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   117(415(NLP2017 86-100)) 51‐54   2018年1月
神野健哉
日本工業大学研究報告(Web)   47(3) 140‐141 (WEB ONLY)   2017年12月
石川成之助, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   117(272(NLP2017 65-85)) 1‐6   2017年10月
山崎天砂, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   117(272(NLP2017 65-85)) 13‐18   2017年10月
木山潤, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   117(272(NLP2017 65-85)) 25‐28   2017年10月
石川成之助, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.N‐1‐31   2017年8月
木山潤, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.N‐1‐32   2017年8月
澤出浩幹, 木村貴幸, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.NS‐1‐6   2017年3月
神野健哉
日本工業大学研究報告(Web)   46(4) 31‐32 (WEB ONLY)   2017年2月
西 翔, 木村 貴幸, 高見沢 透, 神野 健哉
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016    2016年3月
田上 翔, 木村 貴幸, 高見沢 透, 神野 健哉
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016    2016年3月
進藤 卓也, 肖 鑑澤, 神野 健哉
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016 "S-105"-"S-106"   2016年3月
針谷 維佑, 進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016 "S-111"-"S-112"   2016年3月
佐藤 徳馬, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016 "S-115"-"S-116"   2016年3月
中島 卓也, 千島 宏明, 坂本 亘, 大田 健紘, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(2)    2015年2月
今井 一樹, 栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015    2015年2月
針谷 維佑, 進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015    2015年2月
小日向 健太, 進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015    2015年2月
長谷川 侑紀, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015    2015年2月
今井 一樹, 栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(414) 95-99   2015年1月
我々はこれまでに非自律系区分線形ヒステリシスカオス発振器を提案している.本稿では,この非自律系区分線形ヒステリシスカオス発振器のダイナミクスの解析を行い,この系の基本的な動作を明らかにする.そして,カオス発生のメカニズムを概説する.
栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(414) 117-121   2015年1月
近年,非線形振動子に見られる特徴的な現象である,同期現象に注目が集まっている.我々は,外力が注入される系に見られる同期現象を研究している.このような注入系では,周期外力による位相ロックや,ノイズによるノイズ同期が知られている.このうち,ノイズ同期は実応用を考える上では同期範囲に関する検討が不十分である.そこで,我々は厳密な解析が可能な系を用いて,ランダム性のある信号による同期を考える.今回は,弛張発振器モデルに対し,時間方向にランダム性を有するパルス波を注入した際に見られる現象を回路実験に...
今井 一樹, 栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(249) 69-72   2014年10月
周期外力が印可される非自律系システムの簡素なRCカオス発振器が提案されている.この発振器2個に位相差がある外力が印加された場合,位相差によって同期現象を呈することが報告されている.しかし,我々が追試を試みた結果,実装回路と数値シミュレーションで異なる結果となった.この原因を解明するため解析した結果,コンパレータが理想的に動作しないことが原因であることを明らかにした.本稿では,コンパレータをヒステリシスコンパレータに置き換え,ヒステリシス幅によって呈する現象に関しての解析を行う.
長谷川 侑紀, 木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(249) 99-104   2014年10月
近年,増大するエネルギー需要により化石燃料の急激な消費とエネルギー価格の上昇が生じている.また,化石燃料の環境問題への影響が問題化され,エネルギー需要を満たすために再生可能エネルギーを使用する必要性が生じている.再生可能エネルギーの主な課題は,電力供給の予測不可能性の克服と再生可能エネルギー技術の低コスト化である.再生可能エネルギーの課題を克服するためには,再生可能エネルギーシステムを統合し,電力供給の予測不可能性を補うことが必要である.本研究では再生可能エネルギーシステムを統合したハイブ...
今井 一樹, 栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(250) 69-72   2014年10月
周期外力が印可される非自律系システムの簡素なRCカオス発振器が提案されている.この発振器2個に位相差がある外力が印加された場合,位相差によって同期現象を呈することが報告されている.しかし,我々が追試を試みた結果,実装回路と数値シミュレーションで異なる結果となった.この原因を解明するため解析した結果,コンパレータが理想的に動作しないことが原因であることを明らかにした.本稿では,コンパレータをヒステリシスコンパレータに置き換え,ヒステリシス幅によって呈する現象に関しての解析を行う.
長谷川 侑紀, 木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(250) 99-104   2014年10月
近年,増大するエネルギー需要により化石燃料の急激な消費とエネルギー価格の上昇が生じている.また,化石燃料の環境問題への影響が問題化され,エネルギー需要を満たすために再生可能エネルギーを使用する必要性が生じている.再生可能エネルギーの主な課題は,電力供給の予測不可能性の克服と再生可能エネルギー技術の低コスト化である.再生可能エネルギーの課題を克服するためには,再生可能エネルギーシステムを統合し,電力供給の予測不可能性を補うことが必要である.本研究では再生可能エネルギーシステムを統合したハイブ...
小川 知将, 平栗 健史, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(209) 101-104   2014年9月
先行研究として,OBSS環境におけるMU-MIMOにおけるアプリケーションの通信品質を考慮したアクセス制御方式を提案した.提案したアクセス制御方式は,複数の基地局が同時にMU-MIMO(Multi User-Multiple Input Multiple Output)伝送を行う方式である.提案方式は,基地局間で連携したMU-MIMOをおこなうことにより,0BSS環境におけるスループット特性を改善することが可能である.本研究では,OBSS環境における提案方式のスループット特性を評価した,評...
小川 知将, 平栗 健史, 吉野 秀明, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013(2)    2013年9月
針谷 維佑, 進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014    2014年9月
栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013    2013年9月
肖 鑑澤, 栗原 拓哉, 進藤 拓哉, 森田 和也, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014    2014年9月
今井 一樹, 栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014    2014年9月
進藤 卓也, 平栗 健史, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
進藤 卓也, 神野 健哉
回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   26 54-59   2013年7月
小川 知将, 平栗 健史, 西森 健太郎, 吉野 秀明, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
栗原 拓哉, 神野 健哉
回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   26 267-272   2013年7月
千島 宏明, 坂本 亘, 中島 卓也, 大田 健紘, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
木村 佳佑, 木村 貴幸, 平栗 健史, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(119) 31-35   2014年7月
本稿では,トランジェントカオスニューラルネットワークを用いたパケットフロー最適化手法の提案と評価を行う.パケットフロー制御手法は、最短経路をのみを考慮し制御を行うため,ネットワーク内の混雑状況により,伝送効率が損なわれることが考えられる.また,現実世界に見られるネットワーク形状の多くはスケールフリー構造を有しており,このようなネットワークにおいて最短経路のみを考慮したパケット送信を行うと,パケット送信が集中しているノードを使用することにより,パケット混雑が発生する.このため,最短経路を用い...
進藤卓也, 平栗健史, 木村貴幸, 神野健哉, 鵜澤史貴
電子情報通信学会技術研究報告   114(119(CS2014 17-41)) 13-18   2014年6月
木村佳佑, 木村貴幸, 平栗健史, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   114(119(CS2014 17-41)) 31-35   2014年6月
森田 和也, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(55) 57-62   2014年5月
本稿では,単相PWM DC-ACインバータのスイッチング位相の最適化による効率向上を目的とする.効率向上とは出力波形の品質向上,変換効率の向上,スイッチング損失の削減を意味する.我々は3つの指標を組合せた評価関数を提案し,カッコウ探索を用いて評価関数を最小化することによって,スイッチング位相の改善を行う.各指標に対して基準値を設けることにより,効率向上を行なう.その結果,提案手法は従来用いられている三角波比較法より少ないスイッチング回数で,より高次までの高調波成分が低減でき,出力波形の品質...
森田和也, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   114(55(NLP2014 1-18)) 57-62   2014年5月
中島卓也, 大田健紘, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   114(18(CQ2014 1-14)) 41-46   2014年4月
高見沢 透, 木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(486) 61-66   2014年3月
近年,モバイル端末などの普及により,インターネット利用者が増加している.このため,ネットワーク上を流れるデータパケットが急激に増加しており,ネットワーク内にパケット混維が発生している.ネットワーク内にパケット混雑が発生した場合,パケットの遅延や損失が生じてしまう.これらを回避する方法として,効率的なルーティング手法の提案が強く望まれている.効率的なルーティング手法の一つとして,相互結合型ニューラルネットワークを用いた手法が掘口,石岡らによって提案されている.この手法は,形状が規則的なネット...
高見沢 透, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014    2014年3月
小川 知将, 平栗 健史, 神野 健哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(2)    2014年3月
栗原拓哉, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.A-2-5   2014年3月
森田和也, 進藤卓也, 栗原拓哉, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.A-2-4   2014年3月
小川知将, 平栗健史, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-11-15   2014年3月
高見沢透, 木村貴幸, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.A-2-3   2014年3月
栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   112(487) 13-18   2013年3月
ブラインド信号源分離は,未知の混合系で混合された信号を分離し,原信号を得るものである.このブラインド信号源分離を実現する手法として,独立成分分析が知られている.独立成分分析は,信号の独立性をもとに,信号を分離する手法である.その特徴は,信号に統計的独立性と,非ガウス性を仮定する点である.本研究では,原信号が非線形に混合される場合を考える,非線形ブラインド信号源分離を扱う.一般に,非線形ブラインド信号源分離は難しい問題であることが知られている.非線形ブラインド信号源分離では,非線形分離過程を...
高見沢透, 木村佳佑, 木村貴幸, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(486(NLP2013 164-190)) 61-66   2014年3月
木許 雅則, 冨田 翔矢, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   112(487) 19-23   2013年3月
ブラインド信号分離とは,複数の混合信号と源信号の独立性のみを利用して源信号を分離・再生する技術であり,これまでに様々な手法が提案されている.その一つとして筆者等は,近年注目される最適化技法であるPSO(Particle Swarm Optimization)を応用した手法を提案している.本報告では,その手法の評価関数として用いられる廊信号と分離信号間の分布誤差について,その分割数や使用サンプルの変化が分離精度に対してどのような影響を与えるかについて検討する.
栗原拓哉, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(486(NLP2013 164-190)) 15-20   2014年3月
川井 翼, 楠見 僚也, 黒田 佳織, 加藤 秀行, 藤原 寛太郎, 神野 健哉, 池口 徹
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   112(487) 149-154   2013年3月
現実世界には様々な同期現象が存在している.様々な同期現象の中でも共通ノイズ同期現象が近年注目されており,理論的にも実験的にもその存在が示されている.本稿では,実際の物理システムである電子回路を用いてカオス振動子を用いた共通ノイズ同期現象を実証している.カオス振動子には,区分線形近似したレスラー振動子,レスラー振動子,ローレンツ振動子を使用した.カオス振動子間の位相差分布から,カオス振動子ではどのように同期が行われるのか,またノイズ強度を変化させるとどのように同期が変化するのかを回路実験を通...
船山 郁馬, 木村 貴幸, 平栗 健史, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(405) 67-72   2014年1月
配送計画問題(Vehicle Routing Problem,以下, VRP)は,宅配便や郵便,商品輸送,などの配送サービスにおいて,各運搬車の最適経路を求める組合せ最適化問題である. VRPは,使用する運搬車の台数を最小限に抑え,かつ運搬車の総移動距離と移動時間の短い,最適な配送計画を求めることを目的とする.また, VRPは, NP困難な組合せ最適化問題の一種である. VRPには,各顧客に訪問する時間が設定された時間枠制約付き配送計画問題や各運搬車に積載量の制約を加えた容量制約付き配送計...
KIMURA Keisuke, KIMURA Takayuki, JIN'NO Kenya
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(341) 17-22   2013年12月
神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(271) 69-72   2013年10月
粒子群最適化法(Particle Swarm Optimization; 以下 PSO と略す)は連続関数最適化問題の一つの強力な解法アルゴリズムとして注目を集め、非常に多くの研究成果が公表されている。PSOは他のメタヒューリスティック解法と比較して非常に高速に評価関数の最適値を探索することができる。通常のPSOには乱数要素が含まれているため、システムは確率論システムの一つであるといえる。一方、PSOのダイナミクスの詳細に関して解析を行うため、幾つかの論文ではPSOシステムから乱数要素を取...
神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(271) 69-72   2013年10月
神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(271(NLP2013 69-112)) 69-72   2013年10月
森田 和也, 栗原 拓哉, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   112(363) 81-86   2012年12月
本稿では,単相PWM DC-AC インバータの効率を改善することを目的として,スイッチング位相を分割最適化法を用いて最適化する.分割最適化法とは筆者らが提案する群知能を基にした最適化のメタヒューリスティック解法である.本稿では各粒子が非同期的に動作する非同期型分割最適化法を用いる.非同期型システムでは粒子の更新順序は最適化において重要な要素となる.よって粒子の更新順序による性能の違いを数値実験により考察する.また,一般的にPWM 波形の生成に用いられる三角波比較法と,提案手法との比較検討を行う.
高見沢 透, 木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(224) 51-56   2013年9月
近年,モバイル端末などの普及により,インターネット利用者が増加しており,このため,ネットワーク上を流れるデータパケットが急激に増加している.また,ネットワーク上を流れるパケットの増加により,ネットワーク内にパケット混雑が発生していることが予想される.ネットワーク内にパケット混雑が発生した場合,パケットの遅延や損失が生じてしまう.これを回避するための方法として,効率的なルーティング手法の提案が望まれている.効率的なルーティング手法の一つとして,相互結合型ニューラルネットワークを用いた手法が堀...
関口 卓嗣, 進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   112(363) 7-12   2012年12月
粒子群最適化(PSO)は最適化問題を解くためのヒューリスティック解法のひとつとして近年注目されている.従来の一般的な粒子群最適化は探索空間内に配置された粒子が,各座標での評価値を計算し,この値を元に次の探索点を決定し,探索を行う.これに対して,本稿では粒子が各次元毎に最適値の探索を行い評価値を計算し,これを一定時間行う,非同期型逐次更新PSO を提案する.非同期型逐次更新PSO と従来の同期型逐次更新PSO の解探索性能の比較をベンチマーク関数を用いた数値シミュレーションによって行う.また...
高見沢 透, 木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(225) 51-56   2013年9月
近年,モバイル端末などの普及により,インターネット利用者が増加しており,このため,ネットワーク上を流れるデータパケットが急激に増加している.また,ネットワーク上を流れるパケットの増加により,ネットワーク内にパケット混雑が発生していることが予想される.ネットワーク内にパケット混雑が発生した場合,パケットの遅延や損失が生じてしまう.これを回避するための方法として,効率的なルーティング手法の提案が望まれている.効率的なルーティング手法の一つとして,相互結合型ニューラルネットワークを用いた手法が堀...
森田 和也, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(225) 25-30   2013年9月
森田 和也, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(224) 25-30   2013年9月
高橋 明遠, 青柳 稔, 神野 健哉
日本工業大学研究報告   42(3) 629-632   2012年12月
森田和也, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(225(NLP2013 48-68)) 25-30   2013年9月
小川 知将, 平栗 健史, 西森 健太郎, 吉野 秀明, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ   112(218) 43-46   2012年9月
本稿では,これまでに提案した無線LANのためのマルチキャスト伝送方式の妥当性を確認するため,マルチキャストパケットの損失率の解析を行った.無線LANでは,マルチキャスト伝送のための再送機能が用意されていないため,パケット同士の衝突に起因したパケット損失が通信品質に大きく影響する.本報告では,理論計算および実験により,従来方式におけるパケット損失の評価を行った.評価結果から,理論計算と実験結果はほぼ一致しており,本解析結果の正当性が確認された.また,理論計算はこれまでに行ったシミュレーション...
高見沢透, 木村佳佑, 木村貴幸, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(225(NLP2013 48-68)) 51-56   2013年9月
小川 知将, 平栗 健史, 吉野 秀明, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(208) 81-84   2013年9月
先行研究として,OBSS環境におけるアプリケーションの通信品質を考慮したアクセス制御方式を提案した.提案したアクセス制御方式は,アプリケーションの通信品質を考慮した任意の周期で複数の基地局が同時にMU-MIMO (Multi User-Multiple Input Multiple Output)伝送を行う方式である.提案方式は,この周期を用いた場合に,アプリケーションの通信品質の保証だけでなく,従来のMU-MIMOと比較して高い帯域利用効率を得ることが可能となる.本研究では,初期評価とし...
佐野 亮介, 神野 健哉, 斎藤 利通
情報科学技術フォーラム講演論文集   11(2) 291-292   2012年9月
小川知将, 平栗健史, 吉野秀明, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(208(CQ2013 28-50)) 81-84   2013年9月
栗原拓哉, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.A-2-1   2013年9月
小川知将, 平栗健史, 吉野秀明, 神野健哉
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.B-11-3   2013年9月
小川 知将, 平栗 健史, 高瀬 浩史, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(2)    2012年8月
久保田 将史, 神野 健哉, 斎藤 利通
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(0)    2012年8月
関口 卓弥, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(0)    2012年8月
関口 卓弥, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(116) 1-4   2013年7月
最適化手法の一つに粒子群最適化法(PSO)がある.PSOの特徴として最適化問題を高速に解くことができる.しかし,粒子の収束が速すぎるために最適解へ到達する前に局所解に捕われ。解探索が止まってしまう問題がある.本稿では,この問題を解決するために,速度に関係するパラメータである乱数γとPSOのネットワーク構造に着目し,これらがPSOの解探索性能へ及ぼす影響をシミュレーションにより確認する.
森田 和也, 神野 健哉, 神野 健哉
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(0) 81-86   2012年8月
木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(116) 111-115   2013年7月
近年,急激な人口増加に伴う電力需要の増加や,化石燃料の枯渇,さらに温室効果ガス削減のため,太陽光や風力などを用いた再生可能エネルギーの利用が注目されている.電力供給が不安定な再生可能エネルギーの効率的な運用を考慮した場合,状態の変化に素早く応じた柔軟な制御手法を導入することが不可欠である.そこで,再生可能エネルギーを用いたスマートグリッドシステムのための最適制御手法がM. E. Gamezらによって提案されている.この手法では,スマートグリッドシステムにおける電力最適制御問題を線形計画問題...
木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(116) 111-115   2013年7月
進藤 卓也, 神野 健哉
回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   25 44-49   2012年7月
関口 卓弥, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(116) 1-4   2013年7月
小川知将, 平栗健史, 高瀬浩史, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   112(118(CS2012 23-47)) 131-135   2012年7月
本稿では,これまでに提案した無線LANのためのマルチキャスト伝送方式の正当性を評価するために,マルチキャストパケットの損失率及び平均遅延時間の解析を行った.無線LANでは,マルチキャスト伝送のための再送機能が用意されていないため,パケット同士の衝突に起因したパケット損失が通信品質に大きく影響する.本報告では,理論計算およびシミュレーションにより,提案方式と従来方式の特性評価を行った.評価結果から,理論計算とシミュレーション結果はほぼ一致しており,提案方式の正当性は確認された.
木村 佳佑, 木村 貴幸, 平栗 健史, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(114) 87-92   2013年7月
近年,急激な人口増加に伴う電力需要の増加や,化石燃料の枯渇,さらに温室効果ガス削減のため,太陽光や 風力などを用いた再生可能エネルギーの利用が注目されている.電力供給が不安定な再生可能エネルギーの効率的な 運用を考慮した場合,状態の変化に素早く応じた柔軟な制御手法を導入することが不可欠である.そこで,再生可能エネルギーを用いたスマートグリッドシステムのための最適制御手法がM. E. Gamezらによって提案されている.この手法では,スマートグリッドシステムにおける電力最適制御問題を線形計画...
関口卓弥, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(116(NLP2013 26-47)) 1-4   2013年7月
進藤卓也, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   112(69(NLP2012 25-37)) 25-28   2012年5月
従来の粒子郡最適化法(PSO)における,粒子の移動と解探索方向の決定は,粒子自身が過去に得た最良位置と群れの全粒子の最良位置によって行われる.この様な,過去の経験に基づく学習戦略は,簡単に用いることができる.一方で,より効率的な学習戦略といえる,Orthogonal Learning(OL)を利用してPSOの解探索性能を向上させる手法が提案されている.本稿では,従来のPSOとOLを利用したPSOの解探索性能をベンチマーク関数を用いた,数値実験により比較する.
進藤卓也, 岸田朗, 平栗健史, 西森健太郎, 木村貴幸, 神野健哉, 鵜澤史貴
電子情報通信学会技術研究報告   113(114(CS2013 8-27)) 83-86   2013年6月
木村佳佑, 木村貴幸, 平栗健史, 神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(114(CS2013 8-27)) 87-92   2013年6月
神野健哉, 久保田将史, 斉藤利通
電子情報通信学会技術研究報告   112(6(NLP2012 1-24)) 79-82   2012年4月
最適化問題を解くための新たな最適解探索アルゴリズムとして、目的関数の設計変数の定義域を適切に分割して探索する、領域分割最適化法を提案し、その基本特性に関して検討する。提案する領域分割最適化法は粒子群最適化法を基に探索領域を離散化し、探索領域を2値ヒステリシスのしきい値によって制御する。
神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(69) 17-20   2013年5月
本稿では粒子群最適化法の粒子の収束特性を解析する。粒子群最適化法において粒子間の優良解情報の通信は近傍内で現在までの情報と近傍を決定するネットワーク構造によって実現されている。我々はネットワーク構造での平均頂点間距離に着目し、平均頂点間距離と解探索性能との関係を明らかにする。その結果、長い平均頂点間距離を有するネットワーク構造は多峰性関数や複数解問題に対して有効であることを示す。さらに各粒子自身が有する優良解情報の分散によって、粒子位置の多様性を測り、長い平均頂点間距離を有するネットワーク...
神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(69) 17-20   2013年5月
神野健哉, 辻本貴博, 進藤卓也, 佐野亮介, 斉藤利通
電子情報通信学会技術研究報告   111(498(NLP2011 141-164)) 45-50   2012年3月
粒子群最適化法(PSO)は効果的なヒューリスティック最適化手法の一つである。PSOではそれまでに各粒子が発見した評価関数の最良値情報が探索ダイナミクスに大きな影響を与えている。この最良値情報は群全体で共有される場合と一部の粒子間でのみ共有される場合とがある。各粒子間で情報がやり取りの状況は各粒子間の結合とみなすことができる。そこで本稿ではこのような最良値情報が共有される粒子間の関係をグラフとみなし,グラフの特徴量とPSOの性能の関係について考える。更にPSOは乱数要素を含んでいるため確率的...
神野健哉
電子情報通信学会技術研究報告   113(69(NLP2013 9-25)) 17-20   2013年5月
進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   113(15) 25-28   2013年4月
粒子群最適化法(PSO)における,粒子の移動速度と解探索方向は,その粒子が過去に得た最良位置,粒子の群れが持つ最良位置,それぞれの位置を参照することによって決定される.この様な,従来のPSOでは群れが,ある位置に収束し,速度が得られなくなると解探索が停滞する.そこで,解探索の停滞時に最良位置だけではなく,最悪値を参照することで,粒子を加速することによって解探索性能を向上させる手法を提案する.
木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   113(15) 35-40   2013年4月
近年,急激な人口増加に伴う電力需要の増加や,化石燃料の枯渇,さらに温室効果ガス削減のため,太陽光や風力などを用いた再生可能エネルギーの利用が注目されている.電力供給が不安定な再生可能エネルギーは,その効率的な運用を考慮した場合,状態の変化に素早く応じた柔軟な制御手法を導入することが不可欠である.そこで,再生可能エネルギーを用いたスマートグリッドシステムのための最適制御手法がM.E.Gamezらによって提案されている.この手法では,スマートグリッドシステムにおける電力最適制御問題を線形計画問...
進藤 卓也, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   113(15) 25-28   2013年4月
木村 佳佑, 木村 貴幸, 神野 健哉
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   113(15) 35-40   2013年4月

書籍等出版物

 
久保田 彰, 神野 健哉, 陶山 健仁, 田口 亮, 渡部 英二 (担当:共著)
オーム社   2014年4月   ISBN:9784274215315
斎藤 利通, 神野 健哉 (担当:共著)
コロナ社   2016年8月   ISBN:4339008850
神野 健哉, 吉野 秀明, 平栗 健史 (担当:共著)
オーム社   2015年8月   ISBN:4274217868
久保田 彰, 神野 健哉, 陶山 健仁, 田口 亮 (担当:共著)
オーム社   2014年4月   ISBN:4274215318
斉藤 利通, 神野 健哉
コロナ社   2016年   ISBN:9784339008852

講演・口頭発表等

 
Characteristic of Hysteresis Oscillatory Associative Memory
The 2006 International Conference on Nonllinear Theory and its Applications   2006年   
An Application of Oscillatory Hysteresis Network
International Conference on Signal and Electronic Systems   2006年   
An Automated Circuit Design Procedure by Means of Genetic Programming
The 2005 International Conference on Nonllinear Theory and its Applications   2005年   
Synchronization Phenomena in Hysteresis Neural Networks
2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing   2006年   
An Analog Circuit Design Procedure by Means of Genetic Programming
2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing   2005年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 神野 健哉
粒子群最適化法(PSO)は近年注目を集めている最適解探索方法の一つである.PSOは非常に短時間で精度良く解を探索することができるが,多くの制御パラメータを有している.これらの制御パラメータによって性能が大きく変化するがパラメータと解探索能力に関しては経験的に設定されているものが殆どであり,パラメータが及ぼす探索能力の影響に関する検討は十分ではない.特に従来のPSOではパラメータを乱数によって設定し,一種の確率論的システムであった.これに対し、我々はこれまでにシステムから乱数要素を取り除いた...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 神野 健哉
平成11年度に引続きヒステリシスニューラルネットワークのダイナミクス解析と組み合わせ最適化問題の応用に関して研究を行った。平成11年度までは主に計算機シミュレーションによる解析を中心に行ってきたが、本システムの最大の利点はアナログ回路による実装回路が作成でき、計算機シミュレーションに比べ遥かに高速、かつ並列的に計算を行う事が可能な点である。そこで実装回路の優位性を確認するためにオペアンプにより構成した実装回路を作成し、Nクイーン問題の解法に本実装回路システムを用い、本システムの解の探索能力...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 田中 衞
本研究では、入力アナログ濃淡値画像またはビット数が大きな入力多値画像から、画素ごとの最大輝度、ビット数、色表現能力を可変にできる解像度変換可能な離散時間型セルラーネットワーク(DTCNN)を提案した。DTCNNは、各画素に配置されたinner cellsによる局所的ダイナミクス(local dynamics)によるニューロン的な2値量子化動作によって2値以上の多値量子化関数を空間集合として表現し、画素面積内のセル数を可変にすることによって、階調と解像度を制御してデジタル画像を得る。与えられ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 神野 健哉
両素の最小単位が2値出力のみしか取り扱うことが出来ないプリンタ等の出力装置において多階調を表現する手段の一つに面積階調法ど呼ばれる手法がある。本研究では面積階調法に基づいた画像処理をヒステリシス素子を含む人工ニューラルネットを用いて行うことを目的とした。人工ニューラルネットはディジタル計算機のプログラムに相当するものが各ニューロンの結合係数であり、結合係数がその処理能力に非常に重要な役割を果たす。このため結合係数と安定平衡点との関係に注目し、その関係に関して研究を行った。面積階調法では入力...
ヒステリシスニューラルネットの解析と合成
その他の研究制度
研究期間: 1991年   
区分線形2値ヒステリシスを出力素子とする相互結合型ニューラルネットワークの動作解析とその合成法に関する研究

特許

 
堀尾 喜彦, 神野 健哉, 香田 徹, 合原 一幸
堀尾 喜彦, 神野 健哉, 香田 徹, 合原 一幸
堀尾 喜彦, 濱田 卓矢, 神野 健哉, 合原 一幸