小山充道

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 16:52
 
アバター
研究者氏名
小山充道
 
コヤマミツト
ハンドル
handle0132277
所属
北海道千歳リハビリテーション大学
部署
健康科学部
職名
教授
学位
教育学博士(北海道大学(1990)), 教育学修士(大阪教育大学(1979))

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部 教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
藤女子大学 人間生活学部 教授(定年退職)
 
2006年4月
 - 
2010年3月
名寄市立大学保健福祉学部教授
 
2002年4月
 - 
2006年3月
信州大学 教育学部[教育カウンセリング課程]及び大学院教育学研究科[臨床心理学専修] 教授
 
2000年4月
 - 
2002年3月
札幌学院大学 大学院臨床心理学研究科 教授
 
1993年4月
 - 
2000年3月
同大学 教授
 
1996年4月
 - 
1997年3月
州立南フロリダ大学 大学院リハビリテーション&メンタルヘルスカウンセリング研究科 客員研究員(1年間在籍)
 
1984年4月
 - 
1993年3月
札幌学院大学 人文学部 助教授
 
1982年4月
 - 
1984年3月
医療法人札樽病院 医療相談室 医療相談室長(臨床心理士)
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年3月
北海道大学 大学院教育学研究科博士後期課程 教育学専攻(特殊教育・臨床心理学講座)
 
1977年4月
 - 
1979年3月
大阪教育大学 大学院教育学研究科修士課程 障害児心理学専攻
 
1973年4月
 - 
1977年3月
弘前大学 教育学部 
 

委員歴

 
1999年10月
 - 
現在
公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会  評議員(現在)
 
2000年7月
 - 
2017年3月
公益財団法人社会福祉振興・試験センター  試験委員
 
2009年1月
 - 
2012年3月
金剛出版  「臨床心理学」査読委員
 
2003年4月
 - 
2010年3月
日本臨床心理士会  「日本臨床心理士会雑誌」常任編集委員
 
1997年11月
 - 
2003年11月
日本心理臨床学会  「心理臨床学研究」常任編集員
 
1997年11月
 - 
2003年11月
日本心理臨床学会  理事
 
1986年4月
 - 
1997年3月
北海道リハビリテーション学会  学術委員
 

論文

 
発話開始困難を呈した超皮質性運動失語の1例−言語と思考様式の分析
小山健太・唐澤健太・小山充道
北海道千歳リハビリテーション科学   (3) 12-18   2017年6月   [査読有り]
疾病否認を示す患者の病識に関する検討-心理療法の視点から
小山充道
北海道千歳リハビリテーション科学   (3) 1-11   2017年6月   [査読有り]
保育園時に脳外科手術を受けた女子中学生の苦悩と心の成長
小山充道
藤女子大学QOL研究所紀要   10(1) 91-106   2015年3月   [査読有り]
自分描画法(Self-Portrait-Method)の実施手順
小山充道
藤女子大学紀要第Ⅱ部   (52) 75-90   2015年3月
自分描画法(Self-Portrait Method)とTATにおける心理療法的有用性に関する比較研究
小山充道
藤女子大学紀要第Ⅱ部   (51) 57-72   2014年3月
性的虐待を受けた子どもと非加害親への支援~児童家庭支援センターでの親子並行面接を通して
小山充道・小野実佐・今泉明子
藤女子大学紀要第Ⅱ部   (49) 121-135   2012年3月
落書きの心理学的分析
小山充道
藤女子大学紀要第Ⅱ部   (48) 159-176   2011年3月
「“思い”の特質~心理療法の視点から
小山充道
札幌学院大学心理臨床センター年報   (10) 41-51   2010年7月
多彩な身体症状と就労困難を訴えた男性に対する自分描画法の適用
小山充道
名寄市立病院医誌   17(1) 42-48   2009年7月
自分描画法を用いた高齢者に関する臨床心理学研究-高齢者と大学生の思いの特徴
小山充道
高齢者問題研究   (24) 17-33   2008年3月   [査読有り]
描画を臨床に生かすには~心理療法における描画の活用
小山充道
臨床心理学   7(2) 165-173   2007年3月   [招待有り]
アスペルガー障害をもつ一青年に対する心理療法過程
岸田茜・小山充道
信州心理臨床紀要   (5) 31-43   2006年6月
コラージュ制作過程における内的変化に関する臨床心理研究
増田美香・小山充道
信州心理臨床紀要   (5) 11-22   2006年6月
箱庭制作過程における“ぴったり感”に関する臨床心理学的研究
金田聡子・小山充道
信州心理臨床紀要   (5) 1-10   2006年6月
自分描画法研究― 心理療法における自己像
小山充道
信州大学教育学部紀要   (115) 155-166   2005年8月
臨床心理士のスクールカウンセリング-専門性と役割
小山充道
日本臨床心理士会雑誌   14(1) 39-44   2005年7月   [査読有り]
「思いの理論」に基づく臨床人格発達研究―対人的出来事場面における心的過程と対処行動の分析
橋本園美・小山充道
信州大学教育学部紀要   (114) 121-132   2004年12月
『臨床心理実習』の実際
小山充道
信州心理臨床紀要   (2) 45-56   2003年12月
心理臨床研究における科学性に関する一考察
岩壁茂・小山充道
心理臨床学研究   20(5) 443-452   2002年12月   [査読有り]
神経心理学的検査の解釈~神経心理学的アセスメントの事例を読む
小山充道
臨床心理学   2(3) 371-377   2002年5月   [招待有り]
"Treatment approach for denial of illness following a stroke"
小山充道
札幌学院大学心理臨床センター年報   (創刊号) 23-51   2001年3月
心理的喪失に気づいた中年脳障害者との対話療法
小山充道
心理臨床学研究   18(1) 69-80   2000年4月   [査読有り]
カウンセリングにおける行動変容~特に“気づき”を中心に
小山充道
日本腎不全看護学会誌   1(1) 24-29   1999年3月   [査読有り]
日米児童のMARIカードテストの類似性と差異についての国際異文化比較
Marshall,F.T & Kidder,H.C.(小山充道訳)
箱庭療法研究   11(2) 60-84   1998年11月   [査読有り][招待有り]
アメリカにおけるリハビリテーションカウンセリング
小山充道
札幌学院大学人文学会紀要      1998年9月
アメリカにおける『リハビリテーションカウンセラー』養成の現状と未来
小山充道
札幌学院大学心理臨床センター年報   (2) 63-81   1997年3月
カウンセリングにおける”事実”とは何か
小山充道
札幌学院大学人文学会紀要   (55) 43-60   1994年7月
『足』の病識回復過程
小山充道
別冊発達   (18) 286-292   1994年6月   [招待有り]
教育カウンセリングについての一考察
小山充道
札幌学院大学人文学会紀要   (52) 75-86   1992年12月
脳障害者の心理療法
小山充道
札幌学院大学人文学会紀要   (50) 67-84   1991年12月
脳障害者の病識回復過程に関する研究
小山充道
札幌学院大学人文学会紀要   (49) 37-55   1991年8月
脳障害者の心理療法における治療セッティングー心理的治癒の契機としての病識獲得の展開
小山充道
北海道大学教育学博士学位取得論文   1-290   1991年3月   [査読有り]
心理臨床における“病識”について(Ⅱ)
小山充道
札幌学院大学人文学会紀要   (47) 109-128   1990年8月
脳障害による病態失認の回復過程に関する研究
小山充道
心理臨床学研究   8(1) 48-61   1990年7月   [査読有り]
心理臨床における“病識”について(Ⅰ)
小山充道
札幌学院大学人文学部紀要   (45) 115-129   1989年8月
転換障害例についての心理臨床的考察
小山充道
札幌学院大学人文学部紀要   (43) 25-44   1988年9月
脳障害者の自己意識
小山充道
札幌学院大学人文学部紀要   (41) 25-47   1987年10月
脳障害児の言語訓練過程にみられた情動反応
小山充道
特殊教育学研究   22(3) 34-43   1984年12月   [査読有り]
一側性無視を示した視覚失認症例の治療訓練経過
小山充道・寺岡真奈美・多田武夫
北海道リハビリテーション学会雑誌   10・11・12(合併号) 90-100   1984年3月
脳血管障害後遺症患者のリハビリテーションに関する研究(Ⅰ)-感覚統合能力検査(SCSIT)の分析
小山充道・多田武夫・秋元久美・渡部桂子・名取亮子
北海道リハビリテーション学会雑誌   10・11・12(合併号) 12-15   1984年3月
脳血管障害後遺症患者のリハビリテーションに関する研究(Ⅱ)-病理的人格反応図式に基づく臨床心理学的接近の試み
小山充道・多田武夫
北海道リハビリテーション学会雑誌   10・11・12(合併号) 16-19   1984年3月
心理療法における有機体理論の再検討-神経症者からみた病理的人格反応図式
小山充道
札幌商科大学論集   (34) 121-134   1983年12月
脳障害に関与する病理的人格反応の心理学的次元
小山充道
北海道大学教育学部紀要   (40) 105-141   1982年3月
脳障害者の情動反応-臨床心理学的接近
小山充道
北海道大学教育学部紀要   (39) 237-264   1981年9月
脳血管障害後遺症者における心理的障害
小山充道
大阪教育大学養護教育教室研究紀要   (3) 109-121   1981年3月
準備行動の生理心理学的研究(II)-暗算時(閉眼)の反応関連電位(RRPs)におよぼす緊張水準の効果と臨床との関連
小山充道
特殊教育学研究   18(3) 16-25   1980年12月   [査読有り]
準備電位におよぼす注意様式と注意水準の効果
小山充道
大阪教育大学養護教育教室研究紀要   (2) 73-80   1980年1月   [査読有り]
準備行動の生理心理学的研究- 大脳準備電位による準備性の研究
小山充道
特殊教育学研究   17(2) 9-18   1979年10月   [査読有り]

Misc

 
学校でする子どものアセスメント ④アセスメントに活かせる多様なツール
小山充道
子どもの心と学校臨床   (18) 37-46   2018年2月   [依頼有り]
子どもの心理アセスメントー基本と留意点
小山充道
児童心理   (942) 21-31   2011年12月   [依頼有り]
自分描画法に関する臨床基礎研究-思春期・青年期への取り組み
小山充道
日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究C研究成果報告書   1-52   2011年2月
『T.P.ホーガン著 繁桝算男・椎名久美子・石垣琢磨訳  心理テストー理論と実践の架け橋』(書評)
小山充道
臨床心理学   10(6) 961   2010年11月   [依頼有り]
心理臨床最前線 心理アセスメントの現在
小山充道
日本心理臨床学会誌『心理臨床の広場』   3(1) 42-43   2010年8月   [依頼有り]
『佐藤進監修 津川律子・元永拓郎編 心の専門家が出会う法律第3版』(書評)
小山充道
日本臨床心理学雑誌   19(1) 76-77   2010年4月   [依頼有り]
私の注目!2008~2009の書籍・論文
小山充道
臨床心理学   10(1) 147-148   2010年1月   [依頼有り]
『下山晴彦(2008)「臨床心理アセスメント入門」金剛出版』(書評)
小山充道
精神療法   35(2) 253-254   2009年4月   [依頼有り]
『村山正治・滝口俊子編(2008)「河合隼雄のスクールカウンセリング講演録」創元社』 (書評)
小山充道
日本臨床心理学雑誌   17(3) 62-64   2008年12月   [依頼有り]
自分描画法における高齢者の思いの特徴
小山充道
HGR高研協   (24) 29-31   2008年6月   [依頼有り]
ロールプレイングによるカウンセリング研修体験
小山充道
道北地域研究所年報「地域と住民」   (26) 73-89   2008年3月
特別支援教育としての教育心理臨床アプローチ
小山充道
現代のエスプリ別冊 教育心理臨床パラダイム   280-285   2008年1月   [依頼有り]
「3つの教育相談事例に対するコメント」(小論文)
小山充道
名寄市教育研究所調査研究部編「児童生徒理解のために   31-35   2008年1月   [依頼有り]
『野中猛・高室成幸・上原久著(2007)「ケア会議の技術』(書評)
小山充道
日本臨床心理学雑誌   55 77   2007年12月   [依頼有り]
心理的援助の本質と援助者の資質・役割
小山充道
道北地域研究所年報「地域と住民」   (25) 43-56   2007年3月
思春期に現れやすいサイン
小山充道
児童心理   (832) 65-68   2005年11月   [依頼有り]
専門職大学院に関する勉強会に出席して
小山充道
日本臨床心理士会雑誌   12(2) 42-44   2003年9月   [依頼有り]
現場における心理アセスメント
小山充道
臨床心理学   3(4) 477-485   2003年7月   [依頼有り]
学校臨床と心理テスト
小山充道
臨床心理学   4(1) 128-129   2003年1月   [依頼有り]
人間形成を培う「学校教育」の原点を探る~人が人を育てるとはどういうことか、共感的理解の視点からとらえる 第3回学生に対するカウンセリングアプローチ
小山充道
教務と臨床指導者   12(3) 65-75   1999年10月   [依頼有り]
人間形成を培う「学校教育」の原点を探る~人が人を育てるとはどういうことか、共感的理解の視点からとらえる 第4回(最終回) 対話の意味と深まり
小山充道
教務と臨床指導者   12(4) 55-64   1999年10月   [依頼有り]
境界例の声
小山充道
心の健康   (103) 49-50   1999年8月   [依頼有り]
人間形成を培う「学校教育」の原点を探る~人が人を育てるとはどういうことか、共感的理解の視点からとらえる 第2回 臨床を教える~教授の専門性と効果的な教育技量の再検討
小山充道
教務と臨床指導者   12(2) 57-64   1999年7月   [依頼有り]
人間形成を培う「学校教育」の原点を探る~人が人を育てるとはどういうことか、共感的理解の視点からとらえる 第1回 今、学生(18~22歳)はどのようなことを考えているのか
小山充道
教務と臨床指導者   12(1) 82-88   1999年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
自分描画法の基礎と臨床
小山充道(単著)
遠見書房   2016年10月   
臨床心理検査バッテリーの実際(高橋依子・津川律子編著)
小山充道 (担当:共著, 範囲:「第6章思春期(教育場面)」p56-74)
遠見書房   2015年6月   
投映法の基礎講座(津川律子編著)
小山充道 (担当:共著, 範囲:「投映法の基礎講座」(第2部 個々の投映法 第4章 TAT)p104-127)
遠見書房   2012年7月   
必携臨床心理アセスメント
小山充道(編著)
金剛出版   2008年8月   
学校臨床のヒント(村山正治編)
小山充道 (担当:共著, 範囲:『学校臨床と心理テスト』『知能検査』『性格テスト』」p144-146, 169-175.)
金剛出版   2007年9月   
臨床心理学全書(大塚義孝編)
小山充道 (担当:共著, 範囲:「老人科・リハビリテーション領域」第13巻所収 p167-232.)
誠信書房   2004年5月   
学校における思春期・青年期の心理面接
小山充道(単著)
金剛出版   2002年6月   ISBN:4772407456
思いの理論と対話療法
小山充道(単著)
誠信書房   2002年5月   ISBN:4414400031
カウンセリング辞典(氏原寛・小川捷之・近藤邦夫・鑪幹八郎・東山紘久・村山正治・山中康裕他編)
小山充道 (担当:分担執筆, 範囲:「脳障害者の心理療法」p232-234.)
ミネルヴァ書房   1999年12月   
家族と福祉領域の心理臨床(河合隼雄・東山紘久編)
小山充道 (担当:共著, 範囲:「第8章 老人福祉施設・リハビリテーション病院の臨床心理士からの視点-総説、事例;心のおきどころのイメージづくり」)
金子書房   1998年12月   
失語症・回復への声
小山充道(編著)
学苑社   1995年2月   ISBN:4761495014
行動科学(山田一郎・小山充道・池田光幸)
小山充道 (担当:共著, 範囲:「心の危機、それへの対応」p.36-p.50, 「客観的心理テスト」p.63-p.73,「交流分析」p.79-p.85,「障害の受容 」 p.122-p.127)
医学書院   1995年1月   
心理臨床大事典(氏原寛・亀口憲治・成田善弘・東山紘久・山中康裕編)
小山充道 (担当:分担執筆, 範囲:「脳障害者の心理療法」および「記銘力検査」p.259-p.261, p.457-p.460)
培風館   1992年11月   
脳障害者の心理療法
小山充道(単著)
北海道大学図書刊行会   1992年8月   ISBN:4832955519
病の心理学
小山充道(単著)
学苑社   1989年5月   ISBN:4761489049
論理療法にまなぶ(日本学生相談学会編)
小山充道 (担当:共著, 範囲:第9章「論理療法(RET)にまなぶこと~ロジャースとの統合をめざして」p.54-p.72)
川島書店   1989年1月   
心理学(氏原寛・並河信子・浪花博編)
小山充道 (担当:共著, 範囲:第4章「生理」p.54-p.72)
培風館   1985年4月   
脳障害者の心理臨床
小山充道(単著)
学苑社   1985年3月   ISBN:4761485035
障害児の感覚運動指導(坂本龍生編著)
小山充道 (担当:共著, 範囲:第2章「感覚運動指導の神経学的基礎」p.41-p.73)
学苑社   1982年8月   

講演・口頭発表等

 
自分描画法(SPM) の施行方法に関する研究
小山充道
日本心理臨床学会   2018年9月1日   
発話開始困難を呈した超皮質性運動失語の一例~言語と思考からの分析
小山健太・唐澤健太・小山充道
第41回日本高次脳機能障害学会学術総会   2017年12月   
箱庭製作過程における「ぴったり感」に関する臨床心理学的研究 -箱庭制作後に物語ることの意味を「思いの理論」から考える-
横田聡子・小山充道
日本心理臨床学会第34回大会(於:兵庫教育大学)   2015年9月   
アスペルガー障害をもつ一青年に対する心理療法過程
岸田茜・小山充道
日本心理臨床学会第34回大会(於:兵庫教育大学)   2015年9月   
自分描画法における幼児の“思い”の特徴
小山充道
日本心理学会第78回大会(於:同志社大学)   2014年8月   
“社会化欲求型”選択性緘黙児の心性~遊戯療法の経過と交換日記を通して
沼田佳代・小山充道
日本心理臨床学会第33回大会(於:跡見学園女子大学)   2014年8月   
親が取り組む幼児の自分描画法
小山充道
日本心理臨床学会第33回大会(於:跡見学園女子大学)   2014年8月   
自分描画法の特性に関する心理学的分析
小山充道
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学)   2013年9月   
幼児の自分描画法
小山充道
日本心理臨床学会第32回大会(東京大学)   2013年8月   
子育て日記による親の思いの分析
小山充道
日本心理臨床学会第31回大会(於:愛知学院大学)   2012年9月   
落書の構成要素に関する心理学的分析
小山充道
日本心理学会第76回大会(於:専修大学)   2012年9月   
心理臨床における自分描画法の役割と対話の効果
小山充道
日本心理臨床学会第30回大会(於:九州大学)   2011年9月   
落書きの心理学的分析
小山充道
日本心理学会第75回大会発表(於:日本大学)   2011年9月   
心理臨床に必要な心理査定教育に関する調査研究
小山充道
日本臨床心理士養成大学院協議会第10回大会年次総会研究報告 (会場;アジュール芝東京)   2010年9月   
自分描画法(SPM)とTATにおける有用性に関する比較研究
小山充道
日本心理学会第74回大会発表(於:大阪大学)   2010年9月   
高校における自分描画法の活用に関する検討
小山充道
日本心理臨床学会第29回大会(於:東北大学)   2010年9月   
自分描画法における高校生の諸特徴
小山充道
日本心理臨床学会第28回大会(於:明治学院大学)   2009年9月   
自分描画法(SPM)の有用性に関する比較研究―実用性を絡めて
小山充道
日本心理学会第73回大会発表(於:立命館大学)   2009年8月   
自分描画法における臨床基礎研究―青年期における特徴
小山充道
日本心理学会第72回大会(於:北海道大学)   2008年9月   
自分描画法を用いた高齢者に関する臨床心理学研究
小山充道
日本心理臨床学会第27回大会(於:筑波国際会議場)   2008年9月   
高齢者の自分描画法~成人資料との比較
小山充道
日本心理臨床学会第26回大会(理事主催)(於:東京国際フォーラム)      2007年9月   
青年期の自分描画法
小山充道
日本心理学会第71回大会(於:東洋大学白山キャンパス)    2007年9月   
自分描画法研究―中学生の資料分析
小山充道
日本箱庭療法学会第19回大会(於:明治大学)    2006年10月   
自分描画法研究―小学生の資料分析
小山充道
日本心理臨床学会第24回大会(日本心理臨床学会理事会主催  於:国立京都国際会館)   2006年9月   
心理療法における心理アセスメントの活用
小山充道
日本心理臨床学会第25回大会(於:関西大学)   2006年9月   
幼児期、脳外科手術を受けた女子中学生の苦悩と心の成長~自分描画法を用いて“思い”をつかむまで
小山充道
日本心理臨床学会第25回大会(於:関西大学)    2006年9月   
私が行なっているスーパービジョンの実際―パーソン・センタードアプローチの立場から
小山充道
日本心理臨床学会第25回大会(於:関西大学)   2006年9月   
自分描画法研究―保育園児から40歳代まで適用の結果わかったこと
小山充道
日本心理臨床学会第23回大会(東京国際大学 於:東京国際大学&東京国際フォーラム)   2004年9月   
リハビリテーション分野の心理臨床家の集い(その12)
小山充道
日本心理臨床学会第22回大会シンポジスト(於:京都教育文化センター)   2003年9月   
女性との出会いを訴えるふわふわした僕の思いの変化―ある青年男性の4年8ヶ月の体験内容
小山充道
日本心理臨床学会第22回大会(於:国立京都国際会館)   2003年9月   
疾病否認を示す脳卒中患者の心理療法
小山充道
第107回アメリカ心理学協会総会(於:Boston)   1999年8月   
カウンセリングにおける"気づき"についての一考察~自由描画法を用いて
小山充道
第1回日本腎不全看護学会学術集会(於:横浜はまぎんホール)   1998年10月   
『人格が問題です』~ある脳障害者の病識の深まり
小山充道
日本心理臨床学会第17回大会 (於:名古屋大学)   1998年9月   
痴呆老人の心理学的アプローチ
小山充道
第7回臨床リハビリテーション医学研究会 (於:札幌テルメインターナショナルホテル)   1997年10月   
糖尿病患者の心理的背景
近藤和夫・安斎徹・橋本洋一・小山充道(理学療法学,第24巻学会特別号,p210)
日本理学療法学会第32回大会(於;埼玉)   1997年4月   
「炎の心 とくとくずれる命かな~麻痺と老い
小山充道
日本心理臨床学会第13回大会(於:京都女子大学)     1994年9月   
書字応答からみた脳障害者の病識回復例~心理臨床的接近
小山充道
日本心理学会第55回大会(於:東北大学)     1992年10月   
リハビリテーション分野での心理臨床家の役割について~大学教員の立場から
小山充道
日本心理臨床学会第11回大会シンポジスト(於:日本大学)        1992年9月   
一脳障害者の社会復帰に至るまでの内的考察
小山充道
北海道心理学会・東北心理学会第7回合同大会(於:北海道大学)     1992年8月   
健康と医療~患者心理学の立場から
小山充道
日本応用心理学会第58回大会シンポジスト(於:北星学園大学)   1992年8月   
カウンセラーの立場から
小山充道
第28回全国大学保健管理研究集会北海道地方集会   1990年9月   
病の現実に気づかない一痴呆患者例
小山充道
日本心理臨床学会第9回大会(於:大正大学)   1990年9月   
危機的状況にある患者・家族への対応例
小山充道
日本脳神経外科看護研究会北海道支部第20回集会(於:北海道大学付属病院)     1989年11月   
言語障害者の心理的な援助に関する一考察
小山充道
日本聴能言語士協会第6回学術集会 (於:北海道大学学術交流会館)   1989年1月   
脳障害者の自我に関する一考察
小山充道
第33回北海道リハビリテーション学会(於:札幌医科大学)     1988年5月   
病の現実に気づかない一脳障害者例
小山充道
日本心理臨床学会第6回大会(於:名古屋大学)     1987年11月   
脳障害者の自己意識に関する因子分析的研究
小山充道
第24回日本リハビリテーション医学会総会(於:国立教育会館)   1987年6月   
恋愛妄想様症状を示した一大学生への対応について
小山充道
第2回保健管理業務に従事する保健婦・看護婦・栄養士等の研修会北海道地区大会(北海道大学学術交流会館)   1987年1月   
リハビリテーションカウンセリングの心理学的枠組み
小山充道
日本精神薄弱研究協会、第20回研究大会(於:函館市民会館)   1985年7月   
右海馬病変により健忘を呈した一例
小山充道・中川武弥・多田武夫・福島隆三・三森研自・中川端午
小樽医師会会員研修発表会   1985年3月   
脳障害女性の“足”の病識獲得過程
小山充道
北海道心理学会第40回大会(於:北海道教育大学)     1983年11月   
一側性視覚無視に関する研究
小山充道・多田武夫、寺岡真奈美、佐藤正治、越前谷幸平、中川端午、本宮峯生
第9回北海道脳血管障害研究会(於:北海道大学付属病院)     1983年10月   
一側性空間失認症例の訓練効果の検討
小山充道
日本心理学会第47回大会(於:早稲田大学)   1983年9月   
一側性視覚無視(UVN)5症例の医学的検討
多田武夫・小山充道・寺岡真奈美
北海道リハビリテーション学会第28回大会(於:札幌医科大学)   1983年7月   
一側性視覚無視を伴う視覚失認症例の治療訓練経過
小山充道・寺岡真奈美・多田武夫
北海道リハビリテーション学会第28回大会(於:札幌医科大学)   1983年7月   
一側性視覚無視5症例の治療訓練経過
小山充道・多田武夫、寺岡真奈美
北海道リハビリテーション学会第28回大会(於:札幌医科大学)   1983年7月   
病態失認症例の自己意識障害の特徴
小山充道
北海道心理学会・東北心理学会第5回合同大会(於:北海道大学)   1983年6月   
コルサコフ徴候を示した脳障害者の自己意識障害
小山充道
日本教育心理学会第24回総会(於:筑波大学)   1982年11月   
脳血管障害後遺症患者のリハビリテーションに関する研究(II)-病理的人格反応図式に基づく臨床心理学的接近の試み
小山充道・多田武夫
北海道リハビリテーション学会第27回大会(於:札幌医科大学)   1982年8月   
脳器質性障害者のカウンセリング過程
小山充道
日本教育心理学会第23回総会(於:東北大学)   1981年8月   
脳血管障害後遺症患者のリハビリテーションに関する研究(I)-感覚統合能力県債の分析
小山充道・多田武夫・秋元久美・渡部桂子・名取亮子
北海道リハビリテーション学会第25回大会(於:札幌医科大学)   1981年2月   
脳卒中後遺症者における心理的問題の分析
小山充道
日本教育心理学会第22回総会(於:東京大学)   1980年10月   
Southern California Sensory Integration Testsにおける脳血管障害後遺症者の特性
小山充道
北海道心理学会第27回大会(於:北海道教育大学旭川校)   1980年10月   
事象関連緩電位に関する研究(I)-頭皮上の分布について
糸永和文・小山充道
日本心理学会第42回大会 (於:九州大学)   1978年10月   
事象関連緩電位に関する研究(II)-準備電位におよぼす注意の影響
小山充道・糸永和文
日本心理学会第42回大会(於:九州大学)     1978年10月   
準備電位に及ぼす不安と認知活動の影響
小山充道
日本心理学会第42回大会(於:九州大学)     1978年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
自分描画法〈SPM〉マニュアル作成- 評価基準の策定
日本学術振興会: 科学研究費基盤C
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 小山充道
幼児期の自分描画法(SPM)に関する臨床基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究C
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 小山充道
自分描画法の幼児への適用に関する検討
自分描画法に関する臨床基礎研究~思春期・青年期への取り組み(日本学術振興会基盤研究C)
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究C
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 小山充道
“自分描画法(SPM)”の思春期・青年期への適用に関する効用と課題について見定めを行う。
高齢者の今の“思い”に関する心理臨床研究
財団法人北海道高齢者問題研究協会: 平成19年度調査研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 小山充道
“自分描画法(SPM)”の高齢期への適用に関する効用と課題についての見定め。
“自己描画法”に関する臨床発達基礎研究~描画の収集と質的分析(文部科学省萌芽研究)
文部科学省科学研究費: 萌芽研究
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 小山充道
思いを浮かび上がらせる心理療法におけるひとつの道具として、“自分描画法(SPM)”の効用と限界の見定めを行う。
乳児発達指導員の「臨床の知」を活用した自閉症スペクトラム児の早期発見手続きの開発
文部科学省: 萌芽研究
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 野口 宗雄

社会貢献活動

 
NHKニュース:稚内母親殺人事件
【インタビュイー】  NHK  NHKニュース  2006年8月30日
命輝いて
【インタビュイー】  テレビ北海道  リハビリテーション  1999年10月11日
自殺対策~大きな鏡のある大通り駅での自殺者が増加
【インタビュイー】  北海道テレビ  ニュースロータリー  1989年5月
夢分析
【インタビュイー】  北海道放送  パック2  1988年10月
現代社会とストレス
【出演】  HBC北海道放送  サラリーマン情報  1986年9月1日 - 1986年9月6日