二上英樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
二上英樹
 
ニカミヒデキ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~lsrc/
所属
岐阜大学
部署
科学研究基盤センター 動物実験分野
職名
教授
学位
博士(獣医学)(北海道大学)

プロフィール

褐色脂肪細胞に関する研究/脂肪・筋の分化・発生・再生/肥満・糖尿病に関する基礎研究/遺伝子組み換え動物の作出/実験動物管理/遺伝子組換え動物の作出/動物実験施設管理・動物実験関連法の解説/実験動物学(実験動物飼育・管理・取扱),発生工学(遺伝子組換え動物の作出),代謝生化学(脂肪・糖代謝),細胞工学(脂肪細胞培養、細胞内情報伝達),分子生物学(転写・翻訳・遺伝子発現),神経生理学(交感神経系)/動物実験施設,動物実験技術書

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
岐阜大学 科学研究基盤センター 副センター長
 
2018年4月
 - 
現在
岐阜大学 科学研究基盤センター動物実験分野 分野長
 
2018年4月
 - 
現在
岐阜大学 科学研究基盤センター動物実験分野 教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 副センター長
 
2015年1月
 - 
2018年3月
岐阜大学 生命科学総合研究支援センター動物実験分野 教授
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1995年9月
北海道大学大学院博士課程獣医学研究科  
 
1986年4月
 - 
1992年3月
北海道大学理III系・獣医学部獣医学科  
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
国立大学法人動物実験施設協議会  副会長
 
2018年
 - 
現在
日本実験動物学会  評議員
 
2015年
 - 
現在
東海実験動物研究会  会長
 
2018年
 - 
現在
日本実験動物学会  動愛法等対策委員会委員
 
2016年6月
 - 
現在
国立大学法人動物実験施設協議会  学術情報・広報委員会委員長
 

論文

 
Hirata A, Hashimoto K, Katoh Y, Sakai H, Bruce AG, Rose TM, Kaneko A, Suzuki J, Nikami H, Yanai T.
Vet Pathol.   52(3) 566-572   2015年5月   [査読有り]
Hirata A, Miyazaki A, Sakai H, Imada N, Kitani R, Nikami H, Yanai T.
J Vet Diagn Invest.   26(1) 163-166   2014年1月   [査読有り]
Abdo W, Hirata A, Sakai H, El-Sawak A, Nikami H, Yanai T.
Food Chem Toxicol.   55 578-585   2013年5月   [査読有り]
Hirata A, Tachikawa Y, Hashimoto K, Sakai H, Kaneko A, Suzuki J, Eguchi K, Shigematsu K, Nikami H, Yanai T.
J Comp Pathol   148(1) 43-46   2013年1月   [査読有り]
Takeyama T, Takemura G, Kanamori H, Kawaguchi T, Ogino A, Watanabe T, Morishita K, Tsujimoto A, Goto K, Maruyama R, Ushikoshi H, Kawasaki M, Yamada K, Nikami H, Fujiwara T, Fujiwara H, Minatoguchi S.
Circ Heart Fail   5(2) 274-285   2012年5月   [査読有り]

Misc

 
活動紹介 50周年を迎えた東海実験動物研究会
二上英樹
LABIO21   73 41-41   2018年7月   [依頼有り]
岐阜大学生命科学総合研究支援センター動物実験施設の紹介
二上英樹
岡山実験動物研究会会報   33 35-39   2017年4月   [依頼有り]
岐阜大学の新しい動物実験施設
二上英樹
日本実験動物技術者協会広報誌   (29) 29-29   2005年10月   [依頼有り]
志水 泰武,二上 英樹,斉藤 昌之
生体の科学   45(1) 45-47   1994年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
日本脱出!留学のすすめ (教養ブックレット3)
岐阜大学教養教育推進センター (担当:分担執筆, 範囲:スウェーデンストックホルム 四年半のストックホルム滞在)
みらい   2010年12月   ISBN:978-4860152192
人生を決めた書物(教養ブックレット1)
岐阜大学教養教育推進センター (担当:分担執筆, 範囲:ファーブル昆虫記)
岐阜大学教養教育推進センター   2008年10月   

講演・口頭発表等

 
Glucose utilization and glucose transporter in brown adipose tissue in vivo and in vitro
HIDEKI NIKAMI
2nd International Congress of Pathophysiolgy   1994年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
癌遺伝子c-sis mRNAの翻訳調節に関する研究
日本学術振興会: 奨励研究A
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 二上 英樹
遺伝子導入動物を用いた癌遺伝子c-sis mRNAの翻訳調節機構の解明
財団法人秋山記念生命科学振興財団: 秋山記念生命科学研究助成金
研究期間: 1997年9月       代表者: 二上 英樹
褐色脂肪の糖代謝に対する神経性調節
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 1993年4月 - 1995年9月    代表者: 二上 英樹

社会貢献活動

 
ES細胞とiPS細胞ー無限の可能性を秘めた細胞ー
【講師】  岐阜大学科学研究基盤センター  公開講座「生命科学の扉を開く〜研究が皆さんの日常生活に及ぼすもの〜」  2018年11月4日
動物の遺伝子を組換えるー遺伝子組換え動物の最近の話題ー
【講師】  岐阜大学生命科学総合研究支援センター  公開講座「生命科学の扉を開く〜研究が皆さんの日常生活に及ぼすもの〜」  2017年11月19日
遺伝子組換え動物とクローン動物
【講師】  岐阜大学生命科学総合研究支援センター  公開講座 生命科学の扉〜研究がもたらすもの〜  2014年11月30日
最先端のライフサイエンス研究を支える縁の下の力持ちーマウスの話ー
【講師】  岐阜大学生命科学総合研究支援センター  公開講座 生命科学への扉〜研究がもたらすもの〜  2013年11月16日
動物実験における生命倫理
【講師】  星城大学  動物実験講習会  2013年6月4日

その他

 
獣医師
動物実験に係る教育訓練
岐阜大学動物実験委員会主催の教育訓練講習会