松岡 東香

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/07 07:25
 
アバター
研究者氏名
松岡 東香
 
マツオカ ハルカ
URL
http://www.tsukuba-g.ac.jp/t/matsuoka/
所属
筑波学院大学
部署
経営情報学部 ビジネスデザイン学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学(総研大))
その他の所属
学習院大学専修大学大妻女子大学

プロフィール

Dr. Matsuoka was born on January 14, 1971, in Niigata, Japan. He graduated from Nihon University, Tokyo, receiving Bachelor and Masters degrees in Science in 1995 and 1997, respectively. Continuing his studies at the Graduate University for Advanced Studies (National Institute of Polar Research, Tokyo), he received a Ph.D. in Science in 2004.

Joining the faculty at Nihon University (Tokyo, Japan), he worked as an assistant in the Department of Geosystem Sciences at the College of Humanities and Sciences from 1998 to 2001; as a research assistant in the Division of Solid Earth Geophysics (National Institute of Polar Research, Tokyo) from 2001-2003; as a research fellow (lecturer) in the College of Engineering, Osaka Electro-Communication University (Neyagawa, Japan) from 2004-2005; as a research associate and later an assistant professor in the Computer Center, Gakushin University (Tokyo) from 2005-2006 and 2007-2008, respectively; and since 2008, he has been working as an assistant professor in the Faculty of Information & Communication, Tsukuba Gakuin University (Tsukuba, Japan), and also lecturing at the School of Commerce, Senshu University (Tokyo).

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
学習院大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
筑波学院大学経営情報学部 准教授
 
2010年4月
 - 
現在
大妻女子大学 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
現在
専修大学商学部 兼任講師
 
2008年4月
 - 
2013年3月
筑波学院大学情報コミュニケーション学部 講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
学習院大学計算機センター 助教
 
2005年4月
 - 
2007年3月
学習院大学計算機センター 助手
 
2004年11月
 - 
2005年3月
大阪電気通信大学工学部 学術研究員
 
2001年4月
 - 
2004年9月
国立極地研究所 官職 リサーチアシスタント
 
1998年4月
 - 
2001年3月
日本大学文理学部地球システム科学科 副手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年9月
総合研究大学院大学(総研大) 複合科学研究科 極域科学専攻
 
1995年4月
 - 
1997年3月
日本大学大学院 理工学研究科 地理学専攻応用地学コース
 
1990年4月
 - 
1995年3月
日本大学 文理学部 応用地学科
 

委員歴

 
2008年5月
 - 
現在
オープンカレッジ「つくばイノベーション研究」  副代表
 
2015年10月
 - 
2015年12月
大妻女子大学人間生活文化研究所  オンラインジャーナル「人間生活文化研究」論文査読員
 
2015年2月
 - 
2015年3月
日本文化財科学会  学会誌「考古学と自然科学」論文審査員
 
2013年7月
 - 
2014年3月
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター   科学技術専門調査員
 
2010年10月
 - 
2010年10月
茨城県日立商工会議所  「いばらきジュニア技能五輪に係る地域担い手関連事業」講師
 
2009年9月
 - 
2009年9月
日本環境共生学会  日本環境共生学会第12回学術大会ecoスペシャルセッション4パネルディスカッション座長
 
2009年9月
 - 
2009年7月
日本環境共生学会  日本環境共生学会第12回学術大会セッションコーディネータ
 
2008年9月
 - 
2009年3月
協同出版株式会社  協同出版 e-ラーニング研究協議委員
 

論文

 
情報機器による避難施設用標準サインインフラ整備と配布システムの提案
松岡東香,高嶋 啓
パーソナルコンピュータ利用技術学会第10回全国大会講演論文集CD-ROM   10 P3   2015年12月
インストラクショナルデザインによる不確実性概念教育教材開発におけるメディア分析
松岡東香
日本学術振興会科学研究費補助金『「知の創造」を基調とする統計に関する次世代教育の検討および教材と電子教科書の開発』研究成果報告書   98-100   2014年3月
統計的思考力育成のための不確実性概念教育に関する対象者/技術分析
松岡東香,垣花京子,佐野 司
パーソナルコンピュータ利用技術学会第8回全国大会講演論文集   8 197-199   2013年12月
Rock-magnetic Study for Normalization of the Remanent Magnetization obtained from an Antarctic deep-sea sediment core
Haruka Matsuoka
Bulletin of Tsukuba Gakuin University   8 45-50   2013年3月   [査読有り]
統計的思考のための「不確実性」概念に関する考察2-確実/不確実判断基準の整理・分析-
垣花京子,佐野 司,松岡東香
第45回日本数学教育学会論文発表会講演論文集   45 737-742   2012年11月   [査読有り]
つくばイノベーション研究の展開と東日本大震災復興への提案
筑波学院大学紀要   7 77-84   2012年3月
帯磁率計のドリフトノイズに関するExcelを用いた考察
渡辺竜毅,松岡東香
パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集   6 271-274   2011年11月
「つくばイノベーション研究」から得られたイノベーションに向けての提案
松岡東香,木下知己
筑波学院大学紀要   6 63-69   2011年3月
情報系学生の地球科学への関心と教育効果に関する研究
山下幹也,松岡東香,上村剛史
筑波学院大学紀要   6 81-86   2011年3月
ICTを活用した費用対効果の高い学生間相互学習の試み
松岡東香,山下幹也,上村剛史
パーソナルコンピュータ利用技術学会第5回全国大会講演論文集   5 273-275   2010年11月
茨城におけるイノベーションに関する考察
松岡 東香, 木下 知己
筑波学院大学紀要   5 125-129   2010年3月
A New Challenge for Open Innovation by the community named “Tsukuba Society for Innovation”
Haruka Matsuoka,M.Ishida, T.Kubota, Y.Higano, H.Yamasaki, T.Kinoshita
Proceedings of the 18th international conference of the International Association for Management of Technology (IAMOT) 2009.   18    2009年4月   [査読有り]
オープンイノベーションを実現するコミュニティの構築
松岡 東香, 木下 知己
筑波学院大学紀要   4 119-124   2009年3月
教育現場における情報・マルチメディア機器利用の実態と 活用促進に関する研究
海老澤賢史, 佐藤友彦, 松岡東香, 横山悦郎, 入澤寿美
学習院大学計算機センター年報   29 72-88   2008年10月
Webを活用した簡易型eラーニングとサポートシステムに関する一考察
松岡東香,村上登志男
情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2007論文集   2007(13) 1-6   2007年11月   [査読有り]
マルチメディア教材の作成と利用に関する支援体制の考察
松岡東香, 市川 収, 大谷健一, 横山悦郎, 入澤寿美
学習院大学計算機センター年報   28 64-84   2007年10月
Haruka Matsuoka
総合研究大学院大学複合科学研究科(於 国立極地研究所)学位論文(博士)   (総研大甲第805号) 1-122   2004年9月   [査読有り]
The magnetic properties and minerals of a deep-sea sediment core obtained from off Wilkes Land have been investigated in order to obtain paleomagnetic, rock-magnetic and paleoenvironmental data for Antarctic region. The core used in this study was...
Characteristics of the Natural Remanent Magnetization (NRM) of a Core Collected from offshore Wilkes Land, East Antarctica
Haruka Matsuoka and Minoru Funaki
Antarctic Record   47(3) 315-327   2003年11月   [査読有り]
更新統足柄層群の古地磁気・岩石磁気
松岡東香
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   37 75-89   2002年3月   [査読有り]
北浦湖底堆積物の岩石磁気と古地球磁場強度
松岡東香, 糸田千鶴, 岡田 誠, 天野一男
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   36 89-96   2001年3月   [査読有り]
中国太湖南岸コアの岩石磁気
松岡東香, 岡田佑子, 濱田誠一
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   35 107-113   2000年3月   [査読有り]
北浦湖底堆積物による古地球磁場の復元
松岡東香
日本大学理工学研究科学位論文(修士)      1997年3月   [査読有り]

Misc

 
The rock-magnetic profiles of lake sediment cores obtained from Balkhash Lake, Kazakhstan
Haruka Matsuoka
The International Union for Quaternary Science (INQUA), XIX INQUA Congress   19 H21-06   2015年7月   [査読有り]
中高生の科学部活動振興プログラムを活用した地学部の活動〜研究者・地域と連携したフィールドワーク
上村剛史,山田直樹,松岡東香
日本地学教育学会 第67回全国大会大阪大会講演予稿集   67 150-151   2013年8月
バルハシ湖(カザフスタン)堆積物コアの磁気特性と堆積環境
松岡東香
日本第四紀学会2012年大会講演要旨集   42 184-185   2012年8月
地球科学系科目に対する学生ニーズに見る2011年東北地方太平洋沖地震の影響
松岡東香,山下幹也,上村剛史
日本地球惑星科学連合2012年大会予稿集   G05-P01   2012年5月
中高生の科学部活動振興事業の支援を受けた地学部の活動〜地域・専門機関と連携した水環境フィールドワーク
上村剛史,松岡東香,濱田 浩美
日本地球惑星科学連合2012年大会予稿集   G04-P04   2012年5月
2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の茨城県在住学生への意識調査
山下幹也,松岡東香,上村剛史
筑波学院大学紀要   7 237-242   2012年3月   [査読有り]
部活動で取り組むフィールド調査-都市に残る湧水の長期モニタリング-
上村 剛史,濱田 浩美,松岡 東香
日本地学教育学会第65回全国大会広島大会講演予稿集   65 154-155   2011年10月
教養科目としての地球科学への関心と教育効果に関する研究
松岡東香,山下幹也,上村剛史
日本地球惑星科学連合2011年大会予稿集   GSU023-P01   2011年5月
【巻頭言】今がチャンス!−環境イノベーション−
松岡東香
日本環境共生学会第12回学術大会論文集   12 8-11   2009年9月   [依頼有り]
新しいイノベーションを目指したビジネス・マッチングによる「つくばイノベーション研究」の展開
松岡東香,石田 賢,久保田時治,氷鉋揚四郎,山?宏之,木下知己
研究・技術計画学会第23回年次学術大会   807-810   2008年10月
費用対効果の高いIT活用支援業務組織運営方法に関する考察
松岡東香, 村上登志男, 海老澤賢史, 佐藤友彦, 浦上大輔
私立大学情報教育協会 平成20年度全国大学IT活用教育方法研究発表会予稿集   80-81   2008年7月
学習院コンピュータシステム支援組織 平成19年度活動報告書
佐藤友彦, 海老澤賢史, 松岡東香
学習院コンピュータシステム支援組織活動報告書   1-23   2008年5月
学習院大学におけるマルチメディア機器利用の実態
市川 収, 大谷健一, 松岡東香
大学教育と情報   16(3) 27-29   2008年1月
Cautionary note on magnetic analysis using magnetic separation
Haruka Matsuoka
Japan Geoscience Union 2007 Abstracts   E111-P009   2007年5月
学習院コンピュータシステム支援組織 平成18年度活動報告書
松岡東香, 市川 収, 大谷健一
学習院コンピュータシステム支援組織活動報告書   1-23   2007年3月
学習院コンピュータシステム支援組織 平成17年度活動報告書
大谷健一, 市川 収, 松岡東香
学習院コンピュータシステム支援組織活動報告書   1-28   2006年3月
Environmental magnetic study of East Antarctic deep-sea sediments
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 24th Symposium on Antarctic Geosciences Abstracts, National Institute of Polar Research   111P   2004年10月
Characteristics of NRM of a core collected from offshore Wilkes Land, East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
Earth and Planetary Science Joint Meeting 2004 Abstracts   E012-P007   2004年5月
Rock-magnetic study of deep-seasediments obtained from Off Wilkes Land, East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 114nd Society of Geomagnetism and Earth, Planetary and Space Sciences (SGEPSS) Meeting Abstracts      2003年11月
Remarkable high-coecivity of magnetic minerals carrying NRM in deep-sea sediments obtained from Off Wilkes Land, East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 23th Symposium on Antarctic Geosciences Abstracts, National Institute of Polar Research, Tokyo, Japan   6-7   2003年10月
Paleomagnetic and rock-magneticstudy of deep-seasediments in Central Wilkes Land Margin, EastAntarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 9th International Symposium on Antarctic Earth Science (ISAES) Abstracts   P38   2003年9月
A new approach to paleomagnetic and rock magnetic study of Antarctic deep-sea sediments deposited at low sedimentation rate
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) XXIII General Assembly Abstracts   A.268   2003年5月
Paleomagnetic study on a deep-sea sediment core obtained from East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
Earth and Planetary Science Joint Meeting 2003 Abstracts   E012-P009   2003年5月
Long-term secular variation of the geomagnetic field during the last 1 Ma obtained from deep-sea sediments in Central Wilkes Land Margin
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 22th Symposium on Antarctic Geosciences Abstracts   84-85   2002年10月
Relative Paleointensity Variation Record from Deep-Sea Sediments in Central Wilkes Land Margin
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
New Trends in Geomagnetism VIII Paleo, Rock and Enviromental Magnetism 8th Castle Meeting Abstracts   37-37   2002年9月
南極ウィルクスランド沖海底堆積物コアGC1501の磁気特性
松岡 東香, 佐藤 高晴, 船木 實
第21回南極地学シンポジウム予稿集   99-99   2001年10月
太湖(中国)南岸の堆積物の磁気的性質
松岡 東香
1999年地球惑星科学関連学会合同大会   Ec-P012   1999年6月

書籍等出版物

 
Proceedings of the International Workshop on "Toward a Sustainable Society in Central Asia: An Historical Perspective on the Future"
Kunihiko Endo, Toshihiko Sugai, Tsuyoshi Haraguchi, Takashi Chiba, Reisuke Kondo, Yuriko Nakao, Yasunori Nakayama, Shigeru Suzuki, Hitoshi Shimizu, Akio Sato, Hiroki Montani, Hideo Yamasaki, Haruka Matsuoka, Yuichi Yoshinaga, Koshiro Miyata, Yuichiro Minami, Jiro Komori, Yoichi Hara, Arisa Nakamura, Natsumi Kubo, Hidehiro Sohma,Jean-Marc Deon, Renato Sala, Saida A. Nigmatova, Bolat Z. Aubekerov (担当:分担執筆, 範囲:Lake level change and environmental evolution during the last 8000 years mainly based on Balkhash lake cores in Kazakhstan, Central Eurasia)
Ili Project, Research Institute for Humanity and Nature   2012年3月   ISBN:9784902325782
Proceedings of the International Workshop on "Reconceptualizing Cultural and Environmental Change in Central Asia: An Historical Perspective on the Future"
Kunihiko Endo, Takashi Chiba, Toshihiko Sugai, Tsuyoshi Haraguchi, Hideo Yamazaki, Yasunori Nakayama, Yuichi Yoshinaga, Koshiro Miyata, Shino Ogino, Katsuhiro Arakawa, Yuriko Nakao, Jiro Komori, Reisuke Kondo, Haruka Matsuoka, Bolat Aubekerov, Renato Sala, Jean-Marc Deon, Hidehiro Sohma and Jumpei Kubota (担当:分担執筆, 範囲:Reconstruction of lake level and paleoenvironmental changes from a core from Balkhash Lake, Kazakhstan)
Ili Project, Research Institute for Humanity and Nature   2010年8月   ISBN:9784902325539
極圏・雪氷圏と地球環境
松岡東香 (担当:分担執筆, 範囲:第1章「長期的視野で探る極圏・雪氷圏の環境変遷」南極大陸沖深海底堆積物にみられる磁気的特性の変動)
二宮書店   2010年3月   ISBN:978-4-8176-0339-5
「Blue Screen」 第4版
松岡東香, 市川 収, 大谷健一 (担当:共著, 範囲:全章)
学習院大学計算機センター   2006年10月   
Antarctica: Contributions to Global Earth Sciences
Haruka Matsuoka and Minoru Funaki (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 8.2Normalized Remanence in Sediments from Offshore Wilkes Land, East Antarctica)
Springer-Verlag, Berlin Heidelber, New York.   2006年3月   ISBN:3540306730
水環境と人間
松岡東香, 岡田佑子, 糸田千鶴, 濱田誠一 (担当:分担執筆, 範囲:第1章「水環境の変遷」太湖コアの磁気的性質と堆積環境変)
日本大学総合科学研究所   2000年1月   ISBN:BA46123250

講演・口頭発表等

 
統計的思考のための「不確実性」概念に関する考察2−確実/不確実判断基準の整理・分析−
垣花 京子, 佐野 司, 松岡 東香
第45回日本数学教育学会   2012年11月10日   日本数学教育学会
バルハシ湖(カザフスタン)堆積物コアの磁気特性と堆積環境
松岡 東香
日本第四紀学会2012年大会   2012年8月20日   日本第四紀学会
中高生の科学部活動振興事業の支援を受けた地学部の活動〜地域・専門機関と連携した水環境フィールドワーク
上村 剛史, 松岡 東香 , 濱田 浩美
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月20日   日本地球惑星科学連合
地球科学系科目に対する学生ニーズに見る2011 年東北地方太平洋沖地震の影響
松岡東香,山下幹也,上村剛史
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月20日   日本地球惑星科学連合
部活動で取り組むフィールド調査−都市に残る湧水の長期モニタリング−
上村剛史,濱田浩美,松岡東香
日本地学教育学会, 第65回全国大会   2011年10月10日   日本地学教育学会
Holocene environmental evolution based on Balkhash lake cores in Central Eurasia
Kunihiko Endo, Toshihiko Sugai, Shigeru Suzuki, Haruka Matsuoka, and Yuriko Nakao
The XVIII INQUA-Congress   2011年7月21日   国際第四紀学会
中央ユーラシアにおける湖沼堆積物に基づく完新世の環境変動−バルハシ湖を中心に−
遠藤邦彦,須貝俊彦,原口 強,鈴木 茂,千葉 崇,松岡東香,相馬秀廣
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月25日   日本地球惑星科学連合
教養科目としての地球科学への関心と教育効果に関する研究
松岡東香,山下幹也,上村剛史
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月22日   日本地球惑星科学連合
ICTを活用した費用対効果の高い学生間相互学習の試み
松岡東香,山下幹也,上村剛史
第5回パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会   2010年11月28日   パーソナルコンピュータ利用技術学会
南極ウィルクスランド沖海底コア中の放散中化石に基づく古環境復元
斉藤貴之,松岡東香,藤井由加里,遠藤邦彦,横山美穂,酒井英男
日本第四紀学会2010年大会   2010年8月20日   日本第四紀学会
「つくばイノベーション研究」の展開 − つくば地域におけるイノベーションの潮流 −
松岡東香,石田 賢,久保田時治,氷鉋揚四郎,山?宏之,木下知己
研究・技術計画学会第24回年次学術大会   2009年10月25日   研究・技術計画学会
南極海ウィルクスランド沖堆積物の複数コアでの地磁気・気候変動の研究
宮川尚士,酒井英男,横山美穂,松岡東香,船木 實
第29回南極地学シンポジウム   2009年10月8日   情報・システム研究機構国立極地研究所
南極海ウィルクスランド沖堆積物の古地磁気研究
酒井英男,谷川喜彦,船木 實,松岡東香
第28回南極地学シンポジウム   2008年10月16日   情報・システム研究機構国立極地研究所
南極海ウィルクスランド沖コアの微化石と古地磁気の研究
横山美穂,酒井英男,関本勝久,遠藤邦彦,松岡東香
第28回南極地学シンポジウム   2008年10月16日   情報・システム研究機構国立極地研究所
新しいイノベーションを目指したビジネス・マッチングによる「つくばイノベーション研究」の展開
松岡東香,石田 賢,久保田時治,氷鉋揚四郎,山?宏之,木下知己
研究・技術計画学会 第23回年次学術大会   2008年10月13日   研究・技術計画学会
費用対効果の高いIT活用支援業務組織運営方法に関する考察
松岡東香
私立大学情報教育協会「平成20年度 全国大学IT活用教育方法研究発表会」   2008年7月5日   私立大学情報教育協会
Webを活用した費用対効果に優れた簡易型eラーニングとサポートシステムに関する一考察
松岡東香,村上登志男
情報処理学会第12回分散システム/インターネット運用技術シンポジウム   2007年11月26日   情報処理学会
Cautionary note on magnetic analysis using magnetic separation
Haruka Matsuoka
Japan Geoscience Union Meeting 2007   2007年5月21日   日本地球惑星科学連合
Environmental magnetic study of East Antarctic deep-sea sedi-ments
Haruka Matsuoka and Minoru Funaki
The 24th Symposium on Antarctic Geosciences, Tokyo, Japan   2004年10月14日   National Institute of Polar Research
Characteristics of NRM of a core collected from offshore Wilkes Land, East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki 
2004 Japan Earth and Planetary Science Jpoint Meeting   2004年5月12日   Japan Geoscience Union
Rock-magnetic study of deep-sea sediments obtained from Off Wilkes Land, East Antarctica
松岡東香,佐藤高晴,船木 實
第114回地球電磁気・地球惑星圏学   2003年11月3日   地球電磁気・地球惑星圏学会
Remarkable high-coecivity of magnetic minerals carrying NRM in deep-sea sediments obtained from Off Wilkes Land, East Antarctica
松岡東香,佐藤高晴,船木 實
第23回南極地学シンポジウム   2003年10月16日   国立極地研究所
Paleomagnetic and rock-magnetic study of deep-sea sediments in Central Wilkes Land Margin, East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
9th International Symposium on Antarctic Earth Science, Potsdam, Germany   2003年9月9日   International Symposium on Antarctic Earth Science (ISAES)
A new approach to paleomagnetic and rock magnetic study of Antarctic deep-sea sediments deposited at low sedimentation rate
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 23rd General Assembly of International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG)   2003年7月1日   International Union of Geodesy and Geophysics
Paleomagnetic study on a deep-sea sediment core obtained from Central Wilkes Land Margin, East Antarctica
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
Japan Geoscience Union Meeting 2003   2003年5月29日   Japan Geoscience Union
Long-term secular variation on the geomagnetic field during the last 1 Ma obtained from deep-sea sediments in Central Wilkes Land Margin
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki
The 22th Symposium on Antarctic Geosciences   2002年10月10日   National Institute of Polar Research
Relative Paleointensity Variation Record from Deep-Sea Sediments in Central Wilkes Land Margin
Haruka Matsuoka, Takaharu Sato and Minoru Funaki 
8th Castle Meeting, Zahradky, Czech Republic   2002年9月3日   New Trends in Geomagnetism VIII Paleo, Rock and Enviromental Magnetism Castle Meeting
南極ウィルクスランド沖海底堆積物コアGC1501の磁気特性
松岡東香,佐藤高晴,船木 實
第21回南極地学シンポジウム   2001年10月18日   国立極地研究所
太湖(中国)南岸の堆積物の磁気的性質
松岡東香,岡田祐子,濱田誠一
地球惑星関連学会1999年合同大会   1999年6月10日   地球惑星関連学会
北浦(茨城県)における湖底堆積物の残留磁化
松岡東香,糸田千鶴,岡田 誠,天野一男,菊地義昭
地球惑星関連学会1997年合同大会   1997年3月26日   地球惑星関連学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
「知の創造」を基調とする統計に関する次世代教育の検討および教材と電子教科書の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 垣花京子
極域海洋堆積物および南極等の岩石を対象とする古環境と地磁気変動の研究
情報・システム研究機構国立極地研究所: 受託研究
研究期間: 2009年10月 - 2011年3月    代表者: 酒井英男
新しいイノベーションを目指したビジネス・マッチングによるイノベーション研究
常陽産業株式会社: 受託研究
研究期間: 2008年5月 - 2011年3月    代表者: 木下知己・松岡東香
既存の人的ネットワークだけでは解決できない、リソース的に多が回らない技術課題・経営課題に対して、産官学を背景とするメンバーがオープンなコミュニティを形成し、ビジネス・マッチングを通してイノベーション創出を目指す研究の展開を行なう。
ものづくり活動を取り入れた情報教育の実施のための教材開発
日本私立学校振興・共済事業団 : 私立大学等経常費補助金特別補助「地域共同研究支援」
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 高藤清美
オープンカレッジ「つくばイノベーション研究」
日本私立学校振興・共済事業団 : 私立大学等経常費補助金特別補助「地域の知の拠点活性化支援」
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 松岡東香・木下知己
教育現場における情報・マルチメディア機器利用の実態と活用促進に関する研究
学習院大学計算機センター: 特別研究プロジェクト研究助成金
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 海老澤賢史(横山悦郎)
マルチメディア教材の作成と利用に関する支援体制の考察
学習院大学計算機センター: 特別研究プロジェクト研究助成金
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 松岡東香(横山悦郎)
マルチメディア機器を用いる教材の作製支援に関する考察
学習院大学計算機センター: 特別研究プロジェクト研究助成金
研究期間: 2005年4月 - 2005年3月    代表者: 大谷健一(横山悦郎)
古地磁気による第四紀地殻構造運動解析
日本大学: 学術研究助成金
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 松岡東香

社会貢献活動

 
論文審査
【助言・指導】  大妻女子大学人間生活文化研究所 オンラインジャーナル「人間生活文化研究」編集委員会  オンラインジャーナル「人間生活文化研究」  2015年10月29日 - 2015年12月14日
特別授業コロキウム
【講師】  大成女子高等学校  特別授業コロキウム『情報の基礎〜情報の整理と活用〜』  (大成女子高等学校)  2015年12月7日 - 2015年12月7日
【運営参加・支援】  The International Union for Quaternary Science  XIX INQUA 2015  (名古屋国際会議場)  2015年6月26日 - 2015年7月2日
論文審査
【助言・指導】  日本文化財科学会 学会誌「考古学と自然科学」編集委員会  「考古学と自然科学」  2015年2月24日 - 2015年3月13日
【講師】  大成女子高等学校  特別授業コロキウム『情報の基礎〜情報の整理と活用〜』  (大成女子高等学校)  2014年11月17日 - 2014年11月17日
出前授業
【講師】  茨城県立石岡商業高等学校  出前授業『クラウドコンピューティング演習』  (茨城県立石岡商業高等学校)  2014年3月13日 - 2014年3月13日
【講師】  大成女子高等学校  特別授業コロキウム『情報の基礎〜情報の整理と活用〜』  (大成女子高等学校)  2014年3月6日 - 2014年3月6日
【講師】  科学技術振興機構  地学部活動「都市に残る湧水から水環境変化を探る〜湧水のモニタリング観測と保全」及び「国際地学オリンピック」に関する指導・助言  (海城中学・高等学校/筑波学院大学)  2011年8月12日
【講師】  文部科学省  第20回全国産業教育フェア茨城大会 地域産業の担い手育成プロジェクト  (つくば国際会議場)  2010年10月16日 - 2010年10月17日
協同出版株式会社 e-ラーニング研究協議委員
【助言・指導】  協同出版株式会社  2008年7月4日 - 2010年3月31日
【企画】  筑波学院大学(後援:茨城県, つくば市, 常陽産業研究所)  2008年5月1日
【その他】  財団法人日本極地研究振興会 会員  2003年3月31日

教員審査

 
2009年12月   文部科学省大学設置審議会教員資格審査合判定 於 筑波学院大学経営情報学部教職課程認定審査
情報(高1種)、(専任)講師、「情報倫理」他
2008年6月   文部科学省大学設置審議会教員資格審査合判定 於 大妻女子大学教職課程認定審査
大妻女子大学社会情報学部教職課程、理科(中・高1種)、非常勤講師、「地学の基礎Ⅱ」・「地学基礎実験」