川﨑 晃央

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 13:11
 
アバター
研究者氏名
川﨑 晃央
 
カワサキ アキオ
所属
大分大学
部署
経済学部
職名
准教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2009年9月
 - 
2017年3月
鹿児島大学 教育学部 准教授
 
2009年3月
   
 
九州大学大学院経済学研究院(2009年3月まで)
 
2009年9月
   
 
(財)運輸政策研究機構 運輸政策研究所(2009年9月まで)
 

学歴

 
 
 - 
2007年
九州大学 経済学研究科 経済工学専攻
 
 
 - 
2000年
鹿児島大学 法文学部 経済学科
 

受賞

 
2006年
North American Regional Science Council, Graduate Student Paper Competition, Finalist
 
2007年
博士論文賞(日本地域学会)
 

論文

 
AIRPORT PRIVATIZATION COMPETITION INCLUDING DOMESTIC AIRLINE MARKETS
川﨑 晃央
Review of Urban and Regional Development Studies   29(1) 2-17   2017年   [査読有り]
Kawasaki Akio, Lin Ming Hsin, Matsushima Noriaki
SOUTHERN ECONOMIC JOURNAL   80(3) 803-815   2014年1月   [査読有り]
川﨑 晃央
Review of Urban and Regional Development Studies   26(3) 174-188   2014年   [査読有り]
Kawasaki Akio, Lin Ming Hsin
AUSTRALIAN ECONOMIC PAPERS   52(2) 97-114   2013年6月   [査読有り]
KAWASAKI Akio
Ann Reg Sci   49(3) 805-819   2012年12月
FUKUYAMA Hirofumi, KAWASAKI Akio, NAITO Tohru, フクヤマ ヒロフミ, カワサキ アキオ, ナイトウ トオル, 福山 博文, 川? 晃央, 内藤 徹
Discussion papers in economics and sociology   1203    2012年7月
Ming Hsin Lin, Akio Kawasaki
Papers in Regional Science   Forthcoming    2011年
Kawasaki Akio, カワサキ アキオ, 川? 晃央
鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編   63(0) 1-26   2011年
This paper investigates who should own airports; national government or local government. Thispaper assumes that there are two types of component airports. These airports charge an airportprice to carriers to maximize (1) national social welfare w...
Who should decide the corporation tax rate?
Tadahisa Ohno, Akio Kawasaki
九州大学大学院経済学研究院Discussion Paper      2010年
Kawasaki Akio, カワサキ アキオ, 川? 晃央
鹿児島大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編   62    2010年
This paper investigates whether a new carrier decides to enter a slot-constrained congested airport or a secondary airport located far from the city center using a very simple model. In addition, this paper analyzes the slot allocation to maximize...
郵便サービスの品質と郵便局立地の非効率性
川? 晃央
地域学研究   38(3) 693-707   2008年
Entry Regulation and Strategic Entry Deterence in the Airline Market
Akio Kawasaki
経済学研究(九州大学経済学会)   75(1) 57-81   2008年
Akio Kawasaki
Regional Science and Urban Economics   38 388-403   2008年
ネットワーク効果とハブ都市の決定
川? 晃央
九州経済学会年報   45 47-57   2007年
Akio Kawasaki
Transportation Research Part E   43(5) 479-494   2007年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 坂上 智哉
 研究代表者(熊本学園大学・坂上智哉)のもと,全体を「ネットワーク形成ゲーム理論班(A班)(リーダー:坂上智哉)」,「産業組織分析班(B班)(リーダー:川崎晃央)」,「シミュレーション班(C班)(リーダー:加藤康彦)」の3つに分けて研究を行った. 平成23年度の各班の研究実績は以下のとおりである.まず,理論モデル担当のA班では,Jackson and Wolinsky (1996) のConnections modelをもとに,航空ネットワークモデルを構築した.Jackson and Wo...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 小川 光
本年度は、3グループ(財政競争、空間経済、ネットワーク経済)に分かれて、個別グループのテーマ設定に従って研究を進めた。「財政競争」班は、財政競争モデルの動学ゲーム化を目的として研究を進め、財政競争モデルの2段階化に成功し、複数段階ゲームのもとでの資本市場のグローバル化の影響を分析することを可能にした。この成果は国際学会等において発表された後、現在、国際学術雑誌で審査を受けている段階にある。「空間経済」班では、労働移動と空間集積の関係解明を分析目的として設定した。この目的のもとで、生産活動に...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B), 若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 川崎 晃央
今年度は,まず,本研究の目的の1つである上下分離方式と上下一体方式のどちらの形態が効率的か,を公的管理方式と民間管理方式の2つのパターンで理論モデルを用いて比較を行った.この研究は昨年度の積み残しとしていたものだが,今年度の研究で,上下分離形式の公的管理型が社会的に望ましくなるためには,国が空港本体からの収入だけでなく,商業収入も重視する必要があることを明らかにした.従って,空港を商業の場と考えていない現状では,空港の管理方式を民間による上下一体型にするべきであることを明らかにした.次に,...
ネットワーク産業の産業組織分析
その他の研究制度
研究期間: 2004年