増崎  恒

J-GLOBALへ         更新日: 16/01/28 17:06
 
アバター
研究者氏名
増崎  恒
所属
追手門学院大学
部署
国際教養学部英語コミュニケーション学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(広島大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2007年3月
追手門学院大学 文学部 英語文化学科 専任講師
 
2007年4月
 - 
2011年3月
追手門学院大学 国際教養学部 英語コミュニケーション学科 専任講師
 
2011年4月
 - 
現在
追手門学院大学国際教養学部 英語コミュニケーション学科 准教授
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
広島大学大学院 文学研究科 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
広島大学大学院 文学研究科 
 
1994年4月
 - 
1998年3月
広島大学 文学部 
 

委員歴

 
2005年4月
 - 
2006年3月
中・四国アメリカ文学会  会計
 

Misc

 
「逃亡者の帰還―Stephen CraneのThe Red Badge of Courage(1895)に見る19世紀末的な中産階級意識―」
『追手門学院大学国際教養学部紀要』第7号      2014年1月
「Henry Flemingは何者か?―Stephen CraneのThe Red Badge of Courage (1895) を『ビジネス』という観点から再読する―」
追手門学院大学ベンチャービジネス・レビュー   (5)    2013年2月
「英語文学研究と英語教育の接合―Ernest Hemingwayの “Cat in the Rain” (1925) を事例として―」
追手門学院大学国際教養学部紀要   (6)    2013年1月
"Between Literature and Commercialism: Stephen Crane as a Literary Commercialist"
Venture Business Review   (4) 25-31   2012年2月
「逃亡者Henry Flemingの帰還―スティーヴン・クレインのThe Red Badge of Courageと19世紀末的な中産階級意識―」
『第83回大会Proceedings』(日本英文学会編)   251-52   2011年9月

書籍等出版物

 
『Hospitality English for Carreers at Hotels』
金星堂   2015年2月   ISBN:9784764711426
『アメリカスのまなざし―再魔術化される観光―』
天理大学出版部   2014年12月   ISBN:9784860659912
『アメリカ文学における階級』
英宝社   2009年3月   
『アメリカス世界のなかの「帝国」』
天理大学出版部   2005年11月   
『スティーヴン・クレインの初期作品群における移民表象と中産階級イデオロギー』
広島大学大学院文学研究科   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
観光学英語教育―e-Learning教材の英語教育への応用と文学研究的方法論の有効性―
第50回大学英語教育学会(JACET)記念国際大会   2011年9月   
逃亡者Henry Flemingの帰還―スティーヴン・クレインのThe Red Badge of Courageと19世紀末的な中産階級意識
日本英文学会中国四国支部 支部大会   2010年10月   
『怪物』の正体は?―Stephen Crane の "The Monster"(1898)と電気
中四国アメリカ文学会 支部大会   2007年6月   
スティーヴン・クレインの「怪物」(1898)を読み直す―19世紀末アメリカと電気恐怖
日本英文学会 関西支部大会   2006年12月   
英語の読みを深めるために
追手門学院大学 秋の専門講座   2010年10月   

競争的資金等の研究課題

 
e-Learningによる観光学のESP教授法の開発と効果の検証
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
19世紀末から20世紀初頭の英独仏米における日本像の比較研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
19世紀末アメリカ社会文化研究―特に中産階級米国人の抱く移民観に着目して
追手門学院大学: 
研究期間: 2006年4月 - 現在
19世紀末アメリカにおける移民受容に関する研究―特に自然主義文学に見られる移民イメージを中心に
追手門学院大学: 
研究期間: 2006年4月 - 現在
スティーヴン・クレイン研究―文化研究的アプローチから探る作家・作品の再定位