基本情報

所属
北海道大学 大学院工学研究院 名誉教授、客員教授
一般財団法人住宅生産振興財団 顧問
学位
工学博士(東京大学)

通称等の別名
越沢 明
J-GLOBAL ID
200901001742705603

外部リンク

専門は、都市政策、都市計画、社会資本政策、公共政策。1989年に後藤新平の帝都復興計画政府原案を66年ぶりに発見・公表した。主書は、岩波新書、中公新書、ちくま学芸文庫、ちくま新書、岩波書店で出版されている。学術賞は、アジア経済研究所(最年少受賞)、日本都市計画学会石川賞(最年少受賞)、土木学会、日本不動産学会、環境情報科学センター、日本都市学会、都市住宅学会など多くの受賞。政府の公職歴は、2001年~2011年、国土交通省の社会資本整備審議会委員に就任、都市計画・歴史的風土分科会長、住宅宅地分科会長などを歴任し、都市再生特別措置法、景観法、都市緑地法、歴史まちづくり法、長期優良住宅法、高齢者住まい法などの制定の答申に関わる。また、内閣府の中央防災会議専門委員、首都直下地震対策専門調査会委員もつとめる。日本統治時代の台湾・満洲・中国、朝鮮半島の都市研究の先駆者であり、現代中国の住宅都市問題・都市研究の先駆者である。著書は、中国、台湾、韓国で翻訳出版されている。中国では、長春市政府より都市計画顧問、哈爾浜市政府より歴史名城保護専家委員会専家の称号授与、大連理工大学建築與芸術学院客座教授(客員教授)。法人の主な公職歴は、都市計画協会理事、日本公園緑地協会研究顧問、「日本の歴史公園100選」選定委員会委員長、美しい歴史的風土100選選定委員会委員、区画整理促進機構評議員、江戸東京博物館運営委員会委員、など。全国の自治体の都市政策・まちづくりを指導助言してきた。自治体の主な公職歴は、札幌市住まいの協議会会長、函館市観光基本計画アドバイザー、東川町東川の美しい風景を守り育てる審議会会長、東京都復興検討委員会委員・幹事・作業部会員、品川区まちづくりマスタープラン策定委員会委員長、鎌倉市緑政審議会会長代理、愛知県美しい愛知づくり計画策定委員会副会長、名古屋市緑の審議会都市計画公園緑地整備部会部会長、各務原市都市政策アドバイザー、犬山市歴史まちづくり協議会会長、美濃市歴史まちづくり協議会会長、長浜市歴史まちづくり協議会アドバイザー、大津市都市計画審議会景観形成専門委員会委員長、富田林市駅南まちづくり協議会アドバイザー、福岡市緑の基本計画策定委員会委員、別府市市街地再生総合基本計画策定委員長、など。松竹株式会社の歌舞伎座再生検討委員会委員。

論文

  167

MISC

  129

書籍等出版物

  30

講演・口頭発表等

  19