小野寺 真人

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/25 09:39
 
アバター
研究者氏名
小野寺 真人
 
オノデラ マサト
URL
https://onoderamasatocom.wordpress.com
所属
京都府立大学
部署
文学部
職名
学術研究員
学位
文学修士(歴史学)(京都府立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
2014年3月
京都府立大学 文学研究科 リサーチアシスタント
 
2013年6月
 - 
2014年2月
京都大学基礎物理学研究所 湯川記念館史料室 事務補佐員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
研究補助員(2005年〜2007年科学研究補助費基盤研究(B)『京都府行政文書を中心とした近代行政文書についての史料学的研究』)
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2015年3月
京都府立大学大学院 文学研究科 史学専攻博士後期課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都府立大学大学院 文学研究科 史学専攻博士前期課程
 
1998年4月
 - 
2004年3月
横浜市立大学 国際文化学部 日本アジア文化学科
 

委員歴

 
2005年10月
 - 
2007年9月
日本史研究会(国内)  総務委員
 
2007年6月
 - 
2008年5月
洛北史学会(国内)  編集委員・企画委員
 
2004年6月
 - 
2005年5月
洛北史学会(国内)  庶務委員
 
2008年5月
 - 
2009年4月
Notre Cretique(国内)  編集委員
 

論文

 
アイヌ歌人・違星北斗試論ーー五七五七七の世界と抵抗文化としての文学ーー
小野寺 真人
人文学の正午   (8)    2017年12月   [査読有り]
ラディカル・アイヌ・ヒストリー――知里幸恵『アイヌ神謡集』とコスモポリタニズム――
小野寺 真人
年報カルチュラル・スタディーズ   (2)    2014年6月   [査読有り]
間テクスト的福沢諭吉批判――思想史の方法学の構築にむけて――
小野寺 真人
ノートル・クリティーク   (1)    2008年   [査読有り]
二つのダーウィニズム、二つのアジア観ーー明治一〇年代の言説空間のアポリアとエクソダスーー
小野寺 真人
洛北史学   (9)    2007年   [査読有り]

Misc

 
土佐弘之『境界の暴力の政治学——安全保障国家の論理を超えて』
小野寺 真人
人文学の正午   (8)    2017年12月   [査読有り]
70年ぶりの里帰り ――韓国強制労働被害者遺骨奉還の旅――
小野寺 真人
新しい歴史学のために   (289)    2016年10月   [依頼有り]
会議編解題
小野寺 真人
京都府竹野郡木津村役場文書目録      2015年3月   [依頼有り]
湯川記念館資料室のスチールラックに所蔵された雑誌・冊子・書籍について
小野寺 真人
湯川秀樹・朝永振一郎・坂田昌一の系譜の研究に向けて――記念史料の整理から活用までの課題――      2014年3月   [査読有り][依頼有り]
小林啓治著『戦争の日本史(21)総力戦とデモクラシー ――第一次世界大戦・シベリア干渉戦争』
小野寺 真人
ノートル・クリティーク   (3)    2010年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
京丹後市史資料編 総動員体制と村
小野寺 真人
2013年   
京丹後市史資料編 丹後震災救護史料集
小野寺 真人
2011年   

講演・口頭発表等

 
中谷義和『国家論序説』に寄せてーー社会主義以後と代替のためにーー
小野寺 真人
京都民科歴史部会研究会   2017年11月4日   
遺骨奉還、その後ーーAfter/Alter Workshopーー [招待有り]
小野寺 真人
東アジア共同ワークショップ   2017年3月19日   
植民地主義に抗する文学――アイヌ歌人違星北斗――
小野寺 真人
コリアン・マイノリティ研究会   2017年1月31日   
文学をもって帝国を穿て――知里幸恵『アイヌ神謡集』とコスモポリタニズム――
小野寺 真人
日韓次世代学術フォーラム   2014年6月28日   
朱鞠内ダム、朝鮮人強制連行・強制労働――歴史的に考えて、提示しなければならない若干の論点 [招待有り]
小野寺 真人
東アジア共同ワークショップ国際シンポジウム《レイシズムを超えて》   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
戦後知識人と原子力問題・世界連邦運動についての思想史的研究――湯川秀樹を中心に――
植田安也子学術振興基金: 植田安也子学術振興基金大学院生研究奨励事業
研究期間: 2014年8月 - 2015年3月    代表者: 小野寺 真人
アイヌ・コスモポリタニズムのアクチュアリティ――世界文学としての知里幸恵『アイヌ神謡集』――
京都府立大学: 京都府立大学学術振興基金研究奨励事業
研究期間: 2013年8月 - 2014年3月    代表者: 小野寺 真人