松原守

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 13:35
 
アバター
研究者氏名
松原守
 
マツバラマモル
URL
http://mamoru-matsubara.com/
所属
京都学園大学
部署
バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 分子生物学研究室
職名
教授
学位
博士(薬学)(名古屋市立大学)
科研費研究者番号
90288481
Twitter ID
https://twitter.com/matsubara_m

プロフィール

資格:薬剤師、上級健康食品管理士

専門:「蛋白質科学」「分子生物学」「細胞生物学」「構造生物学」「医薬品開発学」「健康食品学」

日本学術振興会特別研究員, 藤田保健衛生大学総合医科学研究所, 理化学研究所, 日本オルガノン医薬研究所,  カルナバイオサイエンス株式会社を経て現職

タンパク質の翻訳後修飾(脂質修飾、リン酸化など)による細胞内シグナル伝達タンパク質の機能構造解析を行っている。
また、様々な病気に関わるタンパク質の機能構造研究とともに、それらを標的にした医薬品開発、更に超高齢化社会で問題となる病気を予防するための機能性食品開発に携わっている。

研究分野

 
 

経歴

 
1994年10月
   
 
藤田保健衛生大学総合医科学研究所 研究員
 
1995年4月
   
 
日本学術振興会特別研究員(藤田保健衛生大学総合医科学研究所)
 
1996年8月
   
 
藤田保健衛生大学総合医科学研究所 助手
 
2000年6月
   
 
理化学研究所播磨研究所 研究員
 
2002年5月
   
 
日本オルガノン株式会社医薬研究所 主任研究員
 
2003年8月
   
 
カルナバイオサイエンス株式会社 プロテオミクス室 室長
 
2006年4月
   
 
京都学園大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 助教授
 
2006年4月
 - 
2013年3月
理化学研究所 放射光科学総合研究センター 構造生理学研究グループ 客員研究員  (2006年4月~)
 
2006年4月
 - 
2007年7月
カルナバイオサイエンス テクニカルアドバイザー (2006年4月~2007年7月)
 
2007年4月
 - 
2013年3月
京都学園大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
京都学園大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
名古屋市立大学 薬学系研究科 薬品製造工学専攻
 
 
 - 
1990年
名古屋市立大学 薬学部 製薬学科
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本生化学会  代議員
 
2014年10月
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 

受賞

 
2015年3月
京都学園大学 京都学園大学2014年度ベストティーチャー賞
 
2014年4月
京都学園大学 京都学園大学2013年度ベストティーチャー賞
 
2004年10月
日本生化学会JB論文賞
 
1994年4月
大幸財団 大幸財団学芸奨励賞
 
1990年7月
名古屋テレビ放送 第28回名古屋テレビ放送海外派遣学生
 

論文

 
Effect of shaking and vibration stimulation on lumbar vertebrate in ovariectomized mice.
Kito, T., Nishii, K., Yao, R., Teranishi, T., Sugiyama, T., Sakai, K., Matsubara, M. and Yamada, K.
Fujita Medical Journal   5    2019年   [査読有り]
A novel device to prevent osteoporosis by promoting bone metabolism using a newly developed double–loading stimulation with vibration and shaking.
Yao, R., Nishii, K., Kito, T., Teranishi, T, Sugiyama, T., Sakai, K., Matsubara, M.and Yamada, K.
Okajima Folia Anatomica Japonica   96(1)    2019年   [査読有り]
脂質修飾を狙う病原菌の細胞乗っ取り戦略
松原守
日本生物工学会誌   95(3) 143-143   2017年   [査読有り][招待有り]
Kito T, Teranishi T, Nishii K, Sakai K, Matsubara M, Yamada K
Okajimas folia anatomica Japonica   93(3) 81-88   2016年   [査読有り]
Partial purification and characterization of the rat parotid gland protein kinase catalyzing phosphorylation of matures destrin at Ser-2.
Osumi, E., Kondo, C., Mizuno, M., Suzuki, T. Matsubara, M., Shimozato, K. and Kanamori, T.
Advances in Enzyme Research   2(2) 100-112   2014年   [査読有り]
Yamada K, Nishii K, Sakai K, Teranishi T, Matsubara M
Okajimas folia anatomica Japonica   91(2) 29-36   2014年   [査読有り]
Uno T, Moriwaki T, Nakamura M, Matsubara M, Yamagata H, Kanamaru K, Takagi M
Archives of insect biochemistry and physiology   70(2) 77-89   2009年2月   [査読有り]
Kinoshita E, Kinoshita-Kikuta E, Matsubara M, Aoki Y, Ohie S, Mouri Y, Koike T
Electrophoresis   30(3) 550-559   2009年2月   [査読有り]
Mastubara, M.?and Tsutciya, F.
J. Mass Spectrom.Soc. Jpn.   57(4) 249-254   2009年   [査読有り]
Phosphorylation of small GTPase rab proteins from Bombyx mori.
Uno,T., Hata, K., Trang LE THI, D., Hiragaki, S., Nakada, T., Nakamura, M., Uno, Y., Yamagata, H., Kanamaru, K., Takeda, M. and Matsubara, M.
Eur. J. Entomol.   106(4) 499-506   2009年   [査読有り]
Kinoshita T, Yoshida I, Nakae S, Okita K, Gouda M, Matsubara M, Yokota K, Ishiguro H, Tada T
Biochemical and biophysical research communications   377(4) 1123-1127   2008年12月   [査読有り]
Alev C, Urschel S, Sonntag S, Zoidl G, Fort AG, Höher T, Matsubara M, Willecke K, Spray DC, Dermietzel R
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(52) 20964-20969   2008年12月   [査読有り]
Kinoshita E, Kinoshita-Kikuta E, Matsubara M, Yamada S, Nakamura H, Shiro Y, Aoki Y, Okita K, Koike T
Proteomics   8(15) 2994-3003   2008年8月   [査読有り]
Yagi H, Nakagawa M, Takahashi N, Kondo S, Matsubara M, Kato K
Glycobiology   18(2) 145-151   2008年2月   [査読有り]
プロテオミクスによる環境応答シグナル伝達機構の解明
松原守
京都学園大学総合研究所所報   9 59-63   2008年   [査読有り][招待有り]
Uno T, Nakada T, Okamaoto S, Nakamura M, Matsubara M, Imaishi H, Yamagata H, Kanamaru K, Takagi M
Archives of insect biochemistry and physiology   66(2) 89-97   2007年10月   [査読有り]
Dynamic site-specific phosphorylation analysis by LC/MS/MS.
Mastubara, M., Hunter, C. and Tsutciya, F.
Chemistry Today   25(6) 92-94   2007年   [査読有り]
Kinoshita T, Matsubara M, Ishiguro H, Okita K, Tada T
Biochemical and biophysical research communications   346(3) 840-844   2006年8月   [査読有り]
Fukunaga Y, Matsubara M, Nagai R, Miyazawa A
Journal of biochemistry   138(2) 177-182   2005年8月   [査読有り]
Matsubara M, Jing T, Kawamura K, Shimojo N, Titani K, Hashimoto K, Hayashi N
Protein science : a publication of the Protein Society   14(2) 494-503   2005年2月   [査読有り]
[Structures and molecular recognition of MARCKS family proteins].
Matsubara M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   77(1) 50-55   2005年1月   [査読有り]
松原守
生物物理   45(3) 128-133   2005年   [査読有り][招待有り]
MARCKSファミリータンパク質の構造と分子認識機構
松原守
生化学   77(1) 50-55   2005年   [査読有り][招待有り]
Demonstration of a role for alpha-synuclein as a functional microtubule-associated protein.
Alim MA, Ma QL, Takeda K, Aizawa T, Matsubara M, Nakamura M, Asada A, Saito T, Kaji H, Yoshii M, Hisanaga S, Uéda K
Journal of Alzheimer's disease : JAD   6(4) 435-42; discussion 443   2004年8月   [査読有り]
Matsubara, M., Nakatsu, T., Kato, H. and Taniguchi, H.
EMBO J.   23(4) 712-718   2004年   [査読有り]
Matsubara M, Hayashi N, Jing T, Titani K
Journal of biochemistry   133(6) 773-781   2003年6月   [査読有り]
Matsubara, M., Titani, K., Taniguchi, H. and Hayashi, N.
J. Biol. Chem.   278(49) 48898-48902   2003年   [査読有り]
YAMAUCHI E, NAKATSU T, MATSUBARA M, KATO H, TANIGUCHI H
Nature Struct. Biol.   10(3) 226-231   2003年   [査読有り]
Hayashi N, Matsubara M, Jinbo Y, Titani K, Izumi Y, Matsushima N
Protein science : a publication of the Protein Society   11(3) 529-537   2002年3月   [査読有り]
Phosphorylation and regulation of endothelial nitric oxide synthase by protein kinase C.
Matsubara, M., Jing, T. and Taniguchi, T.
The Biology of Nitric Oxide 7 (S. Moncado, L. Gustafasson, P. Wiklund and E. A. higgs, eds)   7 117-117   2000年   [査読有り]
Nohara D, Senga Y, Matsubara M, Sakai T
Journal of bioscience and bioengineering   89(2) 188-192   2000年   [査読有り]
Takasaki A, Hayashi N, Matsubara M, Yamauchi E, Taniguchi H
The Journal of biological chemistry   274(17) 11848-11853   1999年4月   [査読有り]
High performance in refolding of Streptomyces griseus trypsin by the aid of a mutant of Streptomyces subtilisin inhibitor designed as trypsin inhibitor.
Nohara D, Sugiura H, Sakakibara H, Matsubara M, Kojima S, Miura K, Sakai T
Journal of biochemistry   125(2) 343-347   1999年2月   [査読有り]
N. Havashi, A. Takasaki, M. Matsubara, E. Yamauchi, K. Titani, H. Taniguchi
FASEB Journal   12    1998年12月
Brain-specific acidic protein NAP-22 (neuronal tissue-enriched acidic erotein - 22kDa), which belongs to the MARCKS family of protein kinase C substrate proteins, binds calmodulin, but the protein lacks any canonical calmodulin-binding domain. Myr...
Hayashi N, Matsubara M, Takasaki A, Titani K, Taniguchi H
Protein expression and purification   12(1) 25-28   1998年2月   [査読有り]
Matsubara M, Yamauchi E, Hayashi N, Taniguchi H
FEBS letters   421(3) 203-207   1998年1月   [査読有り]
Protein-Lipid, Protein-Protein InteractionにおけるN末端ミリスチル化の役割
松原守
J. Retrovirus Res. Communu.   1(1) 11-13   1998年   [査読有り][招待有り]
Hayashi N, Matsubara M, Titani K, Taniguchi H
The Journal of biological chemistry   272(12) 7639-7645   1997年3月   [査読有り]
Hayashi, N.,Matsubara, M., Titani, K. and Taniguchi, H.
In "Techiniques in Protein Chemistry VIII" (D.R.Marchak, ed)   555-564   1997年   [査読有り]
脳特異的タンパク質Neuronal tissue-enriched acidic protein-22kDaのカルモジュリン結合ドメインの同定とそのミリスチル化による機能調節の解析
高崎昭彦, 林宣宏,?松原守, 千谷晃一, 谷口寿章
藤田学園医学会誌   21 219-222   1997年   [査読有り]
Matsubara M, Kusubata M, Ishiguro K, Uchida T, Titani K, Taniguchi H
The Journal of biological chemistry   271(35) 21108-21113   1996年8月   [査読有り]
Proline directed protein kinaseによるシナプシンIのリン酸化とその生理機能に及ぼす影響.
松原 守, 楠畑 雅, 千谷晃一, 谷口寿章
神経化学   35 520-521   1996年   [査読有り]
Nohara, D., Matsubara, M., Tano, K. and Sakai, T.
J. Ferment. Bioeng.   82(4) 401-403   1996年   [査読有り]
Tano K, Nohara D, Matsubara M, Sakai T
Chemical & pharmaceutical bulletin   43(11) 2027-2029   1995年11月   [査読有り]
Hayashi T, Matsubara M, Nohara D, Kojima S, Miura K, Sakai T
FEBS letters   350(1) 109-112   1994年8月   [査読有り]
Matsubara M, Kurimoto E, Kojima S, Miura K, Sakai T
FEBS letters   342(2) 193-196   1994年4月   [査読有り]
A possible mutant of Streptomyces subtilisin inhibitor to function as an artificial chaperone for the refolding of subtilisin BPN'.
Sakai, T., Nohara, D., Kurimoto, E.,Matsubara, M., Hayashi, T., Kojima, S., and Miura, K.
Protein Eng.   7 1160-1161   1994年   [査読有り]
Matsubara M, Nohara D, Kurimoto E, Kuroda Y, Sakai T
Chemical & pharmaceutical bulletin   41(7) 1207-1210   1993年7月   [査読有り]

Misc

 
松原守
名古屋市立大学大学院薬学研究科 博士論文      1994年9月

書籍等出版物

 
医薬品業界への就職の道 求められるスキル、意識と覚悟[最終回]Vol.5
松原守
沢井製薬「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」   2018年5月   
医療・ヘルスケアにおける新潮流-オープンイノベーション、中分子医薬品、予防医学 Vol.4
松原守
沢井製薬「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」   2018年3月   
バイオベンチャーに挑む。仲間とともに形にしていくプロセスを Vol.3
松原守
沢井製薬「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」   2018年2月   
外資系製薬会社へ就職するということ 働きかた、厳しさとメリットとは Vol.2
松原守
沢井製薬「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」   2018年1月   
変革する製薬業界と新たな産業形成 〜バイオテクノロジーの世界 Vol.1
松原守
沢井製薬「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」   2017年12月   

講演・口頭発表等

 
松原守, 井上宮銘, 深見治一
日本生化学会大会(Web)   2017年   
鬼頭巧, 西井一宏, 姚潤宏, 寺西利生, 杉山智久, 酒井一由, 松原守, 山田晃司
日本生化学会大会(Web)   2017年   
姚潤宏, 西井一宏, 鬼頭巧, 寺西利生, 杉山智久, 酒井一由, 松原守, 山田晃司
日本生化学会大会(Web)   2017年   
松原守, 菊池佑一, 鈴木智之, 兼子麻子, 中村正彦
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2016年   
松原守, 鈴木智之, 坂下真耶, 伊納義和, 古野忠秀, 堀江健二
日本生化学会大会(Web)   2016年   
坂下真耶, 松原守, 山下裕輔, 丸勇史, 吉國義明, KIM Mujo
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015年3月5日   
松原守, 鈴木智之, 坂下真耶, 原田清佑
日本生化学会大会(Web)   2015年   
山田晃司, 鬼頭巧, 西井一宏, 酒井一由, 寺西利生, 松原守
日本生化学会大会(Web)   2015年   
中村麻里江, 松本卓巳, 松原守, 高田剛, 土屋幸弘, 渡邊泰男
日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集   2015年   
山田晃司, 西井一宏, 酒井一由, 寺西利生, 松原守
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014年   
山田晃司, 西井一宏, 酒井一由, 寺西利生, 松原守
日本生化学会大会(Web)   2014年   
松原守, 本田忠誠, 菊池佑一, 鈴木智之, 中村正彦
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014年   
橋本陽介, 土屋幸弘, 高田剛, 松原守, 渡邊泰男
日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集   2014年   
松原守, 菊池佑一, 中村正彦
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2013年   
松原守, 菊池佑一, 谷川新悟, 中村正彦
日本生化学会大会(Web)   2012年   
松原守, 菊池佑一, 谷川新悟, 中村正彦
生化学   2011年   
吉田育代, 木下誉富, 合田正貴, 横田耕一, 松原守, 石黒啓司, 多田俊治
日本薬学会年会要旨集   2008年3月5日   
矢木宏和, 中川将司, 近藤幸子, 高橋禮子, 松原守, 加藤晃一
日本薬学会年会要旨集   2008年3月5日   
松原守
京都学園大学総合研究所所報   2008年2月   
前田紀子, 徳誠吉, 内藤康仁, 松原守, 山本秀幸
生化学   2008年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
脂質修飾サイクルを制御する新規脱ミリストイル化酵素の同定とその機能構造解析
科学研究費挑戦的萌芽
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松原守
ミリスチル化を介した蛋白質間相互作用解析とその生理機能の解明
科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 松原守
細胞内シグナルネットワークにおけるミリスチル化蛋白質の機能調節機構の解明
科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 松原守
プロテオミクスによる環境応答シグナル伝達機構の解明
京都学園大学総合研究所奨励研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 松原守
cキナーゼ基質タンパク質のカルモジュリン結合ドメインを介した機能制御の解明
科学研究費奨励研究(A
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 松原守
一酸化窒素合成酵素のカルモジュリン、リン脂質、リン酸化による活性調節機構の解明
科学研究費奨励研究(A)
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 松原守
一酸化窒素合成酵素のカルモジュリン、リン脂質、リン酸化による活性調節機構の解明
金子、成田研究奨励金
研究期間: 1999年4月 - 1998年3月    代表者: 松原守