小寺 泰弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:02
 
アバター
研究者氏名
小寺 泰弘
 
コデラ ヤスヒロ
所属
名古屋大学
部署
大学院医学系研究科 機能構築医学専攻 病態外科学
職名
教授
学位
医学博士(名古屋大学)

経歴

 
2004年10月
 - 
2007年12月
名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学講師
 
2004年10月
 - 
2008年1月
名古屋大学 大学院医学系研究科 機能構築医学専攻 講師
 
2008年1月
 - 
2011年8月
名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学准教授
 
2008年1月
 - 
2011年8月
名古屋大学 大学院医学系研究科 機能構築医学専攻 准教授
 
2011年8月
 - 
現在
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態外科学 教授
 

受賞

 
2003年
日本胃癌学会 Nishi Memorial Award
 

Misc

 
Tashiro Mitsuru, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro
ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   25(11) 3365-3371   2018年10月
Sato Bin, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Iwata Naoki, Hattori Norifumi, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro
WORLD JOURNAL OF SURGERY   42(10) 3277-3285   2018年10月
Sunami Kuniko, Takahashi Hideaki, Tsuchihara Katsuya, Takeda Masayuki, Suzuki Tatsuya, Naito Yoichi, Sakai Kazuko, Dosaka-Akita Hirotoshi, Ishioka Chikashi, Kodera Yasuhiro, Muto Manabu, Wakai Toshifumi, Yamazaki Kentaro, Yasui Wataru, Bando Hideaki, Fujimoto Yumi, Fukuoka Shota, Harano Kenichi, Kawazoe Akihito, Kimura Gen, Koganemaru Shigehiro, Kogawa Takahiro, Kotani Daisuke, Kuboki Yasutoshi, Matsumoto Hiroshi, Matsumoto Shingo, Mishima Saori, Nakamura Yoshiaki, Sawada Kentaro, Shingaki Sumito, Shitara Kohei, Umemoto Kumiko, Umemura Shigeki, Yasuda Kayo, Yoshino Takayuki, Yamamoto Noboru, Nishio Kazuto
CANCER SCIENCE   109(9) 2980-2985   2018年9月
Yamada S, Fujii T, Hirakawa A, Takami H, Suenaga M, Hayashi M, Niwa Y, Hattori N, Iwata N, Kanda M, Tanaka C, Kobayashi D, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y
Pancreas   47(8) 974-979   2018年9月
Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Umeda Shinichi, Shibata Masahiro, Suenaga Masaya, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro
MOLECULAR CANCER RESEARCH   16(9) 1420-1429   2018年9月

書籍等出版物

 
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 胃がん 改訂3版
小寺泰弘
医薬ジャーナル社   2018年6月   
がん先進医療NAVIGATOR がん治療研究の最前線 パクリタキセル腹腔内反復投与療法胃切除後の進行胃がん
小寺泰弘
日本医学出版   2015年5月   
消化器外科学レビュー 2015-16 胃癌
小寺泰弘
総合医学社   2015年4月   
膵癌治療up-to-date 2015 Borderline resectable 膵癌: 血管浸潤部の術前画像診断
藤井努、小寺泰弘 (担当:共著)
医学図書出版   2014年12月   
がん患者の輸液・栄養療法・第4章 がん患者の輸液・栄養療法の進め方とマネジメント Ⅳ 消化器周術期輸液・栄養療法 ②膵臓切除後の輸液・栄養療法
藤井努、小寺泰弘 (担当:共著)
南山堂   2014年9月   

講演・口頭発表等

 
Gastric canscer surgery in Japan: Summary of surgical randomized trials
Y. Kodera
第73回日本消化器外科学会   2018年7月11日   
A randomized phase III study comparing S-1 plus docetaxel with S-1 alone as a postoperative adjuvant chemotherapy for curatively resected stage III gastric cancer (JACCRO GC-07 trial).
Y. Kodera. K. Yoshida, M. Kochi, W. Ichikawa, Y. Kakeji, T. Sano, N. Nagao, M. Takahashi, A. Takagane, M. Nakamura, M. Kaji, H. Okitsu, T. Nomura, T. Matsui, T. Yoshikawa, J. Matsuyama, M. Yamada, Y. Ito, M. Takeuchi, M. Fujii.
ASCO (American Society of Clinical Oncology) 2018   2018年6月4日   
An intergroup phase III trial of ramucirumab plus irinotecan in third or more line beyond progression after ramucirumab for advanced gastric cancer (RINDBeRG trial).
D. Sakai, N. Boku, Y. Kodera, Y. Komatsu, M. Fujii, S. Iwasa, E. Oki. W. Koizumi, M. Gamoh, K. Muro, T. Shimikawa, T. Satoh.
ASCO (American Society of Clinical Oncology) 2018   2018年6月3日   
Asian Collaboration Sess ion: Collaborative studies and needs for collaboration in Asian countries
Y. Kodera
KINGCA (Korea International Gastric Cancer Week) 2018   2018年4月27日   
Surgical education: Do we need more general or specialized surgeons in the future? - the Japanese perspetcive
Y. Kodera
135th Congress of the German Society of Surgery   2018年4月18日   

競争的資金等の研究課題

 
希少癌診療ガイドラインの作成を通した医療提供体制の質向上
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 現在
次世代シーケンサーによる膵癌早期診断マーカー道程と低侵襲十二指腸液検査法への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
胃全摘後の普遍的な再建法を確立するランダム化比較試験
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年6月 - 2013年3月
胃全摘術後に小腸パウチを用いて再建することにより、術後の経口摂取量を増やし、消化吸収能を改善し、もって栄養状態を向上されることができると考えられている。これは再建法に特段の関心を持つ研究者には支持されている考え方であるが、説得力のある科学的なエビンデンスが得られていないために、外科医全般には必ずしも支持されていない。折しも、腹腔鏡下手術が浸透しており、再建法は単純なほどもてはやされかねない状況にある。そこで、小腸パウチは栄養学的に有用との仮説を証明するために、協力機関及び関連病院において、...
胃癌腹膜転移と制癌剤感受性における癌幹細胞の役割       
科学研究費助成事業
研究期間: 2008年       代表者: 小寺 泰弘