基本情報

所属
北海道大学 電子科学研究所 物質科学研究部門 教授
学位
修士(工学)(名古屋大学)
博士(工学)(東京工業大学)

研究者番号
80372530
J-GLOBAL ID
200901075884726784

外部リンク

材料研究には大きく分けて二通りの研究パターンがあります。一つはコツコツ長い時間をかけて新物質を探す探索研究であり、もう一つは既存の物質を「材料」として使える品質にするプロセス研究です。家具職人の父が家具を製作するプロセスを幼少の頃からすぐ近くで見てきた影響なのか、私は良い商品を作るためのプロセス研究のほうが得意なようです。現在は、原子レベルで平坦な高品質の薄膜にすることで機能性酸化物のポテンシャルを最大限引き出し、世の中で役に立つデバイス開発を目指して研究しています。

主要論文

[1] Y. Zhang, H. Ohta et al., Nature Communications 9, 2224 (2018).

[2] H. Jeen, H. Ohta, H-N. Lee et al., Nature Materials 12, 1057 (2013).

[3] H. Ohta et al., Nature Communications 1, 118 (2010).

[4] H. Ohta et al., Nature Materials 6, 129 (2007).

[5] K. Nomura, H. Ohta, H. Hosono et al., Nature 432, 488 (2004).

[6] K. Nomura, H. Ohta, H. Hosono et al., Science 300, 1269 (2003).


論文

  396

MISC

  23

書籍等出版物

  18

講演・口頭発表等

  60

共同研究・競争的資金等の研究課題

  15