Iwase Akira

J-GLOBAL         Last updated: Jan 20, 2019 at 20:36
 
Avatar
Name
Iwase Akira
Affiliation
Gunma University
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Feb 2018
 - 
Today
Professor and Chair, Obstetrics and Gynecology, Gunma University Graduate School of Medicine
 
Nov 2014
 - 
Jan 2018
Professor of hospital, Nagoya University Nagoya University Hospital Maternity and Perinatal Care Center
 

Published Papers

 
Mizuno M, Miki R, Moriyama Y, Ushida T, Imai K, Niimi K, Nakano T, Tsuda H, Sumigama S, Yamamoto E, Senga T, Iwase A, Kikkawa F, Kotani T
Molecular medicine reports      Nov 2018   [Refereed]
Kato N, Iwase A, Ishida C, Nagai T, Mori M, Bayasula, Nakamura T, Osuka S, Ganiyeva U, Qin Y, Miki R, Kikkawa F
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   1933719118802053   Oct 2018   [Refereed]
Qin Y, Iwase A, Murase T, Bayasula, Ishida C, Kato N, Nakamura T, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F
Reproductive biology and endocrinology : RB&E   16(1) 106   Oct 2018   [Refereed]
Osuka S, Iwase A, Goto M, Takikawa S, Nakamura T, Murase T, Kato N, Bayasula., Kotani T, Kikkawa F
Hormone and metabolic research = Hormon- und Stoffwechselforschung = Hormones et metabolisme   50(7) 537-542   Jul 2018   [Refereed]
Iwase A, Osuka S, Goto M, Murase T, Nakamura T, Takikawa S, Kikkawa F
The journal of obstetrics and gynaecology research   44(6) 998-1006   Jun 2018   [Refereed]
Imai K, Kotani T, Tsuda H, Nakano T, Ushida T, Iwase A, Nagai T, Toyokuni S, Suzumura A, Kikkawa F
Scientific reports   8(1) 9221   Jun 2018   [Refereed]
Komatsu K, Iwase A, Murase T, Masubuchi S
Journal of visualized experiments : JoVE   (136)    Jun 2018   [Refereed]
Nakano T, Kotani T, Imai K, Iitani Y, Ushida T, Tsuda H, Li H, Iwase A, Toyokuni S, Kikkawa F
Biomedical reports   8(5) 454-460   May 2018   [Refereed]
Murase T, Iwase A, Komatsu K, Bayasula, Nakamura T, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F
Journal of assisted reproduction and genetics      Oct 2017   [Refereed]
Shimizu K, Iwase A, Sakurai Y, Nakamura T, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kikkawa F
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   215 256-257   Aug 2017   [Refereed]
Yamada-Nomoto K, Yoshino O, Akiyama I, Iwase A, Ono Y, Nakamura T, Harada M, Nakashima A, Shima T, Ushijima A, Osuga Y, Chang RJ, Shimasaki S, Saito S
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   78(1)    Jul 2017   [Refereed]
Osuka S, Iwase A, Nakahara T, Kondo M, Saito A, Bayasula, Nakamura T, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F
Endocrinology   158(2) 367-377   Feb 2017   [Refereed]
Ushida T, Kotani T, Tsuda H, Imai K, Nakano T, Hirako S, Ito Y, Li H, Mano Y, Wang J, Miki R, Yamamoto E, Iwase A, Bando YK, Hirayama M, Ohno K, Toyokuni S, Kikkawa F
Free radical biology & medicine   101 524-533   Dec 2016   [Refereed]
Saito A, Iwase A, Nakamura T, Osuka S, Bayasula, Murase T, Kato N, Ishida C, Takikawa S, Goto M, Kikkawa F
Reproductive biology and endocrinology : RB&E   14(1) 72   Oct 2016   [Refereed]
Ishida C, Mori M, Nakamura K, Tanaka H, Mizuno M, Hori M, Iwase A, Kikkawa F, Toyokuni S
Free radical research   50(10) 1131-1139   Oct 2016   [Refereed]
Ishida C, Iwase A, Osuka S, Goto M, Takikawa S, Nakamura T, Kotani T, Kikkawa F
Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology   32(9) 733-736   Sep 2016   [Refereed]
Mori M, Iwase A, Osuka S, Kondo M, Nakamura T, Nakahara T, Goto M, Kikkawa F
Taiwanese journal of obstetrics & gynecology   55(4) 534-538   Aug 2016   [Refereed]
Iwase A, Osuka S, Nakamura T, Kato N, Takikawa S, Goto M, Kikkawa F
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   23(6) 756-760   Jun 2016   [Refereed]
Kondo M, Osuka S, Iwase A, Nakahara T, Saito A, Bayasula, Nakamura T, Goto M, Kotani T, Kikkawa F
Metabolic brain disease   31(3) 673-681   Jun 2016   [Refereed]
Oktem O, Bildik G, Senbabaoglu F, Lack NA, Akin N, Yakar F, Urman D, Guzel Y, Balaban B, Iwase A, Urman B
Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.)   60 82-91   Apr 2016   [Refereed]

Misc

 
子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術のエビデンスと実際
岩瀬 明
日本IVF学会誌   21(2) 56-56   Oct 2018
マウス卵巣組織培養による卵胞発育解析とヒト卵巣への応用と展望
邨瀬 智彦, 岩瀬 明, 林 祥太郎, 村岡 彩子, 仲西 菜月, 笠原 幸代, 永井 孝, 中村 智子, 大須賀 智子, 後藤 真紀, 吉川 史隆
日本IVF学会誌   21(2) 68-68   Oct 2018
リスクを低減するPCOS治療
岩瀬 明
日本内分泌学会雑誌   94(2) 587-587   Sep 2018
卵巣子宮内膜症性嚢胞摘出術後の卵巣予備能低下に対するホルモン療法が及ぼす影響の検討
村岡 彩子, 大須賀 智子, 林 祥太郎, 邨瀬 智彦, 中村 智子, 後藤 真紀, 岩瀬 明, 吉川 史隆
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 323-323   Aug 2018
Retained Products of Conception(RPOC)の治療
中村 智子, 岩瀬 明, 村上 真由子, 三宅 菜月, 村岡 彩子, 林 祥太郎, 仲西 菜月, 笠原 幸代, 永井 孝, 邨瀬 智彦, 大須賀 智子, 滝川 幸子, 後藤 真紀, 吉川 史隆
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 394-394   Aug 2018
非交通性副角子宮と卵巣子宮内膜症性嚢胞に対する腹腔鏡下手術の2症例
小林 未央, 岸 裕司, 中里 智子, 北原 慈和, 萩原 優美子, 岩瀬 明
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 396-396   Aug 2018
濾胞形成に及ぼす神経ペプチドPhoenixinの影響(The effect of neuropeptide Phoenixin on folliculogenesis)
グエン・シュアンフォック, 中村 智子, 林 祥太郎, 村岡 彩子, 仲西 菜月, 笠原 幸代, 永井 孝, 邨瀬 智彦, 大須賀 智子, 後藤 真紀, 岩瀬 明, 吉川 史隆
日本生殖医学会雑誌   63(3) 385-385   Aug 2018
不妊症患者における甲状腺自己抗体と卵巣予備能についての検討
大須賀 智子, 林 祥太郎, 村岡 彩子, 仲西 菜月, 笠原 幸代, 永井 孝, 邨瀬 智彦, 中村 智子, 後藤 真紀, 岩瀬 明, 吉川 史隆
日本生殖医学会雑誌   63(3) 387-387   Aug 2018
Retained products of conception(RPOC)の経過の検討
中村 智子, 滝川 幸子, 村岡 彩子, 林 祥太郎, 仲西 菜月, 笠原 幸代, 永井 孝, 邨瀬 智彦, 大須賀 智子, 後藤 真紀, 岩瀬 明, 吉川 史隆
日本生殖医学会雑誌   63(3) 388-388   Aug 2018
【産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす】 FSH(卵胞刺激ホルモン)
大須賀 智子, 岩瀬 明
産科と婦人科   85(7) 787-792   Jul 2018
FSH(follicle-stimulating hormone、卵胞刺激ホルモン)は下垂体前葉から分泌されるゴナドトロピンであり、おもに胞状卵胞以降の卵胞発育を促す。男性においては、セルトリ細胞に作用し、精子形成に対し補助的役割を担う。臨床では、FSH製剤は女性における排卵障害や体外受精における調節卵巣刺激に、男性では、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の治療に用いられる。本稿では、FSHの分子構造をはじめ、女性における産生制御・生理学的機能、さらには臨床における治療薬としての役割や最近の...
胎児間輸血症候群に対して胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術後に弁逆流が残存した品胎妊娠の1例
日下田 大輔, 内山 陽介, 岡庭 隼, 森田 晶人, 星野 正道, 井上 真紀, 亀田 高志, 篠崎 博光, 岩瀬 明
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 594-594   Jun 2018
子宮腺筋症核出術創部に胎盤が付着し全子宮破裂を起こした1例
上原 理紗, 岡庭 隼, 内山 陽介, 日下田 大輔, 星野 正道, 井上 真紀, 亀田 高志, 篠崎 博光, 曽田 雅之, 岩瀬 明
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 744-744   Jun 2018
妊娠中期で常位胎盤早期剥離になった2例
根井 ひとみ, 日下田 大輔, 内山 陽介, 岡庭 隼, 星野 正道, 井上 真紀, 亀田 高志, 岸 裕司, 篠崎 博光, 岩瀬 明
関東連合産科婦人科学会誌   55(2) 232-232   May 2018
大動脈バルーン閉塞を準備し全身麻酔下で胎盤を剥離できた胎盤遺残の3例
周藤 周, 日下田 大輔, 内山 陽介, 岡庭 隼, 星野 正道, 井上 真紀, 亀田 高志, 岸 裕司, 篠崎 博光, 岩瀬 明
関東連合産科婦人科学会誌   55(2) 234-234   May 2018
【産婦人科外来パーフェクトガイド-いまのトレンドを逃さずチェック!】 疾患編 不妊・不育《不妊の検査》 卵巣予備能の評価
邨瀬 智彦, 岩瀬 明
臨床婦人科産科   72(4) 106-110   Apr 2018
<文献概要>検査のポイント ▼卵巣予備能とは卵巣における卵の量と質を反映し,女性の生殖機能を規定する要因の1つである.卵巣予備能の評価法はovarian reserve test(ORT)と呼ばれる.▼ORTのうち抗ミュラー管ホルモン(AMH),胞状卵胞数(AFC)は,卵巣の反応性予測における有用性が高い.妊娠・生産の予測因子として満足できるORTはいまだ確立されていない.▼AMHは,抗がん剤治療やチョコレート嚢胞手術の卵巣予備能への影響評価,多嚢胞性卵巣症候群の補助診断などにも有用である...
大学生における生殖能に関する知識の普及と血清AMH値についての検討
林 祥太郎, 後藤 真紀, 吉田 沙矢子, 村岡 彩子, 永井 孝, 清水 顕, 加藤 奈緒, 石田 千晴, 邨瀬 智彦, 大須賀 智子, 滝川 幸子, 岩瀬 明, 吉川 史隆
日本生殖医学会雑誌   63(1-2) 100-101   Apr 2018
愛知県不妊・不育専門相談事業15年間の成果と今後の課題
渡邊 実香, 後藤 真紀, 小田 いつ花, 糠谷 敬子, 岩瀬 明
日本不妊カウンセリング学会誌   17(1) 29-29   Apr 2018
ホルモンと生殖 男性ホルモンのHPO Axisへの影響とPCOSの病態
岩瀬 明, 大須賀 智子
日本内分泌学会雑誌   94(1) 213-213   Apr 2018
Resistant ovary syndrome(ROS)患者の新たな卵胞発育誘導法の開発 C-type naturiuretic peptide(CNP)によるヒト顆粒膜細胞株の細胞増殖とE2産生誘導
佐藤 可野, 中村 智子, 岩瀬 明, 岡本 直樹, 川越 雄太, 河村 七美, 河村 和弘
日本卵子学会誌   3(1) S59-S59   Apr 2018
当院における遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対する取り組み
安井 啓晃, 内海 史, 池田 芳紀, 林 祥太郎, 伊藤 由美子, 森山 佳則, 芳川 修久, 西野 公博, 大須賀 賀子, 新美 薫, 鈴木 史朗, 後藤 真紀, 小谷 友美, 岩瀬 明, 梶山 広明, 角田 伸行, 菊森 豊根, 森川 真紀, 吉川 史隆
東海産科婦人科学会雑誌   54 207-214   Mar 2018
[目的]遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)は癌抑制遺伝子であるBRCA1及びBRCA2の遺伝子変異が主に関与しており、上記遺伝子変異を持つ患者群では遺伝子変異をもたない群と比較し、乳癌及び卵巣癌の発生率が高い。リスク低減乳房切除術(RRM)やリスク低減卵管卵巣摘出術(RRSO)は乳癌及び卵巣癌、卵管癌の発生率を低下させることが近年明らかとなってきており今後、施行症例の増加が予想される。HBOCに対する社会的注目度も高く、当院では2014年8月27日よりHBOC遺伝カウンセリングを開始した。...