濱吉 美穂

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/29 03:01
 
アバター
研究者氏名
濱吉 美穂
 
ハマヨシ ミホ
所属
佛教大学
部署
【教員用】 通学課程 保医技学部 看護学科
職名
准教授
学位
修士(学術)(神戸大学大学院総合人間科学研究科), 博士(看護学)(大阪市立大学看護学研究科)

研究分野

 
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2014年9月
大阪市立大学大学院看護学研究科 後期博士課程 看護学研究科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
関西福祉科学大学 社会福祉学部 
 
2006年4月
 - 
2008年3月
神戸大学 総合人間科学研究科博士前期課程 
 

委員歴

 
2016年10月
   
 
プライマリケア学会誌編集委員会  プライマリケア学会誌編集委員会 査読者
 
2016年5月
   
 
淀川キリスト教病院 臨床倫理委員会外部委員  淀川キリスト教病院 臨床倫理委員会外部委員 外部委員
 
2013年12月
   
 
日本看護学会地域看護  日本看護学会地域看護 論文選考委員
 
2014年11月
 - 
2017年6月
日本看護科学学会若手研究推進委員  日本看護科学学会若手研究推進委員 若手研究推進委員
 
2016年10月
 - 
2017年3月
日本看護協会  日本看護協会論文集「在宅看護学」論文編集委員会
 

受賞

 
2016年10月
佛教大学 第13回 佛教大学学術賞 Effects of an Education Program to Promote Advance Directive Completion in Local Residents
 

論文

 
St Christopher's Hospice研修報告 ~本学における多職種連携教育実践へのヒント~
保健医療技術学部論集 第11号   11 65-75   2017年3月   [査読有り]
北欧高齢者福祉施設と在宅看護視察報告
後藤 小夜子
保健医療技術学部論集   (10) 85-92   2016年3月
キーワード:スウェーデン王国、在宅介護、自立、尊厳、介護分野におけるIT導入
地域高齢者に対する事前指示書作成に関する視聴覚教材の開発と効果評価
後藤小夜子
大阪ガスグループ福祉財団研究報告書   (28) 69-71   2015年3月   [査読有り]
キーワード:事前指示書 高齢者 視聴覚教材
事前指示書作成啓発に関する視聴覚教材を開発し、その効果を評価した。
15(2) 91-99   2014年12月   [査読有り]
キーワード:Advance Directives Dementia
高齢者せん妄患者の看護記録記載のポイント
看護きろくと看護過程   24(3) 17-22   2014年8月

Misc

 
看護研究特修≪座談会≫ 若手研究者が考えていること’看護学’から何を創造するか?
   2014年4月
看護学の今後の発展のため、今後を担う若手研究者として議論し、将来のっ可能性について討議した。結果、若手研究者のゆるやかなネットワークの形成が必要であることが示唆された。

書籍等出版物

 
新体系 看護学全書 在宅看護論
河野あゆみ 他 (担当:共著)
メヂカルフレンド社   2016年7月   ISBN:978-4-8392-3315-0
最新老年看護学 改訂版
水谷信子 水野敏子 高山成子 高崎絹子編 (担当:共著)
日本看護協会出版会   2014年2月   

講演・口頭発表等

 
日本看護科学学会企画 モーニングセッション ファシリテーター
東京国際フォーラム   2016年12月11日   
若手看護研究所と看護界のレジェンドとのモーニングセッション     川村佐和子先生のこれまでの研究・教育活動を伺い、若手研究者が自分達のこれからの活動について思考する
若手研究者の小さな一歩が社会の歩みとなるために
鳥本靖子 大澤絵理 西村ユミ 他
第36回日本看護科学学会 交流集会   2016年12月10日   日本看護科学学会
高齢者施設ケアスタッフへのAdvance Care Planning実践教育プログラム の効果評価 第一報
濱吉美穂 後藤小夜子 松岡千代 河野あゆみ
第36回日本看護科学学会学術集会   2016年12月10日   日本看護科学学会
Development of an advance care planning educational program for nursing home settings
2016年7月2日   T
看護学研究者としてのキャリアデザインを描こう! 博士後期課程修了後の未来が見えていますか?(会議録)
西村ユミ 綿貫成明 他
第35回 日本看護科学学会 交流集会   2015年11月30日   日本看護科学学会

競争的資金等の研究課題

 
高齢者施設スタッフの終末期ケアの質向上に向けたACP促進プログラムの開発と評価
科学研究費
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 濱吉 美穂
【課題番号】26463476
地域高齢者に対する事前指示書作成に関する視聴覚教材と事前指示書活用システムの構築を目指したガイドライン作成
大阪ガスグループ福祉財団「調査研究助成」
研究期間: 2014年 - 2015年
地域・在宅ケアの現場で活用できる事前指示書(Advance Directive)と作成ガイドラインの開発
財団法人在宅医療助成勇美記念財団 在宅医療研究
研究期間: 2012年 - 2013年
地域包括ケアにおける医療・介護共有アドバンス・ケアプランニングガイドラインの開発
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 濱吉美穂

社会貢献活動

 
認知症サポートネットワーク
【その他】  地域住民  2011年
( その他 )
白庭病院教育セミナー「認知症の基本と根拠のあるケア実践」
【講師】  白庭病院看護師・ケアワーカー  2013年2月
( 公開講座・セミナー )
白庭病院研究・教育担当
【】  白庭病院の看護師教育・研究のサポート  2013年4月
( その他 )
東生駒病院看護研究指導
【助言・指導】  看護師  2013年6月
( その他 )
大阪府泉大津市権利擁護セミナー講師「自分らしい有終の美の準備」
【講師】  地域住民  2013年8月
( 公開講座・セミナー )