基本情報

所属
東北大学 金属材料研究所 附属産学官広域連携センター 特任准教授
(兼任) 大阪府立大学客員准教授
学位
博士(工学)(大阪府立大学)
修士(工学)(大阪府立大学)

J-GLOBAL ID
200901022905479093

外部リンク

研究キーワード

  6

論文

  72

MISC

  23

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  101

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

産業財産権

  6

その他

  17
  • 2015年6月 - 2015年6月
    減農薬・脱塩素殺菌を目指したプラズマ応用の水処理装置を開発し、アグリ(窒素系培養液生成・土壌細菌殺菌)及び、サニタリー(船舶浄化槽の排液殺菌・ナノ粒子抗菌機能水)分野での実効性を検証し、安全安心な社会環境作りに貢献したい
  • 2015年1月 - 2015年1月
    陽極酸化を施したチタンの超親水性を利用し、排水中の水を通し油分を通さない油水分離膜を作製する。
  • 2014年7月 - 2014年7月
    バナジウム等必要な成分を内包したチタン合金を出発原料とし、形成される酸化物相の種類とその積層構造(深さ方向の組成分布)を制御した膜を陽極酸化法で作製し、これを光触媒や光電極に利用した水素製造プロセスの構築を目指す
  • 2012年10月 - 2012年10月
    本研究で陽極酸化法を駆使し、可視光線照射下でも機能するバルク形態の光触媒材料の開発を目指す。チタン合金基板の表面を光触媒であるチタン等の酸化物で直接被覆するため、従来のナノ粒子やスラリーのように基材表面に塗布する必要が無く、そのため剥離に対して耐久性に富む。生体細胞に対する影響を理由に欧米で規制が見込まれるナノ粒子状の従来の光触媒材料とは一線を画し、環境はもちろん生体にもやさしい触媒材料である。 可視光線照射下でも環境汚染物質、悪臭物質の分解除去が可能で、また抗菌作用を有し、剥離による飛散が無いため、医療機関の準閉鎖空間の清浄化に貢献可能と考える。
  • 2011年10月 - 2011年10月
    光触媒と複合化したAu/Pdに紫外線パルスレーザーを照射した際の貴金属の電子状態の変化を時間分解XAFS法で解析する。光励起電子の挙動をモニターする。