MIZUKOSHI Yoshiteru

J-GLOBAL         Last updated: Apr 18, 2018 at 09:07
 
Avatar
Name
MIZUKOSHI Yoshiteru
E-mail
mizukosiimr.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/41db104c143fd7bdd8ee225b82fc3bb2.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute for Materials Research Trans-Regional Corporation Center for Industrial Materials Research
Job title
Associate Professor
Degree
博士(工学)(Osaka Prefecture University), 修士(工学)(Osaka Prefecture University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 

Awards & Honors

 
Nov 2003
日本ソノケミストリー学会 進歩賞, ソノケミストリー研究会
 
May 2008
日本化学会 優秀講演賞(産業), 日本化学会
 
Sep 2008
田中貴金属工業 MMS賞, 田中貴金属工業
 
Dec 2012
Short Presentation Award, 東北大学金属材料研究所
 

Published Papers

 
Y. Mizukoshi, F. Hori, and K. Okitsu
Japanese Journal of Applied Physics   0102A5   Jan 2018   [Refereed][Invited]
Y. Mizukoshi, S. Hatanaka, K. Okitsu, Y. Iseki, R. Iwasaki, T. Sakamoto, S. Yamaguchi, H. Tanaka, and S. Tanabe
Japanese Journal of Applied Physics   0102B7   Jan 2018   [Refereed][Invited]
Y. Mizukoshi, Y. Matsuda, S. Yamanaka, T. Ikeno, K. Haraguchi, N. Goda, Y. Nishimura, and K. Yamamoto
Chemistry Letters   47 116-118   2018   [Refereed]
M. Ohwada, Y. Mizukoshi, T. Shimokawa, N. Hayashi , Y. Hayasaka, and T.J. Konno
Microscopy   66 348-355   2017   [Refereed]
A. Tokai, K. Okitsu, F. Hori, Y. Mizukoshi, Y. Nishimura, S. Seino, A. Iwase
Materials Letters   123 68-72   2017   [Refereed]
水越克彰、玉井鉄宗、清野智史、堀部博志、西村芳実
表面技術   67(6) 302-305   May 2016   [Refereed][Invited]
N. Masahashi, Y. Mizukoshi, H. Inoue, K. Ohmura, and T. Moroishi
Journal of Alloys and Compounds      2016   [Refereed]
A. Ziylan Yavas, Y. Mizukoshi, Y. Maeda, N. H. Ince
Applied Catalysis B: Environmental   172-173 7-17   Aug 2015   [Refereed]
Y. Mizukoshi, R. Katagiri, H. Horibe, S. Hatanaka, M. Asano and Y. Nishimura
Chemistry Letters   44(4) 495-496   Apr 2015   [Refereed]
Y. Mizukoshi, K. Sato, J. Kugai, T.A. Yamamoto, T.J. Konno and N. Masahashi
Journal of Experimental Nanoscience   10 235-247   Feb 2015   [Refereed]

Misc

 
流水中における放電プラズマ発生システムの開発と応用
水越克彰、玉井鉄宗、清野智史、堀部博志、西村芳実
機能材料   36 28-34   Oct 2016
陽極酸化法により創製した二酸化チタンの機能
正橋直哉、水越克彰
   Aug 2014
国際会議参加報告 European Society of Sonochemistry 2014(ESS2014)
水越克彰
   Aug 2014
会議開催報告 第34 回ものづくり基礎講座「ものづくりを支える超音波の魅力」
水越克彰
日本ソノケミストリー学会誌   7(1) 29-30   Mar 2013
超音波を利用した磁性ナノ材料の開発
水越克彰、正橋直哉
ケミカルエンジニアリング   56(2) 36-41   Feb 2011

Books etc

 
プラズマ産業応用技術-表面処理から環境、医療、バイオ、農業用途までー
水越克彰、玉井鉄宗、清野智史、堀部博志、西村芳実 (Part:Joint Work, 第1章7 「流水中における放電プラズマ発生システムの開発と応用」)
株式会社シーエムシー   Jul 2017   ISBN:978-4-7813-1256-9
Handbook of Ultrasonics and Sonochemistry
Kenji Okitsu and Yoshiteru Mizukoshi (Part:Joint Work, Synthesis and catalytic applications of noble metal nanoparticles produced by sonochemical reduction of noble metal ions)
Springer   2016   ISBN:978-981-287-279-1
触媒調製ハンドブック
正橋直哉、水越克彰 他 (Part:Joint Work, 陽極酸化により作製したTiO2膜)
エヌティーエス   Apr 2011   
ナノマテリアルの技術
水越克彰、前田泰昭他 (Part:Joint Work)
Jun 2007   
作り方でこんなに変わる粉体の機能 超微粒子、複合粉体、窒化物粉体
北条純一ほか多数 (Part:Joint Work, 326-332ページ)
Sep 2005   

Conference Activities & Talks

 
Modification of Oxide Particles by Plasma Generated in Aqueous Solution
M. Tani, F. Hori, T. Kumada, M. Ohwada, , A. Iwase, Y. Mizukoshi
27th Annual Meeting of MRS-Japan 2017   5 Dec 2017   
Materials Modification by plasma generated in ammonia aqueous solution
M. Tani, H. Nakanishi, A. Tokai, Y. Mizukoshi F. Hori, K. Okitsu, A. Iwase
The 15th International Conference on Advanced Materials(IUMRS-ICAM 2017)   27 Aug 2017   
水中プラズマを用いた酸化物微粒子の改質
水越克彰、仲西穂高、西村芳実、堀 史説、興津健二
日本化学会 第97春季年会   16 Mar 2017   
照射還元による担体へのPdナノ粒子合成担持への線質効果
谷 真海、東海旭宏、興津健二、水越克彰、仲西穂高、岩瀬彰宏、徐 虬、堀 史説
日本金属学会 2017年春季(第160回)講演大会   15 Mar 2017   
フロー式放電プラズマシステムによる海水処理
水越克彰、堀部博志、西村芳実、村岡伸啓、池上祐馬、若尾芳治
化学工学会 第82年会   6 Mar 2017   
“Top down” deposition of Pd nanoparticles on graphene by discharge plasma in aqueous solution
A. Tokai, K. Okitsu, F. Hori, Y. Mizukoshi, Y. Nishimura, A. Iwase
26th MRJ Annual Meeting   19 Dec 2016   
Cu-Au 二元系ナノ粒子のγ線照射還元による合成と構造特性評価
田中元彬、東海旭宏、仲西穂高、水越克彰、興津健二、岩瀬彰宏、堀史説
大阪府立大学地域連携研究機構・放射線研究センター平成27 年度共同利用報告会   18 Nov 2016   
超音波、放射線、水中プラズマによる貴金属担持グラフェンの合成
東海旭宏、水越克彰、興津健二、堀 史説、西村芳実、岩瀬彰宏
2016年度 第25回 ソノケミストリー討論会   21 Oct 2016   
NaCl 水溶液中で生成される超音波キャビテーションバブルの化学作用の解析
中田悠貴、水越克彰、興津健二
2016年度 第25回 ソノケミストリー討論会   21 Oct 2016   
電子線照射によるPdナノ粒子担持グラフェンの合成:グラフェンの構造制御によるPdナノ粒子の微細化
谷  真海、東海旭宏、興津健二、水越克彰、西村芳実、岩瀬彰宏、阪本雅昭、堀  史説
第17回 QSEC公開シンポジウム   21 Oct 2016   
水中プラズマを用いた金属ナノ粒子の合成
谷 真海、仲西穂高、石橋卓憲、東海旭宏、西村芳実、水越克彰、興津健二、堀 史説、正橋直哉、岩瀬彰宏
日本金属学会 2016年秋季   21 Sep 2016   
放射線および水中プラズマを利用した貴金属/グラフェンナノコンポジットの合成
東海旭宏、興津健二、堀 史説、水越克彰、西村芳実、岩瀬彰宏
日本金属学会 2016年秋季   21 Sep 2016   
液中プラズマを用いたTiO2の改質
仲西穂高、堀部博志、西村芳実、水越克彰、興津健二、堀史説、岩瀬彰宏、 正橋直哉
化学工学会 第48回秋季大会   6 Sep 2016   
流水中に発生させたプラズマの応用
水越克彰、玉井鉄宗、清野智史、西村芳実
化学工学会 第48回秋季大会   6 Sep 2016   
セルロースナノファイバーと金属ナノ粒子による複合材料の創製と構造評価
大和田めぐみ、水越克彰、下川知子、林徳子
電子顕微鏡解析技術フォーラム   19 Aug 2016   
ソリューションプラズマを用いた貴金属ナノ粒子の合成
谷真海、仲西穂高、石橋卓憲、東海旭宏、西村芳実、水越克彰、興津健二、堀史説、正橋直哉、岩瀬彰宏
ナノ学会第14回大会   14 Jun 2016   
光触媒を用いた水溶液からの水素発生おける犠牲剤分子内OH基の影響
仲西 穂高、水越 克彰、興津 健二、堀 史説、岩瀬 彰宏、正橋 直哉
日本化学会 第96春季年会   24 Mar 2016   
各種励起場を利用した貴金属ナノ粒子担持グラフェンの合成を触媒活性
東海 旭宏、興津 健二、堀 史説、水越 克彰、西村 芳実、堀部 博志、岩瀬 彰宏
日本化学会 第96春季年会   24 Mar 2016   
ヒドラジン燃料電池で発生するアンモニアのプラズマ分解
井関 芳和、岩崎 良平、坂本 友和、山口 進、水越 克彰、田中 裕久
化学工学会 第81年会   13 Mar 2016   
ガンマ線およびプラズマによるグラフェン-パラジウムナノコンポジットの合成と触媒活性
東海 旭宏、興津 健二、堀 史説、水越 克彰、西村 芳実、堀部 博志、岩瀬 彰宏
化学工学会 第81年会   13 Mar 2016   

Research Grants & Projects

 
合金ナノ粒子の内部構造と触媒活性の相関の解明
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2010   
陽極酸化による光触媒の創製
The Other Research Programs
Project Year: Jan 2007   
回収・再利用可能な環境調和型ナノ触媒の開発
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2006   
合金ナノ粒子の触媒活性および助触媒効果
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2008   

Patents

 
特許第5463502号 : 超音波照射陽陽極酸化法による二酸化チタン製造法
8445401 : Rutile-Type Titanium Dioxide Photocatalys
Naoya Masahashi, Yoshiteru Mizukoshi, Naofumi Ohtsu, Yu Matsuda, Satoshi Semboshi
5141310 : 陽極酸化法により製造した二酸化チタン
正橋直哉、水越克彰、千星聡、大津直史
特開2011-120998 : 可視光応答性ルチル型二酸化チタン光触媒
正橋直哉、水越克彰、古原忠、宮本吾郎、千星聡、大津直史
特開2010-029838 : ルチル型二酸化チタン光触媒

Social Contribution

 
着色技術で酸化チタン 可視光応答の光触媒に 東北大学 水浄化に活用へ
[Others]  2 Apr 2009
高機能に酸化チタン製造法 低コスト浄水装置実用化へ
[Others]  鉄鋼新聞  5 Aug 2008
二酸化チタン高機能化
[Others]  河北新報  27 Jul 2008
含硫アミノ酸を選択分離~金、酸化鉄ナノ粒子で、特定DNA、タンパク質 迅速・簡便に検出~
[Others]  日刊工業新聞  19 Apr 2004
第99回テクノラボツアー 大阪府立大学大学院工学研究科「ものづくりイノベーション研究所Part 3」
[Others]  27 Jan 2016
表題の大阪府立大学主催、企業向けの講演会にて、「水中のプラズマを用いた化学プロセルの開発」と題し、水中プラズマの最近の研究事例を紹介した。

Others

 
Jun 2015   アグリ・サニタリー分野向けフロープラズマ殺菌・機能水製造装置の開発
減農薬・脱塩素殺菌を目指したプラズマ応用の水処理装置を開発し、アグリ(窒素系培養液生成・土壌細菌殺菌)及び、サニタリー(船舶浄化槽の排液殺菌・ナノ粒子抗菌機能水)分野での実効性を検証し、安全安心な社会環境作りに貢献したい
Jan 2015   陽極酸化チタンの油水分離器への応用
陽極酸化を施したチタンの超親水性を利用し、排水中の水を通し油分を通さない油水分離膜を作製する。
Jul 2014   チタン合金基板の陽極酸化で作製した酸化物多重積層・可視光応答光触媒による水素製造
バナジウム等必要な成分を内包したチタン合金を出発原料とし、形成される酸化物相の種類とその積層構造(深さ方向の組成分布)を制御した膜を陽極酸化法で作製し、これを光触媒や光電極に利用した水素製造プロセスの構築を目指す
Oct 2012   チタン合金を起点とする可視光応答型バルク光触媒の電気化学的調製
本研究で陽極酸化法を駆使し、可視光線照射下でも機能するバルク形態の光触媒材料の開発を目指す。チタン合金基板の表面を光触媒であるチタン等の酸化物で直接被覆するため、従来のナノ粒子やスラリーのように基材表面に塗布する必要が無く、そのため剥離に対して耐久性に富む。生体細胞に対する影響を理由に欧米で規制が見込まれるナノ粒子状の従来の光触媒材料とは一線を画し、環境はもちろん生体にもやさしい触媒材料である。
可視光線照射下でも環境汚染物質、悪臭物質の分解除去が可能で、また抗菌作用を有し、剥離による飛散が無いため、医療機関の準閉鎖空間の清浄化に貢献可能と考える。
Oct 2011   光励起に伴うAu/Pd担持TiO2の時間分解XAFS測定
光触媒と複合化したAu/Pdに紫外線パルスレーザーを照射した際の貴金属の電子状態の変化を時間分解XAFS法で解析する。光励起電子の挙動をモニターする。