柴田 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/02 12:49
 
アバター
研究者氏名
柴田 賢一
 
シバタ ケンイチ
所属
横浜国立大学
部署
大学院環境情報研究院
職名
非常勤教員
科研費研究者番号
90753799

研究分野

 
 

経歴

 
2016年12月
 - 
現在
横浜国立大学 環境情報学府 非常勤教員
 
2015年10月
 - 
2016年11月
横浜国立大学 環境情報学府 技術補佐員
 
2015年2月
 - 
2015年9月
東洋大学 生命環境科学研究センター 研究助手
 
2013年4月
 - 
2015年1月
横浜国立大学 環境情報学府 技術補佐員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2013年3月
横浜国立大学 環境情報学府 環境生命学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
横浜国立大学 環境情報学府 環境リスクマネジメント専攻
 
2000年4月
 - 
2005年3月
神奈川大学 理学部 応用生物科学科
 

受賞

 
2017年12月
明治大学先端数理科学インスティテュート Poster Award of ICMMA 2017 Cell membrane permeabilization and acetaldehyde scavenging explain responses to chitosan in the individual and collective glycolytic oscillations in yeast cells
 

論文

 
Takashi Amemiya, Kenichi Shibata, Yichen Du, Satoshi Nakata, Tomohiko Yamaguchi
Chaos   29(3) 033132   2019年4月   [査読有り]
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya
IEICE TRANSACTIONS on Electronics   E102-C(2) 143-146   2019年2月   [査読有り]
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya, Yu Kawakita, Kohei Obase, Kiminori Itoh, Masahiro Takinoue, Satoshi Nakata, Tomohiko Yamaguchi
The FEBS Journal   285(14) 2679-2690   2018年7月   [査読有り]
Kenichi Shibata, Kohei Obase, Kiminori Itoh, Takashi Amemiya
Journal of Biotechnology   275 60-64   2018年   [査読有り]
Takashi Amemiya, Kenichi Shibata, Yoshihiro Itoh, Kiminori Itoh, Masatoshi Watanabe, Tomohiko Yamaguchi
Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science   27(10) 104602   2017年10月   [査読有り]
Yuichi Iwasaki, Marko Jusup, Kenichi Shibata, Takashi Nagai, Shosaku Kashiwada
Limnology   19(1) 1-5   2018年   [査読有り]
Takashi Amemiya, Kouhei Obase, Naoki Hiramatsu, Kiminori Itoh, Kenichi Shibata, Masahiro Takinoue, Tetsuya Yamamoto, Tomohiko Yamaguchi
Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science   25(064606) 064606   2015年5月   [査読有り]
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya, Kiminori Itoh
Ecological Research   29(3) 401-410   2014年5月   [査読有り]
柴田 賢一
横浜国立大学      2014年3月   [査読有り]
柴田 賢一
JST Presto Symposium on Mathematical Sciences towards Environmental Problems (Hokkaido University technical report series in mathematics   136 71-73   2008年9月

Misc

 
書評『古生物学』
柴田 賢一
生物科学   64(4)    2013年4月
書評『香り分子で生物学を旅する―嗅覚と科学のファンタジー―』
柴田 賢一
生物科学   63(2)    2012年2月
書評『よみがえれ!科学者魂 —研究はひらめきと寄り道だ—』
柴田 賢一
生物科学   62(3)    2011年4月
書評『変わる植物学広がる植物学 モデル植物の誕生』
柴田 賢一
生物科学   61(3)    2010年5月
書評『共生という生き方 微生物がもたらす進化の潮流』
柴田 賢一
生物科学   60(2)    2009年2月

書籍等出版物

 
Microcosm Manual for Environmental Impact Risk Assessment: From Chemicals to Whole Effluent Toxicity
柴田 賢一 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 3–7)
Springer   2020年1月   ISBN:978-981-13-6797-7

講演・口頭発表等

 
光化学反応を利用した還元剤リサイクルによる金ナノ粒子合成に関する研究
赤沢恵太,柴田賢一,雨宮隆
第28回 非線形反応と協同現象研究会   2018年12月15日   
ヒト子宮頸がんHeLa細胞における解糖系振動の細胞外pH依存性
麻野拓磨,柴田賢一,雨宮隆
第28回 非線形反応と協同現象研究会   2018年12月15日   
遺伝子の発現抑制と異化経路の阻害による前立腺がん細胞の増殖抑制に向けた基礎研究
酒巻里菜,柴田賢一,雨宮隆
第28回 非線形反応と協同現象研究会   2018年12月15日   
ヒト子宮頚がんHeLa細胞のスフェロイド培養時の細胞接着因子発現が解糖系振動反応に及ぼす影響の調査
髙橋純平,柴田賢一,雨宮隆
第28回 非線形反応と協同現象研究会   2018年12月15日   
Determination of rhythmic oscillations in time series data by a neighboring interval autocorrelation function
柴田 賢一、雨宮 隆
10th International Conference on Molecular Electronics & Bioelectronics   2019年6月26日   
金ナノ粒子生成反応におけるカテコール誘導体とヒドロキノンの化学量論比
大原康彦,柴田賢一,雨宮隆
日本化学会 第99春季年会   2019年3月16日   
解糖系振動 — 酵母、がん、そしてその先にあるもの — [招待有り]
柴田 賢一
第28回 非線形反応と協同現象研究会   2018年12月15日   
Cell membrane permeabilization and acetaldehyde scavenging explain responses to chitosan in the individual and collective glycolytic oscillations in yeast cells
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya, Yu Kawakita, Kohei Obase, Kiminori Itoh, Masahiro Takinoue, Satoshi Nakata, and Tomohiko Yamaguchi
International Conference on Mathematical Modeling and Applications Based on Self-Organization   2017年12月12日   
Intra- and Inter-cellular Analysis of Glycolytic Oscillations in Cervical Cancer HeLa Cells
柴田 賢一、雨宮 隆、伊藤 良洋、渡邉 昌俊、伊藤 公紀、山口 智彦
第26回 非線形反応と協同現象研究会   2016年12月10日   
Distance dependency of synchronized glycolytic oscillations in yeast cells encapsulated in alginate microparticles
Kawakita Y., Shibata K., Amemiya T., Itoh K.
International Workshop, Symposium on Nonlinear Sciences   2016年9月27日   
Intra- and Inter-cellular Analysis of Glycolytic Oscillations in Cervical Cancer HeLa Cells
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya, Yoshihiro Itoh, Masatoshi Watanabe, Kiminori Itoh, Tomohiko Yamaguchi
International Workshop Symposium on Nonlinear Sciences   2016年9月27日   
相対群集代謝による群集レベル代謝活性の解析
柴田賢一、雨宮隆、伊藤公紀
第62回 日本生態学会大会   2015年3月21日   
抗生物質オキシテトラサイクリンのマイクロコズムへの影響
柴田賢一、雨宮隆、伊藤公紀
第20回日本環境毒性学会研究発表会   2014年9月   
微小生態系におけるコロニーパターン形成と環境影響評価
柴田賢一、雨宮隆、伊藤公紀
第23回「非線形反応と協同現象」研究会   2013年12月7日   
Effects of the antibiotic oxytetracycline on a freshwater microcosm
柴田賢一、伊藤祐介、雨宮隆、伊藤公紀
第26回 日本微生物生態学会大会   2010年11月   
マイクロコズムを用いた呼吸量と生産量によるミクロシスチンLRの生態影響評価
柴田賢一、雨宮隆、伊藤公紀
第16回 バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会   2010年9月   
Degradation of Microcystins by Typical Proteases and Proteolytic Microbes
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya, Kiminori Itoh
The 1st Korea-Japan International Symposium on Microbial Ecology   2009年5月   
キチン培地による殺藻細菌の単離 —スキムミルク培地との比較—
柴田賢一、雨宮隆、伊藤公紀
平成21年度日本水産学会春季大会   2009年3月   
Activities of algicidal bacteria and their influences on microbial communities
Kenichi Shibata, Takashi Amemiya, Kiminori Itoh
JST Presto Symposium on Mathematical Sciences towards Environmental Problems   2008年6月   
溶藻細菌の溶藻性発現の条件検討
柴田賢一、雨宮隆、伊藤公紀
平成20年度 日本水産学会春季大会   2008年3月