榎原 毅

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/28 16:34
 
アバター
研究者氏名
榎原 毅
 
エバラ タケシ
eメール
ebaramed.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/hygiene.dir/
所属
名古屋市立大学
部署
医学研究科 環境労働衛生学分野
職名
講師
学位
名古屋市立大学医学研究科予防・社会医学専攻/博士(医学)
科研費研究者番号
50405156
ORCID ID
0000-0003-3342-1058

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本人間工学会  国際協力委員会 委員
 
2018年6月
 - 
現在
International Ergonomics Association(IEA)  IEA Council Meeting Member(国際人間工学連合評議会委員)
 
2016年6月
 - 
2018年6月
日本人間工学会  副理事長
 
2018年
 - 
現在
International Ergonomics Association  IEA2018 Scientific committee member
 
2017年4月
 - 
2019年3月
国立研究開発法人産業技術総合研究所  人間工学実験委員会委員(倫理審査委員会)
 
2014年
 - 
現在
日本産業衛生学会  Journal of Occupational Health 編集委員(2014-, Ergonomics Field Editor:2016-)
 
2016年6月
 - 
現在
日本人間工学会  学会改革・戦略委員会 委員長
 
2016年6月
 - 
現在
日本人間工学会  倫理指針検討委員会 副委員長(2018.6~)
 
2008年
 - 
現在
ISO/TC159(人間工学)国内対策委員会SC3分科会 主査
 
2012年6月
 - 
2018年6月
日本人間工学会  人間工学誌 副編集委員長
 
 
   
 
日本産業衛生学会作業関連性運動器障害研究会 世話人(2016.6~)
 
 
   
 
文部科学省科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 平成26-28年度専門調査員
 
2012年
 - 
2016年
日本人間工学会広報委員会 委員長
 
2010年
 - 
2014年
Journal of Human Ergology 編集委員
 
 
   
 
日本人間工学会 ビッグデータ人間工学部会 幹事(2014.4~2016.6)
 
 
   
 
日本人間工学会 ニーズ対応型人間工学展開委員会 委員長(2009-2012)
 
 
   
 
日本人間工学会 企業の人材育成プログラム開発委員会 委員(2008-2013)
 
 
   
 
日本人間工学会 第57回大会 実行委員長(2016/5/14-15)
 
 
   
 
日本人間工学会 東海支部研究大会 実行委員長(2013, 2016)
 
 
   
 
日本人間工学会 東海支部研究大会 実行委員(2008-2012, 2014-2015)
 
 
   
 
日本人間工学会 東海支部2007年研究大会 大会長
 
 
   
 
日本人間工学会 選挙管理委員会 委員(第二期2009, 第三期2011, 第四期 2013, 第五期2015)
 
 
   
 
The 18th Japan-China-Korea Joint conference on Occupational Health, Secretary general(国際学会事務局長)
 
 
   
 
日本産業衛生学会 東海地方会ニュース編集委員会 編集委員
 
 
   
 
公益財団法人労働科学研究所 協力研究員(2013.6~2016.3)・特別研究員(2016.4~2017.3)
 

受賞

 
2016年
日本産業衛生学会 奨励賞
 
2015年
名古屋市立大学 学長表彰
 
2015年
(一社)日本人間工学会 論文賞
 
2012年
(一社)日本人間工学会 人間工学GP賞受賞
 
2004年
第77回日本産業衛生学会優秀ポスター賞受賞
 

論文

 
Endometriosis and recurrent pregnancy loss as new risk factors for venous thromboembolism during pregnancy and postpartum: the JECS birth cohort
Thrombosis and Haemostasis      [査読有り]
Within-individual and interlaboratory variability analyses of urinary metabolites measurements of organophosphorus insecticides,
Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology      [査読有り]
International Archives of Occupational and Environmental Health      2018年   [査読有り]
Allergology International      2018年   [査読有り]
Nobuhiro Suzumori, Akihiko Sekizawa, Takeshi, Ebara et al
European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology   224 165-169   2018年   [査読有り]
Takeshi Ebara, Ryohei Azuma, Naoto Shoji, Tsuyoshi Matsukawa, Yasuyuki Yamada, Tomohiro Akiyama, Takahiro Kurihara and Shota Yamada
Journal of Occupational Health   59    2017年
Takeda Eri, Suzumori Nobuhiro, Ebara Takeshi, Yotsumoto Junko, Kumagai Kyoko, Oseto Kumiko, Numabe Hironao, Sugiura Mayumi
The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   
Naoko Oya, Yuki Ito, Keisuke Hioki, Yuya Asai, Arisa Aoi, Yuka Sugiura, Jun Ueyama, Tomoko Oguri, Sayaka Kato, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima
International Journal of Hygiene and Environmental Health   pii: S1438-4639(16)30127-4   2016年
Takeda Eri, Suzumori Nobuhiro, Kumagai, Kyoko, Oseto Kumiko, Ebara Takeshi, Yotsumoto Junko, Numabe Hironao, Sugiura, Mayumi
The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research      2016年
Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Takahiro Yamada, Osamu Samura, Junko Yotsumoto, Miyuki Nishiyama, Kiyonori Miura, Hideaki Sawai, Jun Murotsuki, Michihiro Kitagawa, Yoshimasa Kamei, Hideaki Masuzaki, Fumiki Hirahara, Juan-Sebastian Saldivar, Nilesh Dharajiya, Haruhiko Sago, Akihiko Sekizawa
J Hum Genet      2016年
Tamao Kitaori, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Kenji Oku, Wolfgang Papisch, Takeshi Ebara, Yasuhiko Ozaki, Kinue Katano, Tatsuya Atsumi
Lupus      2015年
Eriko Asano, Takeshi Ebara, Chisato Yamada-Namikawa, Tamao Kitaori, Nobuhiro Suzumori, Kinue Katano, Yasuhiko Ozaki, Makoto Nakanishi, Mayumi Sugiura-Ogasawara
PLOS One   9(12)    2014年
Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Kyoko Kumagai, Shinobu Goto, Yasuyuki Yamada, Michihiro Kamijima and Mayumi Sugiura-Ogasawara
Prenatal Diagnosis   34(11) 1-6   2014年
Difference in prognoses among subtypes after first-ever ischemic stroke
Toyonori Omori, Masahiro Kawagoe, Michiko Moriama, Takeshi Yasuda, Yasuhiro Ito, Takeshi Hyakuta, Takeshi Ebara and Masayasu Matsumoto
Nagoya Med J   53 1-10   2013年
Merits and demerits of engaging in athletic, academic and part-time job roles among university student-athletes in Japan
Yamada Y, Mizuno M, Ebara T, Hirosawa M
Journal ofHuman Ergology   40 141-150   2011年
Md.Khalequzzaman, Michihiro Kamijima, Kiyoshi Sakai, Takeshi Ebara, Bilqis Amin Hoque, Tamie Nakajima
Environ Health Prev Med   16 375-383   2011年
Tomohide Kubo, Masaya Takahashi, Hidemaro Takeyama, Shun Matsumoto, Takeshi Ebara, Kensaburo Murata, Norihide Tachi, and Toru Itani
Chronobiology International   27(5) 1031-1044   2010年
Tomoaki Sato, Tomohide Kubo,Takeshi Ebara, Hidemaro Takeyama, Tatsuki Inoue, Megumi Iwanishi, Norihide Tachi, Toru Itani and Michihiro Kamijima
Ind Health   48(4) 470-7   2010年
Mikio Takada, Takeshi Ebara ,and Michihiro Kamijima
Int Arch Occup Environ Health   83(5) 521-529   2010年

講演・口頭発表等

 
Relationship between Acceptance of Workforce Diversity and Mental Health Condition among Japanese Nurses
Yamada Y, Iwaasa T, Ebara T, Shimizu T, Mizuno M
20th Congress of International ergonomics Association (IEA2018)   2018年8月   
Future Challenges about Risk Communication of CBRNE Disaster with Qualitative Approach
The 8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2017)   2017年   
Relationship between cervical flexion angle and smartphone holding angle in the sagittal plane
The 27th Japan Korea China Conference on Occupational Health   2017年   
Predictor of Work and Life Satisfaction among Japanese Nurses: Focusing on Effects of Spillover, Compensation and Segmentation
The 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design   2017年   
A study design to assess exposure levels of insecticides in 1.5-year-old children in Aichi Regional Subcohort of the Japan Environment and Children’s Study.
International Society Exposure Science   2016年   
Recovery rates in the measurements of the concentrations of organophosphorus pesticide metabolites in urine extracted from children’s diaper
International Society Exposure Science   2016年   
Elements of Workforce Diversity in Japanese Nursing Workplace
the AHFE 2016 International Conference on Social and Occupational Ergonomics   2016年   
Measurements of concentrations of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from used diapers in 1.5-year-old children
2nd International Conference on Human Biomonitoring   2016年   
Relationships between Work-Family Spillover, Compensation and Mental Health Condition among Japanese Nurses: Focusing on Multiple Roles Map Descriptions
19th Triennial Congress of the IEA   2015年   
Development of resilience measurement scale specifically for medical error mitigation in nursing
The 21st Asian Conference on Occupational Health   2014年   
Risk Estimation of the Depression from Affective Temperament, Melancholic Typeand Stress Related Factors; Focusing on the Japanese Female Nurses
23th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health   2012年   
Patient safety climate scale for health care services: factor structure, reliability and validity
23th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health   2012年   
Descriptive evidence of the work-family compensation among Japanese midwives: Using the Multiple Role Map program
The 5th International Conference on Applied Human Factors andErgonomics(AHFE 2014)   2014年   
On the Educational Application of Good Practices Database ? A Case Study, in Special sessions ? Good practices 1bases: a state of the art and their future
IEA2012   2012年   
Exercise habits and work ability in Japanese manufacturing industry workers
2nd East Asian Ergonomics Federation Symposium   2011年   
Ergonomic training program for work improvement using the Ergonomics Good Practices Database
Understanding Small Enterprises 2009 conference   2009年   
Impactof Ergonomics good practices 1base as public relations tools
IEA2009   2009年   
How do the length and timing of nighttime napping have an impact on sleep inertia?
19th International Symposium on Shiftwork and Working Time   2009年   
Recovery process of performance after four consecutive nightshifts
TheSLEEP 2009 23stAnnual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies   2009年   
Reliability of subsidiary behaviors as an index of workers’ psychological and physiological states and their relation to work performance in VDT work
The 1st East Asian Ergonomics Federation Symposium   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
スマホアプリを活用した頸肩部筋骨格系症状予防策:学際チームによる課題解決型検証
名古屋市立大学: 
代表者: 榎原 毅
経済情勢等が労働災害発生動向に及ぼす影響等に関する研究:多変量時系列解析による数理モデルの開発と検証
大原記念労働科学研究所,名古屋市立大学,大分大学: 
代表者: 松田文子
携帯端末利用に伴う心理拘束の強度が頸肩部筋骨格系症状に与える影響の解明
名古屋市立大学: 
代表者: 榎原 毅
脳の発達臨界期にあたる幼児期の殺虫剤ばく露量モニタリング
名古屋市立大学、名古屋大学: 
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 上島通浩
医療安全管理者を対象とした医療安全レジリエンス教育プログラムの開発
名古屋市立大学: 
代表者: 榎原 毅

社会貢献活動

 
人を対象とする研究倫理の最新動向:新倫理指針と人間工学倫理指針のポイント
【講師】  ヒューマンインタフェース学会  2018年9月5日
中部空港海上保安航空基地の安全活動における人間工学良好実践の理論的根拠
【講師】  海上保安庁第四管区中部空港海上保安航空基地  2018年7月14日
教育講演「学生・若手向けの教育講演シリーズ3 人間工学研究で役立つ統計学
【講師】  日本人間工学会理事会企画  2018年6月
職場における安全管理ついて-産業保健・作業管理の枠組みと安全対策のヒント-
【講師】  海上保安庁第四管区海上保安本部  2018年5月14日
教育講演「学生・若手向けの教育講演シリーズ2-続・人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと
【講師】  日本人間工学会理事会企画  2017年12月16日
看護師が生き生きと働くために!-夜勤・交代制勤務の最新のエビデンスから-
【講師, 企画】  名古屋市立大学病院看護部WLB推進委員会主催  2017年12月12日
リスク改善報告の講評と次の一歩 -リスク改善活動に役立つTips紹介-
【講師】  海上保安庁第四管区海上保安本部  2017年12月4日
平成29年度 統計・疫学普及研修
【講師】  日本予防医学協会  2017年12月
教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ-人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと
【講師】  日本人間工学会理事会企画  2017年6月
職場における安全管理ついて-産業保健・作業管理の枠組みと安全対策のヒント-
【】  海上保安庁第四管区海上保安本部  (海上保安庁第四管区海上保安本部)  2017年5月16日 - 2017年5月16日
職場における安全管理ついて、管理者を対象に講演を行った
ライフサイエンス研究と研究倫理:新倫理指針のポイントと人間工学研究への対応
【】  産業技術総合研究所  (つくば)  2017年2月2日 - 2017年2月2日
産業技術総合研究所 平成28年度生命倫理に関する教育訓練の講師を担当
人間工学研究で用いる統計解析tips:統計検定の基礎を学び直そう
【】  日本人間工学会東海支部  (名古屋)  2017年1月13日 - 2017年1月13日
実務者・初学者のための人間工学測定技法講座の講師を担当
針刺し・切創事故防止研修会
【】  地方公務員災害補償基金兵庫県支部公務災害防止事業  (神戸)  2016年10月21日 - 2016年10月21日
医療安全管理者向けの針刺し・切創事故防止研修会講師
人間工学測定技法講座 人間工学研究で用いる統計解析tips:投稿論文でよく誤用されること
【】  日本人間工学会東海支部  (三重県立看護大学)  2016年6月24日 - 2016年6月24日
実務者・初学者のための人間工学測定技法講座として、人間工学研究で用いる統計解析・投稿論文でよく誤用される内容を講演
PIE研究部会ワークショップ 人間工学研究で用いる統計解析tips: 投稿論文でよく誤用されること
【】  日本人間工学会PIE研究部会  (大阪)  2016年3月11日 - 2016年3月11日
人間工学研究で用いる統計解析に関する講習会講師
人間工学研究と研究倫理:新統合指針のポイントと人間工学研究への対応 講演
【】  日本人間工学会東海支部  (名古屋)  2016年5月11日 - 2016年5月11日
実務者・初学者のための人間工学測定技法講座の第四回として、「人間工学研究と研究倫理:新統合指針のポイントと人間工学研究への対応」の講演を行った
2015年度 医療労務コンサルタント研修
【】  社会保険労務士会・労働科学研究所  (名古屋)  2015年11月28日 - 2015年11月29日
社会保険労務士会・労働科学研究所主催の社会保険労務士を対象とした研修会にて、「医療スタッフの筋骨格系障害(腰痛ほか)発症要因とその対策」について講演
統計・疫学普及研修2016
【】  日本予防社会医学協会  (大阪)  2016年4月1日 - 2017年3月31日
日本予防医学協会 統計・疫学普及研修講師(平成28年度)
統計・疫学普及研修2015
【】  日本予防医学協会  (大阪)  2015年9月1日 - 2016年3月31日
日本予防医学協会 統計・疫学普及研修講師(平成27年度)
人を対象とする医学系研究に関する倫理研修 講師
【】  大阪工業大学  (大阪工業大学)  2015年6月26日 - 2015年6月26日
大阪工業大学の教職員を対象に、「人を対象とする医学系研究」に関する倫理研修を担当

書籍等出版物

 
Ergonomic Checkpoints in Health Care Work
IEA Press   2017年   
産業保健マニュアル改訂7版
南山堂   2017年   ISBN:978-4-525-18457-5
執筆章:人間工学的健康障害要因とその対策、p334, 346-7、作業管理における改善、p.161
高年齢労働者のための職場づくり-65歳定年制に対応する労働安全衛生戦略
中央災害防止協会   2013年   ISBN:978-4-8059-1528-8 C3060
ワークデザイン
公益財団法人労働科学研究所   2013年   ISBN:978-4-89760-327-8 C3058
産業安全保健ハンドブック
労働科学研究所   2013年   
産業保健マニュアル第6版
南山堂   2013年   ISBN:978-4-525-18456-8
産業組織心理学ハンドブック
丸善   2009年   ISBN:978-4-621-08118-1
人働態研究の方法
人類働態学会   2010年