湯淺 高志

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/06 11:51
 
アバター
研究者氏名
湯淺 高志
 
ユアサ タカシ
eメール
yuasacc.miyazaki-u.ac.jp
URL
http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~agrenv/staff.html
所属
宮崎大学
部署
農学部・植物生産環境科学科・作物学研究室
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
宮崎大学 農学部・植物生産環境科学科・作物学研究室 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
,准教授,九州大学大学院農学研究院 資源生物科学部門・作物学研究室
 
2005年4月
 - 
2007年3月
,助教授,九州大学大学院農学研究院 植物資源科学部門・作物学研究室
 
2004年12月
 - 
2005年3月
地球規模生物多様性情報機構(GBIF) 東京大学総合文化研究科、伊東元巳研究室 博士研究員
 
1999年11月
 - 
2004年10月
,助手,東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系 生命・認知科学研究室(石浦章一教授,渡邉雄一郎助教授)
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1994年3月
東京大学 生物科学研究科  博士後期課程(植物学) 修了、博士(理学)(東大分子細胞生物学研究所,名大農学部生化学制御研究施設)
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 生物科学研究科 修士課程(植物学) 修了、理学修士(東大応用微生物研究所)
 
1985年4月
 - 
1989年3月
東京大学 理科2類、理学部 生物学科 卒業、理学士
 
1982年4月
 - 
1985年3月
私立武蔵高等学校  
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
日本作物学会九州支部  評議員
 
2015年8月
 - 
現在
日本生物環境工学会2015年宮崎大会  組織委員会委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本生物環境工学会  Environment Control in Biology編集委員
 
2014年6月
 - 
現在
宮崎大学-九州沖縄農業研究センター協議会&合同セミナー  実行委員長
 
2014年4月
 - 
現在
日本作物学会  Plant Production Science編集委員
 

受賞

 
2016年2月
高等教育コンソーシアム宮崎 平成27年度公募による卒業研究成果発表会、最優秀ポスター賞 かんしょの低温下における腐敗発生メカニズムの解明
受賞者: 松田理登、谷口智哉、湯淺高志ほか
 
2011年3月
日本作物学会 平成23年度日本作物学会英文誌Plant Production Science論文賞
 
2009年11月
第六回日韓合同国際シンポジウム ベストポスター賞 xpression of chaperone-related genes in rice seedling under abiotic stresses
受賞者: Phan T., Yuasa T.*, Okuda M., Tanaka S., Kurauchi E., Koda Y., Fujio T., Ishibashi Y., Iwaya-Inoue M.
 

論文

 
The interrelationship between abscisic acid and reactive oxygen species plays a key role in barley seed dormancy and germination
Ishibashi Y, Aoki N, Kasa S, Sakamoto M, Kai K, Tomokiyo R, Yuasa T, Iwaya-Inoue M
Frontiers in Plant Science, in press,ID: 240480      2017年2月   [査読有り]
Role of reactive oxygen species produced by NADPH oxidase in gibberellin biosynthesis during barley seed germination
Kai K, Kasa S, Sakamoto M, Aoki N, Watabe G, Yuasa T, Iwaya-Inoue M, Ishibashi Y.
Plant Signaling and Behavior   11(5) e1180492   2016年10月   [査読有り]
Physiological Responses of Cowpea (Vigna unguiculata (L.) Walp) to Drought Stress during the Pod-filling Stage
EGASHIRA C, ISHIBASHI Y, IWAYA-INOUE M, YAMAUCHI T, MIYAMOTO Y, YUASA T
Cryobiology and Cryotechnology,   62(1) 52-57   2016年3月   [査読有り]
A role for reactive oxygen species produced by NADPH oxidases in the embryo and aleurone cells in barley seed germination
Ishibashi Y, Yamaguchi S, Yuasa T, Iwaya-Inoue M et al.
PLOS One, accepted      2015年11月   [査読有り]
ホソバヒメミソハギに対するイネのアレロパシー活性の品種・系統間差異
松尾光弘, 酒井泰良,盛夏希,川西永恵,湯淺高志
日本作物学会九州支部会報   (81) 1-4   2015年5月
Induction of β-amylase and an environmental stress-responsive transcription factor in sweetpotato tuber under chilling stress
松尾 光弘1, 松田理登1, 石橋孝明1, 菊池優花1, 山北伊織1,盛夏希1, 今村鮎美1, 坂本貴良1, 田代佑治1, 酒井泰良1,山中佳樹1, 西立野興文2, 湯淺高志
Cryobiology and Cryotechnology, accepted      2015年4月   [査読有り]
Specific changes in dynamic states of water and digestion of storage substances of legume seeds caused by water absorbance
Tanamachi,K., M.Hisamatsu, T.Yuasa, Y.Ishibashi, M. Iwaya-Inoue
Cryobiology and Cryotechnology, accepted   61(1)    2015年3月   [査読有り]
Tomato Inducer of CBF Expression 1 (SlICE1) is Involved in Cold and Salt Stress Signaling
Takashi Yuasa, Junya Nakamura, Yushi Ishibashi, Mari Iwaya-Inoue
American Journal of Experimental Agriculture   4(7) 785-796   2014年3月   [査読有り]
Programmed cell death in barley aleurone cells is not directly stimulated by reactive oxygen species produced in response to gibberellin
Nozomi Aoki, Yushi Ishibashi, Kyohei Kai, Reisa Tomokiyo, Takashi Yuasa, Mari Iwaya-Inoue
Journal of Plant Physiology, accepted      2014年2月   [査読有り]
Expression of rice sucrose transporter gene OsSUT1 in sink and source organs shaded during grain filling may affect grain yield and quality
Yushi Ishibashi, Kenta Okamura, Thuy Phan, Masayuki Miyazaki, Takashi YUASA, Mari Iwaya-Inoue
Environmental and Experimental Botany, in press      2013年10月   [査読有り]
Induction of a bZIP type Transcription Factor and Amino Acid Catabolism-Re lated Genes in Soybean Seedling in Response to Starvation Stress
湯淺 高志
Journal of Botany, accepted   111 95-102   2013年10月   [査読有り]
Assimilate translocation and expression of sucrose transporter, OsSUT1, contribute to high-performance ripening under heat stress in the heat-tolerant rice cultivar Genkitsukushi
Masayuki Miyazaki, Masato Araki, Kenta Okamura, Yushi Ishibashi, Takashi Yuasa, Mari Iwaya-Inoue
Journal of Plant Physiology, accepted   170 1579-1584   2013年8月   [査読有り]
Hsp90 and Reactive Oxygen Species Regulate Thermotolerance of Rice Seedlings via Induction of Heat Shock Factor A2 (OsHSFA2) and Galactinol Synthase 1 (OsGolS1)
Nong Thi Hue, Huong Thi Tran, Thuy Phan, Junya Nakamura, Tomoe Iwata, Keisuke Harano, Yushi Ishibashi, Takashi Yuasa, Mari Iwaya-Inoue,
Agricultural Science, accepted   4 154-164   2013年2月   [査読有り]
Sucrose Starvation Signal Mediates Induction of Autophagy- and Amino Acid Catabolism-Related Genes in Cowpea Seedlin
Kaneko et al.
American Journal of Plant Sciences   4 647-653   2013年2月   [査読有り]
Wrinkled 1 (WRI1) homologs, AP2-type transcription factors involving master regulation of seed storage oil synthesis in castor bean (Ricinus communis L.)
Tajima et al.
American Journal of Plant Science   4 333-339   2013年1月   [査読有り]
Effects of temperature treatments for rice plants before/after heading stages on water status of ripening seeds
Miyazaki et al.
Cryobiology and Cryotechnology   58(2) 173-178   2012年12月   [査読有り]
High temperature-induced repression of the rice sucrose transporter (OsSUT1) and starch synthesis-related genes in sink and source organs at milky ripening stage causes chalky grains
湯淺 高志
Journal of Agronomy and Crop Science   199 178-188   2012年7月   [査読有り]
Kenji Miura, Hayato Shiba, Masaru Ohta, Seung Won Kang, Takashi Yuasa, Mari Iwaya-Inoue, Hiroshi Kamada, Hiroshi Ezura
Plant Biotechnology   29(3) 253-260   2012年6月   [査読有り]
Regulation of soybean seed germination through ethylene production in response to reactive oxygen species
Ishibashi et al.
Annals of Botay   111 95-102   2012年4月   [査読有り]
A flower specific calcineurin B-like molecule (CBL)-interacting protein kinase (CIPK) homolog in tomato cultivar Micro-Tom (Solanum lycopersicum L.)
YUASA Takashi
American Journal of Plant Sciences   3 753-763   2012年4月   [査読有り]

Misc

 
かんしょ類のデンプン・糖・ポリフェノール代謝に着目した 低温保存特性・食味改善に関する研究
谷口智哉・近藤夏帆・中村昂平・松尾拓海・松田元太・ 緒方華子・高木啓輔・湯淺高志
平成28年度 公募による卒業研究テーマ成果報告書      2017年3月
茎葉利用型かんしょ「すいおう」の抗酸化・機能性栄養向上技術 に関する研究
近藤夏帆・谷口智哉・中村昂平・松尾拓海・松田元太・緒方華子・高木啓輔・湯淺高志
平成28年度 公募による卒業研究テーマ成果報告書      2017年3月
豆類スプラウトの機能性栄養強化と促成栽培技術向上に関する研究
藤巻航, 松田元太, 石橋孝明, Yee Yee Tun, 中島皐耀, 谷口智哉, 松尾拓海, 緒方華子, 近藤夏帆, 高木啓輔, 中村昂平, 湯淺高志
平成28年度 公募による卒業研究テーマ成果報告書      2017年3月
ゲノム情報を利用した作物の老化・栄養転流の研究最前線
湯淺 高志
みやざき 農業と生活   50(6) 44-45   2016年3月   [依頼有り]
かんしょの低温条件下における腐敗発生メカニズムの解明
松田理登1, 谷口智哉1, 石橋孝明1, 菊池優花1, 山北伊織1, 中島皐耀1, 藤巻航1, 松尾拓海1,松田元太1,松尾光弘2, 湯淺 高志
平成27年度 公募による卒業研究テーマ成果報告書      2016年2月

講演・口頭発表等

 
子実肥大期のササゲ葉身における乾燥ストレスに応答した加水分解酵素の活性化 および老化促進メカニズムの解析
藤巻航*,松田元太,谷口智哉,中島皐耀,松尾拓海, 緒方華子,近藤夏帆,高木啓輔,中村昂平,湯淺高志
日本作物学会講演会(東京大学農学部)   2017年3月29日   
油糧作物ゴマにおける油脂合成・分解遺伝子および低温時での脂肪酸不飽和化酵素の同定
中島皐耀,湯浅高志
日本植物生理学会 鹿児島大会   2017年3月16日   
油糧作物ゴマの油脂合成遺伝子および低温時における脂肪酸不飽和化酵素に 着目した収量・栄養機能性の増強技術の開発
中島皐耀,谷口智哉,藤巻航,松尾拓海,松田元太, 湯淺高志
第29回植物脂質シンポジウム(大阪大学吹田キャンパス)   2016年11月25日   
マメ科作物のオートファジーと老化調節 [招待有り]
湯淺 高志
宮崎大学農学ぶ-九沖農研センター協議会第3回合同セミナー   2016年11月19日   
ササゲの乾燥ストレスに応答したオートファジー活性化とアミノ酸代謝関連遺伝子の発現誘導
藤巻航1 松田元太1 石橋貴明2 YEE YEE TUN2 谷口智哉1 中島皐耀1 松尾拓海1 緒方華子1 近藤夏帆1 高木啓輔1 中村昂平1 湯淺高志
第9回トランスポーター研究会九州部会   2016年10月1日   

担当経験のある科目

 

Works

 
科学研究費補助金(挑戦的萌芽)「分岐鎖アミノ酸代謝シグナル制御による機能性大豆の作出」
湯淺 高志   その他   2013年4月 - 現在
平成27年度みやざき地域志向教育研究経費「ゴマの種子特異的油脂合成マスター調節因子に着目した高品質食用油生産技術の開発」
湯淺 高志   その他   2015年4月 - 2016年3月
湯淺 高志   その他   2014年4月 - 2015年3月
平成26年度みやざき地域志向教育研究経費
湯淺 高志   その他   2014年4月 - 2015年3月
伊藤記念財団平成25年度研究助成「畜肉生産性向上を目指した分岐鎖アミノ酸含強化飼料用ダイズの開発」
湯淺 高志   その他   2013年4月 - 2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム情報を活用した代謝ピラミッディングによる高油脂含有ダイズの作出
文部科学省: 科学研究費、基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 湯淺 高志
植物細胞のシグナル伝達,環境ストレス,ホルモン応答
作物対応研究
作物の環境ストレス応答
ライフサイエンス基礎科学研究

社会貢献活動

 
平成28年度JICA課題別研修(集団)「アフリカ地域 稲作振興のための中核的農学研究者の育成」個別研修
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  農学知的支援ネットワークJapan Intellectual Support Network in Agricultural Sciences(JISNAS)  インセプションレポート(IR)発表会、個別研修  2016年7月1日 - 2016年7月29日
アフリカ原産の乾燥耐性マメ科作物ササゲの環境ストレス適応戦略
【講師】  宮崎県立日南高等学校  平成28年度 分野別教養講座  2016年7月16日
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  JISNAS、名古屋大学農学学国際教育協力センター  ICCAE News No.26 (2014.12.1)  2014年7月1日 - 2014年8月1日
サブサハラアフリカ諸国から来日し、当該国の稲作の改善のための課題の把握と解決に向けた研究アプローチについて研修.コア研修終了後、研修員は、それぞれ事前にマッチングを行った協力大学(宮崎大学など)に移動し、研修員個々の専門分野の知識や研究手法等を深めることを目的とした「個別研修」に参加.湯淺,位田,松尾がアドバイザーとして二名のアフリカ人農業技術者を受け入れ
平成27年度 みやざき地域志向教育研究経費
【助言・指導, 報告書執筆】  みやだいCOCプラス推進室  2015年4月1日 - 2016年3月31日
平成27年度公募による卒業研究成果発表会、最優秀ポスター賞
【助言・指導, 報告書執筆】  高等教育コンソーシアム宮崎  2015年4月1日 - 2016年2月27日

その他

 
2013年11月   JGAP 指導員(登録番号 05275)