妹尾 理子

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/25 15:57
 
アバター
研究者氏名
妹尾 理子
 
セノオ ミチコ
所属
香川大学
部署
教育学部 家政教育
職名
教授
学位
博士(教育学)(東京学芸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
香川大学教育学部 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
香川大学教育学部 准教授
 
2007年10月
 - 
2008年3月
横浜国立大学大学院 非常勤講師
 
1999年10月
 - 
2008年3月
東京学芸大学 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
早稲田大学高等学院 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1999年
東京学芸大学連合大学院 教育学研究科 生活・技術系教育講座
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
丸亀市環境審議会  委員
 
2014年10月
 - 
現在
香川県森林審議会  委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本エネルギー環境教育学会  編集委員会委員
 
2011年10月
 - 
現在
香川県 環境学習プログラム・教材開発研究会  委員
 
2011年4月
 - 
現在
日本建築学会  建築教育本委員会, 委員
 
2010年7月
 - 
現在
香川県環境審議会  委員
 
2016年7月
 - 
2016年11月
香川県住生活基本計画検討委員会  委員長
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本建築学会  日本建築学会技術報告集編集委員,
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本建築学会  地球環境配慮型住教育小委員会, 委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本建築学会,  ライフスタイル小委員会委員
 

論文

 
家庭科教員によるESDの授業実践の現状と課題
佐藤裕紀子・志村結美・加賀恵子・佐藤典子・西原直枝・妹尾理子・井元りえ・楢府暢子・大矢英世
日本家庭科教育学会誌   62(3) 150-159   2019年11月   [査読有り]
家庭科の授業をESDとして展開するためのチェックシートの開発と有効性の検討
加賀恵子、妹尾理子、大矢英世、楢府暢子、西原直枝、井元りえ、佐藤典子、佐藤裕紀子、志村結美
日本家庭科教育学会誌   61(3) 140-151   2018年11月   [査読有り]
ライフサイクル思考に基づいた「日常生活とCO2排出」に関する中学/高校用環境教育教材
竹内孝曜ほか5名, 妹尾理子
日本環境教育学会誌   27(3) 40-45   2018年3月   [査読有り]
家庭科におけるESDの構成概念および学習内容の明確化ー小学校・中学校・高等学校の教科書分析を基にー
西原直枝、井元りえ、妹尾理子、志村結美、佐藤裕紀子、大矢英世、加賀恵子、佐藤典子、楢府暢子
日本家庭科教育学会誌   60(2) 76-86   2017年8月   [査読有り]
持続可能なライフスタイルへの転換をめざす家庭科教育-ライフサイクル思考(LCT)導入に向けた授業分析からの一考察―
上野正恵, 妹尾理子
環境教育   26(2) 3-16   2016年12月   [査読有り]
地域の生活に焦点を当てたエネルギー環境学習教材の展開-「さぬきっ子環境スタディ」の評価と新たな取り組み-
妹尾理子, 川田昭子、西勇気、新池美早子
エネルギー環境教育研究   10(2) 69-76   2016年6月
家庭科における環境教育の動向と今後の課題―ライフサイクル思考導入の視点から―
妹尾理子
日本LCA学会誌   11(4) 330-336   2015年10月
上野正恵, 植田幸子, 妹尾理子
日本家政学会誌   66巻(2号) 39-53   2015年2月   [査読有り]
地域素材を生かした香川県環境学習教材「さぬきっ子 環境スタディ」-教材開発と実践による効果の検討-
妹尾理子, 植田幸子, 川田昭子, 新池美早子
エネルギー環境教育研究   第8巻(第2号) 39-46頁   2014年6月   [査読有り]
「住まいの音」をテーマにした技術・家庭科<家庭分野>の教材開発-簡易な実験から考える生活防音-
妹尾理子, 福家亜希子
教材学研究   23 239-246   2012年
幼児の会話教材を用いた授業の言語活動における教師の方略:授業ディスコースを中心に
望月一枝, 倉持清美, 金子京子, 妹尾理子, 阿部睦子
日本家庭科教育学会誌   54(3) 155-164   2011年
幼児の遊びの中の会話から展開する”発達”を学ぶ教材開発
妹尾理子, 金子京子,倉持清美他2名
日本家庭科教育学会誌   53(4) 247-254   2011年
家庭科教材としてのコレクティブハウジングの可能性と課題
妹尾理子, 金子京子
日本家庭科教育学会誌   53(4) 267-278   2011年
倉持 清美, 金子 京子, 阿部 睦子, 妹尾 理子, 望月 一枝
日本家庭科教育学会誌   51(4) 276-283   2009年
The aim of this research was to examine the effectiveness of "Experience in Early Childhood Education and Care" (ECEC) through Junior high school student's interaction with early elemental school students. The narratives written by junior high sch...
住教育のカリキュラム開発に関する実証的研究
妹尾理子
住宅総合研究財団研究論文集   36    2009年
全国調査にみる家庭の仕事に関する児童・生徒の生活意識と実態-関東地区と全国との比較-
青木幸子, 妹尾理子 他4名
日本家庭科教育学会誌   51(2) 200-208   2008年
小学校低学年児とのかかわりを取り入れた‘保育’体験学習の可能性
倉持清美, 妹尾理子 他3名
日本家庭科教育学会誌   51(2) 200-208   2008年
生活者の住意識向上に関する基礎的研究(その1)-住学習および相談経験の実態とその評価-
小林文香, 妹尾理子, 吉岡由希子, 田中辰明
日本建築学会技術報告集   (19) 307-311   2004年
.都市生活者の住情報入手の現状と課題-生活協同組合加入者の意識および実態分析からの考察-
小林文香, 妹尾理子, 吉岡由希子, 田中辰明
都市住宅学   (44)    2004年

Misc

 
日本及び中国の学生の環境問題に対する意識と行動-中国における環境教育の現状と課題を探るために-
温超, 妹尾理子
香川大学教育実践総合研究   (29号) 85-92頁   2014年9月
笠井 利一, 西谷 光夫, 大谷 佳久, 妹尾 理子
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   (2010) 255-256   2010年7月
妹尾理子
環境教育   19(2) 32-42   2009年12月   [査読有り]
西谷 光夫, 笠井 利一, 大谷 佳久, 妹尾 理子
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   (2009) 237-238   2009年7月
兼松 渉, 藤岡 泰寛, 大原 一興, 三輪 律江, 妹尾 理子
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   (2009) 87-88   2009年7月
妹尾 理子, 大矢 英世, 金子 京子
住宅総合研究財団研究論文集   (36) 411-422   2009年
市民のための住情報提供に関わる課題と今後の方向性-住まいづくりプロセス調査からの考察-
小林文香, 妹尾理子
建築教育研究論文報告集   8 59-64   2009年
家庭科の視点から考えるエネルギー環境リテラシー
妹尾理子
エネルギー環境教育研究   3(1) 23-28   2009年
西谷 光夫, 笠井 利一, 大谷 佳久, 妹尾 理子
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   (2008) 47-48   2008年7月
笠井 利一, 西谷 光夫, 大谷 佳久, 妹尾 理子
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   (2008) 45-46   2008年7月
斎藤 潤一, 藤岡 泰寛, 三輪 律江, 大原 一興, 妹尾 理子
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   (2008) 183-184   2008年7月
中高生のまちづくり・コミュニティ活動への参画を促す教科学習の可能性
妹尾理子
「住まい・まち学習」実践報告・論文集 9   9 53-58   2008年
住生活学習を環境教育の視点で-涼しさをつくる知恵を探ろう-
妹尾理子
技術教室   (675) 34-39   2008年
「住まい・住環境」学習にどう取り組むか
妹尾理子
家庭科研究   (265) 4-11   2007年
高等学校家庭科における環境教育の授業開発-地球温暖化問題をテーマに-
齋藤美保子, 井元りえ, 妹尾理子
教材学研究   17    2007年
主体的な市民を育てる建築教育/住環境教育-市民的教養としての住環境リテラシー-
妹尾理子
『成功する建築・まちづくり教育支援活動の実際』資料集   25-27   2006年

書籍等出版物

 
新しい技術・家庭 家庭分野 自立と共生を目指して 教師用指導書
東京書籍   2016年   
文部科学省検定教科書 新編 新しい技術・家庭(家庭分野)
東京書籍   2016年   
文部科学省検定済教科書 新しい家庭5・6
東京書籍   2015年   
文部科学省検定教科書 家庭基礎21
実教出版   2013年   
生きる力をつける学習 未来をひらく家庭科
教育実務センター   2013年   
教材事典
東京堂出版   2013年   
教科学習におけるエネルギー環境教育の授業づくり[中学校編]
国土社   2011年   ISBN:978-4-337-75013-5
学校の中の地球
技報堂出版   2007年   
住環境リテラシーを育む-家庭科から広がる持続可能な未来のための教育-
萌文社   2006年   
現代家庭科教育法-個人・家族・地域社会のウェルビーイング向上をめざして-
大修館書店   2005年   
エネルギー環境教育の理論と実践
国土社   2005年   
<環境と開発>の教育学
同時代社   2004年   
家庭科で育つ子どもたちの力-家庭生活についての全国調査から-
明治図書   2004年   
エネルギー環境教育の学習用教材
国土社   2004年   
新版 テキストブック家庭科教育
学術図書出版社   2003年   
持続可能な消費と生活者
放送大学教育振興会   2003年   
豊かな住生活を考える-住居学- 第2版
彰国社   2002年   
子ども・若者の参画
萌文社   2002年   
まちワーク-地域と進める「校庭&まちづくり」総合学習-
風土社   2000年   
キッズプレース-居ごこちよい子どもの住環境-
萌文社   1990年   

講演・口頭発表等

 
住文化への関心・理解を深める中学校家庭科の授業開発-主体的・対話的で深い学びへの試み-
日本家庭科教育学会大会   2018年7月7日   
「初任者」が行う「幼児ふれあい体 験」における「絵本の読み聞かせ」 の効果」
日本家庭科教育学会大会   2017年   
小学校教科書に描かれる住文化に関する内容-住文化教育の充実に向けた基礎的研究として-
日本建築学会全国大会   2017年   
日本の都道府県における森林教育教材の分析
日本家政学会中国・四国地区支部大会   2017年   
家庭科授業としてのLCT教材開発と評価-『タオルの洗濯』と『カレーづくり』の教材化-
第11回日本LCA学会研究発表会   2016年   
森林や木材の利用に関する大学生の理解の実態と教科書記述にみる現状と課題
日本家政学会中国・四国支部 研究発表会   2016年   
ライフサイクル思考(LCT)を取り入れて『衣生活と環境』を考える家庭科教材の開発-タオルを教材として-
第58回日本家庭科教育学会大会   2015年   
日本の伝統的住まい・建築に関する若者の理解の現状と課題-住教育の充実に向けた基礎調査として-
日本建築学会大会   2015年   
生活と森林をつなぐ家庭科「消費生活と環境」の授業 -国産材・間伐材をキーワードに-
日本家庭科教育学会 第56回大会   2013年   
家庭科ふれあい体験学習過程の可視化・共有化の試み:レッジョ・エミリア・アプローチを手がかりとして
日本家庭科教育学会第56回大会   2013年   
地域素材を生かした環境学習教材「さぬきっ子環境スタディ」の開発
日本環境教育学会第24回大会   2013年   
地域素材を生かした香川県環境学習教材の活用と評価 ~地球温暖化をテーマに~
日本エネルギー環境教育学会大会   2013年   
ふれあい体験のナラティブから中学生の幼児理解を探る
質的心理学会第10回大会   2013年   
高等学校家庭科教科書における環境に関する記述内容の分析
日本家政学会中国・四国支部研究発表会   2013年   
日本および中国の学生の環境に対する意識と行動
日本家政学会中国・四国支部研究発表会   2013年   
体験の振り返りとしてのナラティブの有効性
日本家庭科教育学会大会   2012年   
環境と消費に関する若者の実態と家庭科環境教材の方向性-消費者市民教育の実践に向けた一考察-
日本家庭科教育学会例会   2012年   
Present conditions and problems of housing education in relation to home economics
IFHE   2012年   
Effective lessons from experience in early childhood education and care in Japan
IFHE   2012年   
エネルギーに焦点をあてた住まい学習の可能性と課題
日本建築学会大会   2012年   

Works

 
アクティブ志向のシニア世帯に向けた共同住宅のあり方に関する研究
2007年
アクティブ志向の単身シニアに向けた共同住宅のあり方に関する研究
2007年

競争的資金等の研究課題

 
家庭科における乳幼児への関わり方の評価項目および系統的なカリキュラムの開発研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 倉持清美
住まい手の主体的な住み継ぎや地域環境の継承をめざした生活知共有プログラムの開発
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 小林 文香
持続可能な社会形成をめざす住生活文化に関する教育の実践的研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 妹尾 理子
居住環境老年学の視点による郊外住宅地の再構築-空き家・空き部屋の活用と多世代交流
科研費: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大原 一興
持続可能な地域形成に資する住環境教育のカリキュラム開発と普及に関する研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 妹尾 理子
高台丘陵地における郊外住宅地の地域資本に着目した超高齢化対応システムの構築
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 大原 一興
プラットフォーム化を目指した日常行動に関わるLCAデータの整備と教材開発
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 栗栖 聖
家庭科における保育学習のカリキュラム・イノベーション研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 倉持 清美
ストック型社会形成に向けた購買意識からの脱却をめざす住情報提供に関する研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 小林 文香
共生・共同の住まい方・住環境づくりのためのリテラシー育成手法に関する研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 妹尾 理子

社会貢献活動

 
四国エネルギー教育地域会議運営委員会委員
【運営参加・支援】  日本科学技術振興財団  2016年8月 - 現在
運営委員
中国・四国地区中学校技術・家庭科研究大会
【助言・指導】  2018年11月1日 - 2018年11月2日
住まいづくりセミナー
【講師】  RNC総合住宅展示場  2013年8月
講師
住教育冊子作成 監修
【その他】  社団法人かながわ住まい・まちづくり協会  2012年7月 - 2013年3月
家庭科教育研究会
【講師】  香川県高等学校教育研究会家庭部会  2011年10月
技術・家庭科部会研修会 
【助言・指導】  岡山県中学校教育研究会 技術・家庭科部会  2011年3月
指導・助言
四国地区の教師のためのエネルギー環境教育実践セミナー
【助言・指導】  教育関係者向けセミナー  2007年11月
公開模擬授業コメンテーター