青木 加苗

J-GLOBALへ         更新日: 16/01/03 22:20
 
アバター
研究者氏名
青木 加苗
 
アオキ カナエ
所属
京都市立芸術大学
部署
美術学部
職名
非常勤講師
学位
博士 (課程)(京都市立芸術大学)
その他の所属
和歌山県立近代美術館

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
和歌山県立近代美術館 学芸員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
京都市立芸術大学 美術学部 非常勤講師(美術史特講、原書講読)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
京都市立芸術大学 美術学部 客員研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
京都市立芸術大学美術学部 非常勤講師(西洋美術史概説、西洋美術史1)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
京都市立芸術大学 美術学部 客員研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
京都市立芸術大学 美術研究科 美術専攻 芸術学
 
2000年4月
 - 
2003年3月
京都市立芸術大学 芸術研究科 芸術学専攻 芸術学
 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都市立芸術大学 美術学部 美術科 油画専攻
 

論文

 
プロト・バウハウスとしてのヘルツェルサークル:シュトゥットガルト美術アカデミーの状況とバウハウスにもたらされたコンセプト
青木 加苗
Proceedings of the 1st Asian Conference of Design History and Theory ACDHT 2015 Osaka   63-73   2015年10月   [査読有り]
ヘルツェルからバウハウスへ――色彩理論に見る調和と全体性の概念
青木 加苗
京都市立芸術大学美術学部研究紀要   (58) 19-26   2014年3月   [査読有り]
美術館と小・中・高・大の連携による抽象絵画題材群の開発と実践
湯川 雅紀, 青木 加苗, 西井 恵美子, 飯村 浩晃, 永守 基樹
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要   (23) 65-74   2013年9月   [査読有り]
1900年代初頭のシュトゥットガルトと『ヘルツェル・サークル』
青木 加苗
京都市立芸術大学美術学部研究紀要   (57) 19-26   2013年3月   [査読有り]
アードルフ・ヘルツェルの画面構成理論について
青木 加苗
京都市立芸術大学紀要   (56) 39-46   2012年3月   [査読有り]
シュトゥットガルト時代のオスカー・シュレンマーとバウハウス
青木 加苗
鹿島美術研究   (27) 280-290   2010年11月
《バウハウス・ダンス》に見る人間性―《トリアディック・バレエ》との比較から―
青木 加苗
デザイン理論(意匠学会誌)   (56) 1-15   2010年   [査読有り]
シュレンマーと「身体≠機械」観
青木 加苗
『映像演劇 第4号』多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科2009年報   (4) 18-23   2009年   [招待有り]
Considering on the theatrical concepts at the Bauhaus: Schreyer, Gropius and Schlemmer
AOKI Kanae
Aesthetics International   13 167-178   2009年   [査読有り]
《トリアディック・バレエ》再考
青木 加苗
デザイン理論(意匠学会誌)   52 7-20   2008年   [査読有り]

Misc

 
これはいったい、何だろう?――みんなの「つぶやき」から生まれる「ものがたり」[紹介的記事]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (84) 1-1   2015年11月
「なつやすみの美術館」展の教育普及事業いろいろ。[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (84) 4-4   2015年11月
「リアルのリアルのリアルの」ワークショップ[報告]
宮本 久宣, 青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (83) 3-5   2015年8月
グッゲンハイム美術館のギャラリートークとギャラリーアクティビティ[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (82) 5-6   2015年3月
鑑賞教育は誰のためか――「たまごせんせい」の目指すもの[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (80) 3-3   2014年9月
ゆっくり、見ましょ。――大人も一緒に、こどもギャラリートーク[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (80) 7-7   2014年9月
モノクロームの世界――佐藤時啓の場合[紹介的記事]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (79) 6-6   2014年7月
不思議なモノと美術館 [報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (78) 7-7   2014年3月
「なつやすみの美術館」展を契機とする美術館を拠点とした学校・地域の連携プログラム [報告]
青木 加苗
2013年度美術館活動助成報告集/美術館連絡協議会   27-35   2014年
今年の『なつやすみ』を総まとめ なつやすみの美術館3『美術の時間』より[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (76) 1-5   2013年11月
アーティスト・トーク 佐藤時啓+ワークショップ 光とあそぼう![報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (76) 5-5   2013年11月
当館(うち)の《聖女》が笑わせるから[研究ノート]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (74) 5-5   2013年3月
和歌山県立近代美術館所蔵 パウル・クレー《内なる光の聖女》1919 について
「ロマンティックなシンプリシティ」――ニコラス・フォックス・ウェーバー氏講演会「アルバース、その人と芸術」[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (72) 5-5   2012年10月
おしゃべりな作家たち(――のことばを通して「わからない」について考える)[紹介的記事]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (71) 3-4   2012年7月
キャリア教育と職場体験、そして美術館[報告]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (70) 4-4   2012年3月
アトリエと大学と――特集展示 吉原英雄を囲む作家たち[紹介的記事]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館 NEWS   (69) 3-4   2012年1月
Torsten Blume, Burghard Duhm(編・著)『バウハウス,舞台,デッサウ:場面の転換』原題:Bauhaus. Bühne. Dessau: Szenenwechsel[書評]
青木 加苗
デザイン理論   (56) 116-117   2011年5月
バウマイスター資料館での調査より―一作家を起点に研究の経時的変化を辿る[紹介的記事]
青木 加苗
視覚の現場—四季の綻び   (4) 31-33   2010年2月

書籍等出版物

 
リアルのリアルのリアルの 和歌山と関西の美術家たち[展覧会図録]
宮本 久宣, 青木 加苗 (担当:共著)
和歌山県立近代美術館   2015年3月   
建畠覚造と戦後の彫刻 かたちをさぐる[展覧会パンフレット]
宮本 久宣, 青木 加苗 (担当:共著)
和歌山県立近代美術館   2014年4月   
モノクロームの世界[展覧会パンフレット]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館   2014年3月   
なつやすみの美術館3「美術の時間」[展覧会パンフレット]
青木 加苗
和歌山県立近代美術館   2013年7月   
美の響演 関西コレクションズ
青木 加苗 (担当:分担執筆, 範囲:作家・作品解説:ドナルド・ジャッド《無題》1888, バーバラ・クルーガー《無題(私を覚えていて》1988)
国立国際美術館, 朝日新聞社   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
Hölzel Circle as the Proto-Bauhaus: the Situation in the Stuttgart Academy and the Concept Brought to the Bauhaus
青木 加苗
The 1st Asian Conference of Design History and Theory ACDHT 2015 Osaka   2015年10月4日   
美術館を拠点とした学校・地域の連携プログラム―『なつやすみの美術館』展を題材に―
青木 加苗
第36回美術科教育学会奈良大会   2014年3月29日   
アードルフ・ヘルツェルの色彩理論とその位置づけについて
青木 加苗
美学会   2012年3月   
シュトゥットガルト美術アカデミーとバウハウス
青木 加苗
第63回美術史学会全国大会   2010年5月   
《バウハウス・ダンス》考察――《トリアディック・バレエ》との比較から
青木 加苗
第51回意匠学会大会   2009年7月   
オスカー・シュレンマーの「壁画」概念
青木 加苗
第60回美術史学会全国大会   2007年5月   
オスカー・シュレンマー《トリアディック・バレエ》考察
青木 加苗
第48回 意匠学会大会   2006年11月   
バウハウスの舞台概念をめぐって--シュライヤー、グロピウス、シュレンマー
青木 加苗
美学会   2006年7月   

Works

 
《トリアディック・バレエ》公演:多摩美術大学映像演劇学科卒業制作協力として
芸術活動   2008年

競争的資金等の研究課題

 
教員・学生が主体的に活動するための美術館教育活動とその実践的研究
公益財団法人 日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 青木 加苗
「なつやすみの美術館」展を契機とする美術館を拠点とした学校・地域の連携プログラム
美術館連絡協議会: 美術館活動助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 青木 加苗
抽象化における「構成」概念の萌芽--シュトゥットガルト美術アカデミーを中心に
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 青木加苗
シュトゥットガルト時代のオスカー・シュレンマーとバウハウス
財団法人鹿島美術財団: 美術に関する調査研究の助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 青木加苗