KUTSUMI HIROMU

J-GLOBAL         Last updated: Apr 9, 2019 at 11:16
 
Avatar
Name
KUTSUMI HIROMU
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of MedicineFaculty of Medical Sciences

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
 - 
Today
Director & Professor, Center for Clinical Research and Advanced Medicine, Shiga University of Medical Science
 
Jul 2010
 - 
Nov 2012
PMDA
 
Apr 2009
 - 
Jun 2010
professor, Kobe University Graduate School of Medicine
 
Apr 2007
 - 
Mar 2009
Associate Professor, Gastroenterology, Kobe University Graduate School of Medicine
 
Jul 2005
 - 
Mar 2007
Associate Professor, Former Institution / Organization Kobe University International Center for Medical Research and Treatment
 

Education

 
 
 - 
Mar 1987
Fukui Medical University
 

Published Papers

 
Katada C, Horimatsu T, Muto M, Tanaka K, Matsuda K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Kodashima S, Matsuda T, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H
Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16(2) 174-179   Apr 2019   [Refereed]
Yamakawa K, Masuda A, Nakagawa T, Shiomi H, Toyama H, Takenaka M, Sakai A, Kobayashi T, Tsujimae M, Ashina S, Yamada Y, Tanaka T, Tanaka S, Nakano R, Sato Y, Ikegawa T, Kurosawa M, Fujigaki S, Kutsumi H, Itoh T, Fukumoto T, Kodama Y
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]      Mar 2019   [Refereed]
Niikura R, Yamada A, Fujishiro M, Tanaka K, Matsuda K, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Kodashima S, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Shinozaki T, Tajiri H, Koike K
Digestion   1-10   Nov 2018   [Refereed]
Ikegawa T, Masuda A, Sakai A, Toyama H, Zen Y, Sofue K, Nakagawa T, Shiomi H, Takenaka M, Kobayashi T, Yoshida M, Arisaka Y, Okabe Y, Kutsumi H, Fukumoto T, Azuma T
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   18(4) 399-406   Jun 2018   [Refereed]
Takao T, Masumura R, Sakauchi S, Ohara Y, Bilgic E, Umegaki E, Kutsumi H, Azuma T
Endoscopy international open   6(6) E676-E687   Jun 2018   [Refereed]

Misc

 
小田島 慎也, 田中 聖人, 松田 浩二, 藤城 光弘, 斎藤 豊, 大塚 和朗, 小田 一郎, 堅田 親利, 加藤 正之, 木田 光広, 小林 清典, 布袋屋 修, 堀松 高博, 松田 尚久, 武藤 学, 山本 博徳, 良沢 昭銘, 岩切 龍一, 久津見 弘, 宮田 裕章, 加藤 元嗣, 春間 賢, 藤本 一眞, 上村 直実, 上西 紀夫, 田尻 久雄, MSED-J(Minimal Standard Endoscopic Database)作成小委員会
Gastroenterological Endoscopy   59(1) 91-101   Jan 2017
小林 隆, 久津見 弘, 八木 洋輔, 酒井 新, 吉中 勇人, 西海 信, 吉田 優, 東 健
臨床消化器内科   31(13) 1749-1754   Nov 2016
膵癌の診断的バイオマーカーにはCA19-9を凌駕するものが未だ存在しないが,近年の分析技術の革新によって,探索の主体はこれまでの蛋白質から,血中循環DNAやnon-coding RNA,エクソソーム,メタボロームなどに拡大し,有力なバイオマーカー候補が次々に報告されるようになった.いずれの生体分子も今後の検証が不可欠ではあるが,画像的な診断技術の向上とも相まって,早期検出や良性疾患との鑑別に有用なバイオマーカーが実用化されることが期待される.(著者抄録)
被験者の安全確保に主眼を置いた臨床研究サポートシステムの構築
杉本 喜久, 芦原 貴司, 川島 弓枝, 吉中 勇人, 久津見 弘, 永田 啓
医療情報学連合大会論文集   36回(1) 362-365   Nov 2016
久津見 弘, 吉中 勇人, 坪井 博史, 川島 弓枝
臨床消化器内科   31(10) 1401-1406   Aug 2016
日本の消化器内視鏡医療は産業振興と,健康長寿社会の実現においての貢献が期待されている一方で,医療技術や医療機器の製品化・産業化は,欧米と比べると遅れている.その原因として,過去の日本の臨床研究におけるエビデンスの質に関する配慮不足,知的財産権の確保,利益相反の管理に対する認識の甘さ,産学官連携の歴史の浅さが挙げられる.今後,利益相反が管理され信頼性の担保された産学連携によるエビデンスの創出に加え,開発早期から官も連携してレギュラトリーサイエンスに基づく評価システムの確立が,トランスレーショ...
久津見 弘, 吉中 勇人, 坪井 博史, 川島 弓枝
Gastroenterological Endoscopy   58(5) 1035-1043   May 2016
最近、日本の臨床研究の信頼性を損ねるような事件が相次ぎ明るみになり、倫理指針か改定され、産業界からも産学連携の在り方についての声明が出された。臨床研究を実施するに当たり、その研究は科学的妥当性、倫理性が担保される必要がある。そのために、研究者は臨床研究に関する研修を受ける必要があり、被験者保護、利益相反の管理、データの信頼性の担保に努めなければならない。また、質の良い臨床研究を推進するには、臨床研究を支援する体制整備が必要となる。研究者は研究遂行には被験者の善意に基づく協力があることを決し...